やまPT さん プロフィール

  •  
やまPTさん: 理学療法士のゴルフレッスン
ハンドル名やまPT さん
ブログタイトル理学療法士のゴルフレッスン
ブログURLhttp://yamaptgolf.blog119.fc2.com/
サイト紹介文プロ合格者を輩出する理学療法士のゴルフレッスン。正しい体の使い方を動画を交えて紹介します。
自由文私はリハビリ指導と、一般からツアープロまでのゴルフコーチをしています。生徒にはプロテスト合格者も数名おります。現在、様々なゴルフ理論が存在しますが、主観的な表現のものが多く、正しくその内容を伝えきれていない事が多いです。この為解釈が人によって一貫せず、逆に迷いを生んでいます。そこで、動作分析、動作コーチングのプロとして、ゴルフスイングでは実際にどのように体を使うべきか具体的に紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供32回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2010/06/27 00:38

やまPT さんのブログ記事

  • フットワーク=足部+股関節
  • フットワークに必要な運動要素今回は、フットワークに必要な運動要素について紹介します。ゴルフスイングに限らず、スポーツでは、フットワークがとても重要な役割を担っています。スイングのフットワークに必要な運動要素は、大きく2つです。足部の動きと股関節の動きです。〜フットワーク=足部+股関節〜足部と股関節に求められる動きはつま先を外にねじるような動きと膝に挟んだボールを動画のように動かす事で、身に着けるこ [続きを読む]
  • 重心コントロールが肝
  • 重心の動きを感じてる?動作では、重心の動きを感じる事がとても大切なポイントです。今回は、ゴルフスイングの身体重心の動きと体の動きの関係について紹介します。ゴルフスイングでは、黄色の矢印のように身体重心を使います。〜重心の動きが、全てを支配する〜[高画質で再生]重心と身体パーツの関係[広告] VPSゴルフスイングは背骨を軸に回転する為、身体重心の理想的な動きは、おなかの前にある赤いボールのような動きになりま [続きを読む]
  • スイングはこう作る
  • お勧めスイングトレーニング本ブログでは、フットワークや腕の使い方、体幹の使い方等、各身体パーツ毎の操作方法を紹介していますが、今回は、各身体パーツの動きを練習した後に、どのようにスイング動作へ統合していくか、ゴルフスイングトレーニングを紹介します。はじめに、左右の足で、しっかり軸足が体を支えているかを確認します。股関節・膝・母指球が一直線にある事が理想です。右に上体を回す時は、右のコアラインへ左に [続きを読む]
  • パターからショットへ
  • 上体はこう回せ その2先日、上体は、大きく2つの要素で回転(ねじれ)させるという事を紹介しました。要素1コア(黄色○)の上で、肋骨部分(胸椎レベル)が回る運動要素(赤矢印)要素2コア(黄色○)を直接フットワークで回転させる運動要素(黄色矢印)です。今回は、これらの運動要素を使って、体を上手に回転させる練習方法を紹介します。〜パッティングからスイング動作へ〜要素1の動きは、パッティング動作と全く同じ [続きを読む]
  • 身体の上手なねじり方
  • 上体はこう回せ先日、スパイラルメソッドから簡単に出来るお勧めのコアトレを紹介しました。肋骨の部分と骨盤の間に、弾力のあるボールを挟み込んだ様な状態を作るというものです。今回は、このイメージを使って、体を上手に回転させる(ねじる)方法について、紹介します。ボールのイメージが湧いていない人は、前回紹介したコアトレをしっかり行ってみて下さい。〜上体はこう回す〜皆さん肩を入れる肩を回す。と言いますが、肩を [続きを読む]
  • 身体が回し易くなるコアトレ
  • 腹にボールのような弾力を!今回は、スパイラルメソッドから簡単に出来るお勧めのコアトレを紹介します。肋骨と骨盤の間には、背骨しかありません。ですから、この間の部分の筋肉の活動性が下がるとすぐに背中が丸まってしまったり、反り腰になってしまったりします。ゴルフスイングは、背骨を軸にした回転運動ですが、猫背や、反り腰の状態では、うまく背骨を軸にした回転運動を行う事は出来ません。では、おすすめのコアトレです [続きを読む]
  • 体が流れると感じたらチェックする事
