月華(ゆえほあ) さん プロフィール

  •  
月華(ゆえほあ)さん: 中国迷(ちゅうごくマニア)
ハンドル名月華(ゆえほあ) さん
ブログタイトル中国迷(ちゅうごくマニア)
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/hazukiyuehua/
サイト紹介文中国で見た(変な)物、食べた(変な)物、触れ合った(変な)人などを、漫画やイラストでゆるりとご紹介。
自由文北京に一年住んだ後、上海、広州、雲南、大連、ハルピン、モンゴル、ウイグルなどなど、あらゆる土地を旅して回り、いろんな目に遭いました・・・。どんなことがあっても、中国大好き!!
現在、中国全省制覇に挑戦中なので、旅はまだまだ続きます♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供21回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2010/06/25 11:42

月華(ゆえほあ) さんのブログ記事

  • iPhone Ⅹ
  • iPhone Xに機種変更しました。カメラ機能は優秀だし、ホームボタンがなくても操作は問題ないし、顔認証の速さは感動ものです!化粧しててもすっぴんでも、メガネかけてもかけなくても、ロックが解けるのは一瞬。しかし…喉の弱い私は、冬場はよくマスクをしてるんですよね。当たり前ですが、さすがに顔が半分隠れていると認証されません。即ち、ロック解除しようとする前に、いちいちマスクを下ろすか、パスコードを入れるかしない [続きを読む]
  • 久しぶりの漫画
  • ご無沙汰しております。久しぶりに正式な漫画を描きましたので、よかったら御覧ください。「クレバリーホーム」という住宅建設会社のHPのために描き下ろした漫画です。掲載サイトはこちらになります。http://cleverlyhome.jp/comic/よろしくお願いします。 [続きを読む]
  • 寧夏の旅(8)幻の西夏王国!!
  • 8/9今日はついに、寧夏観光の、メインっイベント〜〜〜!!!東方のピラミッドとも称される、西夏王陵へ!砂漠の中に、幻の都、西夏を治めた王達が眠っているのだ。 ホテルから新月広場まではタクシーに乗り、そこから西夏王陵行きのバス遊1路に乗り換えて、1時間ほど。 西夏王陵に着いた。抜けるような青空!砂漠を照りつける太陽!とうとうここまで来たんだなあ。 西夏文字だー!!かぁっこいい〜〜〜? チケット代60元を払い [続きを読む]
  • 観光キュレーション記事を書きました
  • ★去年のことになりますが、格安航空券販売サイトの「skyticket」が、世界の観光地を紹介するキュレーション記事を書くお仕事を募集していました。「大好きな旅行ネタを書いてお金がもらえるなんてラッキーじゃん♪♪」ということで、得意分野の中国マイナー都市を中心に、ベトナムの都市など、いくつかお仕事を引き受けました。ここで私が書いたページをご紹介します。記事の中で使用している写真は、半分以上、自分自身が旅行中 [続きを読む]
  • 似顔絵
  • 先週、中国語の授業中に先生の似顔絵を雑に描いていたら、なんと先生がそれを気に入り、写真を撮ってSNSのプロフィール画像にしてしまったのです。(驚)こんな汚い絵ではいかんと焦り、改めて似顔絵を描き直しました!使ってくれるかなー😅 [続きを読む]
  • 似顔絵
  • 先週、中国語の授業中に先生の似顔絵を雑に描いていたら、なんと先生がそれを気に入り、写真を撮ってSNSのプロフィール画像にしてしまったのです。(驚)こんな汚い絵ではいかんと焦り、改めて似顔絵を描き直しました!使ってくれるかなー😅 [続きを読む]
