佐季papa さん プロフィール

  •  
佐季papaさん: 司法書士佐季papaの毎日が一期一会
ハンドル名佐季papa さん
ブログタイトル司法書士佐季papaの毎日が一期一会
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/saki_papa
サイト紹介文債務整理の相談,日常の業務等を通じて感じたことや,プライベートでの出来事についてお伝えしています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供89回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2010/06/27 14:53

佐季papa さんのブログ記事

  • 11月25日の相談内容のご紹介(またまた連帯保証債務の相続)
  • 2組目は杉並区在住のTさんとそのお兄さんでした。6年前に亡くなられたお父さんが一時的に親戚の会社の代表取締役となっていた際の連帯保証債務が3年前に顕在化したことで、その後はその対応に追われ、ようやくここにきて債権者である地方銀行(約1億2000万円:プロパー)と和解できそうだというところでのご相談となります。ちなみに、債権者はこの地方銀行のほかに都市銀行(約3000万円:信用保証協会付き)が1行、 [続きを読む]
  • 11月25日の相談内容のご紹介(人生相談みたいなものか)
  • 昨日の1組目は地元中野区在住のWさん(30代の男性)でした。偶然にも猫研で親しくしているUさんの知人でした。相談内容ですが、最近結婚したものの、20代前半でこさえた借金がまだ500万円ほど残っており、その解決方法として何があるのかというものでした。ちなみに、借金の原因ですが、20代前半のときの給料が少なかったこととイベントの企画等を一時的に手掛けた際の交際費が嵩んだことによるものでした。しかし、イ [続きを読む]
  • 相手も困るはず
  • ここ数か月の間相談に乗っているHさんですが、先月こんなことがありました。Hさんが経営するS社の手形の振出先であるY社に対する10月末の500万円の支払(Y社に対しては総額で約2000万円の買掛金があります)が、予想外の大手取引先D社からの受注減により出来なくなりました。そこで、Hさんは、Y社に対し、ジャンプを依頼したところ、連帯保証人として2人の息子さんを要求されました。ちなみに、2人ともS社で働 [続きを読む]
  • だから、念を押したんだよな〜。
  • 7月に依頼を受けた信託の登記。結局、頓挫してしまいました。草案を作成後、何度も依頼者TTさんと打ち合わせを重ね修正してきたのですが、10月半ばに信託契約書の最終案を委託者TMさんに見せたところ、しばらく検討するとのこと。その後直ぐに費用の精算となり終わってしまいました。なんとなくですが、私は(ホント大丈夫かな〜)と心配でした。なぜならば、何度か私は委託者TMさんがちゃんと理解しているのかをTTさん [続きを読む]
  • 娘からのたんぷれ
  • 先週の金曜日に娘から娘宛の宅配便が届きました。何だろうなぁと思い尋ねてみたところ、私宛の誕生日プレゼントだと言われました(だったら、宛名は通常私だろう。社会人になっても、相変わらず娘はどこか抜けているようです)。     入っていたのがこれです。しかも、名前入り。ちなみに、名前の横の犬のマークは、娘が「戌年」だからだそうです。父の日の磁気ネックレスといい、今回のボールペンといい、結構高いものを贈っ [続きを読む]
  • 追加設定登記の落とし穴
  • 先日、柏市のマンションの任意売却に伴う不動産決済(9月末)への立会いの依頼がありました。任意売却ということはオーバーローンということです。これだけでしたら、今まで経験してきた普通の抵当権抹消登記と所有権移転登記でした。しかし、今回は、売主のSさんが現在岐阜県の持ち家に住んでいる点が従来と違いました。私の経験では、住宅ローンが支払えないような状態に陥った方々は、通常他に持ち家なんて無かったからです。 [続きを読む]
  • 同じ車が並んだ
  • 車を買い替えるたびに成田山に交通安全祈願に出掛けます。昨日もそうでした。この写真は、車を祈祷殿の所定の位置に停めたところです。なんと、隣もまったく同じグレード、同じ色の車です。発売されたばかりなのに何たる偶然。こういうこともあるんですね。では、皆さんにとって今日が昨日よりも幸せな一日となりますように参考になった方もそうでない方も、にほんブログ村を押してくださいますか。ちなみに、 債務整理(個人再生 [続きを読む]
