ぷらもった さん プロフィール

  •  
ぷらもったさん: 押し入れのプラモ〜懐かしの60年代国産プラモ
ハンドル名ぷらもった さん
ブログタイトル押し入れのプラモ〜懐かしの60年代国産プラモ
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/airblue1223/
サイト紹介文マルサン・三共・緑商会・コグレ・大滝など、1960年代の国産プラモを気ままに紹介しています。
自由文1960年代の国産プラモデルを自分のコレクションから(もう売っちゃったモノも含めて)紹介してます。マルサン怪獣から三共ピーナツ・ミドリのエンタープライズなどいろんなジャンルの懐かしいプラモを取り上げてます。マルサンゴジラのオリジナルも再生しました。
できるだけ知られてないキットも気ままに紹介してます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供39回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2010/06/28 10:27

ぷらもった さんのブログ記事

  • イマイGP野郎カー 再生⑧ ヘッドライトカバー製作
  • イマイ GP野郎カー 再生⑧ヘッドライト製作再生前は単に「でんぐりかえり→また直進走行」の再現しか考えてなかったので、ヘッドライトは「このままでいい」と思ってました。はずしたフロントライトカバーは削って磨けば、ある程度は見れるようになると軽く考えてました。ところが、サンドペーパーでいくら磨いても接着剤の浸透が深く、 くもりが消えません。また、カバーの内側が磨きにくく、何度もやっているうちにカバーのふ [続きを読む]
  • CAUTION! コレクターさんご注意を! E-BAY
  • コレクターさん、ご注意を!現在、E-Bayにおいて、大変珍しいBOXが出ています。マルサン・ラベール ブリタニア!!おお〜見たことない!新発見?おお〜カレドニアン・ブリタニア!尾翼のライオンがかっこいい!TWAブリタニアはすでに売れたようですが、あとの2つは現在オークション中。(12月2日現在)いずれも箱だけでマルサン・ラベールのロゴが入ってます。結論から申します。 贋作です。このようなキット箱は当時存在しませ [続きを読む]
  • イマイ GPカー 再生⑦ 車体仕上げ
  • イマイ GPカー再生⑦ 車体仕上げ当時のデカールはできるだけ残したいとは思っていましたが・・全部はがして塗装することにしました。車体の赤はなかなか良い色なのでそのままに・・。座席の後ろの穴もあけてみました。ノーズの白はボディの下までまわってますね。ナンバープレートは黒なんですが・・白にしちゃいました。キットの箱絵のナンバープレートは黒地ですが、マンガは白地。白の方が似合うかなと思って・・。赤地に黒と [続きを読む]
  • イマイ グランプリ野郎カー 再生⑥ 
  • イマイ グランプリ野郎カー 再生⑥前回からなんと半年もたってしまいました。とりあえず走行状態の動画をUPしてみます。これは夏前に撮っていたVTRを編集したものですが、このあと50年もたった横転板がプラ劣化で粉々・・、引きばねも伸びちゃって、ボディ上下取り外し可能のピンを増設したため重量オーバーで横転不能に・・。さらにヘッドライトが割れていて、その再生をどうするかで壁にぶつかり・・まあ、現在なんとか壁乗越 [続きを読む]
  • ・・・
  • 60年代ガンプラ④三共のリボルバープラモ1.スペシャル38 1962                           19.8x12.6x3cmコルト・ディテクティブ・スペシャルのキット?西部劇の保安官?でもスナブノーズ(獅子鼻短銃身)リボルバーは20世紀の拳銃。カウボーイハットにショルダーホルスター  ・・20世紀のテキサスレンジャーでしょうか?いや、コルト社は小型拳銃を作るのも好きで、西部劇の時代にもニューライ [続きを読む]
  • イマイ 原潜フラッシャー
  •  イマイ潜水艦プラモ①  原潜フラッシャー 1968今回は箱だけの紹介ですが、あまり知られていない非常に珍しい箱です。(箱絵は梶田達二氏)でもこの潜水艦はどこかで見たような・・これは小沢さとる氏の「青の6号」に出てくる国際テロ組織 「マックス」の潜水艦「ムスカ」ですね。     http://www.watakan.net/works/takara/ozawa/ゴム動力ですがスクリューが2つなのでムスカ2号の再販です。イマイ 青の6号「ムスカ2号 [続きを読む]
