マメゾウムシ さん プロフィール

  •  
マメゾウムシさん: マメゾウ日記
ハンドル名マメゾウムシ さん
ブログタイトルマメゾウ日記
ブログURLhttp://mamezou.cocolog-nifty.com/mamezoudiary/
サイト紹介文冬はテレマークスキーに没頭する山男である大学教員のブログ
自由文平日は大学教員だが、週末になると山男に変身する。 冬はテレマーカーにも変身! 沢、岩、雪山と駆け巡る山男の日記と記録。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供94回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2010/07/03 14:48

マメゾウムシ さんのブログ記事

  • いい条件で滑れた白馬金山沢
  • 針ノ木大雪渓を滑った翌日は、白馬の金山沢へ。金山沢は2010年4月、2012年5月、2015年4月の3回ほど滑ったことがある。今年は雪融けが急速的に進んでいて、2012年の時のように下部で流れが出ているかと思ったが、そんなこともなく、デブリもそれほど酷くなく、比較的いい条件で滑れた感じです。【日程】2018年4月22日(日)【山域】北アルプス後立山【場所】白馬 金山沢【メンバー】タッさん、Fukikoさん、マメゾウムシ【天候 [続きを読む]
  • シャバシャバの針ノ木大雪渓・マヤクボ沢滑走!
  • 2週続けて滑れなかった週末でしたが、ゴールデンウイーク前の最後の週末は、正月以来の信州遠征をしてきました。1日目は針ノ木大雪渓へ。針ノ木大雪渓は2015年5月と2016年4月の2回滑っているが、2016年の時は腹痛で途中敗退。そのリベンジも兼ねてのBCでしたが、天気がよすぎて気温が上昇し、重いシャバシャバ雪での滑走を強いられました。【日程】2018年4月21日(土)【山域】北アルプス後立山【場所】針ノ木岳【メンバー】 [続きを読む]
  • 沢靴2足(秀山荘製とモンベル製)のフエルト貼り替え
  • 先日の日曜日は天気が悪かったこともあり、山には行かず、グリーンシーズンに向けての準備をしました。まずは車のタイヤ交換。それから沢靴のフエルトソールの貼り替えを行ないました。沢靴のフエルト貼り替えについては、2年前にも作業過程をこのブログにアップしています(2016年6月24日のブログ)。その時に参考にした2702mさんのホームページ「白山山系の渓50ROUTE」は、残念ながら閉鎖されてしまったようです。今回、フエル [続きを読む]
  • 2週連続でトレラン:金剛山・岩湧山縦走
  • この週末は、山は大荒れそうな天気予報だったので、遠出して滑りにいくことはせず、先週に引き続き、近場でのトレーニングとしました。近畿南部は土曜日の日中までは天気が持ちそうだったので、ちょっと長めのルートで金剛山から岩湧山まで縦走トレランしてきました。【日程】2018年4月14日(土)【山域】生駒・金剛・和泉【場所】金剛山・岩湧山【メンバー】マメゾウムシ【天候】晴れのち曇りのち雨【コースタイム】金剛山登山口 [続きを読む]
  • 今年初トレランは青崩起点で葛城山・金剛山
  • 先週末は、日曜日に所用があったので、雪山には行かず、ゴールデンウィークに向けてのトレーニングとして、今年初のトレランをホームの葛城山・金剛山でしてきました。【日程】2017年12月7日(土)【山域】生駒・金剛・和泉【場所】岩湧山・和泉葛城山【メンバー】マメゾウムシ【天候】曇り時々晴れ【コースタイム】青崩14:07〜天狗谷道〜大和葛城山15:08〜水越峠15:35〜カヤンボ16:02〜ダイヤモンドトレイル〜金剛山16:52〜山頂 [続きを読む]
  • ATビンディング破損で猿ヶ馬場山BC敗退
  • 小白山から野伏ヶ岳BCの翌日は、白川郷まで移動して猿ヶ馬場山BCへ。調子よく登っていたのですが、シール登行中に同行者のMkenくんのアトミック製のATビンディングが折れてしまい、途中敗退となってしまいました。ビンディングは滑走の場合は固定できるので、なんとか滑って下りられたが、泊まりがけのロングルートで起こったら、ひじょうに困る事態になっていたところ。道具は壊れるものという認識と、壊れた時の対応策は考えてお [続きを読む]
  • 奥美濃 小白山から再び野伏ヶ岳BC
  • すでに1週間以上前の記録になってしまいましたが、野伏ヶ岳で雪崩を誘発した2日後に、再び野伏ヶ岳へ滑りに行ってきました。今回は小白山からのハシゴで。2日前の不安定さが嘘のように、この日の積雪はきわめて安定。中央ルンゼも問題なく滑ることができました。【日程】2018年3月31日(土)【山域】奥美濃【場所】小白山・野伏ヶ岳【メンバー】Mken、マメゾウムシ【天候】晴れ【装備】テレマーク1、ATスキー1【コースタイム [続きを読む]
  • 野伏ヶ岳実戦は雪崩遭遇!:ワンゲル部に雪上訓練2
  • 前日に基本的な雪上訓練を行ったワンゲル部メンバーは、この日は野伏ヶ岳にて実戦登山を行いました。実戦指導はSLの若いOBのIくんに任せて、サポートの2名は中央ルンゼの滑走のためにスキーにて。その中央ルンゼで雪崩を誘発してしまいました。【日程】2018年3月29日(木)【山域】奥美濃【場所】野伏ヶ岳【メンバー】Iくん、Fくん、Mくん、Chiyukiちゃん、マメゾウムシ【天候】晴れ【装備】テレマーク2、登山3【コースタイム [続きを読む]
  • 野伏ヶ岳中央ルンゼで湿雪表層雪崩を誘発!
