椋妃(Ryoki) さん プロフィール

  •  
椋妃(Ryoki)さん: タトゥー日和 女性彫師のつれづれ
ハンドル名椋妃(Ryoki) さん
ブログタイトルタトゥー日和 女性彫師のつれづれ
ブログURLhttps://alhaut.exblog.jp/
サイト紹介文大阪アメ村の女性彫師椋妃(Ryoki)。タトゥー作品、下絵、海外タトゥー旅、彫師の日常を掲載。
自由文ブログでは、彫った作品の写真や、イメージの説明,海外タトゥースタジオでの日々をレポートしています。
お店のHP Tattoo Art Works Al-Haut http://www.al-haut.com/ (PC) http://www.al-haut.com/h/ (携帯サイト)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供94回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2010/07/01 14:02

椋妃(Ryoki) さんのブログ記事

  • 久しぶりのブログ更新
  • 相当な時間が空いてのブログ更新。最後のブログは8月18日でしたが、前回のブログ↓IRON MAIDEN, Power Slave タトゥースタート!https://alhaut.exblog.jp/28592778/ファーストタトゥーのこの彼もすでに二回目のセッションを受け近日中に三回目のセッション。あっという間に時間が過ぎて、今は10月。今年も百日を切ってしまいました…。9月。ケルンの我がショップが壁の塗り替え工事。壁の塗り替え後は、自分のブースは自分の好き [続きを読む]
  • ファーストタトゥー
  • ファーストタトゥーにIRON MAIDENアルバムアートワーク。Eddieタトゥーはいつでも楽しい6月のある日。IRON MAIDENのアルバムアートワークを彫りたいと写真を持参してタトゥーショップに出かけたら、「相当単純化しないと無理」という回答をもらった仲間がいるのだけど彫れるかと友人から相談を受けました。どのアルバムアートワークか、デザインの大きさ、彫りたい身体の場所など詳細を教えてもらったところ、送信されてきたのはIR [続きを読む]
  • 夏の楽しみ メタルフェス&ショー
  • 6月から8月にかけて今年もいろいろとメタルのショーにいってきました。7月20日はMechernich(メヒャニッヒ)というケルンから1時間ほど離れたローカルエリアで行われたメタルフェスティバルで、Metal Inquisitorのショーを初めて観ました。映像の通り、ドイツでいいなと思うのは、子連れでもフェスティバルやコンサートに参加できることです。ちびっ子の耳を爆音からちゃんと守るよう準備を整えたら日中は家族連れで参加できるとい [続きを読む]
  • 苦手だけど大切な雑務
  • 3か月毎の税申告の書類整理完了。売り上げや領収書など各種書類を月ごとにファイリング。整理した書類を税理士さんに送って申告作業をしてもらいます。写真は書類3か月分の一部嫌いな作業なので遅々として、ずいぶんな時間がかかりました。そのうえ、期日から少し遅れているので遅延税もやってくるのであります…我ながら管理の悪さにあきれて泣けてきます。ファイリング後はやりきった達成感が気持ち良いのですが、それ以上に毎月 [続きを読む]
  • ペンインクドローイング
  • ベルリンでの休日は、自宅でいそいそお絵描き。友人からの頼まれものの絵があり、それに向けて準備中。ペン画のウォームアップもかねて描いてみました。Gペンと丸ペンを使って描きました。技術的に上を見たらきりがありませんので、今描ける技量で、頼まれものに着手します。ペン入れのあと水彩で塗ってみました。このまま自分のタトゥーフラッシュにつなげていきます。 [続きを読む]
  • 丘の上のメタルフェス
  • 西ドイツ方面の山奥で開催されたメタルフェスティバル、Der Detze Rockt。英訳するとRock on the hill. 丘の上のロック。出演ラインナップはひとバンドか知らなかったのですが、良いバンドが揃っていたので、始めから最後までライブを楽しみました。主催者のJanosch(ヤノシュ)。29歳の若いメタルヘッズ。2011年、ひょんなことがきっかけでメタルフェスを企画することになり始めたフェスティバル。今年、8回目のフェスティバルまで [続きを読む]
  • メタルフェス道中
  • 昨夜のベルリン、ケルン間ICE移動は、少ない乗客のみなさん、シートを倒して仮眠。夜行列車のようでした。犬も好きなところに飛び出して寝てました。ケルンを出発。ホームの案内によると、7番線AからDに列車が来るとのことで並んで待っていたら、「列車E,Fに停まります」とのことで、列車を待っていた乗客全員走るはめに…100メーターほど駆け足して乗車。 こんなことは日常茶飯事。ケルンを離れるとすぐにこのような風景となりま [続きを読む]
  • メタルコンサートの日々
  • ケルン中央駅で乗り継ぎ待ち。目指す場所はDaun (ダウン)。鉄道が走っていない山間部の都市。この山奥の都市で開催されているメタルフェスティバル、Der Detze Rocktへ。アンダーグラウンドメタルシーンのフェスティバルの参加は初めて。今回、スウェーデンバンドの出演が多いそうですが、ラインナップはHällas(ヘラス)しか知りません。そのHällasでさえ友人に教えられて最近知ったばかり。Hällasはスウェーデン・ヨンショーピ [続きを読む]
  • スイス・ベルン 展覧会へ
