さち さん プロフィール

  •  
さちさん: さちのカービング日記
ハンドル名さち さん
ブログタイトルさちのカービング日記
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/sachiguro
サイト紹介文最近カービングを始めたばかりの初心者です。
自由文2010年5月に代々木で行われたタイフードフェスティバルでカービングに出会い、その魅力に一目ぼれしてしまいました。
6月末から東所沢にあるカービングスクールに通いはじめています。
そこで習ったこと、自主的に作ったものや、それ以外に日々の暮らしについてブログに綴っていこうと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2010/06/28 16:24

さち さんのブログ記事

  • 真っ赤な石鹸でくるりんのバラ
  • 今回は真っ赤な石鹸を使って真ん中にくるりんのバラのあるデザインを教えていただきました。石鹸の中心に直径1.5センチ程度の円とその1センチ外側、石鹸の直径の半分より5ミリ外側にと3つの円を下書きします。一番外側の円を5等分して印を付けたら、印と印の間に1センチの間を設けます。間に入るハート模様の目安にします。5つの印の場所には直径5ミリ、深さ3ミリ程度の円錐を作ります。円錐は波型の模様のベースになるので外側を [続きを読む]
  • アポロとくるりんのバラとハート
  • 一か月ぶりの(もっとかな?)のカービングです。近所のスーパーマーケットでスイカを調達出来なかったので久しぶりに石鹸を彫ることになりました。今年は例年よりスイカが少なくなかったですか?特に小玉系が。黒小玉なんてホンの一時しか見なかったです。今回選んだのは左右対称に模様があり、その中がアポロチョコ模様のデザインです。中心と石鹸の外枠の半分よりほんのちょっと外枠より楕円を描き、中心から30度程度の斜めの線 [続きを読む]
  • 七つのくるりんのバラのスイカ
  • 今回もスイカです。夏ですものやっぱりスイカが彫りたいです。ただ、最近はスイカのお値段が上がりましたよね。小玉で大体1,300円ぐらい。小玉じゃない小さめのスイカで2,000円前後。熊本の大雨の影響でしょうか?丸くてお手頃サイズのスイカが見つからなかったのでラグビーボールのような楕円形のスイカで彫りました。スイカの彫りやすい面を上にして真上から覗き中心を決め、直径に対して大体10/1強の円をコンパスで下書きします [続きを読む]
  • 中心部分がエイリアンのような模様のスイカ
  • 今回もスイカのカービングです。前々から目を付けていた東武ストアの普通サイズ(より若干小さめ)スイカを購入しました。小玉じゃないので白い部分が存在するはずです。スイカを真上から見て、直径が外周と半分の円をコンパスで描きます。その円の内側に直径が1/3になるように更に円を描きます。外側の円を8等分し、そこに直径1.5センチ深さ5ミリ程度の円錐を彫っていきます。彫ってる途中で爆発音がして割れちゃいました〜ここま [続きを読む]
  • くるりんバラとハート模様のスイカ
  • 久しぶりのカービングです。ナイフを持つのは前回のレッスン以来だから4か月ぶり?なのに今回はフルーツカービングをお願いしちゃいました(^^;最近はスイカが店頭に並ぶのが早くなりましたよね。近所の東武ストアではなんと普通サイズのスイカが980円で売られてました。雨だったので今回は手を出しませんでしたが、普通サイズであのお値段はとても魅力的です。来月もあったら買っちゃおうかな〜。今回のスイカは小玉です。産地 [続きを読む]
  • GW明けまではバタバタ
  • 年末年始は娘の中学受験で、年明けから引っ越し先を探し、そしてGWまでは引越準備&後片付けでバタバタしております。中学受験の方は元々やる予定じゃなかった我が家がいつの間にかそのレールに乗っかっちゃったこともあり、よく分からん状態のうちに終了しました。4月からは某中高一貫校に進学します。(そんな状態で挑んだ受験なので学校選びは塾の言いなり。私は関東出身じゃないし、夫は地元が埼玉だけど公立出身。どんな学校 [続きを読む]
  • くるりんのバラとハートたくさんの模様
  • 待ちに待った新年最初のレッスンはくるりんのバラとハートがたくさんのデザインを教えていただきました。石鹸を4等分し、一コマの半分ほどの大きさのくるりんのバラを造ります。くるりんのバラは長辺の線に触れるぐらいの位置になるように位置を決めます。くるりんのバラが出来たら、その下から二枚の先端をくるんと抜いた葉っぱを作ります。葉っぱを作るときはUの字に抜いてくぼみをつけておきます。葉っぱの下にナイフをまっす [続きを読む]
  • ドームとレースのデザイン