  • 続・ピンピンコロリ
  • これは65歳の友人、町田さんがお書きになった「ピンピンコロリ」を願う気持ちです。 お願いです。 どうかこのまま天国に行かせてください。 ピンピンコロリが私の切なる願いです。 意識を失っていたり、危篤状態になっていたりしたら、 その時私は天国への階段を一歩一歩上っているところです。 どうかそのままにしておいて下さい。 救急車を呼ばないで下さい。 病院に担ぎ込まないでくだ [続きを読む]
  • 続・ピンピンコロリ
  • これは65歳の友人、町田さんがお書きになった「ピンピンコロリ」を願う気持ちです。 お願いです。 どうかこのまま天国に行かせてください。 ピンピンコロリが私の切なる願いです。 意識を失っていたり、危篤状態になっていたりしたら、 その時私は天国への階段を一歩一歩上っているところです。 どうかそのままにしておいて下さい。 救急車を呼ばないで下さい。 病院に担ぎ込まないでくだ [続きを読む]
  • ピンピンコロリ
  • 中国語読書会の仲間で、ご年配の女性の町田さんが今日の帰りに言っていたことが心に強く残った。「もし私が倒れても、AEDなんか使わないでほしい。救急車なんか呼ばないでほしい。」「あれだけみんなが『ピンピンコロリがいい』と言っているのに、どうして無理に生きさせようとするの?倒れたその時こそ、コロリと死ねるチャンスなのに!!」「病院に入ったら最後、なかなか逝かせてくれない。コロリのチャンスが来るたびに、無理 [続きを読む]
  • ピンピンコロリ
  • 中国語読書会の仲間で、ご年配の女性の町田さんが今日の帰りに言っていたことが心に強く残った。「もし私が倒れても、AEDなんか使わないでほしい。救急車なんか呼ばないでほしい。」「あれだけみんなが『ピンピンコロリがいい』と言っているのに、どうして無理に生きさせようとするの?倒れたその時こそ、コロリと死ねるチャンスなのに!!」「病院に入ったら最後、なかなか逝かせてくれない。コロリのチャンスが来るたびに、無理 [続きを読む]
  • 寧夏の旅(6)山西省の省都、太原
  • 8/7大同からバスに乗って、4時間。山西省の省都、太原に着いた。太原は、春秋戦国時代の大国「晋」の主要都市で、2500年の歴史を持つ古都の一つだ。翌朝には銀川行きの飛行機に乗らねばならないので、太原観光に使えるのは半日だけ。あまり遠出をする時間はない。繁華街のど真ん中にホテルを取って、気ままに街を探索することにした。大同と比べて、若い女の子がたくさん!どこも活気で溢れている。 あっ、また教会発見。 [続きを読む]
  • 寧夏の旅(6)山西省の省都、太原
  • 8/7大同からバスに乗って、4時間。山西省の省都、太原に着いた。太原は、春秋戦国時代の大国「晋」の主要都市で、2500年の歴史を持つ古都の一つだ。翌朝には銀川行きの飛行機に乗らねばならないので、太原観光に使えるのは半日だけ。あまり遠出をする時間はない。繁華街のど真ん中にホテルを取って、気ままに街を探索することにした。大同と比べて、若い女の子がたくさん!どこも活気で溢れている。 あっ、また教会発見。 [続きを読む]
  • 新年快楽!
  • あけましておめでとうございます。この鶏さんは、中国の水墨画を見ながらペンタブで描きました。ホントは松本零士のトリさん描きたかったけど…w「葉」の落款は、本名の一部です。初夢は、何故か自分がベルセルクのガッツになっていて、湖にいるパックの彼女を見つけてあげるという内容でした。最近ベルセルクを読んだわけでもなんでもないのに何なんだ…まあ、悪いストーリーじゃなかったのでよしとするか!今年もよろしくお願い [続きを読む]
  • 新年快楽!
