さすらいの旅人 さん プロフィール

  •  
さすらいの旅人さん: さすらいの海外旅行ブログ
ハンドル名さすらいの旅人 さん
ブログタイトルさすらいの海外旅行ブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/th0517/
サイト紹介文ヨーロッパ(27カ国)、アメリカを中心とした海外一人旅。グルメ・交通など旅行に役立つ情報満載です。
自由文ヨーロッパ(27カ国)からアメリカを中心とした海外一人旅です。
グルメ情報を中心に一番気になる交通事情や観光情報をわかりやすく書いています。
また、免税や外貨両替などお得な情報もあります。
絶対、役に立つと思います。
イチオシ記事は?ニューヨークカウントダウン?北欧?ギリシア(エーゲ海)の記事は必携です。
アジアも含めてこれからどんどん情報を増やしていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供386回 / 365日(平均7.4回/週) - 参加 2010/07/11 16:48

さすらいの旅人 さんのブログ記事

  • セントラル・ハリ
  • ガイドが時間があるということで市場へ行ってみようと。その前に公衆の水くみ場へ連れて行ってくれた。飲料水として飲めるが、温泉水だそうで、硬水とのことで癖があるとか。セントラル・ハリこちらは市場です。中に入ると大きな市場山間部だが、魚がいっぱい並びます。海の魚もあります。このとおり新鮮そのもの旧共産圏の国ではありません。こちらはチーズお菓子やパンバターなどの乳製品も並びます。衝撃!デルタアメックスカー [続きを読む]
  • セルディカ遺跡
  • 旧共産党本部前の地下道に残る遺跡へ旧共産党本部の側に地下へ繋がる道へ普通の地下道にみえますが。ここは古代の城壁都市セルディカ遺跡見事に現在の道路と共存。丁寧に保存され、地下道利用者にも見れるよう解放されております。地下鉄工事の際に偶然発見されたとか。一部はおみやげ売り場やアンティークショップもある。ローマ時代のツボなども展示されています。地下道を出たところに聖ゲオルギ教会衝撃!デルタアメックスカー [続きを読む]
  • ソフィア市内観光
  • アレクサンダル・ネフスキー寺院を観終わった後ブルガリアと日本との国交回復を記念し、日本から送られた桜の木聖ソフィア教会ソフィアの名前の由来となった教会。キリスト教の教会だったが、オスマン朝の支配下にあった時代にはイスラム寺院として使用された。ビサンツ様式とロマネスク様式の初期キリスト教会堂。アレクサンダル・ネフスキー寺院を離れ聖ニコライ・ロシア教会ロシアとブルガリアは同じ正教でも宗派が異なる。市内 [続きを読む]
  • スリランカ旅行のおさらい
  • スリランカは気温は最低25℃最高31℃の常夏で、日本との気温差大丈夫かい(笑)でも大丈夫だった。日程スケジュール食事・宿泊先107:40〜13:20:関西(乗継ぎ)夕刻又は夜:コロンボ着後ニゴンボのホテルへ【ニゴンボ泊】[ ][ ][ ]2午前:ニゴンボアヌラダプーラポロンナルワ途中、アヌラダプーラの遺跡観光【ポロンナルワ泊】[朝][昼][夕]3終日:美しいフレスコ画の美女が絶壁に描かれている、シギリア遺跡と古都ポ [続きを読む]
  • 香港国際空港から帰国
  • これから香港へ向けて飛びます。空港内は写真撮影が禁止。拘束されたら困るので、しませんでしたが(笑)翌朝、香港国際空港に到着。これから朝食は香港グルメを食べにヨンキーのガチョウを撮影。朝なので、あっさりしたものを。池記で海老ワンタン麺を食べる。丸い揚げ物は、さつま揚げみたいなもの。乗り継ぎは6時間もありました。機材はボーイング777こらから搭乗です。機内へ乗り込みます。前回、美味しかったすき焼きでした。今 [続きを読む]
