raoron34 さん プロフィール

  •  
raoron34さん: 昭和一桁高齢の日々を生きる
ハンドル名raoron34 さん
ブログタイトル昭和一桁高齢の日々を生きる
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/hanayuritonokoto
サイト紹介文人生の「残り少ない定期券」所有者として、日々思うことを書き残している。
自由文後期高齢者としての日々の生活記録、現実あり、回憶あり、自分史としての資料構成あり、生きて来て印象に残ったことごとの遺言的記録でもある。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供175回 / 365日(平均3.4回/週) - 参加 2010/06/22 11:39

raoron34 さんのブログ記事

  • 2119 北星会
  • 昨19日の土曜日午後大阪市内のホテルで恒例の北星会の総会と懇親会が実施されました。此の会は大阪証券取引所の定年退職者が加盟するOB組織です。定年退職者は、特に脱退の申し出が無い限り、会員となります。総会当日の会員数は、198名総会当日の出席者は下の写真の通りで60名でした。今回が第57回目の会合です。私は満60歳の定年退職以後、家内を失った年を除いて25回目の出席となりました。現在、満86歳の私は [続きを読む]
  • 2118 久しぶりに
  • 先日末孫が、関西医・歯・薬学部の空手大会の試合があるため、当地に帰省していた時久しぶりに次女宅に夕食に招かれました。複数で食べる機会のほとんどない孤老にとっては家庭の雰囲気に触れられる絶好の機会でした。孤食というのは、実に味気のないものです。それなりの自由も、気まま勝手な部分もありますが、おすすめできるものではありません・・・食う、寝る、住まうを共にするのが家族だと定義すれば私は家族を失ってはや三 [続きを読む]
  • 2117  ハワイの空
  • 懐かしい写真が出てきました。機長と女性の副操縦士と私達夫婦合計4人だけで飛んだ記念写真です。乗機記念の証明書もそれぞれに貰いました。(別に何ていう事もない乗車記念と同様なものですが・・・)先日第三回目の家内の祥月命日を迎えたところですので亡妻が私に想い出に見るよう仕掛けてくれたのかも知れません〜〜〜まあこうしてブログに載せることも大きな供養になると思いますので掲載させていただきました! [続きを読む]
  • 2116 空手の試合
  • 昨13日の日曜日当地羽曳野市のコロシアム=市立総合体育館で関西地区の医歯薬三学部体育大会の空手の試合が、行われました。たまたま、よりにもよって当地の総合体育館で行われるとのことで、絶対に見ないわけにはいかず、次女夫婦に車で連れて行ってもらって観戦してきました。あいにくの雨でしたが、末孫の出場試合は午後になるとのことで12時50分に3人で家を出ました。次女の義父母様も、2階の回廊から我々とともに観戦し [続きを読む]
  • 2115 命日
  • 昨日5月10日は亡妻の祥月命日です。昨年は盛大に三回忌を行いました。しかしながら、正式には次回は七回忌まで人々を招待することもありません。また、明日をも知れぬわが身が、そこまで保つ可能性は確率が低いのです・・・そう思っていた矢先に、過日次女から、今度のママの祥月命日はどうするの?と相談がありました。「姉ちゃんを呼んで食事にでも行く・・・?」と聞かれましたが、私は外へ食べに行くのはあまり意味がないし [続きを読む]
  • 2114 TV画面から
  • いささか旧聞にはなりますが6日の日曜日にBS8チャンネル、BSフジのTVで午後6時から「私が撮った母の認知症、父と娘の介護1200日間」というタイトルの2時間の番組を見ました。このところ、介護関係や認知症がらみの番組は特に気を付けて見ております。この番組もタイトルに惹かれて選びました。御覧になられた方もひょっとすると居られるかもしれませんが、東大出の95歳の父親と88歳の母親の家庭の娘さんが撮られたもの [続きを読む]
  • 2113 残された一親等は二人
  • 私に残された親族一親等は二人です。二人とも娘です。当然嫁いでいます。長女は娘二人次女は一人っ子の娘のみです。家内の女腹の影響か、孫までは男の子は居ませんでした。自分の身内を褒めるのは憚られますが、二人の娘は、外観・性格こそ違え、良くできています。世の親の子の娘様方と比較しても、決して引けを取らないと思います。生前家内が子供たちに、私がパパより先に死んだらあんたたち難儀するで〜〜〜と言っていました。 [続きを読む]
  • 2112   5月4日
