nao.N さん プロフィール

  •  
nao.Nさん: nao.N street sketch
ハンドル名nao.N さん
ブログタイトルnao.N street sketch
ブログURLhttps://ameblo.jp/naonopage
サイト紹介文猫とモノクロスナップとフランス好きな女性フォトグラファ-の日常を綴るフォトブログです。
自由文浅草駅の傍に引っ越してきて。。。もうすぐ2カ月。ちょっとづつですが、以前のペ−スを取り戻しつつあります。引っ越しでお休みしていたブログ村ですが、再登録しました。また宜しくおねがいします〜!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供30回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2010/06/25 16:05

nao.N さんのブログ記事

  • 百花繚乱 (鷹峯流家元) 鷹峯志穂さんの写真
  • この舞台写真は丁度、一年前に撮影しました。 偶然にも、今日また、それを見返す機会が訪れ....... 撮影のお仕事は、いつも、不思議なご縁に導かれています。ステージに上がられている方もその芸も一回きりの生もので、決して長い時間では無い中で、瞬時に、目の前で繰り広げられていることを受け止め感じることすべてを必死で記録します。毎回、挑戦です。 素晴らしいステージをありがとうございます。素敵 [続きを読む]
  • ツーリング(湘南編)
  • 〜ずっと昔に SNSで発表したショットです〜 全員ハーレーで、ものすごい存在感で、圧倒されました。クールスの初代Vo.Pitpiさんのチームと。 DAY TRIP MEETING の川辺さんも。 待ち合わせも絵になる方々。 早朝のひんやりした空気のなかで。 これまで知らなかった世界。バイクに乗るといろんな事がリアルに迫ってくる気がしました。匂い、風、音、寒さや暑さ、というか熱さ?とか。視力がいつもの3倍位、すっきり見えるみたいで、 [続きを読む]
  • 旅先の景色と私。その3
  • 沢山のお人形の中から、気になったのはこの子。 ざわっとする風の意地悪に揺れる紅色。 ピアノレッスン。ワクワクするような憶えたてのメロディーの音に耳を傾けて。 アーチの横の黄色い?。 もうすぐランチタイム。今日はお外で。 朝食のヨーグルトに入れてくれた木の実やシリアルはここから少しずつとって。 クリスマスの準備。山の奥の方まで上って、大きな松ぼっくりを集めて。 お人形たちに囲まれて。 [続きを読む]
  • Doll in the Sky Studio 写真家中村直見の小さなスタジオです。現在...
  • Doll in the Sky Studio 写真家中村直見の小さなスタジオです。 現在キャンペーン中?? 西荻窪という町にあります。この町にはお洒落なお店が沢山あります。お散歩がてら、出掛けて見ませんか? 人気のクレープや、こだわりのケーキと紅茶のグレースなどを始め、素敵なお店がいっぱいです。スタジオのすぐ近くにはあの、トリムもあります。 因みに、本日は朝市の開催日、スタジオのある通りは賑やかです?? #studio #photo [続きを読む]
  • White Day Special Photo Plan ?
  • nao.N の、プライベートフォトスペースDoll in the Sky STUDIO  にて、3/15(thu)〜3/18(sun)までの4日間 写真家中村直見(nao.N)によるWhite Day 女性限定ポートレート撮影会を実施いたします。 女性であれば子供からお年寄り迄どなたでもOK。 バストアップの写真が欲しい方は、格安でプロに撮影してもらうチャンスです!ご予約、お待ちしております。             くわしくはこちらのホームページをご覧下さい    [続きを読む]
  • 4月始まりのオリジナルカレンダー販売開始のお知らせ
  • 2018年度版 4月始まりのオリジナルカレンダー 限定販売 受付開始いたします! 写真家 中村直見撮影のお洒落な卓上タイプのカレンダー。 完全ご予約発注の限定品です。モデルはブルースハープのスペシャリスト、西村ヒロさんです。    4月はじまりです。ご注文はお早めにどうぞ                                  詳細はこちらから                    ↓     [続きを読む]
  • 手作りのオーナメントとツリー
  • 25日は,素敵なホームパーティにお呼ばれしました。 パティオには、手作りの大きなツリー。 写真が撮りたくなり、わがままをいって、私のせいでお部屋の皆さんは暗がりのなかでしばしご歓談。 でもその時間がよかったと仰っていただけたのでほっとしました。素敵な大人のアーティストの皆さんと、ごちそうと、とっても特別な時間を過ごせたような気がします。 [続きを読む]