  • バンダーラナーヤカ国際空港
  • かなり早くコロンボの空港に到着。空港内にスーパーが。値段は高くないため、助かります。預け荷物の検査を終えて、チェックイン。空港内は紅茶のブランドが勢揃い噂どおり、ほとんど、値札なし。ムスレナティもありました。街中の2倍以上。キャンティで行ったと言ったら半額にすると(笑)買い物はせずにラウンジへ。ロータスラウンジそこそこの餌はありました。お腹いっぱいだったので、食べず。ジュースだけにしました。ケーキ類 [続きを読む]
  • コロンボでチャイナパワーを確認。
  • 道路が混んで3時間かけてコロンボに到着。簡単なコロンボ観光ということで人気の海岸線へ。スリランカ????国旗が掲げられています。インド洋広大な海、夕陽が綺麗です。噂のスリランカの港借金漬けにされ99年中国が管理している港中国港湾局が開発している都市。かなりの雇用が見込まれると発表しているが、ガイド曰く、地元は大反対してるとか。人や物がきて、偽物が横行したり、安く売ったりして地元の商店は淘汰されるだろ [続きを読む]
  • ペーラーデニア植物園でランチ
  • コロンボに行く前にぺーラーデニア植物園により、ランチへぺーラーデニア植物園は昔のクィーンズパーク。スリランカカレーカレーと豆のフライチキンや麺類ご飯もの。サラダ類スープはなぜか多い野菜のスープ飲み物はマンゴージュースチキン中心。デザート類。アイスクリーム??があるのは嬉しい。アイスクリームとチョコレートムース。衝撃!デルタアメックスカードで無条件にデルタ航空ゴールドメダリオン会員資格が得られなくな [続きを読む]
  • ムレスナティーセンターでセイロンティーを飲む
  • ガイドに連れられてムスレナティセンター小綺麗なお店でした。個別に綺麗に包装されたお茶。葉やティーバッグ、色々とあります。セイロンティーは産地によって香りや色も違ってきます。もともとはコーヒーの産地だったが、病気で枯れてしまい、その後紅茶が広まった。2階でお茶を飲みました。渋味もすくなく、今までに飲んだ紅茶のなかで1番でした。クィーンズホテルこの建物はユネスコ世界文化遺産に登録されています。有名な駅 [続きを読む]
  • ”RAND HOLEE RESORT”の朝食
  • 朝起きて朝食会場へさすが4つ☆一番小綺麗でした。しかし、パンはいまいちでした。フルーツ類、ハエが来ないようにカバーされていました。おかず類ナンやカレー豆類や焼き野菜。ソーセージやフレンチトーストも。こちらはオムレツ。目の前で作ってくれます。今日は炭水化物多目になってしまいました。衝撃!デルタアメックスカードで無条件にデルタ航空ゴールドメダリオン会員資格が得られなくなる。 ご覧になった方は1票の投票を [続きを読む]
  • RAND HOLEE RESORT
  • 夜にホテルに到着ホテルはRANDHOLEERESORT部屋はツインなかなか良かった。お湯が途中から出なくなったが、フロントに依頼すると直ぐに対応してくれた。バス付は有り難かった。夕食はビュッフェではなく、コースメニュー客が少ない為とか。正直、有り難い。メインやデザートは選択出来ました。飲み物はライオンビール。初のスリランカビール。アルコール度数は低い。前菜はチキンスリランカで多かった、野菜のクリームスープチキン [続きを読む]
  • キャンディアン・ダンス