  • 母趾球への荷重がポイント上体が飛球方向に流れると同時にリリースポイントも飛球方向にずれるので振り遅れします。フェースの先が遅れるのでボールが捕まらなくなります。この為、多くの人は対症療法として、クラブをダウンスイングでほどく(小手先の動きでクラブの振り遅れを無理やり間に合わせよう)という作業をし始めます。当然切り返しの初期に腕の操作が大きくなることによって、上体の力みを生み、タメがほどけると同時に [続きを読む]
  • 足のグリップとコアの安定
  • スイングがふわふわ安定しないと        感じた時はここチェック なんか身体がふわふわする。インパクトも決まらない。地に足がついていないような感じがする。こういった時は、ボールを強く叩くこともできません。今回は、このような時の対処方法を紹介します。身体がふわふわして、スイングが安定しないと感じる時は、大抵フットワーク、特に足のグリップや、コアの働きが緩んでいる事が多いです。〜足のグリップとコア [続きを読む]
  • 重心移動がうまく出来ない
  • ポイントはコアライン 重心移動やフットワークをうまく行う上で何かポイントはありませんか?といったご質問を受けましたので紹介します。〜コアラインを通す〜重心移動をスムースに行うには、コアラインに重心を乗せる事が、ポイントになります。バックスイングでは、右のコアラインダウンスイングからは左のコアラインに重心を乗せます。コアラインは左右の下位腰椎−仙腸関節−股関節を結ぶつながり(赤線)です。〜左右のコア [続きを読む]
  • 『スイング構築プログラム』 その⑤
  • 腕と体の一体感を磨く 〜プロもうらやむナイススイングを自宅で作ろう−⑤〜 ◆フットワークで回転エネルギーを作る。◆腕の振っていく方向を確認する。◆力を入れるタイミングをつかみ無駄な力みを排除する。◆左右の壁を強化する。このような流れですスイング作りのポイントを紹介してきましたが、今回は、フットワークで得たエネルギーをしっかりとボールに伝える為に必要なトレーニングを紹介します。テーマは『腕と体の一体感 [続きを読む]
  • 『スイング構築プログラム』その4
  • ヘッドが走る『ゴルフスイングの壁の作り方』 〜プロもうらやむナイススイングを自宅で作ろう−④〜 『ゴルフスイングの壁』は、スイング時に発生する遠心力(重心移動)に対する、体のバランス反応です。今回紹介するトレーニングは、チューブで引っ張る事で、軸足に遠心力を模擬体験させ、強固な壁を作っていきます。*このトレーニングでは、トレーニングチューブが必要です。 安価な物がホームセンターやスポーツショップにあ [続きを読む]
  • 『スイング構築プログラム』 その3
  • 『リズムと力を入れるタイミングをつかむ』〜プロにも負けないナイススイングを自宅で作ろう−③〜 理想のスイングは、無駄なタイミングで力を入れないことが重要!力はテークバックとインパクトのタイミングで使いましょう。スイングは、バックスイング方向とダウンスイング方向のツーモーションです。〜リズムと力を入れるタイミングをつかむ〜『スイングにエンジン搭載』で紹介したゴルフ体操で、自分が心地よく動けるリズムを [続きを読む]
  • 『スイング構築プログラム』 その2
  • 『腕を振る』 〜プロにも負けないナイススイングを自宅で作ろう−②〜 コーチングしていると腕と体を一体にする=肩と腕で出来る三角形をキープする=腕は使わない程いい・・・?と言った言葉に惑わされ、クラブと唯一の接点である腕がガチガチに突っ張り、しなやかに使えない状態にある、という残念な方が非常に多く見られます。パワフルなスイングを手に入れる為には、腕の使い方が非常に重要です。飛ばし屋の選手ほど腕はしな [続きを読む]
  • 『スイング構築プログラム』 その①
  • 『スイングにエンジン搭載』〜プロにも負けないナイススイングを作ろう−①〜 だんだん温かくなりゴルフシーズンが近づいてきましたが、皆さんのゴルフの調子はいかがでしょうか?今回は、レッスンで多くの人が共通してお悩みになっている点を元に、スイング構築プログラムと題しまして、スイング作りについて、そのポイントを紹介していきます。第一回目は 『スイングにエンジン搭載』ですコーチングしているとほとんどの方は、 [続きを読む]
  • コアのコントロールを練習しよう
  • 両側のコアに乗ろうスイングではコアのコントロールが非常に重要なポイントになるという事を紹介しましたが、今回は、正しいコアの動きを獲得するための簡単なトレーニングを紹介します。椅子に座って、なるべく頭の位置が高くなるように座ります。両側の座骨でバランスよく上体を支えて、足の裏が地面にしっかりつく状態で行います。それでは、上体を回してみましょう。正しい動きは、右に上体を回す時は右のコアラインで、左に上 [続きを読む]
  • コアのねじれポイント!