  • 今日の子供の日を前に、昨日長女と市立美術館で特別展江戸の戯画を見ました。連休中とあって、超混雑、整理員のマイクが、立ち止まらず、混雑しているところはあとで見るなどしてください〜〜〜!とさかんに呼びかけていました。日本人のみならず、欧米人や東洋人もたくさん来ておりました。平和でこれだけの美術愛好家が居ることは大変良い事だと思いました。ただし、余りの混雑に人の肩越しに見えるところや、すいているところだ [続きを読む]
  • 2111 集う
  • 昨年8月台湾へ共に旅したメンバーが一度集まって歓談しましょうと、女性警部補さんからのお誘いメールが届き昨夜7時から9時半過ぎまで、会食して来ました。帰宅はほぼ11時になりました。86歳ともなると、午後7時からの集会というのは何とも億劫な気がしましたが、降りかけた雨の中を6時4分の近鉄バスに乗って出発しました。場所は例によって、大阪難波の高島屋から西へほど遠くない551蓬莱の系列店の「パンチャン」という [続きを読む]
  • 2110 会食
  • 末孫が春休みの帰省中なので、本日次女家族と共に久しぶりに夕食を共にしました。良く利用する和風レレストランかごの屋でした。特別にコメントすることもないので写真の掲載にとどめます。悪しからず・・・私にとっては、幼い時から可愛い、かわいい末孫です                             お揃いの紙エプロンを掛けて更に寄り添って・・・両親も一緒に   前回の会食時よりは写りの悪い末孫のプロ [続きを読む]
  • 2109 昨日の朝日夕刊から
  • 今日は亡妻の誕生日です。生きていれば私と同年齢の86歳になるところでした・・・!お祝いを出来なくなってから3年が経ちます。何ともむなしい、わびしい三年でした〜〜〜永遠に祝日なのだから忘れることもなく祝えるねーーー!と二人で話し合っていたのが夢のようです。祝日は変わりませんが、お祝いする相手が居なくなりましたーーー・・・ところで、昨日の朝日新聞の夕刊に下に掲げた記事がありました。このところの家族での [続きを読む]
  • 2018 この世の贅沢
  • 自分の亡妻を褒めるのは気が引けますが私などよりは随分と徳性の高かった亡き妻が83歳まで生きながらとうとう到達できなかった夢曾孫と合いまみえる事私はそれを二人も見ることが出来ました。2018年の2018回目の当ブログ更新を記念してこの幸運を天国の亡き妻へ届けるため二枚の写真に託しました。歳をとってからの楽しみは極めてわずかなものですが曾孫を見るというのは、間違いなくその一つだと思います。この世におけ [続きを読む]
  • 2017    急にガタガタに
  • 昨日は碁会所でおやつを頂いた頃は、体に何の不調も有りませんでした。所が帰宅後、掛かりつけ医に薬を貰いに行った段階で、一時間以上もまたされて、うんざりしていたところ血圧測定の段階になって、お医者様が数回計り直して下さったのですが、165以下に下がらず、まあ自宅でゆっくり計れば下がるだろうと言う事で解放されました・・・しかし、帰宅後、まるで全身打撲の様な打ちのめされた感覚になり、夕食など考える気も起ら [続きを読む]
  • 2016 定例会
  • 昨20日の金曜日大証有志のOB会がいつも通りの場所で開催されました。出かける前から心身の調子が悪く、一度確り身体を横たえて十分に休養しておかないと持たないという感じでした・・・元来私は朝型で、午前中から元気がない事は少ないのです。でも午後になると、陽の陰りとともに気持ちがめげ初め憂鬱になることが多いのです。近鉄バスに乗ってからも、この会に参加できるのも、次回からはもう無理かもしれない…という気分に占有 [続きを読む]
  • 2015 34年の付き合い
  • 家内が亡くなった知らせに、電話の向こうで大泣きをしてくださった方が二人います。一人はブロ友様、今一人は台湾のママ様でした。台湾のママ様には、昨年夏訪台の時に大変お世話になりました!彼女は在日資格保持のために、年に一回は来日します。毎年4月です。今月は13日の夜に関空に到着したようです。そして昨日は会いたいとのことで、難波の高島屋の前で待ち合わせて遅めの昼食を共にしました。いつも決まって551蓬莱の経 [続きを読む]
  • 2104 3年ずつ務めました
  • 86年間生きて来た人生の中で中学校に3年間高等学校に3年間務めました。そのために必要な資格は神戸大学の教育学部で4年間同じく神戸大学の経営学部に学士編入学して3年間学び取得ました。兵庫県教育委員会で、中学図画・工作の一級免許状と               高等学校の商業科二級の免許状を交付されました。当時兵庫県の教員資格を持った人達の憧れの勤務地は阪神間でした。大阪に自宅が有った私は一番近い尼崎 [続きを読む]
  • 2103 全く達成感の無い日
