オフィスM.F.T さん プロフィール

  •  
オフィスM.F.Tさん: 人生を変える『気づきの思考法』とアドラー心理学
ハンドル名オフィスM.F.T さん
ブログタイトル人生を変える『気づきの思考法』とアドラー心理学
ブログURLhttps://ameblo.jp/kiduki-in/
サイト紹介文人生を変えたい、自分を変えたい人は、アドラー心理学をベースにした『気づきの思考法』を学んでください。
自由文『気づきの思考法』と心理学教育の必要性を認識してもらい、広める活動をしています。
人生が窮屈に感じたり、不自由だと思ったり、不平不満を持ったりするのはどうしてでしょうか?
それは、ほとんどの人が、人生にアイデアがなく、バリエーションが少ないからだと思うのです。その理由は、思考法に問題があるのです。



参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供725回 / 365日(平均13.9回/週) - 参加 2010/06/26 14:54

オフィスM.F.T さんのブログ記事

  • 私たちが実際に見ているもの
  • ご訪問いただき、ありがとうございます。 心理コンサルタントの白瀧です。 さて、赤ちゃんの表情は、とても可愛く愛らしいものです。 私たちは、赤ちゃんの表情を見ていると、ついつい微笑ましく感じます。 ただ、赤ちゃんも、男児と女児とでは、その印象に違いがあるようで、女児の親は男児の親よりも、わが子を、かわいい、柔らかい、きゃしゃ、頼りない、顔立ちが美しい、警戒心が強くないと評価する傾向があります。 もちろん [続きを読む]
  • 今日の一言 №399
  • ご訪問いただき、ありがとうございます。 心理コンサルタントの白瀧です。 「人は誰でも劣等感を抱く。 問題は、劣等感を抱くことではなく、 劣等感にどのような態度を取っているかということ。」 今日も、素敵な一日をお過ごしください。 最後まで読んで頂き、ありがとうございました。 心理学教育の必要性と『気づきの思考法』を広める活動をしています。↓ご協力のほど、よろしくお願いします。 にほんブログ村 人気ブログラ [続きを読む]
  • 幸せな人生を歩める人
  • ご訪問いただき、ありがとうございます。 心理コンサルタントの白瀧です。 さて、思想家であり、武道家、翻訳家、そして神戸女学院大学の名誉教授でもある内田樹さんが、ご自身のツイッターで次のようなことをつぶやかれていました。 「賢い人」とは「自分が何を知らないかを知っている人」。「愚かな人」とは「自分が何を知らないかを知らない人」。知識の量の差じゃないんです。「賢い人」は「自分が何を知らないのか」を話題に [続きを読む]
  • 今日の一言 №398
  • ご訪問いただき、ありがとうございます。 心理コンサルタントの白瀧です。 「人と接するときには、 劣等の位置に留まりたい人など誰もいない、 ということを忘れてはいけない。」 今日も、素敵な一日をお過ごしください。 最後まで読んで頂き、ありがとうございました。 心理学教育の必要性と『気づきの思考法』を広める活動をしています。↓ご協力のほど、よろしくお願いします。 にほんブログ村 人気ブログランキング 自分を [続きを読む]
  • 欺こうとする脳
  • ご訪問いただき、ありがとうございます。 心理コンサルタントの白瀧です。 さて、『病態失認』という、脳の損傷によって生じる症状があります。 『失認』とは、人や物が認識できない状態を言うのですが、『病態失認』とは、まさに自分の身体に起こっていることが認識できない症状を言います。 通常、人間の脳は、右脳が左半身を制御し、左脳が右半身を制御しています。 このうち、『病態失認』は、右脳を損傷した人たちに見られる [続きを読む]
  • 今日の一言 №397
  • ご訪問いただき、ありがとうございます。 心理コンサルタントの白瀧です。 「英雄が出現しないことが不幸なのではなく、 英雄の出現を持ち望むような時代そのものが 不幸なのである。(ブレヒト)」 今日も、素敵な一日をお過ごしください。 最後まで読んで頂き、ありがとうございました。 心理学教育の必要性と『気づきの思考法』を広める活動をしています。↓ご協力のほど、よろしくお願いします。 にほんブログ村 人気ブログ [続きを読む]
  • 勝とうとする心理
  • ご訪問いただき、ありがとうございます。 心理コンサルタントの白瀧です。 さて、私たちは、さまざまな場面で他者と議論する機会に遭遇します。 それは、会社での会議や同僚とのやり取りなど仕事に関するものから、友人との何気ない会話や遊びの計画、はたまた夫婦や親子の会話に至るまで、あらゆる場面の中で見受けることができます。 一端議論が始まると、私たちは一つの目的を持つようになります。 それは、相手に勝つことです [続きを読む]
