niceday さん プロフィール

  •  
nicedayさん: 意識は100倍ひらく
ハンドル名niceday さん
ブログタイトル意識は100倍ひらく
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/bestsp_2010
サイト紹介文意識革新・経営革新・自己啓発・能力開発・人材活用・モチベーションアップ・IT活用・セミナー
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供33回 / 112日(平均2.1回/週) - 参加 2010/07/01 07:47

niceday さんのブログ記事

  • なぜ、やりたいことを書きだすと実現するのか
  • 『脳をやる気にさせるたった1つの習慣』茂木 健一郎 (著) 「脳はもともと怠け者 だから書くことでスイッチを入れる」 「書いた夢だけが実現する」 「書いたものは脳の資本となる」 脳は怠惰である。もともと怠け者である。楽しよう、楽しようとしている。 なぜ、やりたいことを書きだすと実現するのか? 「社長になる」「試験に合格する」「好きな女性と結婚する」という夢を言葉として書いたときに、脳は過去・現在・未来を [続きを読む]
  • 豆腐をアメリカに広めた男
  • 本当にあった奇跡の逆転劇を紹介する新番組。今回は「アメリカに豆腐を広めた男」。今や健康食品の代名詞として全米に普及している豆腐だが、かつては不気味な食べ物と忌み嫌われていた。そこに単身乗り込んだ営業マンの雲田康夫さん。当初は相手にされず大量の在庫を抱えるなど苦労を重ねるが、起死回生の営業戦略で一気に販路を広げることに成功する。遠い異国の地で豆腐の普及に人生を捧げた一人の日本人営業マンの感動秘話。ht [続きを読む]
  • 一日一生。一日は貴い一生である。これを空費してはならない
  • 一生は長いと思っているとあっという間に終わってしまう。気がついたらすぐに50歳、60歳と人生の晩年(収穫期)にさしかかる。20代や30代というのは、これから先、いくらでもあると思いがちであるが、本当に月日がたつのは早い。だから論語にもあるように、40歳、50歳で、それなりの仕事をやった人であると名が通っていないと、もう大した人間にはならないだろうというのもわかるような気がする。そのためにはどうしたらいいのか。 [続きを読む]
  • きみは自分の努力に何点をつけるか
  • 「問題については理解した。ところで訊きたいのだが、きみはこの問題を解決するために、いままで何を考えて、何をやってのか。この先は何を考え、何をやろうとしているのか」人の成長は放っておけばすぐに止まる。 「この1年間で自分はこれだけ成長したと誇りをもって言えるか」松下幸之助 人の成長した分しか会社も成長しない。 6ヶ月おきに、自分の能力を棚卸し、成長しているかどうかを確認せよ。 [続きを読む]
  • あなたの人生を決定する最大の要素
  • 「成功に才能は必要か」 はっきりいえば、才能というのは抽象的なものです。 歌がうまい、絵が上手である、人よりも速く走れる、野球がうまい、手先が器用である・・・こういった他の人にはない才能というものがたしかにあります。 しかし、世の中で成功することと、才能の有無とはほとんど関係がないのです。 いまテレビでよく見かける歌手よりも歌のうまい人は、ほかに掃いて捨てるほどいます。にもかかわらず、ある人は人気歌手 [続きを読む]
  • 人の意識は100倍ひらく
  • 能力の差は5倍でも、意識の差は100倍まで広がる 個人の能力の差なんて5倍も違わない。他店と同程度の料金で5倍の美味しいラーメンをつくったり、5分の1のスピードでお客にラーメンを出すのはまず不可能だ。 だが、店員の意識を変えることによって、お客の気分を100倍よくするのはそれほどむずかしいことではない。 この店が繁盛しているのは、ズバリ店員の意識の高さ、すなわち経営者の意識の高さである。 恐らく、こ [続きを読む]
  • 自動成功装置
  • あなたは「なりたい自分」を心にインプットするだけでいい!もしあなたが、人生においてある明確な目標を立て、その目標を常に念頭におき、その実現を信じて行動をくりかえしたらどうなりますか。あなたの潜在意識はその目標に向かって動き出します。そしてやがてはあなたが望んだ通りのことが実現するのです。潜在意識に明確な目標がインプットされると、人間の持つ偉大な能力は本人の自覚するしないにかかわらず、目標へ向かって [続きを読む]
  • 自分のほしいものについて考える時間を毎日もとう。
  • 潜在意識は、現実と想像を区別することができない。自分は健康で豊かだと何度も自分に言い聞かせれば、潜在意識はそれを信用し、あなたを成功へと導いてくれる。昔、古いポンコツの車に乗っていたころ、ずっと新車がほしいと思っていた。そのころの私は、ここに書いてあるような法則を学んでいたので、車の販売店にほしい車の写真をもらってきた。私は必要な情報をすべて仕入れた。その車についてならどんなに小さなことでも知って [続きを読む]
  • 私が売ることができたのは、顧客がいると信じていたからにほかならない
