椋妃(Ryoki) さん プロフィール

  •  
椋妃(Ryoki)さん: タトゥー日和 女性彫師のつれづれ
ハンドル名椋妃(Ryoki) さん
ブログタイトルタトゥー日和 女性彫師のつれづれ
ブログURLhttp://alhaut.exblog.jp/
サイト紹介文大阪アメ村の女性彫師椋妃(Ryoki)。タトゥー作品、下絵、海外タトゥー旅、彫師の日常を掲載。
自由文ブログでは、彫った作品の写真や、イメージの説明,海外タトゥースタジオでの日々をレポートしています。
お店のHP Tattoo Art Works Al-Haut http://www.al-haut.com/ (PC) http://www.al-haut.com/h/ (携帯サイト)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供249回 / 365日(平均4.8回/週) - 参加 2010/07/01 14:02

椋妃(Ryoki) さんのブログ記事

  • 美しいものは身近にある
  • 世界には数えきれないほどの素晴らしいアートが存在する。偉大な芸術家が創ったものだけがアートではなく、個人レベルの小さな世界、日常の中でもアートを創り上げることができる。美しいもの、素晴らしいものは遠くにあるのではなく、身近にあるのだ。 私自身もささやかではあるけれど、タトゥーを通して日常が彩り豊かになるような素敵なタトゥーを彫っていきたい。 [続きを読む]
  • 展覧会へ
  • ケルン市立東洋美術館へ。9月から「NETSUKE UND SAGEMONO (根付と堤げ物(さげもの)」というタイトルの展覧会が開催中。根付は、明治維新以降、欧米で高く評価され多くのコレクターによって収集された歴史があり、今回の展覧会はそのヨーロッパのコレクターのコレクションを集めた展覧会。ネオジャパニーズスタイルのイギリス人ゲストアーティストが今仕事に来ているので、ちょうどよいタイミングで展覧会に行くことになった。 [続きを読む]
  • サムライマスクとサクラのタトゥー
  • サムライマスクとサクラのタトゥー。全体の映像。施術初日。背中に般若面と桜のタトゥーがあるので、それにつながる形で、サムライマスクとサクラのタトゥーを彫ることになった。全体のアウトラインと一部のシェイディングで、施術の所要時間は約3時間半だった。次回の施術は年明け2018年の1月。ということで、「良いクリスマスをお迎えください」(こちらはクリスマスがお正月に相当する)と、まだハロウィンも終わってないので早 [続きを読む]
  • 現在進行中のタトゥー196:花魁のタトゥー
  • 花魁のタトゥー、途中経過。2008年、ハンブルグのタトゥーコンベンションからのお客さん。途中、ブランクがあくけれど今でもタトゥーを依頼してくださるドイツのお客さんの中では一番古い常連のお客さん。ドイツだけでなく、日本でも、古いお客さんが新しい依頼や気にかけてくださるのは、本当に嬉しい。今日も仕事を頑張ります。椋妃(Ryoki)※現在、日本ではなくドイツでタトゥーの仕事をしています。・タトゥーをお断りする場合 [続きを読む]
  • 明け方の空
  • ドイツ時間7時35分、日の出頃の空。夏が終わるとドイツの日の出は遅くなり、また日没が早くなる。細い細い月と、金星が見えた。その上には火星も見えるそうだが、肉眼ではもう見えなかった。目覚めからとてもいいものを見たような気がし、今日は良い一日になりそうな予感でいっぱい^^ [続きを読む]
  • Tattoo Gallery 107:ゲイシャガールのタトゥー
  • ゲイシャガールのタトゥー完成。エキサイト:椋妃(Ryoki)※現在、日本ではなくドイツでタトゥーの仕事をしています。・タトゥーをお断りする場合http://alhaut.exblog.jp/27062079/================================================椋妃 Ryoki Tattooウェブ: http://ryokitattoo.com/フェイスブック: https://www.facebook.com/ryokitattoo/インスタグラム: https://www.instagram.com/ryoki_tattoo/========================== [続きを読む]
  • 新しい2週間
  • 南ドイツの小さな街でのゲストワークを済ませ、フランクフルト。これからケルンへ。ケルン到着後、ひどいタクシードライバーに当たってしまった。マナーの悪いことこの上なし。キレる寸前を押しこらえ耐えきれず、目的地の手前で下車。しかし、目的地まで行くと言い張り、ひどく疲れてしまった。日本では想像できないマナーの悪さ。タイプも千差万別。まるで新種の生物に遭遇するような衝撃を受けるが、怒ったら負けである。冷静に [続きを読む]
