湘南の若旦那 さん プロフィール

  •  
湘南の若旦那さん: 湘南の若旦那日記
ハンドル名湘南の若旦那 さん
ブログタイトル湘南の若旦那日記
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/shonan_takeman
サイト紹介文湘南の海岸近くに佇む大人の隠れ家的な日本料理店。三代目としてどのように世代交代をするかを綴ります。
自由文私が店を継ぐ決意をした理由は、竹万が「幸せな家族」の象徴であるとわかったからです。竹万があったから家族が幸せだった!自分の大切な思い出の場を守るために何ができるのかを考え、さまざまな経験を積んできました。アメリカでレストラン経営学を学んだことから国際感覚を身につけ、板前としての修行ですばらし人々に出会うことができました。まだまだ未熟者ではありますが、目標に向かって一歩一歩精進していくつもりです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供140回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2010/06/21 23:02

湘南の若旦那 さんのブログ記事

  • 日本料理屋の醍醐味
  • 端午の節句が終わり、お料理内容を新しくしております。その時々の旬の食材を楽しむことに加えて、その時々の演出を楽しむのも日本料理屋の醍醐味です。本日は大安の土曜日♪お祝いのお客様がほとんど…個室でゆったりと優雅なお時間をご堪能ください。ちなみに…明日は母の日です。母の専用の特別プランを5月31日まで開催していますので、この機会に是非ご利用ください。母の日のお祝いのお客様に限り、通常6400円のランチ [続きを読む]
  • 竹細工の端午の節句飾り
  • 本日はこどもの日、「端午の節句」です。当店ではこの時期の定番として先代が手作りした竹細工の節句飾りを玄関に飾っています。私が生まれたときに作成したものですので、39年目を迎えています。正直、調理師としての仕事をしながらこのような作品を作成したことに加え、プロ並みの技術力には脱帽でしかありません。全体像そして、細部を紹介…竹細工のこいのぼり竹を組み合わせて、こいのぼりの形へと掘っています。こまかい細 [続きを読む]
  • 稚鮎の時期になりました
  • 5月になりました。初夏というより夏のような日差しがある時もすでにありますが、大変気持ちの良い過ごしやすいお天気が続ていますね。GW前半がおわり、後半に向けてワクワクしている方も多いかと思いますが、本日と明日の中休みはどのようにお過ごしでしょうか???もちろん、当店は営業をしていますし、3日木曜日も通常通りの営業になります。さて、6月には鮎解禁がございますが、当店では一足お先に稚鮎をお出ししています [続きを読む]
  • 胡瓜の季節
  • 間もなく5月に突入です…5月になると使用し始める食材に「花付ききゅうり」があります。その名のごとく、きゅうりになる前の花の状態で入荷するものです。黄色い花の軸に小さな胡瓜がついています。ですので、単なる飾りではなく、小さな身を食するのが基本です。当店は生産者である湘南きゅうり園の吉川さんから直接しいれています。きゅうりは病気などの心配があるため、若干の農薬を使用さざるを得ないとのことですが、花の状 [続きを読む]
  • 筍づくしが好評♪
  • 地元平塚市の朝掘りの筍を使用した「筍づくし」が好評です。おかげさまで、契約農家さんの筍も今年は間もなく終了になってしまうため、ご予約の受付を終了させていただきます。今年はお部屋で筍炭火焼をしたり、掘りたての筍をホイルに包んで炭火で蒸し焼きにしたりと昨年とは違った試みをさせて頂きました。お客様から大変ご好評だったため、こちらは来年もしっかりとプラン設定をしてご提案させていただきたく思います。是非、ご [続きを読む]
  • 大阪で食い倒れ!飲み倒れ!