  • 今年最後のレッスンでは立体的なデザインを教えていただきました♪先月は風邪でお休みしてしまったので2か月ぶりのレッスンです。石鹸の下を平行に2〜3ミリ薄くスライスし、切り取ったものは捨てずにラップに包んで取っておきます。半径が石鹸の長い辺の1/3程度の大きめの円を下書きし、ナイフをまっすぐに1.5セントほど入れて花芯を作ります。周りをぐるっと抜いて、花芯の角を落として丸く成型します。裏面にも表に作った円と同 [続きを読む]
  • ハートと横から伸びる棘が小悪魔風なスイカ
  • 先月は探し回っても見つからなかった黒小玉スイカが何故か最近になってまた近所のスーパーマーケットの店頭に並び始めました。産地は鳥取の小玉スイカです。「黒小玉スイカ」よりは若干色は薄いのですが、皮はそんなに堅くなく白い部分も十分あって、しかもお値段980円。ついつい買ってしまいました(^^;今回石鹸で習おうと思っていたデザインが元々はスイカのデザインだったので、そのままスイカで教えていただくことにしまし [続きを読む]
  • 薄造りな花が可憐なデザイン
  • 午後から今年最後(たぶん)のスイカを彫るので、午前中は穏やかなデザインを教えていただきました。石鹸の中央にナイフを垂直に入れ、直径1.5センチ、深さ5mm程度の円錐を作ります。円錐の角はちょっとだけ落としておきます。円錐の側面に半円の花びらを2段作ります。花びらの数は作れるだけ。最期の3枚程度になったら残りが均等になるように気を付けながら作ります。内側の1段は1ミリ程度段を下げます。2段の半円の花びらを作っ [続きを読む]
  • サンゴのようなデザイン
  • 今回は午前のみのレッスンで、サンゴのような可愛いデザインを教えていただきました♪中心を決めたら半径の2/3のところに円を描きます。円を8等分したら、8等分の場所に深さ5ミリ程度の円錐を彫っていきます。間口はある程度広くしておかないと閉じたお花になるので注意。円錐投資の間には1cm強の間が開くことが望ましいです。狭いと中に彫るアポロチョコの模様が小さくなったり、掃除をし辛いです。(望ましいですが私のは [続きを読む]
  • つぶつぶしていてちょっと不思議なデザイン
  • 今回は午前午後を通して1つのデザインを彫り、ちょっと早めに彫り終えた後はタイ料理店でお食事会をして来ました♪黒小玉が手に入らなかったので、足立先生に用意していただいた普通のスイカ(の中で小さめ)を彫りました。白い部分がしっかりあって、皮も黒小玉に比べると柔らかく彫り易かったです。教えていただいたデザインは、写真を見た時に「ちょっと気持ち悪いかな〜」と感じたもの。気持ち悪いんだけど妙に惹かれるデザイ [続きを読む]
  • うり坊をハートで飾る(笑)
  • 午後からはスイカです。夏ですもの、やっぱりスイカを彫らなきゃ!使ったスイカはウリ坊そっくりな小玉スイカです。名前もウリ坊って書いてありました(笑)スイカの座りの良い部分に上から見える程度の真円を描きます。下書きに沿ってナイフをやや中心に向けて1センチ程度入れて周りを取り花芯を作ります。花芯の8等分した位置にVの切込みを入れ、その右側に図のような円錐を作ります。円錐の中心は切込みの先端の延長線上で、切 [続きを読む]
  • 小花と鉄アレイ?(笑)
  • 午前中のレッスンでは小花と中心部分が鉄アレイのように見えるデザインを教えていただきました。(本当は葉っぱです 笑)石鹸の中心に印を付け(この印は浅く薄い方が良いです)、中心と端との真ん中より若干外側に深さも直径も8ミリ程度の円錐を左右に二つ彫ります。円錐の間口を広げ、十文字に切込みを入れます。切込みと切込みの間に二つの涙型の切込みを入れ、これらをナイフを立てて囲みます。囲んだら周りは薄く切り取りま [続きを読む]
  • くるんくるんくるん
  • 今回は午後から急な予定が入ったので午前のみのレッスンでした。教えていただいたのはくるりんの模様が可愛いデザインです。涼しげな薄紫の石鹸で彫ってみました。石鹸を真上から見て外周の内側1センチのところに楕円の下書きをし、そこに面に対して直角に5ミリの深さにナイフを入れます。ナイフを入れた楕円上を12分割し、そこに5.6ミリ、深さ3ミリ程度の円錐を作ります。この円錐を作るときは等分ではなく、楕円のカーブ [続きを読む]
  • ハートとくるりんのバラ
  • 午後からはハネージュメロンを使ったデザインを教えていただきました。今回のデザインの面白いところは上から見たら左右で模様が違うところです。見る角度によって雰囲気が違う面白い作品に仕上がりました♪メロンは綺麗な部分を上にし、そこに直径の2/3の円を描きます。ナイフを少々内側に傾けて差込み、高さ1.5センチメートルほどの花芯を作ります。花芯を9等分し、丸い溝を作り、溝と溝の間に小さい溝を作ります。(9等分のハ [続きを読む]
  • たくさんのハートの透かし
