SHIHO さん プロフィール

  •  
SHIHOさん: 旅女 Tabijo〜義眼のバックパッカー編〜
ハンドル名SHIHO さん
ブログタイトル旅女 Tabijo〜義眼のバックパッカー編〜
ブログURLhttp://tabijyo.blog76.fc2.com/
サイト紹介文一応世界一周…予定。旅好き・猫好き・漫画好きなうどん県民です。
自由文28歳の時、海外初一人旅へ。毎度アジア圏で散財して先へ進めず。いい加減泥臭い土地を抜けてヨーロッパとか女子っぽい所へ行きたい。
旅中身につけたもの:ポイ(ジャグリング)、編み物、太極拳、ハーモニカ
長所:よく道を聞かれる。
短所:道を聞かれた時はほぼ自分も迷子。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供122回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2010/06/26 09:36

SHIHO さんのブログ記事

  • 明けましておめでとうございます。
  • あけました!おめでとうございます!今更。もう寒中見舞いにしても遅い!最後の平成30年。最後の最後まで「今って平成何年やったっけ・・・?」と言いながら平成が終わってしまいます。まぁこれは私だけではないはず!(`・ω・´)無事新しい職場も決まりました。派遣ですけど。普通の事務なんだけど、今まで接客業とか製造業とかだったから「普通の事務」っていうのが初めてでかなり新鮮。エクセル・ワードのスキルが皆無なのが心 [続きを読む]
  • スワジランドからいざヨハネスブルグへ!おすすめ宿も。
  • はいどうも。昨日カイジのバラエティー番組を見たせいで漫画のカイジを読み返している私です。カイジ原作である漫画「カイジ」は借金苦を抱えた人達を集めゲームをし、それに勝つと何百、何億円の賞金が貰えるのだけど、それに負けると体の一部や、命までも落としてしまうというハイリスク・ハイリターンのギャンブル漫画。今回のバラエティー番組では実際借金を抱えている一般人・芸人を集め、同じようにゲームの勝者にお金が貰え [続きを読む]
  • クリスマスの過ごし方
  • 今回の記事は現在の日常です。皆様良いクリスマスをお過ごしだったでしょうか?私のクリスマスは、、、会社の人に「クリスマスだから」とランチをご馳走になりました♪そこがですね、ランチにしてはお高いんだけどすっごく美味しくて!「これならこの値段全然出すわー!」という感じ。「讃岐地人食堂 汐さぎ!庵(うさぎあん)」天気が悪かったせいかちょっと外観の写真映りが悪いんですけど、、、;実際は凝った感じのおしゃれな [続きを読む]
  • 450円のウォーキングサファリ「ムリルワネ野生保護区」
  • メリークリスマス!そしてごめんなさい!。゚(゚´Д`゚)゚。遅刻してしまいました・・・。何にって、昨日のラジオに;あしたのジョーもしかして聴いてて気づかれた方もいらっしゃるかも?まぁ私の出番を本気で待ってる人は身内くらいだと思うのですが、一応ここで謝罪をば;ごめんにゃさい!!はなちゃんも反省してくれているので許して下さい。いや、祝日の土曜、しかもイブイブということもあっていつもより早く出たにも関わらず、遅 [続きを読む]
  • ソ連軍事基地の廃墟がドイツに?「フォーゲルザング(Vogelsang)村」
  • フライングでメリークリスマス!ラジオを聴いてくださった方、ありがとうございます!ヽ(*´∀`*)ノ聴き逃してしまった方、スマホでラジオを聴ける無料アプリ「radiko ラジコ」のタイムフリー機能なら今から1週間以内なら聴くことができますよ〜。タイムフリー機能の使い方はこちらから→http://tabijyo.blog76.fc2.com/blog-entry-919.html県外の方はラジコのプレミアム会員で聴けるので、ラジオ好きの方はこの機会にさぬき弁でも [続きを読む]
