「観るだけ美術部」部長 さん プロフィール

  •  
「観るだけ美術部」部長さん: 「観るだけ美術部」部長のブログ
ハンドル名「観るだけ美術部」部長 さん
ブログタイトル「観るだけ美術部」部長のブログ
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/openuniversity2010
サイト紹介文北海道の展覧会情報を紹介します。非公認「観るだけ美術部」勝手に部長です!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供478回 / 365日(平均9.2回/週) - 参加 2010/06/27 01:35

「観るだけ美術部」部長 さんのブログ記事

  • [油彩画]★山木 章 油彩画展
  • ★山木 章 油彩画展 札幌三越、2018年9月18日(火)−9月24日(月・振)(WEBサイト→)https://mitsukoshi.mistore.jp/store/sapporo/floor/topics/index.html 千葉県 房総半島にアトリエを構え、日々変わりゆく海の風景をライフワークに描いている山木章氏。ひとつのモチーフをじっくりと取材し、描いた作品には絵画という平面芸術の原点が感じられます。徹底したリアリズムによって描かれた作品の中の女性たち [続きを読む]
  • [郷土展]★松浦武四郎と岩内地方 パート1展
  • ★松浦武四郎と岩内地方 パート1展 岩内町郷土館、2018年7月7日(土)−9月24日(月・祝)(WEBサイト→)http://www.iwanaikyoudokan.com/midokoro.html 今年は、松浦武四郎によって「蝦夷地」が「北海道」と命名されてから150年となる記念すべき年です。本館には、松浦武四郎が1856年(安政3年)に初めて訪れた時の様子を、山岸正巳画伯が描いた700号の大画と、翌1857年(安政4年)に、当時の函 [続きを読む]
  • [道外展]★戊辰戦争 150年展
  • (会津藩旗、個人蔵)★戊辰戦争 150年展 福島県立博物館、2018年9月1日(土)−10月14日(日)(WEBサイト→)http://www.general-museum.fks.ed.jp/01_exhibit/exhibit_top/exhibit_top.html この展覧会は、決して華やかではありません。出品資料の多さにかかわらず「色味」の少ない、モノトーンの展示の中で、皆さんの目をひくのはおそらく錦旗のコーナーでしょう。錦旗が「官軍」の象徴として示された時、 [続きを読む]
  • [磁器展]★オールド マイセン展
  • ★オールド マイセン展 札幌三越、2018年9月11日(火)−9月17日(月)(WEBサイト→)https://mitsukoshi.mistore.jp/store/sapporo/floor/topics/index.html ヨーロッパ随一の名窯として名高いマイセンの18世紀から20世紀初頭にかけての作品中、特に人気の高い人形や飾り壺、テーブルウエアなどを中心に約100点を一堂に展覧いたします。 ↓いつも足しげく訪問していただき、ありがとうございます。きょう [続きを読む]
  • [企画展]★小樽芸術村 浮世絵第3期展
  • ★小樽芸術村 浮世絵第3期展 小樽芸術村、2018年8月2日(木)−9月17日(月・祝)(WEBサイト→)http://www.nitorihd.co.jp/otaru-art-base/ この度、株式会社ニトリ(札幌市北区、代表取締役社長兼COO白井俊之、以下ニトリ)が運営する小樽芸術村の似鳥美術館では、4月21日(土)から9月17日(月・祝)までの間「小樽芸術村 浮世絵展」を開催いたします。東海道五十三次の歌川広重、美人画の大家・喜多川 [続きを読む]
  • [陶芸展]★館林源右衛門 有田焼展
  • ★館林源右衛門 有田焼展 東急さっぽろ店、2018年9月6日(木)−9月12日(水)(WEBサイト→)https://www.tokyu-dept.co.jp/sapporo/event/detail.html?id=523 260年あまりの歴史を持つ源右衛門窯は、往古のままの手技と古伊万里の心を受け継いでおります。家庭用食器からインテリアまで作品約100点を展示販売いたします。ぜひご高覧賜りますよう、ご案内申し上げます。 ↓いつも足しげく訪問していただき、 [続きを読む]
  • [陶芸展]★大樋陶冶斎 卆壽記念展
  • ★大樋陶冶斎 卆壽記念展 札幌三越、2018年9月4日(火)−9月10日(月)(WEBサイト→)https://mitsukoshi.mistore.jp/store/sapporo/floor/topics/index.html 日本藝術院会員、文化功労者、文化勲章受章という日本を代表する芸術家、大樋陶冶斎氏。長きにわたり十代長左衛門として窯の炎を護ってきた大樋陶冶斎氏は、2016年に御子息・年雄氏に代を譲りました。本展では卆壽記念としてこれまで歩んできた陶の [続きを読む]
  • [講演会]★小西弘人 「新国立劇場 オペラの舞台裏」
  • ★小西弘人 「新国立劇場 オペラの舞台裏」 本郷新記念札幌彫刻美術館、2018年9月8日(土) 11:00(WEBサイト→)http://www.hongoshin-smos.jp/ ステージ上で堂々たる演技を披露する出演者たち。彼らを舞台の主役とするならば、周りを取り巻く衣裳や舞台美術は、オペラを支える名脇役と言えるでしょう。 古代エジプトを舞台にしたオペラ「アイーダ」といえば、どの歌劇場でも大掛かりな舞台が見どころです。 [続きを読む]
  • [公募展]★第63回 新道展
  • ★第63回 新道展 札幌市民ギャラリー、2018年8月29日(水)−9月9日(日)(WEBサイト→)http://www.sapporo-shimin-gallery.jp/ 新道展は、1956年(昭和31年)に発足。60周年を迎えた今日、ますます多様化した現代のアート・シーンのなかで、新しさ、独自の表現、心象風景、広い視野を目指し未来に翔きます。本展では、己の内面を追及し続ける道内作家130余名が集計しました。既存の公募展にはない [続きを読む]
  • [企画展]★望月 建 金属造形展
  • ★望月 建 金属造形展 洞爺湖芸術館、2018年8月8日(水)−9月6日(木)(WEBサイト→)http://www.geijutukan.net/swfu/d/mochizukiken.pdf 望月建さんは1948年歌志内市生まれ。1967年道展入選。1972年道展札幌市長賞を受賞。銅を用いた造形作家さんです。中学生の頃、銅の湯沸しを解体して銅の表札を作ったときに、造形の魅力を知ったといいます。以来、銅と向き合って半世紀を越え、銅の性質を知りつ [続きを読む]