ただ日本が好きなだけ さん プロフィール

  •  
ただ日本が好きなだけさん: 保守ですが何か?
ハンドル名ただ日本が好きなだけ さん
ブログタイトル保守ですが何か?
ブログURLhttps://ameblo.jp/genten-nippon
サイト紹介文ネトウヨと言われてもいい、日本の良き伝統と文化を守ることを第一に、反日勢力、マスコミと戦うブログです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供284回 / 365日(平均5.4回/週) - 参加 2010/07/06 19:13

ただ日本が好きなだけ さんのブログ記事

  • 自分達のことになると「お答えできません」テレビ朝日
  • 2018/03/28 テレビ朝日 【グッド!モーニング】 佐川前国税庁長官“証言拒否”を連発 佐川前国税庁長官は証言拒否の答弁を終始繰り返した。衆参両院で約4時間に及んだ証人喚問で刑事訴追の恐れがあるなどとして証言拒否をした回数は47回。 ***************************** こうした批判をしておいて、自分たちは「お答えできません」全く、メディアってのは良い身分だね。 テレ朝の「財務省セクハ [続きを読む]
  • 確かに、小西議員は「国民の敵」です。
  • <【報ステ】自衛官、民進党議員に「お前は国民の敵」> 30代の男性幹部自衛官が民進党・小西参院議員に「お前は国民の敵だ」と罵声を浴びせていたことがわかった。防衛省によると、幹部自衛官は16日夜、帰宅後、国会前をランニング中に小西議員と遭遇したという。自衛隊トップの河野統合幕僚長は小西議員に謝罪。小野寺防衛大臣は「彼も国民の一人であり、思うことはあると思う。ただ、それを口にするかどうかは、自分の立場をお [続きを読む]
  • 安倍総理は「疑惑がある限り」辞めろと言われ続けなければならないの?
  • 最近の世論調査で、安倍政権の支持率が低下しているという。その、「支持しない」理由のトップが、「首相が安倍さんだから」「安倍さんが信用できないから」というのが、あるんだそうです。 「安倍さんが嘘つきだから」というのが、安倍政治を許さない、という人たちのテンプレになっているようです。 その、「安倍さんが嘘つき」という理由の最たるものがどうも、安倍さんが、モリカケ騒動の冒頭で国会で答弁した、 「私や妻がこ [続きを読む]
  • 「国会前デモ3万人」報道は成果報酬型広告なのか?
  • 先週土曜日に国会前でデモが行われたようですが、その数日前、朝日、毎日などの全国紙にこのような広告が掲載されました。 「意見広告」という公共性の高いものは、広告代はお高くないのだろうか?いずれにしても、無料という事ではないだろう。どっから資金が出ているのか? まあ、ともかくこうして広告を打った効果はどうだったのだろうか? 「警察発表によると、3千人」「ざっと数えたら、3〜4千人、入れ代わりを考えて6 [続きを読む]
  • 朝日新聞「首相案件」報道に、安倍政権はこう答えるのが正解だ
  • 朝日は何が言いたいのか?森友学園や陸上自衛隊のイラク日報問題に加えて、加計学園問題が再燃した。朝日新聞が4月10日付朝刊1面トップで 「柳瀬唯夫首相秘書官(当時)が2015年4月、愛媛県職員らと面談した際に『本件は首相案件』と述べた」と報じたのだ。 これは大問題なのか。 まず、朝日が報じた内容をおさらいしよう。朝日は柳瀬首相秘書官と愛媛県など関係者の面談について「愛媛県職員が作成した文書」を入手した。 文書 [続きを読む]
  • 今治獣医学部誘致・県職員メモ 加戸氏「どこが問題か」
  • 元愛媛県知事の加戸氏が、地元愛媛新聞で、ちゃんとこのように語っています。 地方紙だから、朝日新聞の目を気にすることなくかけるのでしょうか? 【愛媛新聞3面 4/12】加計学園獣医学部に関する愛媛県職員のメモの記事が一面を賑わしてる中、3面とはいえこういう記事を載せてるのは愛媛新聞の良心か?最近のマスコミは、倒閣というより政治の混乱に走っている気がするのは、加戸氏も言及しているが、憲法改正を何が何でも阻止し [続きを読む]
  • 「首相案件」とは「国家戦略特区」のこと
  • 4/2(木)、獣医師養成系大学の設置について、県地域政策課長・今治市企画課長・加計学園事務局長らが内閣府藤原次長及び柳瀬首相秘書官らとそれぞれ面談した結果は、次のとおり。 《柳瀬首相秘書官の主な発言(総理官邸)15:00》 ・本件は、首相案件となっており、内閣府藤原次長の公式のヒアリングを受けるという形で進めていただきたい。 *********************************** [続きを読む]
  • 前川喜平は「煽動家」だ
