くてくて さん プロフィール

  •  
くてくてさん: くてくてのフォト日和
ハンドル名くてくて さん
ブログタイトルくてくてのフォト日和
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/kute2
サイト紹介文散策して写真を撮るのが好きです。浦和レッズを応援中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供143回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2010/07/14 00:18

くてくて さんのブログ記事

  • 酷暑
  • 暑中見舞い、という言葉が思い浮かばないほど暑い今年の夏。ヒマワリもぐったりです。 [続きを読む]
  • 再開
  • 浦和レッズ、18日埼玉スタジアム2002でのJ1リーグ第16節。J1リーグがロシア・ワールドカップによる中断期間を終えて再開しました。そして私の参戦も再開、というより今年初めての参戦です。試合前、夕日に照らされた雲がゴジラのような、写楽のような、なかなかの顔つきの雲です。試合は3-1で勝利。得点した槙野智章選手と遠藤航選手。W杯おつかれさまでした。ファン・サポーターだけのWe Are Diamonds。入場者数は21,250人。月が [続きを読む]
  • 北浦和か浦和北か
  • さいたま市浦和区の埼玉県立近代美術館に行くときにくぐった大きな門。こちらはさいたま市営の浦和北公園の入口です。緑いっぱい。少し歩くと埼玉県立近代美術館が見えてきました。ここは以前埼玉大学があった、埼玉県営の北浦和公園です。ややこしいですが、浦和北公園と北浦和公園は隣接しているので問題なさそうです。建物の非常階段には、重村三雄さんの「階段」という彫刻があります。今の私には階段を上り下りする「リハビリ [続きを読む]
  • 浦沢直樹展
  • さいたま市の北浦和の埼玉県立美術館に「浦沢直樹展」を観に行ってきました。会場は数か所写真撮影をしていいところがあります。「YAWARA!」の猪熊滋悟郎さんが迎えてくれています。「MONSTER」や「YAWARA!」、「20世紀少年」のともだち。見ごたえのある展示でした。美術館内にあるレストラン「ペペロネ美術館」で浦沢直樹展限定メニューの「猪肉と熊谷野菜の柔らか煮」を食べました。「猪熊柔」ということです。おいしゅうござい [続きを読む]
  • 温室を散策
  • さいたま市園芸植物園内の温室を散策。温室の花らしい、ヘリコニア・ロストラタ。パピルス。古代エジプトでは茎の皮をはいで、紙として利用していました。マンゴー。クダモノトケイソウ(パッションフルーツ)。トケイソウの花は面白い形で好きなのですが、今年は見るチャンスを逃しました。カカオ。レンブ。スターウォーズのダース・モールみたいだ。 [続きを読む]
  • 植物園を散策
  • さいたま市園芸植物園です。アナベルが咲いていました。アメリカの園芸品種されたアジサイです。緑色から白色に変化します。園内の「あじさい通り」のアジサイはもう枯れ始めていました。不思議な形の花はゲンペイクサギ(源平臭木)。 平家の赤旗と源氏の白旗に見立てたそうです。サルスベリ。ラベンダーかな。ハスの花。夏の花が咲き始めていました。 [続きを読む]
  • 移り変わり
  • 白いアジサイかと思っていたらうっすらと水色になってきました。このままか、もっと濃い青色になるか、楽しみです。梅雨明けと勘違いしそうな、高い気温とまぶしい太陽の毎日です。 [続きを読む]
  • 退院しました
  • いつも見てくださりありがとうございます。ご心配かけましたが、先日退院しました。骨がくっつくのは来年春ごろ。それまでは無茶は出来ません。当分は落ちた筋肉を戻していくために、日常生活の中で自主リハビリしていきます。家の近所をゆっくり散策するのがよさそうです。 [続きを読む]
  • 井沼方公園
  • さいたま市緑区東浦和の井沼方(いぬまかた)公園。昔この場所は井沼方村でした。自転車置き場のそばに自転車のモニュメント。公園の向こうには武蔵野線。貨物列車が時間調整のためか止まっていました。大きな木があると思ったら根元をみると数本の木でした。池に島、コガモにユリカモメ。池にいるとは。町の中の公園としては広い、過ごしやすそうな公園です。 [続きを読む]
  • 附島氷川女体神社
  • 見沼通船堀公園の近く、さいたま市緑区大間木にある「附島氷川女体神社(つきしまひかわにょたいじんじゃ)」。創建年代は不詳ですが、1629(寛永6)年以降のようです。大牧氷川女体神社と同じく、宮本の氷川女体神社に関係しているようです。赤い鳥居が立派です。本殿が市指定有形文化財だからか、社殿は柵に囲われています。本殿がちょっとだけ見えました。 [続きを読む]
  • 見沼通船堀
  • 気になっていた見沼通船堀をみてきました。見沼通船堀公園があります。入り口は竹林です。見沼通船堀は1731(享保16)年に開通した、見沼代用水路東縁及び西縁と芝川を結ぶ総延長約1,040メートルの閘門(こうもん)式運河です。見沼代用水と芝川との間に水位差が3mもあったため、それぞれ二つの関を設けて水位を調整し船を上下させました。これは西縁の一の関。手前に西縁二の関跡があったようですが、跡地なので見落としてしまっ [続きを読む]
  • 見沼たんぼからの富士山
  • さいたま市と川口市にまたがる見沼たんぼからは富士山がよく見えます。見沼代用水東縁にかかる大崎橋からの富士山。内野橋近くからの富士山。武蔵野線とともに。見沼みちくさ道路から中に入って芝川第一調節池ごしの富士山。こちらも芝川第一調節池ごしの富士山。自転車でふらふらした見沼たんぼ。電線や建物があるけれど、富士山がよく見えることがわかりました。 [続きを読む]