  • 大阪と言ったら食い倒れのまち♪ということで先週、国際観光日本レストラン協会青年部の研修会に大阪へ弾丸で行ってきました。まずは・・・はり重さんとにかく立地がすごい!建物も素晴らしく、まるで迷路みたいな構造!何より、関東風に近いはり重スタイルのすき焼きも最高でした。そして、噺家さんが案内する大阪船の旅♪このような観光はひさしぶりだったので、本当に楽しかったです。この時すでに酔っ払いが多く、かなり盛り上 [続きを読む]
  • 虚無僧の托鉢
  • 当店の主人は尺八を40年以上愛好しています。私も知らない間に富山県にある国泰寺という虚無僧の総本山の1つから虚無僧の格好をすることが許可されていました。昨年に引き続き、本日は鎌倉へ托鉢へ出かけました…近所の先生と共に虚無僧の格好のまま移動するそうです。また、今回は関東圏の仲間が数名集まるらしいです。もし、鎌倉で虚無僧をお見かけになりましたら、よろしくお願いいたしますね。竹万という屋号から「竹」にこ [続きを読む]
  • 初鰹の藁焼き♪
  • 初鰹の時期です♪恒例の藁焼きでお召し上がりください。稲藁はいちごでお世話になっているにみちゃんいちご園から頂いてきます。いちご生産と共に稲作も行っているからです。この時期ならではの初鰹をお楽しみください♪oneclickお願いします♪ Written by 湘南の若旦那 @ 竹万 http://takeman.co.jp★:::::::☆::::::★:::::::☆:::::::★■割烹竹万 〒254-0824 平塚市花水台37−3℡0463-31 [続きを読む]
  • 静岡と奈良のコラボ
  • この時期ならではの食材ということで、静岡の和一さんの花山葵♪当店主人の同級生のわさび園からこの時だけの味覚として頂戴しています。こちらは奈良の竹内さんの黒蕨♪私の同級生のわらび園から頂戴しています。親子で築いた繋がりから産地ならではの食材を仕入れる…顔の見える生産者から食材に対する思いなども一緒に伝えられるように取り組んでいます。oneclickお願いします♪ Written by 湘南の若旦那 @ 竹万 http://ta [続きを読む]
  • 竹細工の節句飾り
  • 本日は初夏のような気温ですね♪先日まで風が強かったので、庭の竹が大変なことになってしますので、掃除に苦労している日々が続いています。何だか週末のお天気が荒れるみたいなのが不安です…さて、平塚市の桜も終了をし、季節的には端午の節句の足音が大きくなってきました。当店の名物「竹の端午の節句」を飾りました。先代が作成した竹細工は当店オリジナルであることはもちろん、この時期でしかお披露目しない逸品です。静岡 [続きを読む]
  • 筍の刺身
  • 当店が提案している「筍づくし」よりもさらにグレードアップした贅沢な筍づくりのご紹介です。お客様のご予約直前に農家さんの山から掘りたて筍を入荷します。通常であれば農家さんが当日の朝に掘ったものを即入荷して調理していますが、この日は「生」で食してもらいたいということでいつも以上に気配りをしてギリギリの時間に入荷しました。そんな筍を使ったスペシャルな筍づくしをお楽しみ頂きました。ちなみにご紹介して写真は [続きを読む]
  • 超高齢化社会を見据えて工事中
  • 現在、当店では平成最後の大改装というぐらいの意気込みで改装工事を着工しています。最終目的は1階にバリアフリー対応の客室を設置することです。高齢者への対応がまだ未熟な当店の弱みを解決することが最大の目的です。しかし、その工事の前にまずは裏方の工事から始めています。昨年から工事はすでに着工していますが、進行はゆっくりしているというのが現状・・・というのも、営業をしながらの工事であることに加え、もともと [続きを読む]
  • 朝どれ筍と花山椒
  • 少し肌寒い朝を迎えています。お天気が何となく不安定だなぁと思いながらも、春の食材が続々と入荷しています。先日、奈良県吉野山より初めての黒蕨が入荷しました。御礼の電話をしたら、雪が降っているとのこと…伊豆の天城からは花山葵も入荷しています。そして、地元では筍♪平塚市の北部にある吉沢から朝どれの収穫したてを取りに行っています。また、地の木の芽と花山椒♪栽培ものとは違って見た目は少し豪快かもしれませんが [続きを読む]
  • お釈迦様に捧げるお弁当!?
  • 本日、4月8日はお釈迦様の生誕を祝い「花まつり」です。各地のお寺では何らかの行事が行われているところもあるかと思います。最近、私どもはお世話になっている横須賀の茶道の先生より花まつりのお茶会用のお弁当を配達しております。お寺の奥様ということで、この時期にお茶会を開催しているのですが、数年前は桜の時期とちょうど重なっていました。本日はお天気は良かったのは嬉しい限りでしたが、桜は完全に散っていました。 [続きを読む]
  • 新学期と芽吹き♪
  • 本日から新学期で新たな気持ちで迎えている方もいると思います。個人的にも会社的にも年度の変わり目ではないので、娘を保育園につれていった時にクラスが進級していることをすっかり忘れていた次第です。お天気も春爛漫ですね!当店の庭の筍が顔を出しました♪つくしはスクスクと成長しています。地元農家の筍も収穫が盛んになってきています。関東ローム層の肥沃な土地での農作物が盛んな土地だからこそ可能だかこそ実現している [続きを読む]