  • 今日の一言 №396
  • ご訪問いただき、ありがとうございます。 心理コンサルタントの白瀧です。 「相手の能力や力を信頼し、 相手を仲間だと思って接する。」 今日も、素敵な一日をお過ごしください。 最後まで読んで頂き、ありがとうございました。 心理学教育の必要性と『気づきの思考法』を広める活動をしています。↓ご協力のほど、よろしくお願いします。 にほんブログ村 人気ブログランキング 自分を変えたい、人生の迷路から抜け出したい、 [続きを読む]
  • 噛むことは頭にいい
  • ご訪問いただき、ありがとうございます。 心理コンサルタントの白瀧です。 さて、『噛むことは頭にいい』と昔からよく言われていましたが、今回、そのことを証明するような研究結果が発表されました。 それは、『噛むことによって注意力が増し、判断するスピードも速まる』というものです。 研究によれば、20〜34歳の17人の被験者にガムを噛んでもらい、その後、数秒から十数秒の間隔でスクリーンに映し出される矢印の左右を [続きを読む]
  • 今日の一言 №395
  • ご訪問いただき、ありがとうございます。 心理コンサルタントの白瀧です。 「親の仕事は、親の仕事を終えること。 少しずつ確実に。」 今日も、素敵な一日をお過ごしください。 最後まで読んで頂き、ありがとうございました。 心理学教育の必要性と『気づきの思考法』を広める活動をしています。↓ご協力のほど、よろしくお願いします。 にほんブログ村 人気ブログランキング 自分を変えたい、人生の迷路から抜け出したい、 そ [続きを読む]
  • 優れているという錯覚
  • ご訪問いただき、ありがとうございます。 心理コンサルタントの白瀧です。 さて、私たち人間には、『自分は、平均より優れている』と思うところがあります。 実際、多くの人たちが、知能や技能、望ましい性格などについて質問すると、平均的な人と比べて自分の方が優れていると答える傾向にあります。 しかし、すべての人が平均よりも上ということはありえないところから、このような人間の持つ傾向は、『優越の錯覚』と呼ばれてい [続きを読む]
  • 今日の一言 №394
  • ご訪問いただき、ありがとうございます。 心理コンサルタントの白瀧です。 「各人が勝つことに懸命になっている間は、 だれしも双方の論拠を考量するよりは、 真実らしさを強調することに努力するもの。(デカルト)」 今日も、素敵な一日をお過ごしください。 最後まで読んで頂き、ありがとうございました。 心理学教育の必要性と『気づきの思考法』を広める活動をしています。↓ご協力のほど、よろしくお願いします。 にほんブ [続きを読む]
  • 人生の選択
  • ご訪問いただき、ありがとうございます。 心理コンサルタントの白瀧です。 さて、私たちは、ありとあらゆる場面でさまざまな選択に迫られます。 それは、朝、目覚めたときからすでに始まっています。 朝起きるかどうかの選択、会社に行くかどうかの選択、朝ご飯を食べるかどうか、何を着て行くか、などなど。 私たちの選択は、昼御飯に何を食べようかという日常的で些細なものから、就職や結婚など人生を大きく左右する重要な選択 [続きを読む]
  • 今日の一言 №393
  • ご訪問いただき、ありがとうございます。 心理コンサルタントの白瀧です。 「人に考えを強いるやり方・・・・・・それはつねに御しがたい愚かさであり、狂気の温床である・・・・・・。 人に考えを強いるな、自由にさせてやりたまえ、怖がるのはやめたまえ。 自由な人間は柔和な者で、武器など持たない。(アラン)」 今日も、素敵な一日をお過ごしください。 最後まで読んで頂き、ありがとうございました。 心理学教育の必要性と『 [続きを読む]
  • 心理学を学ぶとは
  • ご訪問いただき、ありがとうございます。 心理コンサルタントの白瀧です。 さて、先日、ある方との会話の中で、私が心理学を教えているということが話題に出ると、 「それじゃあ、他人の心理が読めるんですか?」 と質問されてきました。 その方にとって心理学とは、他人の心理を知るための学問だったようです。 実際、人が心理学に興味を持つのは、まずは他人の心理を知るためだという場合が多いようです。 そして、他人の心理を [続きを読む]
  • 今日の一言 №392
  • ご訪問いただき、ありがとうございます。 心理コンサルタントの白瀧です。 「人生は、後悔するには短い、 退屈するにはあまりにも短すぎる。」 今日も、素敵な一日をお過ごしください。 最後まで読んで頂き、ありがとうございました。 心理学教育の必要性と『気づきの思考法』を広める活動をしています。↓ご協力のほど、よろしくお願いします。 にほんブログ村 人気ブログランキング 自分を変えたい、人生の迷路から抜け出した [続きを読む]
  • 欺瞞の基本的なメカニズム その5