  • バンドマスコットのタトゥー
  • スラッシュメタルバンドOVERKILLのバンドマスコットのタトゥー。反対の腕には、モーターヘッドのバンドマスコット。将来、追加で別のバンドのロゴが彫りたいそうだ。自分を構成する大事な要素として、バンド系タトゥーをコレクション中。===================================どんな時でも、どんな状況に置かれたとしても一本筋道の通った生き方をしたい。筋の通らないことを正しいと思って持論を展開されても、聞くだけ疲弊するの [続きを読む]
  • バンドマスコットのタトゥー
  • スラッシュメタルバンドOVERKILLのバンドマスコットのタトゥー。反対の腕には、モーターヘッドのバンドマスコット。将来、追加で別のバンドのロゴが彫りたいそうだ。自分を構成する大事な要素として、バンド系タトゥーをコレクション中。===================================どんな時でも、どんな状況に置かれたとしても一本筋道の通った生き方をしたいと感じた1日。「ファッカー」と相手を罵りたいほどひどいことをされても、自 [続きを読む]
  • ようやく片付いた
  • 今日から再びゲストスポットに出発。今回は10日間もベルリンで住むことができ(^^)おかげでたまりにたまっていた税申告資料の整理整頓にじっくり時間をかけることができた。ドイツは、紙の資料がとても大切でどんなものも証拠として残しておかなければならず、税申告の資料に関しては5年間の保存の義務がある。きちんと年月日別にわかるように整理しておかなければ後から大変だ。何が大変かというと、山積みになった書類を片付け [続きを読む]
  • 遅い朝食、たぶん珍しくみえること
  • お気に入りのカフェで遅い朝食。前日、お店のお姉さんに「明日仕事前に、朝ご飯食べにくるかも。」と言ったので律義に朝ご飯を食べにやってきた。しかし時間は15時30分。本当は、最初に13時にのぞいたのだけど、その時は老人会のおじいちゃま、おばあちゃまとソーシャルワーカーの皆さんで大忙しそうだったので撤退。時間を改めて行くことにした。「朝ご飯って、もう無理ですよね?」「大丈夫よ!食べられる!食べられる!」ベルリ [続きを読む]
  • Tattoo Gallery 106:狛犬のタトゥー
  • 狛犬のタトゥー完成。両腕のフルスリーブタトゥーは、ケルンのゲストスポットのオーナーのタトゥー。我がショップオーナーのタトゥーに続けて彫ることができ、とても誇りに思える機会を持つことができた。狛犬のデザインの基本のアイデアは、インターネットで見つけたという大阪住吉大社の狛犬。住吉大社は私の七五三のお参りで行った神社でもあるので少々、不思議なご縁を感じながらタトゥーに着手。基本のアイデアはそうだけど、 [続きを読む]
  • フランクフルト友人宅でホームステイ
  • 先週のフランクフルトのゲストワークの後、友人宅へホームステイ。写真は6月に撮影したフランクフルトの代表的なスカイライン、マインハッタン。ドイツの金融街、ヨーロッパの金融の中心フランクフルト。高層ビルが立ち並ぶ様子をアメリカのマンハッタンにかけ、正式名称、フランクフルト・アム・マイン(マイン川沿いのフランクフルトという意味)を別名「マインハッタン」と呼ぶ。フランクフルトっ子は、このマインハッタンのシ [続きを読む]
  • ストーミーな午後 続き
  • 16時から吹き荒れた強風は2時間ほどで収まった。部屋にいると風を感じなくなったのだけど、窓を開けるとまだ風は強い。風はまるで台風のようなのだが、こちらには台風がなく強烈な雨風のことをストームと呼んでいる。このストームの影響で、交通機関の乱れ、特に空の便の影響はひどく、ベルリン行きの飛行機は、別都市の空港に着陸。別の空港から、航空会社に手配された内容に従ってベルリンに帰ってくるそう。友人が見事にこの遅 [続きを読む]
  • ストーミーな午後
  • 今日のベルリンは、雨。午後からは雨風が激しく、16時以降はストームに変わった。ものすごい突風が吹き荒れ、築120年の木造建築の我がアパートは揺れに揺れていた。本日のお天気。深夜のクルクルしたマークは風マークなのだろうか?気温は10℃から15℃。南西から西に時速16kmから35kmの風。時々、時速40kmから109kmの突風が吹きます。とのこと。文章だけどピンとこないが、サッシの雨戸がない部屋で風を受けるのは、まるで台風 [続きを読む]
  • おすすめしないタトゥー