  • こういう人を「煽動家」というのではないのだろうか?そして、「煽動家」は教育現場にふさわしいのでしょうか? <前文科次官の前川氏、特定教科書を批判> 道徳の教科化に伴い、新学期から小学校で初めて道徳の検定教科書が導入されるのを前に、文部科学省前事務次官の前川喜平氏(63)が、多数の公立小で使われる特定の教科書の批判を繰り返していることが9日、分かった。<中略> 講師を務めた2月16日の名古屋市立中の [続きを読む]
  • 「こんな人たち」発言を蒸し返した民進党の大島九州男氏
  • <「こんな人たち」が選挙妨害=安倍首相> 安倍晋三首相は9日の参院決算委員会で、昨年7月の東京都議選時、街頭演説で「こんな人たちに負けるわけにいかない」と発言したことに関し、聴衆からの「辞めろ」コールは「選挙妨害」と断じ、「正しい王道の選挙を戦おうと訴えた」と改めて釈明した。 そりゃそうでしょうね、森友・加計疑惑が「絶好調」で、批判すれば無条件で、支持率を下げられたあの時期、朝日新聞も、こんな記事を [続きを読む]
  • 大阪地検の女性特捜部長は「面従腹背」の前川一派か??
  • 衆議院議員の江田憲司さんがこんなこと、ばらしちゃったけど、この女性特捜部長、守秘義務とかはどうなっているんだろうか? もっともこの人、こうした「リーク」が確信犯だと思われるような人物なのです。 <「森友問題」担当 大阪地検特捜部“女ボス”の評判と本気度> 国の補助金を不正に受給した疑いで逮捕された学校法人「森友学園」の籠池夫妻。2人を逮捕した大阪地検特捜部の山本真千子部長が、「初の女性部長」と注目を [続きを読む]
  • 「モリカケ問題」は終わっていません!
  • 一部で「終息」などという表現もありますが、モリカケ騒動は終わってはいません。 なんら証拠の揃わない難癖のような本件を疑惑として安倍首相に投げかけ、事実を捻じ曲げ報道し、隠ぺいし。夫人の人権を侵害し、メディア総動員で、「疑惑について釈明しろ」という難癖を一年以上も続け、国会を停滞させてきた責任は誰が取るのでしょうか? ************************************ 「疑惑」は [続きを読む]
  • だったら消えろ「マスコミ」!!
  • 31日放送のTBS「報道特集」で金平茂紀キャスターは、米国の映画『ペンタゴン・ペーパーズ』の中のセリフを引用し「報道が仕えているのは国民にであって政府にではない。 、と言ったそうですが、だったら、多くの国民が思っているように、モリカケ報道ばかりやるんじゃない、と思います。フェイクニュースばかり垂れ流す報道は、国民の総意により、止めてもらいましょう。 [続きを読む]
  • 野党・マスコミが行っているのは、前代未聞の冤罪事件!
  • 立憲民主党の枝野代表はTBSテレビ「時事放談」の収録で、森友学園をめぐる土地取引で 決裁文書から削除された総理夫人の発言を総理自らが否定したことについて、「家の中の会話は証拠能力がない」と述べました。 ******************************** だから、証人喚問に呼んで、自白を強要しようとでもいうのでしょうか? モリカケ騒動でいままで、確たる証拠が出たことがあるのでしょうか?「 [続きを読む]
  • 前川氏講演は「半分以上が安倍政権批判」参加高校生が激白 
  • <前川氏講演は「時間の無駄だった」参加高校生が激白 半分以上が安倍政権批判>政権批判が続いたため、「隣同士で話す生徒や、最前列で寝ている生徒もいた」。また、高校生のための講演だったはずが、「出席した多くは教職員や一般人だった」という。高校生は「正直、時間の無駄だった」と感想を述べた。 ************************************ 「安倍政権批判だから、介入するのか?」とい [続きを読む]
  • 「#まっとうな政治ってなに」
  • 立憲民主党が投稿したハッシュタグ「#まっとうな政治ってなに」が思わぬ形で反響を得ている。自民党支持者が野党をからかう意味で使い始め、立憲民主党にとってすっかり向かい風になってしまった。中でも秀逸だったのはこちらの漫画。理想の野党と現実の野党。政治の戦いを将棋に例え、現状の野党のおかしな行動をうまく説明している。この画像はネット上ですごい勢いで拡散され、4万以上もリツイートされた。 [続きを読む]
  • 例え被害者でも、明恵夫人は「安倍夫人」だからダメ と、朝日新聞
  • 「森羅万象ありとあらゆる物事は自分の都合に基いて正義と悪が定義される」これが、サヨクの「正義」の定義。その「定義」に基づけば、被害者・加害者の区別などはどうでも良い事。そういう考えなんでしょうな。 安倍明恵夫人は、マスコミの作り上げた「冤罪」の被害者ですよ。 じょうまる・よういち。元高校球児(?)。朝日新聞記者。著書『新聞と憲法9条』(朝日)『諸君!正論の研究』(岩波)『原発とメディア』(朝日)、共 [続きを読む]