  • ご訪問いただき、ありがとうございます。 心理コンサルタントの白瀧です。 さて、前回の記事では、『自己欺瞞』の二つ目の意味について書きました。 では、この子どもは、なぜ、このような行動を取る必要があったのでしょうか? それは、彼が、自らに対する自信を失い、行動する勇気を失っているからに他なりません。 要するに、そのような行動を取らなければ、自分の価値を上げることができないと思い込んでいるからです。 親の手 [続きを読む]
  • 今日の一言 №391
  • ご訪問いただき、ありがとうございます。 心理コンサルタントの白瀧です。 「親の役割は、子どもの関心を周囲へと広げていくこと。」 今日も、素敵な一日をお過ごしください。 最後まで読んで頂き、ありがとうございました。 心理学教育の必要性と『気づきの思考法』を広める活動をしています。↓ご協力のほど、よろしくお願いします。 にほんブログ村 人気ブログランキング 自分を変えたい、人生の迷路から抜け出したい、 そう [続きを読む]
  • 欺瞞の基本的なメカニズム その4
  • ご訪問いただき、ありがとうございます。 心理コンサルタントの白瀧です。 さて、前回の記事では、『自分では気づいていない意図』の記事における子どもの行動に関して、この子どもが「腹を立てる」というのは、自分の行動をごまかすための『自己欺瞞』であること。 そして、この場合の自己欺瞞には二つの意味が考えられ、その一つ目の意味は、行動そのものをごまかすためのものである、ということを書きました。 では、二つ目の意 [続きを読む]
  • 今日の一言 №390
  • ご訪問いただき、ありがとうございます。 心理コンサルタントの白瀧です。 「他人の欠点を指摘するのではなく、 出来ている成果を指摘すること。」 今日も、素敵な一日をお過ごしください。 最後まで読んで頂き、ありがとうございました。 心理学教育の必要性と『気づきの思考法』を広める活動をしています。↓ご協力のほど、よろしくお願いします。 にほんブログ村 人気ブログランキング 自分を変えたい、人生の迷路から抜け出 [続きを読む]
  • 欺瞞の基本的なメカニズム その3
  • ご訪問いただき、ありがとうございます。 心理コンサルタントの白瀧です。 さて、前回までの記事で、私たちは、 自分の価値や評価を下げたくないという無意識的な思考があるがゆえに、自らが自らの価値や評価を下げるような行動を取った場合には、それをごまかす行為、すなわち『欺瞞』を演じるようになる、 ということを書いてきました。 この欺瞞には、意識的、つまり自分で気づいている欺瞞と、無意識的、つまり自分では気づい [続きを読む]
  • 今日の一言 №389
  • ご訪問いただき、ありがとうございます。 心理コンサルタントの白瀧です。 「個人心理学(アドラー心理学)は、 人間を理解するには、 人生の課題を解決するために 人が行う運動を調べる以外に方法はない、 と主張している。 その際、どのように、 そして、なぜそのようにするかを 注意深く観察しなければならない。(アドラー)」 今日も、素敵な一日をお過ごしください。 最後まで読んで頂き、ありがとうございました。 心理学 [続きを読む]
  • 欺瞞の基本的なメカニズム その2
  • ご訪問いただき、ありがとうございます。 心理コンサルタントの白瀧です。 さて、昨日の記事では、意識的に演じる欺瞞について書きました。 そして、その例として、仕事をサボったときにどのような行動を取るか、ということを書きました。 私たちは、仕事をサボったときなどには、それをごまかそうとする行動に出ます。 それは、仕事をサボることが悪いことだということ、つまり自分の価値や評価を下げる行為であることを自分自身 [続きを読む]
  • 今日の一言 №388
  • ご訪問いただき、ありがとうございます。 心理コンサルタントの白瀧です。 「対人関係において問題が発生した場合には、 相手の人をもう少し楽にしてあげるために、 あなたが別の行動をするとしたら、 どんなことができるか、と考えてみる。」 今日も、素敵な一日をお過ごしください。 最後まで読んで頂き、ありがとうございました。 心理学教育の必要性と『気づきの思考法』を広める活動をしています。↓ご協力のほど、よろしく [続きを読む]
  • 欺瞞の基本的なメカニズム
  • ご訪問いただき、ありがとうございます。 心理コンサルタントの白瀧です。 さて、みなさんは、仕事中に、 映画を観に行ったり、 喫茶店でおしゃべりをしたり、ウトウトしたり、 あるいは、公園でボーっとしたりなど、 仕事をサボって油を売った経験はないでしょうか? 私は、昔はよく仕事をサボったものです。 そんなとき、職場に戻ったあなたはどのような行動を取られるでしょうか? 上司にサボっていたことがばれないように、 あ [続きを読む]