  • イマイ 日本平・箱根駒ヶ岳ロープウエイ
  • イマイ スクールシリーズNo1 ゴンドラ(日本平ロープウエー)初版 1961 1961(昭和36)年12月、今井科学は学校理科工作教材用プラモとしてスクールシリーズを発売。小学校教材にも販路を求めたのでしょうか?No.1 ゴンドラ 1961年 60円(のち50円) 日本平ロープウエーのゴンドラ1個結構繊細なモールド・・60円(のち50円)にしては丁寧なパーツですよね。モーターを使わない場合は⑱(プーリー)の溝に糸を通して、その糸の [続きを読む]
  • 緑商会 ジュニア・コルト
  • 60年代ガンプラ③緑商会の「銀玉鉄砲」②ジュニア・コルト.25 オート 1962緑商会の銀玉も使える100円ガンシリーズ No2ジュニア・コルト25口径 のプラモ。緑商会の箱絵はハンマー(撃鉄)がきちんと露出で描いてあり、結構正確。中身は・・・↓実物です。全長111.8mm 368gコルト・ジュニアはコルト・ベストポケット(1948年生産終了)の後継機種。1958年からアストラ社(スペイン)にコルトブランドで生産させアメリカに輸入。 [続きを読む]
  • 緑商会の「銀玉鉄砲」
  • 60年代ガンプラ②緑商会の「銀玉鉄砲」①モーゼル(マウザー)ポケットピストル 1962ドイツ・マウザー社が第1次大戦前に開発したポケットピストルのプラモ。「.32」とは口径0.32インチ(7.65mm)のこと。最初の型、マウザーM1910は25口径(.25:0.25インチ:6.35mm)なので、このキットはその威力増大型の32口径のM1914 かM1934 キットの全長は約13cm。本物は152mm なので約1/1.17。キットと箱絵のグリップを見ると、大戦中ドイツ [続きを読む]
  • 謎の飛燕プラモデル3種
  • 謎の3つの飛燕プラモ 3つのメーカー〜中身は一緒・・どれが初版?謎の飛燕プラモ1個目 TMD飛燕 60年代前半?後半?日本初公開でありますTMD? TMKなら田宮ですが・・ボックスアート・字体がやけに古臭いですね。1960年代初期のようなレトロアート・・いかにも60年代初期的な古さを感じる手書きレタリング。JPMマーク(1968年頃以降)もありませんから、少なくとも70年代ではない?オオタキの走る飛燕初版と雰囲気が似てます [続きを読む]
  • イマイ グランプリ野郎カー 再生⑤
  • イマイ グランプリ野郎カー 再生⑤でんぐり返しギミック修理〜引きバネ交換再生工事前、でんぐり返しは不確実ながらもできていました。しかし、横転板を補強したり、何度もテストするうちにひっくり返るだけで1回転しなくなりました。2本のバネのうち1本が機能不全になったようで・・モノタロウからほぼ同じものを取り寄せました。引きバネ交換工事余っていたランナーでバネ留めを4コ複製それでは早速テスト!静止状態では10 [続きを読む]
  • イマイ グランプリ野郎カー 再生④
  • イマイ グランプリ野郎カー 再生④着脱可能ボディ化工事分解しました。ストッパー解除装置や引きバネ取り付け部分の破損・故障も起こる でしょうから、上下ボディを取り外し可能にします。でんぐり返しや衝突の衝撃が結構強いので、メディセーフキャップを4本設置。重量ができるだけ増えないように黒瞬間接着材は少なめに。青のピンにオレンジ色のキャップがスムーズに入るように、慎重に位置取り。ただ走るだけなら2本で十分 [続きを読む]
  • イマイ グランプリ野郎カー再生③
  • イマイ グランプリ野郎カー 再生③バンダイ スーパーレーサー 1970/71?今井科学は1969年に最初の倒産をしてしまいました。プラモ市場進出をねらっていたバンダイは、すかさずイマイの金型を相当数買収。箱絵もほぼそのままで即バンダイブランドで再販。このスーパーレーサーもその1つです。中身はギミックもイマイのままでした。バンダイロゴはボディ底面に。GP野郎カー再生 「横転板を補強修理」横転板はバネじかけ。結構な [続きを読む]
  • イマイ グランプリ野郎カー
  • イマイ グランプリ野郎カー 1967  でんぐり返り走行再生に挑戦 その①横山光輝氏(1934−2004)のグランプリ野郎(1966−1969) に登場するレースカーのプラモ。箱絵は梶田達二氏。当時の完成ジャンク 今回はこのジャンクの完全可動にチャレンジ当時200円のゼンマイ走行。どちらかと言えば廉価プラモですが、イマイさんはちょっと面白いギミックを組み込みました。前進中に横転1回転して着地、また前進走行というギミック [続きを読む]