  • 午前中はたくさんのハートの透かしが繊細なデザインを教えていただきました♪石鹸の半分に直径が2.5センチ弱の円を描き、ナイフを少々外側に傾けて(台形気味に)深さ1センチ程度の花芯を作ります。花芯の外周にハートの透かしを彫るので、花芯にはなるべく傷を付けないよう慎重に周りを抜いていきます。花芯が出来たら、花芯の内側1.5ミリから2ミリ程度の場所に花芯の底までナイフを差込み、花芯の内側に周りをぐるーっと一周切込 [続きを読む]
  • くるくるしたハート
  • 午後からはクルクルしたハートが可愛いデザインを教えていただきました。今回は珍しく黄色い石鹸を使ってます。この石鹸、黄色にしては色が濃く、また出来立てだからかとても柔らかく彫り易かったです。石鹸の中心を決め、外側から1.5センチ内側に円を描きます。ナイフを少々内側に向けて7ミリ程度の深さで花芯を作ります。花芯は8等分し、8等分の場所にV字の切れ込みを入れ、更にそのV字とV字の間にもV字の切れ込みを入 [続きを読む]
  • ハネージュメロンで彫る雪の結晶
  • 午後からはクルクルしたハートが可愛いデザインを教えていただきました。そろそろハネージュメロンがマーケットに並ぶ季節になってきました!と言うことで、午前中のレッスンではメロンのデザインを教えていただきました。使ったのは青色のハネージュです。メロンの綺麗な面を探して中心を決め、その中心を真上から見た時のメロンの端から2センチほど内側に円を描きます。円を8等分し、二つの線が交わった部分に直径5ミリ深さ3 [続きを読む]
  • ハートの透かしと桜っぽいデザイン
  • 今回は1レッスンのみの受講だったので、少々時間のかかるデザインを教えていただきました。春も近いのでちょっと桜っぽいデザインです。石鹸の中心を決めたら、長いほうの辺の上から見て半分の位置に印をし、短いほうの辺は上から見て端の1センチ程度内側に印をして、その両方を通る楕円を下書きします。更にその下書きの5ミリ外側に同じ楕円を描きます。内側の楕円を8等分して印をし、そのその上に?の切り込みを入れていきます [続きを読む]
  • アポロチョコと桔梗と風車
  • 新年一発目のレッスンです。ただこの日は日本列島に大寒波が到来しており、関東地方も午後からは雪の予報が出ていたので午前中のレッスンのみとなりました。今回の教えていただいたのはアポロチョコが乗っかったような可愛いデザインです。石鹸の中心を決め、縦と横の長さの半分の位置に楕円の下書きをします。が、楕円って結構難しいので、長い面の半分の長さの円と短い面の半分の長さの円をコンパスで描き、中心から十字に引いた [続きを読む]
  • つぶつぶが一杯のデザイン
  • 午後からはつぶつぶしたデザインを教えていただきました。石鹸の中心に直径2センチ4ミリ程度の円を描き、垂直に5ミリ程度ナイフを入れます。周りを取り、円柱の角を落として丸く成型し、中心部分にはなだらかな円錐を作ります。更に4方向にU字のくぼみを作ります。円柱の根元のU字とU字のくぼみの中心から少し外側の部分から円錐の中央部分に向かってナミナミ模様を入れます。間は三角の山ができるようにし、その三角の山に2つ [続きを読む]
  • くるりんのバラとうねる蔦
  • 今週は今年最後のレッスンです。午前中はうねる蔓が素敵なデザインを教えていただきました。中心に直径が1センチ2ミリ程度の花芯を作り、そこに3枚の花びらのあるくるりんのバラを彫ります。外側の花びらは5枚にします。花の外側1センチのところに円の下書きをし、さらにその外側3ミリのところにも円を描きます。二重の円には垂直に5ミリ程度のナイフを入れます。内側の円は薄く回りを抜きますが、外側は抜きません。ええ、絶対に [続きを読む]
  • 初めての紅芯大根
  • 午後からは紅芯大根を彫りました。紅芯大根を彫るのは初めてです。スイカに似たような感じの彫り心地なのかと思っていたのですが、ナイフを入れてみてびっくり。とっても軟らかい。ナイフがすっと入っていきます。白い普通の蕪よりも軟らかいかも。色の薄緑と白と臙脂がとてもきれいです。軽くそいでみるとお尻の方が赤がすぐに出てきたので、お尻の面に彫ることになりました。中心を決め、十字と三重の円を描きます。中心部分はた [続きを読む]
  • くるりんのバラとうねった葉っぱ
  • 午前中のレッスンでは、中心がくるりんのバラでその周囲をうねった葉っぱが囲む高さのあるデザインを教えていただきました。いちごみるく石鹸の中心部分に1センチ2ミリ程度の花芯を下書きし、そこにくるりんのバラの花びらを3枚彫ります。くるりんのバラの花びらの最初のナイフを入れるのはいまだに苦手。気を抜くと1枚だけでっかくなってしまいます。足立先生は写真のように、花びらの下書きをしたら最初の1枚が最後の1枚と [続きを読む]