  • スワジランド「スワジ文化村」(エズルウェニ渓谷)
  • レソトから南アフリカに戻り、ダーバンで数日過ごそうと思ったものの宿がとれず、結局1泊だけして移動・・・次なる目的地は「スワジランド王国」。場所はここ。「王国」という名の通り、レソト同様「王様」がいるのだけど、レソトと違うのは憲法で国王の権限が保障されていて、未だ国王が権力が持っていること。政府の重役も王家が多く占めているので、ほぼ独裁政権に近い。更にこの国、調べるとすぐ出てくるのが「世界で一番エイ [続きを読む]
  • 【国境】THE・レソトな風景と国境サニパス(南アフリカへ)
  • タバツェカ、宿での朝。早朝ノックの音で起こされ、若干無視してみるもノックは続き、仕方無いので寒い中ベッドからもそもそと這い出てドアを開けると、そこにはバケツを持った宿のお姉さんが。お姉さん「はい、これシャワー用のお湯ね!」・・・。いやね昨日浴びたからいらないよって、伝え忘れてた私も悪いかもしれないんだけど。早朝5時 に誰がシャワー浴びるん!?お姉さん、私パン屋さんでも羊飼いでもないんですけど。むしろ [続きを読む]
  • マントソニャネでのソト族とのからみ(レソト)
  • 本編の前に少しだけアフリカ治安情報を。バックパッカーにとってエチオピア、いやアフリカの観光ハイライトともなっている「ダナキル火山ツアー」。悲しいことに、そのツアー中に外国人観光客が殺害されるという事件が起きました。以下、在エチオピア日本大使館からの速報メールをコピペしておきます。”2017年12月3日(日)、アファール州のダナキル火山を観光中の外国人が、武装集団に襲われ殺害されたとの情報があります。詳細 [続きを読む]
  • レソト「タバ・ボシウ」からの景色がかっこ良すぎる!
  • 「タバ・ボシウ(Thaba Bosiu)」はレソトの首都マセルから、東へ約10kmの場所にある小高い丘。1824年、初代国王のモショエショエ1世はここに要塞を構え、約40年にわたって他民族の侵略を防いだという重要な歴史遺産。タバ・ボシウとはソト語で「夜の山」という意味で、昼は小さな丘にすぎないのに、夜になると山になるという伝説が残っている。(出展:地球の歩き方 南アフリカ)マセルからは日帰りツアーもあるけど、私はマセル [続きを読む]
  • マレアレアから首都「マセル」へ。(レソト)
  • マレアレアで大満足のポニートレッキングを終えた私はレソトの首都「マセル」へと向かう。マセル近郊にある「タバ・ボシウ」という村に行きたかったのだけど、そこにはお高いホテルしか無いのでマセルの安宿で泊まって翌朝タバ・ボシウへ向かうことに。マレアレアからマセル行きのバスは毎日同じ時間に宿の前まで来るのでラク。宿のスタッフに「バスは8時から9時くらいの間に来るよ〜」と言われた通り、8時過ぎにミニバスが到着。 [続きを読む]
  • 天空の王国!?「レソト王国」でトレッキング(マレアレア)
  • 久々にマニアックな国にやってきました。「レソト王国」場所はここ。南アフリカの中にあるけど、ちゃんとした独立国家。「王国」という名の通り、国王がいるのだけどレソトの国王は政治的権力は持っていなくて「国の象徴」という存在。日本でいう天皇ですね。政治はパカリタ・モシシリ首相が治める立憲君主制。何やら数年前にクーデターが起こったりもしてたけどその辺の説明は省きます。レソトの面積は3万平方キロメートルと、九 [続きを読む]
  • ステレンボッシュでワイナリー巡り(南アフリカ)
  • 南アフリカ・ケープタウンから電車で「ステレンボッシュ(Stellenbosch)」という町へと向かう。南アフリカの電車は黒人さん以外は使わないと言われていて(治安上)、確かに黒人さんしか乗っていなかった。が、この路線は昼間使う分にはさほど心配なさそう。ただ私が乗った時は途中から車内は結構混みだし、前に座っていた人が私がひざの上で抱えていたサブバックを、「誰も盗らないから横に置けばいい」と言ってきて非常に怪しか [続きを読む]