  • 店の桜たち
  • お花見シーズン真っ盛りですね。各地の桜も満開を迎えるということで、きっとお花見を楽しんでいる人たちでにぎわっているところもあるかと思います。地元の平塚市のお花見スポットといったら…私は「湘南平」をおすすめします。きっと本日や明日はお花見目当ての車の渋滞が激しいんだろうなぁ(汗)さて、当店も店内に気持ちばかりですが桜を飾っています。当店主人の桜の日本画もございます。お料理もお花見をイメージして盛り付 [続きを読む]
  • レシピ紹介:春野菜の木の芽みそ掛け
  • ようやく春らしい気温になってきました。お花見を楽しんでいる方もいるのではないでしょうか?春の食材もにぎわっているので食卓も華やかになってきていると思います。春にふさわしい応用の利くお料理を本日は紹介します。ポイントになる白みそは、しっかり練って冷蔵保存をすれば日持ちもし、本日のレシピ以外にも野菜スティックやぬた和えの材料としても応用が可能な便利な調味料になります。「春野菜の木の芽みそ掛け」 材料 [続きを読む]
  • 豆ごはんの豆は…
  • 春先になると「豆ご飯」がおいしくなります♪ここで言う豆とはえんどう豆のことで、関西ではうすい豆・関東ではグリンピースという品種です。一般的にグリンピースに比べて皮が薄いため、豆ご飯にはうすい豆が適しているといわれます。当店では豆の香りをしっかりご飯に染み込ませるため、ご飯を炊く時に豆の半分をご飯と一緒に、残りの半分をトッピングとして使用しています。豆をご飯と一緒に炊いてしまうと彩りがあまりよくない [続きを読む]
  • おこぜを食す
  • お得意様からのリスエストあり、「おこぜ」を丸ごと使ったコース料理をご用意しました。今回はオニオコゼを使いました。ちょうど春から初夏にかけておいしいお魚ですが、毒をもっているので扱いに注意が必要なお魚として知られています。しかし、その身は非常に美味!さらに、捨てるところがないというぐらい全てを食すことが可能です。社長のオニオコゼの絵おこぜ薄造り炊合せ:内臓や玉子なども一緒に炊いてお出ししました。人に [続きを読む]
  • 高麗橋へ研修会
  • 高麗橋吉兆(本吉兆)といったら日本料理に関わるものであれば憧れの料理屋です。湯木貞一氏の手掛けた吉兆の総本山にふさわしいお料理・建物・調度品・おもてなし…個人的に一度は伺ってみたいと思いながら、気軽には言えない存在でもありました。しかし、ご縁が突然に訪れました♪すでにニュースにもなっていましたが建物の建て替えなどによって3月末でお店を休業するとのこと…これを逃してはいけないと、当店も加盟している国 [続きを読む]
  • 日本料理屋の肉料理
  • 日本料理屋の肉料理というとどんなイメージをしますか?当店は基本的に地元相模湾の魚介類と地元農家の野菜を中心にしたお料理内容で、この地域の日本料理屋だから提供できる食材にこだわっています。もちろん、生産地の問題や季節に応じてご用意できない食材もございますので、100%地元の食材で提供しているわけではなく、一部は全国からの選りすぐりの食材をご提供しています。このようなことから、基本的にご要望がない限り [続きを読む]
  • お花見弁当ご用意します♪
  • 今日はちょっと荒れたお天気ですが、春を感じる日が続いてることはうれしい限りですね。ちょうど卒園式や卒業式のシーズンでもあるので、そわそわしている方も多いのではないでしょうか???このような時期になってくると、もうすぐお花見が待っているとウキウキしている私もいます。実際に宴会をするようなお花見をするわけではないのですが、車で桜の木を眺めるだけでも心がウキウキするからです。さて、当店ではお花見用にお弁 [続きを読む]
  • 春のデザートといったら…
  • 春を感じるお天気ですねぇ♪この時期ならではのデザートと言ったら…よもぎ団子といちごを当店では名物としてお出ししています。平塚市という海だけでなく里の恵みも豊かな土地を活かしたデザートということで、よもぎは当店の主人が自ら収穫に行き、いちごは親戚のにみちゃんいちご園から直接朝どれの選りすぐりを入荷しています。今回は百合根餡を使用することで、昨年とは違ったよもぎ団子をお出ししています。日本料理のデザー [続きを読む]
  • 春爛漫のお料理
  • 間も無く3月も中旬を迎えるということで、お料理が新しい献立へと移ります。ひな祭りからお花見へ…春爛漫のお天気に相応しい、春のお料理をご用意しています。私の師匠が…「春は黄色いもの、苦いもの」といっていました。春野菜を例えていた語録だと思うのですが、平塚市という海と里の自然が豊かな土地であるからこその食材を揃えています。oneclickお願いします♪ Written by 湘南の若旦那 @ 竹万 http://takeman.co.jp [続きを読む]
  • 今年のひな祭りのお祝いの傾向
  • 3月3日の雛祭りが終わり、いよいよお花見という気持ちの方もいるかと思います。当店ではひな祭りムードを来週末まで少し引っ張ります。先週末の雛祭りのお祝いの傾向を拝見していると、ご来店のお客様よりもご自宅でのお祝いも増えていることを発見しました。自分のお子様の雛人形を囲んで両家のご両親とお祝いをする…そんなお客様が目立った気がします。「ひな祭りお届けプラン」と題して、お雛様の器・蛤のお吸い物・ちらし寿 [続きを読む]