  • ホンダドリームCS72 フジミ木製ソリッド模型
  • フジミ 木製ソリッドモデル ホンダドリーム CS72 1960?プラモデルではありません。木製ソリッドモデルです。1961年と思われる当時のカタログに載っています。                    左列はTMK(タミヤ)1950年代、日本では模型と言えばまだ木製ソリッドモデル。60年代は日本もプラモデル時代になりますが、1960年頃は過渡期.まだ木製ソリッドも多数発売されてました。ご覧の通り、木片・ゴムタイ [続きを読む]
  • イマイ 1/30 61式戦車再生⑥
  • イマイ 1/30 61式戦車 再生⑥可動再生が完了しました。 う〜ん・・・後進はまあ元気なんですが、前進がおかしい・・電池の向きを入れ替えても同じ。電池切れ?アルカリ新品を無理矢理使ってみましたが・・アルカリ電池はマンガンよりもちょっと大きいので、電池Boxに収まりきらず、車体下部が閉まらない。無理矢理テープ留めして走らせてみる。マンガンよりは走るけど、やっぱり前進が不安定。電池の向きを入れ替えても同じでや [続きを読む]
  • イマイ 1/30 61式戦車再生⑥
  • イマイ 1/30 61式戦車 再生⑥可動再生が完了しました。 う〜ん・・・後進はまあ元気なんですが、前進がおかしい・・電池の向きを入れ替えても同じ。電池切れ?アルカリ新品を無理矢理使ってみましたが・・アルカリ電池はマンガンよりもちょっと大きいので、電池Boxに収まりきらず、車体下部が閉まらない。無理矢理テープ留めして走らせてみる。マンガンよりは走るけど、やっぱり前進が不安定。電池の向きを入れ替えても同じでや [続きを読む]
  • オオタキ 走るロッキードF‐104 大
  • オオタキ 走るF-104(大)透明版 1964オオタキ唯一の透明キット 60年代の日本主力戦闘機(空自1号機は1962年)60年代前半は日本プラモ黎明期。沢山のメーカーが04のプラモを発売しました。空に投げ上げたら内臓パラシュートが自動開傘して落ちてくるなんてのもありました。オオタキは得意のモーター自走。おまけに排気煙も出る・・そうで透明キットの傑作と言えば・・モノグラムのファントム・ムスタング(1961)。当 [続きを読む]
  • オオタキ 走るロッキードF‐104 大
  • オオタキ 走るF-104(大)透明版 1964オオタキ唯一の透明キット 60年代の日本主力戦闘機(空自1号機は1962年)60年代前半は日本プラモ黎明期。沢山のメーカーが04のプラモを発売しました。空に投げ上げたら内臓パラシュートが自動開傘して落ちてくるなんてのもありました。オオタキは得意のモーター自走。おまけに排気煙も出る・・そうで透明キットの傑作と言えば・・モノグラムのファントム・ムスタング(1961)。当 [続きを読む]
  • イマイ 1/30 61式戦車再生⑤
  • イマイ 1/30 61戦車再生⑤砲口のT字型マズルブレーキが61戦車の特徴でしたね。勇壮な発射光景だったんですが、命中精度の低下や砲身の上下動に影響があったりで、最近の戦車はつけなくなってきてるようで・・キットは弾丸発射(手動)がウリなんですが、スプリングによる発射機構が砲塔内に固定されているため、砲身も角度固定。砲弾発射機構も砲身と一体で組み立てるようになっていれば、上下動ができたのになあ。砲塔上 [続きを読む]
  • イマイ 1/30 61式戦車再生⑤
  • イマイ 1/30 61戦車再生⑤砲口のT字型マズルブレーキが61戦車の特徴でしたね。勇壮な発射光景だったんですが、命中精度の低下や砲身の上下動に影響があったりで、最近の戦車はつけなくなってきてるようで・・キットは弾丸発射(手動)がウリなんですが、スプリングによる発射機構が砲塔内に固定されているため、砲身も角度固定。砲弾発射機構も砲身と一体で組み立てるようになっていれば、上下動ができたのになあ。砲塔上 [続きを読む]
  • イマイ1/30 61式戦車再生④
  • ←第2押入れ マルフジ 1/120 ミラージュⅢA  Upしました。イマイ 1/30 61式戦車再生④砲弾発射ギミック砲身の角度が・・個人的にはちょっと上向きすぎかなあ。弾丸発射装置が固化してるみたいなので、上下を分離してみる。単なるスプリングアクションではなくて、レバーの中ほどに切れ込みをいれ、下方に折り曲げた金属片で縮められたスプリングを開放する。レバーを引くだけでタマが発射できるという、ちょっとナイスな職 [続きを読む]