プーちゃん さん プロフィール

  •  
プーちゃんさん: いつか迎えに来てくれる日まで
ハンドル名プーちゃん さん
ブログタイトルいつか迎えに来てくれる日まで
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/youchan1201/
サイト紹介文たった一人の家族、最愛の妻を癌で喪った。独り遺された男やもめが、暗闇の中でもがき続ける日々の日記。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供367回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2010/07/09 15:46

プーちゃん さんのブログ記事

  • 人間の条件
  • 仕事でクソみたいに忙しい。毎日のように、俺のあずかり知らぬところで大きな問題が発生する。そのたびに、俺は課長として陣頭指揮を執らなければならない。優秀な部下たちが頑張ってもくれるので、なんとか事態を収拾することができる。大きな課題を解決したあとは、それなりに達成感を覚えることもできる。だが…達成感の裏側に、真っ黒な「何物か」がポッカリ口を開けている。その「何物か」の正体はハッキリしている。生きる意 [続きを読む]
  • 寒いはずの季節が暖かかった。
  • かみさんがいなくなってから。数回目の冬がやって来た。かみさんが元気だったころ。俺たち夫婦は、冬が大好きだったはずだ。しかし…かみさんが亡くなってからは、冬が痛い。この季節になると、気が滅入ってしまうのだ。いつもの「訳の分からない不安感」に加え、何故だかとっても物悲しい。これはひょっとすると、鬱症状なのかもしれない。心療内科の主治医から聞いたことがある。鬱というのは気候にも左右されるのだそうだ。だと [続きを読む]
  • もう、どこにも戻れない。
  • 俺が還ることのできる場所。それはいつだって、かみさんの隣だった。かみさんがどこにいようと、俺はかみさんのいる場所を目指した。そして、かみさんの姿が俺の視界に入ったとき、俺は還ってきたんだな…と感じることができた。自分の還れる場所というのは、温かくて、柔らかい。心も身体も緊張から解放されて、安らぐことのできる場所であり、人が無防備になれる場所だ。そこはいつだって、愛情と慈しみで満ちている。そこはいつ [続きを読む]
  • 答えを求めて
  • 俺が生きている限り、俺の人生には「希望」も「期待」もない。かみさんのいない世界には「絶望」しかない。残されているのは、俺の死ぬ瞬間に対する「希望」、そして「死後」に対する「希望」だけだ。俺は死ぬ瞬間に何を見るのだろうか。そして、死後はどうなるのだろうか。俺はかみさんに逢えるんだろうか。俺が死ぬ瞬間、かみさんは笑顔で迎えに来てくれるんだろうか。俺が死んだら、いま一度、かみさんと寄り添い、かみさんと触 [続きを読む]
  • 忌まわしい記憶とともに
  • かみさんが息を引き取る数時間前のこと。かみさんは眠ったまま、「みんな、みんな一緒…」と呟いて、ニッコリと笑った。すでに意識はないように見えたけど、かみさんは「何か」を見ていたのだろう。そして…かみさんは眠るように逝った。かみさんは笑顔で逝った。亡骸は神々しかった。全身が淡い光で包まれているように見えた。・・・俺もいずれは死ぬだろう。だが、かみさんのように、穏やかに死ぬことはできないだろう…と思って [続きを読む]
  • 破壊 (5)
  • 昨日はマッタリと過ごさせてもらった。こんな日が続くなら、俺も少しは生きやすくなるに違いない。そう思いつつ、いつもより遅めに床に就いた。だが、なかなか眠れなかった。なぜだか知らないが、頭に血が上ってきたのだ。ようやく眠れたと思ったら、夜中に何度も目覚めてしまう。中途覚醒するたびに、明日はロクでもない1日になりそうだ…と感じた。12月6日の木曜日。午前5時50分すぎに起床した。心臓の鼓動が速い。呼吸が荒い。 [続きを読む]
  • マッタリ過ごす。
  • 普段の朝と同じであれば、心は重く、身体はダルいはずだ。あの何とも表現しようのない不快感、鬱と哀しみが混ざり合った乱雑な感覚に潰れてしまいそうになる。それでも俺は、平静を装いながら、日常へと足を踏み入れていく。1日が終われば疲れきってしまい、帰宅をした後はグッタリだ。しかし…昨日は違った。12月5日の水曜日。いつもより遅い時間に目が覚めた。時計を見ると、すでに6時に近かった。いつものような不快感はない。 [続きを読む]
  • 乱雑