  • 指へのタトゥーは、私は、基本的にお引き受けしておりません。指は、タトゥーを彫る技術的に肌の質がタトゥーに適さず、インクが綺麗に定着しません。インクの滲み、色抜けなど、色の定着が悪いことを全面的に承知した上で彫るのであれば、自分自身の責任において彫ればいいと思います。しかし、私自身は、日本でもドイツでも指の施術はお受けしておりません。指第三関節の背に彫ったタトゥー(色は抜けたり、滲んだりしているもの [続きを読む]
  • おすすめしないタトゥー
  • 指へのタトゥーは、私は、基本的にお引き受けしておりません。指は、タトゥーを彫る技術的に肌の質がタトゥーに適さず、インクが綺麗に定着しません。インクの滲み、色抜けなど、色の定着が悪いことを全面的に承知した上で彫るのであれば、自分自身の責任において彫ればいいと思います。しかし、私自身は、日本でもドイツでも指の施術はお受けしておりません。指第三関節の背に彫ったタトゥー(色は抜けたり、滲んだりしているもの [続きを読む]
  • 地下鉄の大道芸人
  • 雨の日の夕方。どんよりしたグレーの空模様に、何もなくてもテンションが落ち込むような気持になる。雨を避けるために地下鉄に降りたら、地下のこもった空気と湿度でさらにテンションが下がるようだった。そこに、響いてくる歌声。最初は、誰かが携帯で音楽を流しているのだろうかと思っていたのだけど歌の聞こえるほうに近づいてみると、、大道芸人のアフリカン(?もしかしたら南米の方かもしれない)の方が歌を歌っていた。軽快 [続きを読む]
  • Tattoo Gallery 105:ゲストスポットでのタトゥー仕事
  • 先月のゲストスポットでのタトゥー仕事の一部。お客さんからだけでなく、ゲストスポットのお店側からも信頼して仕事を任せてもらえるというのは、本当に尊いことである。ありがとうございます。椋妃(Ryoki)※現在、日本ではなくドイツでタトゥーの仕事をしています。・タトゥーをお断りする場合http://alhaut.exblog.jp/27062079/ ================================================椋妃 Ryoki Tattooウェブ: http://ryokitattoo [続きを読む]
  • 現在進行中のタトゥー195:巴御前プロジェクト開始
  • 巴御前、バックピースプロジェクトを開始。タトゥーの勉強を始めた99年当時、江戸時代の浮世絵師、蔀関月(しとみかんげつ)の描く巴御前出陣図の絵にとてもインスピレーションを受け、いつか彫ってみたいと思っていたデザインだった。女性ウォリアーを彫りたい、女性のサムライはいないの?というリクエストを受け、このデザインを提案。バックピースのタトゥーで施術を開始することになった。完成まで時間のかかるプロジェクトだ [続きを読む]
  • Tattoo Gallery 104:花と言葉のワンポイントタトゥー
  • 花と言葉のタトゥー。「花を摘むという」意の動詞を使って本来は「花」に当たる部分を「一日」に変え、Enjoy your dayという意味にしたというドイツ語。ご本人以外が読むと、花にすべきところが日なのでちょっぴり変な印象を受けるらしいがドイツ人のネイティブさんの自己判断により選ばれた言葉。10月1日。2017年、今年もあと91日。悔いのないように毎日を過ごしたい。椋妃(Ryoki)※現在、日本ではなくドイツでタトゥーの仕事を [続きを読む]
  • Tattoo Gallery 103:タンポポのタトゥー、フランクフルト中央駅
  • 男性の脇腹に「タンポポの綿毛」と昨年誕生した娘さんの名前、誕生日を施術。タンポポの綿毛がふわふわ飛ぶタトゥーは、人気のモチーフの一つで特にミニサイズのタトゥーで希望する女性が多い。お客さんの希望をショップメンバーから伝え聞き、男性のお客さんにタンポポという意外な組み合わせでどんなふうにしたらいいのだろうか少し考え込んでしまった。今回に関しては、お客さんの人物像を見ている方がデザインを組み立てやすい [続きを読む]
  • 現在進行中のタトゥー194:龍のタトゥー
  • 腕全体に龍のタトゥー。今回のセッションでは、龍のうろこを描いてそれからシェイディングという流れへ。全体の映像。椋妃(Ryoki)※現在、日本ではなくドイツでタトゥーの仕事をしています。・タトゥーをお断りする場合http://alhaut.exblog.jp/27062079/ ================================================椋妃 Ryoki Tattooウェブ: http://ryokitattoo.com/フェイスブック: https://www.facebook.com/ryokitattoo/インスタグラ [続きを読む]