  • 今後のラジオ出演とまた絶景カフェ
  • はいどうもこんにちは。え?何そのやる気のない顔ですって?これでもやる気まんまん。昨日はラジオ放送でした〜。聴いてくださった皆様、ありがとうございます〜(*´∀`*)あっ忘れてた!という方!そんな時はスマホアプリ「ラジコ radico」の出番♪ラジコの「タイムフリー」機能を使えば、放送後でも1週間まで番組を無料で聴くことができます。なので、ラジコのタイムフリー機能を簡単に説明します。(まずはスマホにラジコをイン [続きを読む]
  • セスリムからアウスへ〜続・ヒッチハイクの旅〜
  • ナミブ砂漠・セスリムでの朝焼け。赤く光る雲がすごくきれい・・・。もちろん夜は星空もきれいだった。砂漠なので、日中は暑いものの朝晩は結構冷え込む。朝寒いのもあって、日が高くなってからテントを片付け始める。2日目に泊まったのはゲート外ガソスタ近くにある「Sossus Oasis Camp site」というキャンプサイト。キャンプサイトがいっぱいだったので、その辺でもいいから張らせてほしいとゴネるとコンビニ横に張らせてもらえ [続きを読む]
  • 【保存版】香川県の猫島「佐柳島」への行き方・宿・おすすめのお店
  • 佐柳島への行き方は以前にもUPしたのですが、補足訂正を加えてもう一度まとめまーす。「佐柳島(さなぎしま)」香川県・多度津町の瀬戸内海に浮かぶ小さな島。猫がたくさんいるいる「猫島」として観光客に人気です。香川県には他にも猫島があるのですが、佐柳島は「飛び猫」という、この島で撮られたジャンプばっかりしている猫の写真集でも一躍有名になりました。飛び猫防波堤の人が出入りしたりする隙間の部分をジャンプする猫。 [続きを読む]
  • 香川の猫島♪あの方達と2年ぶりの佐柳島へ!
  • ナミビア編の途中ですが、ちょっと日本での日常を。2年(以上)ぶりの佐柳島!地元なんだけど、なぜまた行ったかというとこの方達のリクエストで!はい!ご存知?wおみそれ夫婦です(∩´∀`)∩♪おみそれ!夫婦で世界一周の旅世界一周を終えて地元に帰っていたお二人が、わざわざ車で香川まで来てくれたのです。インド・ハンピでの灼熱地獄を共に過ごし、キルギス・ビシュケクで2Lのペットボトルビールを一緒に飲み干し、マケド [続きを読む]
  • ヒッチハイクでナミブ砂漠へ!
  • スワコプムントで仲間をGET出来なかった私は、ナミブ砂漠観光の拠点となる町「セスリム」までヒッチハイクで行くことを決意。(この区間はバスなどの公共の交通機関が無い)今まで他の国でもヒッチハイクをすることがあったけれど、私はヒッチハイクが嫌いなのでできれば避けたい交通手段。が、ナミビアまで行ってナミブ砂漠を見ないなんて!と旅仲間に言われたこともあり、仕方無くするのです。海外でのヒッチハイクは非常に危険 [続きを読む]
  • 仲間がいないルイーダの酒場(スワコプムント)
  • さて少数民族もぅお腹いっぱい、となったところで次に向かうはナミビアの観光ハイライト、「ナミブ砂漠」。ナミブ砂漠へは周辺の町からバス等公共の交通機関が出ていないので、レンタカーを借りるかツアーに参加するしかない。ツアーは大体2泊3日で3万〜4万円と高いので、他の人のブログなんかを見ると大体数人でレンタカーを借りて行くのが一般的。一人旅の私はどこかで仲間をGETしなければいけないという、、、私にとってかなり [続きを読む]
  • ナミビアの少数民族②〜歳の差◯歳カップルのヘレロ族〜
  • 自力での少数民族の村訪問。デンパ族はクリアしてので残るはヘレロ族とヒンバ族。ただ、ヒンバ族の村は目星はついていたものの、ヘレロさんは結構町中に住んでいる方が多く、村となると少し遠い場所になると聞かされた。前回、これらの少数民族の方々が集合した「誰かのお葬式」に参加できた私は、このお葬式会場で一緒に来たデンバさん達と別れ、ヘレロさんに付いて行くことに。と言っても、ここでもやはり言葉の壁が。英語は通じ [続きを読む]