  • 毎朝5時半すぎには目を覚ます。起床直後の気分は最悪…というほど酷くはない。身体の真ん中がザワザワしてきて、いたたまれなくなるような不安感があるわけではない。また、アイデンティティが溶けていき、自分が崩れていくような感覚があるわけでもない。どちらかと言えば安定しているのだ。その安定感は「普通」という意味ではないし、ましてや「元気」という意味でもないのだが、内側から破裂してしまいそうなほど、感情が膨張 [続きを読む]
  • 俺は地獄の底にいる。
  • よっぽどのことがない限り、休日には外出しないようにしている。仮に外出するとしても、せいぜい近所のコンビニにウィスキーを買いに行く程度だ。街中に出ると、周囲は”家族づれ”ばかりだからだ。だが…12月1日の土曜日は、かみさんの誕生日だった。俺はシャンパンとケーキを買うために、街に出ざるを得なかった。家族たちの間を縫って、独りぼっちで歩くのは嫌いだ。哀しいのだ。切ないのだ。惨めなのだ。そんな気分を避けるに [続きを読む]
  • ポケットの中の容子ちゃん (改稿)
  • 以下は、かみさんと俺との他愛のない会話だ。かみさんが俺に聞いた。ドラえもんの道具の中で、いちばん欲しいのは何?俺はしばらく考えたあと、どこでもドア!と応えた。このブログの中で書いてきたとおり、俺たち夫婦は夏休みのたびに海外旅行をしていた。かみさんと俺の趣味の一つが、海外旅行だったのだ。海外旅行の過程で最も苦痛なのが、「目的地への移動」だった。8時間も9時間も飛行機に乗り、目的地へ移動する…あの鬱陶 [続きを読む]
  • 空虚
  • 悲しいわけでもなく、泣き叫んでいるわけでもない。後悔に苛まれているわけでもなく、罪悪感に蝕まれているわけでもない。もちろん、楽しいわけでもないし、嬉しいわけでもない。ただ呆然としてしまう。心の中が、ほぼカラッポになってしまう。ときおり、そんな時がある。そんな時は、食事をする気力もないし、風呂に入る気力もない。友だちから来たメールに返信する気力もないし、掛かってきた電話に出る気力もない。すべての気力 [続きを読む]
  • かみさんの誕生日 (7)
  • 今日は12月1日。かみさんの誕生日だ。かみさんが元気だった頃。俺たち夫婦は、毎年かみさんの誕生日をお祝いしていた。俺の会社の繁忙期に当たるため、帰宅が午前様になることも多かったが、そんな時は日をズラし、週末などにお祝いをしていた。かみさんの誕生日は、大晦日や元旦、ゴールデンウィークの北海道旅行、夏休みの海外旅行と並ぶ、一年で一番楽しいイベントだった。俺が会社で仕事をしている間。かみさんはワインやシャ [続きを読む]
  • 排除された者たち
  • こちら側とあちら側との間には、とても高くて分厚い「壁」がある。その「壁」は見えないけれど、それは確かに屹立している。こちら側とあちら側との物理的な距離は、手を伸ばせば届きそうなほどに近い。だが、心理的な距離は、果てしなく遠いのだ。かみさんが死んでからの数年間。俺は見えない「壁」を越えようとしてきた。あちら側の人々との距離を縮めたい…と思っていたのだ。そして俺は、「壁」のあちら側に手を差し伸べてみよ [続きを読む]
  • 人生なんて、やせ我慢の連続だ。
  • 生きている限り、辛いことがいっぱいある。やらなければならないことはたくさんあるし、無理をしなければならないことも少なくない。イヤなこと、不快なこと、腹の立つことも起こるだろう。逃げ出したくなることもあるし、厭世的な気分になることもある。人間を嫌いになってしまうこともあるかもしれない。だが、苦しいことばかりじゃない。誰にだって、癒しを与えてくれるモノがあるだろう。誰にだって、守りたいモノがあるだろう [続きを読む]
  • 真夜中の覚醒
  • かみさんを看取った日から約1か月の間。俺は毎晩、ほとんど眠ることができなかった。眠れないというのは、本当に辛いことだ。朝まで一睡もできないというのは、本当に苦痛なことだ。昂った神経が鎮まってくれない。心と身体が異様に張り詰めている。そして…朝まで布団の中で泣きじゃくる。伴侶を亡くしたのだ。たった一人の大切な家族を喪ったのだ。悲しいのは当たり前のことだ。しかし、せめて夜だけは眠りたかった。残酷な現実 [続きを読む]
  • 破壊 (4)
  • 早朝5時半を過ぎた頃だろうか。俺は布団の中で目を覚ます。意識はあるが、しばらくは目を閉じている。真っ暗な部屋の中で目を瞑っている限り、いまだに心は穏やかだ。だが、目を開き、身体を起こして床を出た瞬間、「それ」は必ず襲ってくる。強烈な孤独感とでも言えばいいだろうか。それとも不安感と表現すればいいのだろうか。心臓や胃、腹のあたりに強い違和感を覚えるのだ。全身が小刻みに震えているのだ。心がザワザワするの [続きを読む]
  • 転落