  • 介護保険事業と定款の記載
  • 先日、猫研で知り合った税理士さんから仕事の依頼がありました。成田市に本店を置く株式会社Aの事業目的の変更とそれに伴う増資です。A社は、今回新たに(1)労働者派遣事業(2)介護保険事業(3)中古車の販売事業を手がけようと考えているのですが、いずれも許認可の対象となる事業なので、(1)と(2)に関しては定款への記載の仕方に注意が必要となります。中でも特に今回注意喚起したいのが、(2)介護保険事業を行う [続きを読む]
  • 債務整理の受任とクレジットカードのポイント
  • 先日、柏市在住のOさんの個人再生申立を方針とした債務整理を受任しました。なぜ柏の方が習志野の私に依頼するのかな〜と不思議に思い尋ねてみたところ、以前、過払い請求で受任したMさんのご紹介だということがわかりました。ありがたいことです。債務の内容ですが、5社で約250万円と比較的少ないと思われるところ、障害を抱えた小さなお子さんがいらっしゃるので、これからお金がかかり始める前に解決しておきたいというこ [続きを読む]
  • 住宅用家屋証明書と千葉市
  • 私達司法書士がよく取得する書面に住宅用家屋証明書というものがあります。一定の要件を充たす居住用建物を購入または新築した場合にこの証明書を登記申請書に添付すると登録免許税が安くなるというものです。必要書類を添付して役所(一般的には固定資産税課が窓口となります)に申請するわけですが、この必要書類の中に建物の登記事項証明書があります。ちなみに、証明書とはいっても、ほとんどの役所ではインターネットで取得す [続きを読む]
  • 気が利かない専門家(後日談)
  • 愛読者の方からの擁護のコメントを踏まえ、14日にAさんとお会いした際に相続登記依頼時のくだんの司法書士の対応を確認してみました。まず、不動産決済を控えていることまでは伝えなかったそうです。ということは、①②の住所変更は必須とは言えません。しかしながら、相続登記の住所と以前の住所の不一致に関しては何も言われなかったそうです。この点については、今回の不動産決済の不動産仲介業者がわざわざその司法書士に確 [続きを読む]
  • 9月2日の相談内容のご紹介(相談に割く時間)
  • 午後の2組目は、さいたま市在住のⅠさんです。負債総額は約300万円だったのですが、どのような債務整理の方法が妥当なのかどうかのご相談でした。ちなみに、僕のところに来る前に弁護士(法テラスで相談)と司法書士(メール相談)にご相談されています。いつものように生活内容をお聴きした後で、債務整理の選択肢を説明し、Ⅰさんにとって妥当なものは何なのか意見を述べました。くだんの弁護士も司法書士も概ね同じ回答だっ [続きを読む]
  • 気が利かない専門家
  • 不動産決済に伴う立会いの依頼を懇意にしている不動産業者Kから7月に受けたのですが、売却不動産の共有者ABの内Bが亡くなっているとのことでA側で相続登記を先に済ませるということになりました。そして、9月を迎え、ようやく相続登記が済んだので決済をということになり、立会いの準備をするために不動産登記事項証明書をFAXしてもらったのですが、それを見てちょっとがっかりしたのです。というのも、売却不動産は①A [続きを読む]
  • 9月2日の相談内容のご紹介(取引先との関係)
  • 午後の1組目は、以前にも相談を受けたことのある東京都大田区在住のHさんです。当初は、奥様(認知症)の債務整理の相談から始まりました。Hさんは破産申立を望んでいたので、まずはその前提として成年後見の申立が必要であるとお答えし、申立に向けて準備を始めたのですが、その後、そもそも財産等の無い奥様の債務整理自体が必要なのかどうか疑問に思い、その旨をお伝えしたところ、数日考えてもらった後でこのままにしますと [続きを読む]
  • 完済のお電話
  • 昨日、平成24年暮れに個人再生の認可決定をもらった茨城県在住のSさんから、完済しましたとお電話を頂きました。個人再生の返済期間は3年から5年なので、忘れた頃にこうしてお礼の電話を頂戴することが時々あります。ささやかかもしれませんが、とても嬉しいものです。では、皆さんにとって今日が昨日よりも幸せな一日となりますように参考になった方もそうでない方も、にほんブログ村を押してくださいますか。ちなみに、 債 [続きを読む]