  • あけましておめでとうございます。この鶏さんは、中国の水墨画を見ながらペンタブで描きました。ホントは松本零士のトリさん描きたかったけど…w「葉」の落款は、本名の一部です。初夢は、何故か自分がベルセルクのガッツになっていて、湖にいるパックの彼女を見つけてあげるという内容でした。最近ベルセルクを読んだわけでもなんでもないのに何なんだ…まあ、悪いストーリーじゃなかったのでよしとするか!今年もよろしくお願い [続きを読む]
  • 暮れのご挨拶
  • 間もなく2016年が終わろうとしております。今年はなかなかブログの更新ができませんでしたが、それでも見に来てくださった皆様、どうもありがとうございました!年末までに買ったものをいくつかご紹介…うる星やつら手帳今年も二種類発売されていて、迷った挙句両方買っちゃいました!サンデーまんがカレッジ等らかんださんの影響で、どうしても欲しくなってAmazonで古本を注文しました!予想外に状態が良くて大満足です。グラ [続きを読む]
  • 暮れのご挨拶
  • 間もなく2016年が終わろうとしております。今年はなかなかブログの更新ができませんでしたが、それでも見に来てくださった皆様、どうもありがとうございました!年末までに買ったものをいくつかご紹介…うる星やつら手帳今年も二種類発売されていて、迷った挙句両方買っちゃいました!サンデーまんがカレッジ等らかんださんの影響で、どうしても欲しくなってAmazonで古本を注文しました!予想外に状態が良くて大満足です。グラ [続きを読む]
  • 寧夏の旅(5)城壁サイクリング!(山西省)
  • 一旦ホテルに戻り、再び、市内散策タイムだ。昨日は周りを巡っただけの鼓楼に、10元払って入らせてもらった。恐ろしく急な階段を上って、窓から見下ろすと、大同の美しい町並みが一望だった。よし次は、昨日は乗れなかった城壁の上のレンタサイクルに挑戦するか!!城壁を駆け上り、まっすぐレンタサイクル屋へ。自転車は全てタンデムだった。相談の結果、たっぱのある私が前に、相方のてんちゃんは後ろに乗ることにした。さあ、城 [続きを読む]
  • 寧夏の旅(5)城壁サイクリング!(山西省)
  • 一旦ホテルに戻り、再び、市内散策タイムだ。昨日は周りを巡っただけの鼓楼に、10元払って入らせてもらった。恐ろしく急な階段を上って、窓から見下ろすと、大同の美しい町並みが一望だった。よし次は、昨日は乗れなかった城壁の上のレンタサイクルに挑戦するか!!城壁を駆け上り、まっすぐレンタサイクル屋へ。自転車は全てタンデムだった。相談の結果、たっぱのある私が前に、相方のてんちゃんは後ろに乗ることにした。さあ、城 [続きを読む]
  • 魯迅の愛したお茶
  • 魯迅に所縁のある神保町の内山書店で、魯迅も愛したという玉露雁ヶ音茶を買いました。趣味で魯迅の原書を読む「魯迅研究会」の会長をしている私としては、買わないわけにはいきません!その後は、餃子の名店、スヰートポーヅで「鍋貼(guotie)」に舌鼓♪日本ではあまり馴染みのないこの餃子の包み方、これこそが本場中国東北風の焼き餃子なのです!家に帰ったら、魯迅の愛したお茶を飲みながら魯迅の散文でも読もう。 [続きを読む]
  • 魯迅の愛したお茶
  • 魯迅に所縁のある神保町の内山書店で、魯迅も愛したという玉露雁ヶ音茶を買いました。趣味で魯迅の原書を読む「魯迅研究会」の会長をしている私としては、買わないわけにはいきません!その後は、餃子の名店、スヰートポーヅで「鍋貼(guotie)」に舌鼓♪日本ではあまり馴染みのないこの餃子の包み方、これこそが本場中国東北風の焼き餃子なのです!家に帰ったら、魯迅の愛したお茶を飲みながら魯迅の散文でも読もう。 [続きを読む]
  • 懸空寺〜天空に懸かる寺(山西省)
  • 本日の目的地は、その名もズバリ、「空に懸かる寺」ーー懸空寺だ。切り立った山の岩壁に、せり出すように立つその姿は、あの李白に「壮観」の二文字を書かしめたほどだとか。 大同市内から、渾源行きのバスに揺られて2時間ほど。終点で下車し、タクシーに乗って懸空寺を目指した。 懸空寺のすぐ手前には、中国五岳の一つ、恒山の碑があった。この日は時間がないので、登山は断念。 124元の拝観料を払い、 [続きを読む]