  • 昨日(3月29日(木))ですが、野伏ヶ岳でのバックカントリーで、中央ルンゼ(東面標高1590m)にて13時に雪崩を誘発してしまいました。気温の上昇で雪面の表層のみグサグサとなっており、ドロップして何ターンかしてみると、表層だけがズレて動き出しそうな嫌な予感。下に人がいないことを確認してから試しにスキーカットをしてみると、見事に雪が落ちました。雪面から5〜10cmのところに結合の悪い相があり、動画では面発生としま [続きを読む]
  • 北海道BC遠征5:晴れた旭岳を滑る!
  • いよいよ北海道BC遠征の最終日。パートナーのKaoriさんが晩の新千歳発のフライトで帰るので、この日は午前中のみの行動。残念ながら時間的に旭岳のピークハントはできませんでしたが、旭岳の勇姿を見ることができました。いい雪が滑れたこともあり、短時間ながら満足なスキーでした。【日程】2018年3月20日(火)【山域】大雪・十勝【場所】旭岳【メンバー】Kaoriさん、マメゾウムシ【天候】雪【装備】テレマーク2【コースタイム [続きを読む]
  • 北海道BC遠征4:風雪の旭岳BCスキー
  • 北海道BC遠征の最後は旭岳温泉をベースにバックカントリー。旭岳は夏にしか登っていないので、積雪期は初めて。残念ながら初日は天気予報通りの風雪の悪天で、上部はホワイトアウト。仕方なく、ロープウェイの姿見駅より下をロープウェイで2回、シールで2回登って滑る。天気は悪いながらも、ようやく北海道らしいパウダーにありつけました。【日程】2018年3月19日(月)【山域】大雪・十勝【場所】旭岳【メンバー】Kaoriさん、 [続きを読む]
  • 北海道BC遠征3:7年ぶり! 快晴の十勝 三段山!
  • 北海道BC遠征第3弾は7年ぶりの十勝三段山へ(2011年3月の記録)。7年前というと、ちょうど東日本大震災が起こった時で、3.11は札幌滞在中でした。その後、十勝の白銀荘に移動したのですが、その時にTVで見た被災地の悲惨な状況が今でも心に焼き付いています。このような悲惨な災害が繰り返されないことを願うとともに、震災で犠牲になった方々のご冥福をお祈り致します。この日は、天気予報では強風で、ガス視界不良のはずが、 [続きを読む]
  • 北海道BC遠征2:深川 音江山BCスキー
  • 北海道BC遠征第2弾は旭川方面への移動途中で、深川の里山である音江山へ。音江山の標高は796mで、最初に登った塩谷丸山(628m)よりは150m以上は高いが、標高差的には同じぐらいで、こちらもお手軽な山である。暖かさが続いた北海道でしたが、前夜の降雪で、ちょっと重いけどパウダーありました。この標高であれば贅沢は言えません。道北の雰囲気と疎林の斜面でなかなかよい山でした。【日程】2018年3月17日(土)【山域】道北【 [続きを読む]
  • 北海道BC遠征1:JRでGO!で、小樽 塩谷丸山BCスキー
  • 北海道バックカントリー遠征第1弾は、札幌からJR利用での塩谷丸山でした。札幌・小樽間は電化されているのですが、小樽から先は非電化区間でした。動画では電車でGOというタイトルにしてしまいましたが、これは誤りですので、ブログではJRでGOとしました。【日程】2018年3月15日(木)【山域】道央【場所】塩谷丸山【メンバー】マメゾウムシ【天候】晴れのち曇り【装備】テレマーク【コースタイム】JR塩谷駅11:18〜最終民家11:35 [続きを読む]
  • 【速報】北海道バックカントリー遠征
  • 7年ぶりに北海道でバックカントリースキーをしてきました。ちょうど7年前というと東日本大震災が起こった年で、3.11はちょうど札幌滞在中でした。札幌でも大きな揺れを感じましたが、まさかあの地震があれだけの被害を出すとは、その時は想像だにしませんでした。TVでは被災地の悲惨な映像ばかりが流れ、それが鮮明に心に焼き付いています。このような悲惨な災害が繰り返されないためにも、行政等により充分な備えがなされること [続きを読む]
  • ワンゲル部学生にテレマークスキー指導
  • 先週末は、ワンゲル部OB・OG会主催のイベント「雪の山小屋を楽しもう」があったので、現役部員2名と奥美濃石徹白にあるワンゲル部山小屋に行ってきました。2月に屋根の雪下ろしをした山小屋ですが、ここ最近の暖かさで屋根の上の雪はほぼ溶けていました。初日の午前中は、山小屋の近くにあるウイングヒルズ白鳥スキー場にて、ワンゲル部学生にテレマークスキー指導。アルペン経験無し、テレマーク3日目の1回生。テレマーク姿勢 [続きを読む]
  • 集まろうテレマーク@伯耆大山!