  • かみさんと俺は、お互いに支え合って生きてきた。かみさんに欠けている部分は、俺が補ってあげればよかった。俺にできないことは、かみさんが代わりにやってくれた。かみさんと俺が一緒なら、怖いものは何にもなかった。かみさんと俺が一緒なら、できないことは何にもなかった。俺たち夫婦は万能だった。俺たち夫婦は完全だった。かみさんと俺とは一心同体。そんな二人が一緒なら、全知全能だった。かみさんと俺は、世界のすべてを [続きを読む]
  • かみさんの最期の希望 (改稿)
  • かみさんが亡くなってから、「再婚すればいいんじゃない?」と言われたことが数回ある。どういうわけか、男性から言われたことは一度しかない。俺に対して「再婚すれば?」と言ったのは、女性ばかりだ。男性に比べ、女性の方が薄情だとか、俺の気持ちが分かってないなどと言うつもりはない。女性は女性らしい感性で、ひとりぼっちの俺を心配してくれているのだろう。だが、俺は再婚するつもりはない。俺にとって、かみさんは代替不 [続きを読む]
  • 連休の始まり 〜独りぼっちは哀しい〜
  • 俺の部下の中に、Oさんという係長がいる。俺よりずいぶん年上で、定年退職を間近に控えている人だ。11月22日の木曜日。退社時間の直前のことだった。O係長さんが、周囲の人たちに「今から飲みに行かない?」と声を掛けていた。もちろん俺のことも誘ってくれた。3連休の直前だ。他愛ない会話をしながら、ゆっくり酒でも飲みたかったんだろう。しかし、誰も誘いに応じていなかった。俺も誘いを断ってしまった。前日までは忙しく、 [続きを読む]
  • 共感
  • カール・グスタフ・ユングによれば、人間の「意識」の底には「個人的無意識」が存在している。さらに、「個人的無意識」の奥底には「集合的無意識」があるとされている。この「集合的無意識」は、個人の資質や生育環境にかかわらず、人類が共通して先天的に持っている心の領域だ。ユングによれば、すべての人類は「集合的無意識」でつながっている。通常、意識することはできないが、すべての人々は「集合的無意識」を通じ、いつで [続きを読む]
  • 愛妻弁当をめぐって
  • 俺が今の会社に入った直後のことだった。かみさんが「愛妻弁当」を作ってあげると言ってくれた。その翌日以降、かみさんは毎日のように「愛妻弁当」を持たせてくれた。時には「今日、弁当作るのメンドクサイ(笑)」と言う日もあった。そんな日には「作らなくていいよ」と応えたけれど、それは月に数回程度のことだった。そうだ。ほぼ毎日、かみさんは「愛妻弁当」を作ってくれたんだ。それは、かみさんが癌だと診断される「その日 [続きを読む]
  • 奇跡
  • 11月20日の火曜日。早朝6時半すぎに地下鉄に乗った。出勤するには早すぎる。自宅で1時間くらい、時間を潰してから出勤しても良かった。だが、早朝の自宅の中で、何をして過ごしたらいいのか分からない。休日のように、朝からウィスキーを飲むわけにもいくまい。かみさんへのお供えも済ませてしまい、やるべきことが何にもない。家の中で寛いでいればいいじゃないか…と言われてしまうかもしれない。だが、かみさんを亡くして以来 [続きを読む]
  • 俺は狂気の中にいる。
  • かみさんがいた頃は、土日や祭日が大好きだった。キツい仕事から解放されるからだ。社会的な役割からも自由になれるからだ。そして、何よりも…かみさんと二人で過ごす時間が幸せだったからだ。かみさんと顔を見合わせて、一緒に笑っていられたからだ。かみさんとの絆を再確認し、こんな俺にも守りたいモノがあるんだ…と思えたからだ。こんな俺にも守りたいモノがある…それは、かみさんと俺との長い共同生活の中で作られた、俺の [続きを読む]
  • 安らぎ
  • 死にたい…と思うことがある。消えてしまいたい…と思うことがある。終わりにしたい…と思うことがある。かみさんの後を追いたい…と思うことがある。かみさんのところに逝きたい…と思うことがある。もちろん死んだとしても、かみさんに逢えるとは限らない。そもそも死後には何も残らないのかもしれない。だが、「死後の世界」が無くてもいい…と思うこともある。死は、「生き地獄」からの解放だからだ。死は、かみさんのいない世 [続きを読む]
  • 副交感神経の優位
  • かみさんの生前。俺は比較的、目覚めの良い方だったと思う。目覚めた直後に身体を起こし、すぐに活動的になれたはずだ。だが、今は違ってしまった。いつまで経ってもエンジンが掛からないのだ。身体が重たい。全身の筋肉が弛緩している。心がとても粘っこい。とてもダルくて眠気が抜けない。それでも俺は、毎朝6時前には起床して、かみさんに線香を手向けている。その後はバルコニーに出てタバコを吸うのだが、ニコチンのおかげで [続きを読む]