  • キャンディアン・ダンスを観にキャンディカルチャーセンターへこの建物はユネスコ世界遺産に登録されています。キャンディアン・ダンスはスリランカを代表する芸能。幕開けは、ドラムの激しい競演。キャンディ王朝の時代に宮殿内で踊られていた舞いに民族舞踊を組み込んだ物。年に一度の大祭、ペラヘラ祭の時にも踊られる。ファイヤーダンスオイルランプを両手にしたダンサーが登場。いくつもの趣向の違うダンスが続き、それぞれに [続きを読む]
  • ユネスコ世界遺産 聖地キャンディ
  • ダンブッラからキャンディへ向かう途中スパイスガーデンへスパイスが植えられている庭園、スパイスや変な薬が売られている(笑)キャンディに到着。キャンディは標高300メールの山々に囲まれている盆地。ここの食事もバイキング。デザート類、初めてラッシーを飲む。昼食を摂った後、仏歯寺へセキュリティを通った後、本堂へ勿論、こちらも裸足です。本物の象牙。今や取っては禁止、捕まり、ワッパを?にかけられます。こちらが本堂 [続きを読む]
  • ユネスコ世界遺産 ダンブッラ石窟寺院
  • これから岩山の頂へかなりの階段が続きます。ユネスコ世界文化遺産に登録されています。こちらが入口。チケット売り場は下にあるので、買い忘れたら再び降りて買うはめになる。この岩山の頂に石窟寺院がある。ちなみにここも裸足です。ちなみに雨降った時も裸足なのか?と思ったが、幸運にも旅行中は寺院に入るときは雨降らなかった。第5窟まであり、見て回る。第1窟は最古の洞窟で最大の涅槃仏がある。次に廊下づたいに洞窟を見て [続きを読む]
  • ”Hotel Sudu Araliya”の食事
  • ホテルに到着。仏教国なのにクリスマスツリー?夕食メニューは昨日とうってかわって違ったものに。宿泊客も増えていました。デザートコーナーも少し豊富に。アイスクリーム??も登場。でも保冷が効かず、溶けてました。ムースもチョコレートからストロベリーに。レアチーズケーキもありました。翌朝の朝食。大体のベースは一緒。ソーセージがチョリソーからチキンソーセージに。焼き野菜やカレーもあります。ココナッツミルクラ [続きを読む]
  • 仏教伝来の聖地 ミヒンタレー
  • ミヒンタレーはスリランカで最初に仏教が伝えられたとされる聖地ジャングルに眠っていたが、1934年に発掘されて以来、多くの巡礼者が来るようになった。不安定な石の階段を登って行きます。小さい子供まで登っていく。綺麗な景色ですが、勿論、裸足。インビテーションロックからの眺め真っ白なダーガバとマハー・サーヤ大塔緑が続くミヒンタレー続々と登ってきます。仏像はとても綺麗でした。仏教伝来とされるアムバスタレー大塔シ [続きを読む]
  • ゴールデンココナッツ
  • シギリア遺跡を見終えた後ガイドが金ココナッツ食べた事があるか?と。私も初めてだったのですが、ココナッツよりも美味しいとか。確かに癖のない味でした。栄養価も高いとか。ココナッツオイルと同じようにオイルも採れる様で、高価だとか。ランチを食べにレストランへ生野菜は相変わらず、匂う。赤米を始め、ライスが並ぶ。カレーは色々と並んでました。豚のカレーもありました。スリランカらしい付け合わせ。こちらはカレー。ジ [続きを読む]
  • 世界遺産 シーギリヤロック
  • これからライオンの入口から岩の上を目指します。かなりの急勾配な階段。こうみるとかなり急勾配。スリランカは学校がもう休みということで、人が多い。でも半数は外国人観光客。頂上に到達。意外にもあっという間でした。まわりは森だらけ。そうここは王宮の宮殿跡なのです。ちなみに、何故かお坊さんが。お坊さんもサングラスやスマホいじってたりと、意外にもそこまで戒律は厳しくないようでした。これ王のプールこの遺跡が発見 [続きを読む]
  • ユネスコ世界遺産 古代都市シーギリヤ