  • 正しくコアをコントロールする『ねじれ』今回は、正しくコアをコントロールする為のポイントを紹介します。※スパイラルメソッドでは、骨盤周囲(股関節、仙腸関節、下位腰椎) をコアと定義しています。〜コアにかかるねじれ〜今回は、左サイドのコアのねじれについてです。左の股関節では、バックスイングでは、骨盤に対して外旋方向の運動がおこり、ダウンスイングでは内旋方向へのねじり戻しが行われます。この為、バックスイ [続きを読む]
  • プロが苦労するコアの動き
  • 理想的なコアの動きはこう先日スイングの精度を上げるためには、コアの動きに意識を集中させることが重要だという事を紹介しました。〜正しいコアの動き〜正しいコアの動きは、こうです。[高画質で再生]コアを正しく使うとこうなる[広告] VPS先日紹介したように、ダウンスイングでへそが下をしっかり向くように、骨盤をアドレスのポジションに戻すことがポイントです。〜ドタバタしたコアの動き〜切り返し以降でよくみられるのが、 [続きを読む]
  • スイング精度を上げるためにする事
  • 切り返しは、へそが下先日アドレスでは、体のどこに重さを感じていることが重要かという事を紹介しましたが、当然、体の動きの中で最も重要な部分も、この骨盤周囲の動きです。スパイラルメソッドでは、骨盤周囲(股関節、仙腸関節、下位腰椎)をコアと定義していますが、・コアは、スイング軸の土台です。・コアは、重心の動きを決定します。・コアは、スイングリズムを生み出します。・コアは、フットワークのエネルギーを上体・ [続きを読む]
  • アドレス、どこに重さを感じる?
  • 前傾が保ち易くなるよ今回は、前傾をキープしてスイングをする為にお勧めのアドレスのチェックポイントを紹介します。アドレスを取った時に、どこに体の重さを一番感じていますか?背中が丸まって極端なハンドダウンになっている人は、黄色○の背中の丸まっている部分に重さを強く感じるでしょう。膝が前に出て突っ立ったようなアドレスになっている人は、ひざに重さを強く感じるでしょう。〜理想は腰〜重さを一番感じていたいのは [続きを読む]
  • 傾斜に強くなる
  • 足首の固さを整える足首が硬い人、特に足首をあまり背屈出来ない人は、スイング動作において土台(フットワーク)が安定していないことが多いです。ゴルフは、平らなところでばかりボールを打つわけではありません。いろいろな傾斜地に対応しながら、安定したスイング動作をすることが求められます。この傾斜地に対応するのに必要なのが足首の動きです。切れ味抜群の髭剃りの首の部分のように足首が動けば、どんな斜面に対しても足 [続きを読む]
  • 仙腸関節がロックしているかも
  • 軸足『壁』が安定しない右足は、右打ちの場合バックスイングでは右足が軸足、ダウン以降は左足が軸足になります。よく言われる『壁』とほとんど同義語になります。今回は、この軸足が安定しない原因で良くみられる仙腸関節のロックについて紹介します。〜仙腸関節〜骨盤(寛骨:お尻の広い骨)と仙骨(背骨の土台部分)をつなぐ大切な関節です。この関節は、わずかな動きしかないので、あまり取り上げられることがありませんが、こ [続きを読む]
  • 足に自然にスイッチが入るよ
  • パワーポジション今回は、重心を足の裏のどこにかければいいのか?という事について紹介します。通常の立ち姿勢では、重心線(赤矢印)が、内側のアーチの頂点(舟状骨:赤斜線部)を通るのが理想です足部の内側に触れると、内くるぶしの指2本分前あたりに骨の出っ張りに触れます。それが舟状骨です。〜ここに重心を感じよう〜アドレスでは、この通常の立位の重心ポジションから母指球までの間のエリア(青○斜線内)に重心をかけ [続きを読む]
  • グリップコンタクト
  • シャフトの芯に力を伝えるテークバックでは、クラブヘッドの芯(重心)をしっかり押すイメージがポイントになるという事を紹介しましたが、その時に、もう一つ意識したいポイントがあります。今回は、クラブを体の一部のように扱うための準備として『グリップ』に自分の力をどのように伝える意識が重要かについて紹介します。グリップは、どう握るか?という事ばかりに目を向けがちですが、それだけでは足りません。〜手首の中心か [続きを読む]
  • クラブヘッドの芯を押す
  • 左腕とクラブの一体化始動がスムースにいかない時は、納得のショットにはなりづらいですね。クラブをいきなり腕で持ち上げてしまい、結果的に腕と体がバラバラに動いてしまうという人はとても多くみられます。今回は、始動でおすすめの左腕の使い方のポイントを紹介します。〜クラブヘッドの芯を押す〜始動で、シャットフェースになり過ぎたり、クラブが体の正面から外れてしまうという人は、始動で手元の意識ばかりが強くてクラブ [続きを読む]
  • 右手をうまく使うために
  • 右手のセッティングポイント今回は右手のグリップで注意したいポイントを紹介します。以前手首の使い方について紹介しましたがスイングプレーンを安定させる役割を担うのは、バックスイングの右手、そしてフォローサイドの左手の使い方です。[高画質で再生]両手のつなぎ[広告] VPS先日、右手はバックスイングで出来るだけリラックスさせて、フォロー以降にしっかり使う事がポイントになるという事を紹介しましたが、安定したバック [続きを読む]