  • 昨日は、スイス・ベルンへ。友人の女性タトゥーアーティストの展覧会へ行ってきました。タトゥーアーティストを目指した当時からの憧れだったザビーネと、彼女のベストフレンド、ナタリーの二人の女性タトゥーアーティストによる展覧会。場所はベルンの旧市街にあるギャラリー利用のできるカフェバー。 4月から2ヶ月間展示され、昨日は最終日のフィナサージ、おしまいパーティーでした。実物のアート作品ではなく、撮影してプリ [続きを読む]
  • エッセンで撮影したANGRAから日本のファンへのメッセージビデオ
  • 先月4月、欧州ツアーでドイツにやってきたANGRAを見に行ってきました。ベルリンとエッセンの2公演でしたが、本当に良いショーを見せてもらいました。まず一番大切なものを先に。4月20日、欧州ツアー最終日(Essen)エッセンでのショーで撮影したANGRAのメンバーからのメッセージビデオです。ANGRA Japan ストリートチームにアップされたメッセージビデオStreet Team JP ANGRAより今回の欧州ツアーは、ANGRAがヘッドライナー(大トリ), [続きを読む]
  • 風神と牡丹のタトゥー途中経過、Metal Inquisitor
  • 風神のタトゥー、途中経過。風神と牡丹、背景は風神の風と波。シェイディングに着手。タトゥーの持ち主は、ドイツのヘヴィメタルバンドMETAL INQUISITORの創始者でギタリストのBlumi(ブルーミ)。彼の名前は、ドイツ語の花(Blume=ブルーメ)から来ているので牡丹をたくさん配置しました。METAL INQUSITOR右端がBlumi。その隣が、もう一人のタトゥーのお客さんMamono Hunter。二人は日本のバンドMETALUCIFER ジャーマンプロジェ [続きを読む]
  • 6月は移動多し
  • 6月1日から再びゲストワーク旅が始まるのですが、あまりの移動の多さに我ながら驚きます。ベルリン→フランクフルト→リンブルク→ケルン→スイス・ベルン→ハノーファー→ベルリン→ケルン→フランクフルト→フライブルク長距離、短期的含め1ヶ月で10都市の移動。(ベルンはスイスなので正確には1国と9都市の移動)あともう1都市増えるかもです。これだけ移動をしていても、バーンカード50と早割チケットを購入しているおかげで [続きを読む]
  • ジャーマンスラッシュメタル、Deathfist のライブへ
  • ケルンからベルリンに戻りました。5月12日はエッセン(Essen)へ。タトゥーのお客さんでもあり、メタルつながりの友人でもあるMamono Hunterがベースを務めるDeathfistのライブへ。Deathfist FB :https://www.facebook.com/deathfistgermany/ Deathfistは、ジャンルはスラッシュメタル。典型的なジャーマンスラッシュメタルといわれています。女性ボーカル、Corinna(コリーナ)のデスボイスは、ハスキーさが混じる魅力的な声。い [続きを読む]
  • Tattoo Gallery 111:鬼のタトゥー ジャパニーズスタイル完成
  • 鬼のタトゥー、胸から腕にかけてのジャパニーズスタイルのタトゥー完成。胸の鬼はあと一回、タッチアップが残っていますが腕の鬼と合わせて公開。タトゥーの持ち主は、ジャーマン・メタルヘッズのMamono Hunter(マモノハンター)。ステージネームの由来は日本の古いアニメのタイトルから取っているとのことですが…知っている人は知っているタイトルだと思いますが、それはここでは触れません(^^)彼は日本のバンドで、日本国内より [続きを読む]
  • シュヴァーベン地方でのゲストワーク終了
  • 南西ドイツ、シュヴァーベン地方にある小さな街Balingen(バーリンゲン)でのゲストワーク終了。ベルリンから約12時間かけて到着。始発でも仕事に間に合わないので前乗り。今流行りの民泊、ネットで見つけたアパートはかなりお気に入り。一軒家の屋根裏部屋が私の住まい。オーナーさんも積極的に宣伝しているわけではないので隠れ家のよう。ここでゲストワークをする時はいつも住ませてもらっています。オーナーのワンコにもなんとな [続きを読む]
  • ベルリン観光の1日
  • 日本から来た友人、音楽ライターの別府さんとベルリン観光。観光案内は、ベルリンメタルシーンを古くから知る生粋のメタルヘッズのトーマス・ダック。アレクサンダープラッツから、ウンター・デン・リンデンを通り抜け、ブランデンブルグ門、ドイツ連邦議会議事堂を散策。ニコライ地区の残された古い街並み。ブランデンブルグ門ドイツ連邦議会議事堂警察庁。東ベルリン出身のトーマス・ダックの東ドイツ時代の話を聞きながらの観光 [続きを読む]
  • ケルンでの二週間終了
  • 今日の仕事を終えベルリンへ。土曜日は16時に営業終了ですが、今日はショップマネージャーに営業時間内に会計作業をしてもらったあと先に仕事をあがってもらい、私たちタトゥーアーティストは彫れるところまで施術作業を続行という残業の日でした。残業は、私ではなくショップメンバーが残業だったので仕事後にのんびり荷造り。タバコの一服にも付き合ってから帰路へ。ショップメンバーのニキータ。26歳、モダンなブラックワークが [続きを読む]
  • 蛇と牡丹のジャパニーズスタイルタトゥー
  • ひとまず、写真のアップ。蛇と牡丹のジャパニーズスタイルタトゥー。仕事が終わったらベルリンへ帰還。シェアルームをはじめて1ヶ月経過。自宅はケルン中心地から川を渡った隣のエリア。トラムから見るこの風景もずいぶん慣れてきた。ホテル住まいより、やはり、自分の家です。くつろげます。明日からのベルリンはお楽しみが多いです。 [続きを読む]