  • ホテルの朝食スリランカ????は、朝から食事はバリバリホット。チキンレッドカレーにソーセージもチョリソーです(笑)車で1時間超。途中かなり細い道を行き、対向車が来たらギリギリでかわすといった大変な道のりでした。シギリア遺跡に到着。スリランカ????に来たらここに来ないといけません。といってもスリランカ側から見たら、最も行かないと行けない聖地がある。勿論、そこも行ってますが、シギリアではないようです。 [続きを読む]
  • Hotel Sudu Araliya
  • ポロンナルワ遺跡を巡り実はホテル近くにも遺跡の一部があって、見終わったらこんな夕暮れに。ホテルに到着。大統領の弟が経営するホテルとか。ホテルスドゥアラリアウェルカムドリンクはスイカジュースホテルはキングサイズベッドスリランカ????らしいホテルシャワー、トイレルーム夕食はビュッフェでした。ご飯ものが並びます。洋食もありますが。中国を意識した料理が並びます。スリランカっぽいカレー味の惣菜も。結構、好 [続きを読む]
  • 新年明けましておめでとうございます
  • アメンバーの皆様、読者登録してくださっている皆様、いつもblogを読んでくださっている皆様。新年明けましておめでとうございます。昨年はどうも有り難うございました。本年も宜しくお願いします。今年も海外旅行の素晴らしさ、現地の情報等、出来るだけ多く発信出来ればと思っています。今年も皆様にとって良い年でありますように。2019年1月1日 元旦さすらいの旅人衝撃!デルタアメックスカードで無条件にデルタ航空ゴールドメ [続きを読む]
  • ユネスコ世界遺産 古代都市ポロンナルワ
  • ポロンナルワ遺跡群に到着。ユネスコ世界遺産に登録されてます。遺跡地区の入口から東へ突き当たると宮殿跡への入口がある。こちらは閣議場の跡玉座から右側が皇太子、各大臣が並ぶ。一番大きく目立つ円形の仏塔、ワタダーゲここで欧米人が仏像に背を向けて自撮りしていると足早に係員が来て、注意。写した写真は立ち会いのもと削除するよう指示されます。ワタダーゲの向かいにあるのはハタダーゲ、仏歯寺跡。仏像を背にして写真を [続きを読む]
  • スリランカ料理のビュッフェ
  • アヌラーダプラ遺跡を見た後移動中に食事。道路横にあったレストランレストランはビュッフェ形式暖かいので、衛生的に心配しました。スープ類生野菜はやはり、匂いがありました。食べたら特に問題ありません。お米類。米はあまりおいしくありません。細い米かと思ったら、丸い様な米おかず類は火を通してるので安全。やはり鶏肉が一番食べやすい。野菜類はまずまず。中国人に合わせてる様な食事。デザート類低糖質な食事。この旅行 [続きを読む]
  • 世界遺産 聖地アヌラーダプラ遺跡群
  • アヌラーダプラ遺跡群には色々見所があります。スリー・マハー菩提樹勿論、こちらも裸足で入場。多くの人が献花。なんと樹齢2000年とか。インドのアショーカ王の王女がインドのブッタガヤの木を分け木して植樹した。野生の象から守るために作られたとか。下には仏像が。歩いて移動、ここからは靴を履いて移動。12月なのに、うだるような暑さで、犬も道端で寝ております。ルワンウェリ・サーヤ大塔しかし、ここも入場は裸足。暑かっ [続きを読む]
  • ユネスコ世界遺産 聖地アヌラーダプラ
  • 朝数時間かけてニコンゴからスリランカ島を北上聖地アヌラーダプラに到着。勿論、ユネスコ世界遺産に登録されてます。イスルムニヤ精舎実は聖地なので、寺に入る前はなんと裸足でないといけません。涅槃像恋人の像ここは別名ロックテンプル岩の上に作られたダーガバここからはアヌラーダプラ遺跡が見渡せます。岩肌を削って作られた御堂御堂の横にある石像。アヌラーダプラ、ボロンナルワ、キャンディの3都市を結んだ中には遺跡が [続きを読む]