  • 一日を振り返って、今日ほど達成感の無かった日は例が無い感じです。出かけてなにか用事を済ませたとか、屋内の掃除・片付けが出来たとか、なんとかブログに載せられる絵が画けたとか、良い電話が有ったとか、嬉しいメールが届いたとか。今日は何一つ心を活性化させることが有りませんでした・・・!無為無策、顔を洗って、一応三度の食事を摂って今を迎えたと言う虚しさです。身体の方も老衰が進んで、なんとか老衰で死ねそうな感 [続きを読む]
  • 2102 元祖インスタントラーメン
  • 昨日12日の木曜日に旧尼産高、第4期生の同期会、四季会の行事に旧教員として参加してきました。明日どこかへ行くとなると、事前の睡眠調整が大変難しくなります・・・いつもは午後11時過ぎに眠るパターンが身についているのですが一応目覚ましは掛け、万が一にも寝過ごさないよう早めに就床しました。小学生時代の遠足なら、前夜は胸躍らせて楽しみにしたものですが人生も終わりの頃ともなると、ただ遅刻して人に迷惑を掛けまい [続きを読む]
  • 2011 お久しぶりの
  • これまで一番多く描かせていただいたお方ですがまたまた描いて見たくなりアップ致します。おなじみの?北の美魔女様でございますーーー!ともあれインパクト&アクセントの強いお方です。道産子の商学士様で、高校の英語の先生をしていらっしゃいます。ほぼ最古に近いブロ友様です。御縁を得たことを有難く思っております。下手な絵でも許容してくださるので、甘えてモデルにさせてもらっております。 [続きを読む]
  • 2100 ナイアガラ
  • 歌手の山川豊さんだったと思いますがナイアガラの歌を歌って居られて、アナウンサーに、ナイアガラへは行かれた事が有りますか・・・?と問われて、いいえまだ行って居りませんが歌詞から状景を思い浮べて歌います、と答えて居られました。人間、一流の歌手になられても、忙しくて行きたい所へもなかなかいけないのだなぁ〜〜〜と思いました。何一つ華やかな檜舞台など無かった私の86年の平凡?な人生、それでも、ナイアガラへは [続きを読む]
  • 2099 曾孫に会いに
  • 本日は、3月25日に生まれた二人目の曾孫、YUIKA(結花)に会いに行きました。過日長女が送って来てくれたメールで、写真では見ていたものですが、今日は、初孫の家を次女とともに訪ねて、目で見、抱っこして来ました!どうしても贔屓目に見るのだからでしょうが、赤ん坊にしては整った顔をしているなと思いました。末孫同様、成人式には医大生になるようにとささやきかけました。それを聞いて初孫のたまわく、それよりモデルになって [続きを読む]
  • 2098 一枚の写真から
  • 他の人から見たら、何の関心もなく先ず目には留めてもくれない写真でも、有る個人にとっては、かけがいのないものであることはしばしば有ります。昔写真が今ほど普及していなかった頃は恋人の写真・家族の写真などは、計り知れない価値を持っていました。いまでも戦争映画などでは、どこの国を問わず、家族の写真を胸のポケットにしまっている兵士の場面をよく見かけます。私も数多くの写真を所蔵しています。其の一枚一枚が、この [続きを読む]
  • 2097 ブロ友様の絵
  • また,ブロ友様の絵を描きたくなりました。そこで、御本人様が意識して載せられたわけでは無い更新されたブログの中の画面から、私が勝手に見つけた小さな写真を基にして描いてみました。先ずは誰よりもご本人様が私ではないか・・・?とお気づき下さらない事には話になりません〜〜〜!そこでヒントとして、フラワービーンズ様とでも申し上げておきましょうか・・・?!この手のなぞなぞは、提出者自身以外は本当に御迷惑かも知れ [続きを読む]
  • 2096    卯月
  • いよいよ4月の声を聞きました!私にはエイプリルフールという冗談よりも新しい学年度・事業年度を迎えたという積極的なイメージが強いです。全く関係が有りませんが、今日の朝刊には公務員の大幅な異動を報じた紙面が賑わっていました。私的な面での年度替わりの実感は、末孫が医学部の三年生になった事です。後4年という期間は普通の大学の就学期間と同じ長さですがどうしても私の寿命が付いて行けるかどうかの不安が付き纏いま [続きを読む]
  • 2095 二人目
  • 3月25日の日曜日に二人目の曾孫が生まれました。今度は女の子です。3月15日には初孫夫婦と曾孫、長女が来宅したのですがその時は身重でも溌溂としていた初孫二人目も全くの安産でするりと生まれたようです。そして昨日長女が早く見たいだろうとメールで送ってくれました。ず〜っと眠って居てなかなか目を開けてくれないんで目を開けた時を待っていたので遅くなったとの事でした!二人目の曾孫を見ることが出来た幸運を神に感謝し、 [続きを読む]