  • 伯耆大山遠征3日間の最終日(2018年3月4日(日))は、だいせんホワイトリゾートスキー場にて、「集まろうテレマーク@伯耆大山!」にスタッフとして参加してきました。今回は、2月に行われた「集まろうテレマーク2018!」参加者のためのアフターケア的なイベントです。特にこれをやるという縛りはなく、西日本のテレマーカーで一緒にゲレンデを滑ろうという気楽なイベントです。北陸の方でもゲレンデジャックテレマークという [続きを読む]
  • 伯耆大山AGAINその2:弥山登頂から七合沢滑走
  • 振子沢滑走の翌日は、夏山登山道から弥山に登り、七合沢を滑走。雪が緩まない中での急斜面の滑走は、なかなかスリルのあるものとなりました。【日程】2018年3月3日(土)【山域】中国【場所】伯耆大山【メンバー】Fukikoさん、マメゾウムシ【天候】晴れ【装備】テレマーク2【コースタイム】大山博労座第4駐車場7:21〜夏山登山道入口7:37〜六合目避難小屋9:31-50〜弥山11:17-12:01〜七合沢滑走〜元谷大堰堤12:38〜大山博労座第 [続きを読む]
  • 伯耆大山AGAINその1:奥大山スキー場から振子沢往復
  • 先週は金曜日に代休が取得できたので、金曜日から日曜日にかけて再び伯耆大山に遠征してきました。昨シーズンは2回行っている振子沢ですが、いまだ全行程を滑ってはいない。1回目は、奥大山スキー場を遅い時間スタートで途中で時間切れ。2回目は、宝珠尾根経由で上からアプローチして振子沢を滑走。帰りの登り返しのことを考えて途中まで。そんため、振子沢の中間部分は残っている。今回は天気はよさそうなので、奥大山スキー場 [続きを読む]
  • 伯耆大山BC2日目:春のような陽気の中でのキリン峠滑走
  • 伯耆大山2日目は、前日の悪天が嘘のような好天の中を、キリン峠まで登って周辺を滑ってきました。【日程】2018年2月18日(日)【山域】中国【場所】伯耆大山【メンバー】ドウちゃん、バルちゃん、クロさん、マメゾウムシ【天候】晴れ【装備】テレマーク3、アルペン1【コースタイム】奥大山スキー場8:27〜キリン峠11:45-12:15〜鳥越峠東面1140m12:28-13:02〜鳥越峠北1310m13:25-40〜奥大山スキー場14:10 前日に一緒に滑ったメン [続きを読む]
  • 伯耆大山BC1日目:悪雪と視界不良の行者谷滑走
  • 先週末は伯耆大山へBCに行ってきました。2014年から毎年通っている大山ですが(2014年3月1日、2日、2015年3月28日、29日、2016年3月12日〜13日、2017年4月1日、2日、15日、16日の記録)、2月に行くのは初めて。当初はパウダーを期待していたのですが、初日の雪は、直前までの気温上昇と当日の気温低下により、表面がクラストしたモナカ雪に。悪天による視界不良もあり、山頂まで行けず。6合目避難小屋より行者谷を滑走し [続きを読む]
  • ワンゲル部2月石徹白合宿3日目&4日目:ラッセル&スキー訓練
  • ワンゲル部2月石徹白合宿の3日目は3連休の最終日。スキー訓練のために残るメンバーを除いて全員がこの日に帰路につく。午前中は、雪山登山希望者3人のために山小屋の裏山へラッセル訓練に。年末にもラッセル訓練は行ったが、今回はその時よりも倍以上にたいへん。前夜の降雪でさらに深雪に。私がスキーで膝ラッセルのに対して、スノーシューの彼らは膝上ラッセルに。ちなみに年末は臑程度のラッセルでした。ラッセル訓練として [続きを読む]
  • ワンゲル部2月石徹白合宿2日目その2:雪上泊訓練
  • 水後山バックカントリーから帰ってきたら、山小屋の屋根の雪下ろしはすでに終了していました。現役部員、お疲れ様でした!現役部員の一部は、今晩は雪上テント泊。彼らにとっては初めての体験になる。外張りではなく、フライシートですが、定員ちょうど入れば、そう寒くはないでしょう。降雪の方が酷くなってきたので、テントが潰れないように時々雪掻きは必要でしょうね。 一方、山小屋残留組はストーブを囲んでマッタリ過ごして [続きを読む]