  • 20数年も前、私は訪問販売のセールスマンをしたことがある。マネージャーのウォルターは、私がオフィスに帰ってくると、私を呼び、ひとつ頼みたいことがあると言った。地図の上で私の担当地域を指差すと、何週間前にその地域を訪問したときに、買いそうな女性が一人いたと言うのだ。そして「どの家だったかははっきり覚えていなが、端から訪問していけばいつか必ず見つかるだろう。探してみてくれないか」とそれなら簡単に売れ [続きを読む]
  • 一日の出発を待ち構えていた人生
  • はじめに、こんな話を紹介します。今日1日から、すべてが変わっていくという話です。これからお話しすることを心に留めていくなら、きっとあなたの人生は、明日より大きく変えていくことができると信じます。億万長者から教わった”一番たよりになる助けの手”という話です。今日を最低の1日とするか、最高の1日とするかは心構え次第ジェブという少年の話少年が子供の頃、毎朝5時半になると母親が部屋に入ってきて、「ジェ [続きを読む]
  • 目標を達成するコツは、まず始めることである
  • すべてはやってみなければ始まらない」!調査したうちの3分の2(100人中67人)は、自分で目標を設定しているが、67人のうち、目標達成のために現実的な計画を立てた人は10人しかいなかった。しかも、その10人のうち、実際に目標を達成したのは2人に過ぎない。「何らかの方法を試してみるというのは、良識ある行動だ。もし失敗したら、素直に失敗を認めて、別の方法を試せばいい。しかし何はともあれ、何かやってみな [続きを読む]
  • 青春とは人生のある期間を言うのではなく心の様相を言うのだ
  • 青春とは人生のある期間を言うのではなく心の様相を言うのだ。優れた創造力、逞しき意志、炎ゆる情熱、怯懦を却ける勇猛心、安易を振り捨てる冒険心、こう言う様相を青春と言うのだ。年を重ねただけで人は老いない。理想を失う時に初めて老いがくる。歳月は皮膚のしわを増すが情熱を失う時に精神はしぼむ。苦悶や、狐疑、不安、恐怖、失望、こう言うものこそ恰も長年月の如く人を老いさせ、精気ある魂をも芥に帰せしめてしまう。年 [続きを読む]
  • リンカーンが人を見極める時、最も重視したこと
  • こんな有名な話がある。顧問からある人物を閣僚として推薦されたエイブラハム・リンカーンは、「あの男の顔が気に入らない」と言って二の足を踏んだ。「しかし大統領、顔のことまで責任を云々するのは酷でしょう」と顧問は言った。それに対してリンカーンはこう返した。「40歳を過ぎれば、誰でも自分の顔に責任がある」あなたの人となりや考え方は顔に表れるものだ。鏡に映った自分の顔が気むずかしい顔をしているなら、それがあ [続きを読む]
  • 私が売ることができたのは、顧客がいると信じていたからにほかならない
  • 20数年も前、私は訪問販売のセールスマンをしたことがある。マネージャーのウォルターは、私が^オフィスに帰ってくると、私を呼び、ひとつ頼みたいことがあると言った。地図の上で私の担当地域を指差すと、何週間前にその地域を訪問したときに、買いそうな女性が一人いたと言うのだ。そして「どの家だったかははっきり覚えていなが、端から訪問していけばいつか必ず見つかるだろう。探してみてくれないか」とそれなら簡単に売れ [続きを読む]
  • 彼はまだ一度もエジソンと会ったことがなかった!
  • エジソンと共同事業を実現した、バーンズの情熱エドウィン・C・バーンズは「あなたが心底そうしようと望んだことは必ず実現する」という一大事実を体験した人のひとり一人である。彼の出発点は偉大なエジソンの共同事業者になりたい、という燃えるような願望であったこの願望を抱いたとき、バーンズはそもそも何から手をつけたらよいのかさっぱりわからなかった。それどころかバーンズには次のような二つの大きな問題があったので [続きを読む]
  • 「どうしてお前は、長い間その決断をしなかったのか?」
  • 100万ドル持っていたら何をするか。この話は、教育者であり、牧師であったフランクリ・W・ガンソーラス氏から直接聞いたものである。この実例の中の重要な点を見逃さないでいただきたい。彼は自分の願望を達成するために、明確な決意を持ち、計画を立て、実行してから36時間以内にその目標を達成していることだ。ただ漠然と100万ドルほしいと思っているような夢のような願いを持つことは、世間では珍しいことでもなんでも [続きを読む]
  • 人生における目的を決めない限り、最高の結果を出すことはできない
  • 自分の人生の目的を知ることは、何よりも重要なポイントだ。積極的に自らの人生の目的を見出さなければ、見当はずれのことに人生を費やす可能性が高い。人はみな、何らかの天職を持ち、あるいは人生の使命を負っている。人はみな、達成すべき具体的な任務を果たさなければならない。そうすることで、その人は余人に代えがたい存在となる。それゆえ、人それぞれが担う役割はその人独自のものであり、それを実行するための機会もまた [続きを読む]
  • 今日を最低の1日とするか、最高の1日とするかは心構え次第
  • ジェブという少年の話少年が子供の頃、毎朝5時半になると母親が部屋に入ってきて、「ジェブ、今日はすてきな一日になるわよ」と言って少年を起こすのだ。しかし、朝っぱらからそんなことを言われても、少年はうれしくもなかった。来る日も来る日も、少年は朝一番に外に置いてある石炭を取ってきて、火をおこし、家を暖めなければならなかったが、それがいやでたまらなかったのだ。ある朝、母親が入ってきて、「今日はすてきな一日 [続きを読む]