中峰秀雄 さん プロフィール

  •  
中峰秀雄さん: 中峰秀雄・新ギタリスト日記
ハンドル名中峰秀雄 さん
ブログタイトル中峰秀雄・新ギタリスト日記
ブログURLhttp://hideobach.blog101.fc2.com/
サイト紹介文ギタリスト中峰秀雄の演奏、池袋のギター教室でのレッスン、テクニックのヒント、エッセイなど。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供98回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2010/07/14 20:10

中峰秀雄 さんのブログ記事

  • 風は思い出をささやいた
  • 自宅東金は田舎なので夜になると、涼しい。二階の窓を開けて寝転がると、冷房の様な冷たい風が流れてくる。おのちゅうこう著「風は思い出をささやいた」を思い出した。東生田小学校6年の時、学級図書で借りて読んだ本です。日曜に荻窪の古本屋さんで見つけました。その本の「町っこの冬子」の章に、子供心に共感。当時は、憧れのマドンナがいて淡い恋の日々でした。もちろん告白など出来ないままに、思い出に終わりました。6年新 [続きを読む]
  • 七夕
  • 七夕。。。幼いころ、短冊に願いを書いて笹に結び、翌日、川に流す風習がありましたが?若い方は知らないでしょうね?子供心に「なんで?捨てて良いの?」と疑問でした。これ、公害の元ですよね。今はもう、流さない様子ですが。雨が降ると、「織姫と彦星が逢えずに可哀そう」と想っていました。よく考えると天の川は雲の上。天候に関係なく存在していて、二人は逢えるのですね。むしろ雨は、俗世界から遮断して再会をゆっくり過ご [続きを読む]
  • 初夏の風物
  • 七月に入り、梅雨も明けての猛暑。今年も半分過ぎて、早、、お中元の季節。有り難くも門下諸氏から、お酒他が届きました。昭和の風習?老いて今は頂く、立場になりました。決して物が欲しい訳では有りませんが、     門下諸氏の気持ちが嬉しく想います。あと何年、生きられるやら?頑張る命に感謝の日々。更新に興味有る方は、下記のブログランキングを二箇所 して投票お願いいたします。携帯の方は画像 [続きを読む]
  • Jose Valderramaのギター
  • 自宅教室でレッスン用に、使っているギターは、ブラジルのJose valderrama2001松(トーレスのフルコピー)彼はブラジル時代の私の門下で制作家。2001年5月20日、ブラジル公演の当日に、プレゼントされてその日、コユンババの演奏に使用。(他のプロは総てLuca Waldnerで演奏)音が固く、若い印象は否めなかった記憶がある。あれから、17年も経ってしまった。弾き込みの成果。結構、太く甘い良い音がしている。やはり、松は [続きを読む]
  • 愛器チェック
  • GuoYulong8弦2017と F.Muelle8弦r2010の弾き比べを久しぶりにしました。自分の愛器なので優劣をつける必要はないのですが?状態チェックです。F.Muellerは、瞬発力と低音の響きは、野太くドスが効いています。少しテンションが強く、「よいしょ」の頑張りが必要なのが欠点。GuoYulongはまだ若いですが、超弾き易く疲れない上に、サステイーンの深さ、高音の甘い透明感は、私の理想の音です。F.Muellerの低音とGuoYulongの高音 [続きを読む]
  • 2018W杯
  • サッカー・2018W杯ブラジルを応援・ハラハラしましたが最後の5分で、勝ってくれました。中山氏の解説も楽しかった。選手の繊細な足のさばき、そして走り続けるパワー。演奏と同じく修練の賜物。ホント尊敬します。ブラジルの日々を、懐かしく想い出しました。多分、今日もブラジルでは、町中で歓喜の花火が上がってると思います。更新に興味有る方は、下記のブログランキングを二箇所 して投票お願いいたします。携帯の方 [続きを読む]
  • 楽器と飛行機
  • 愛器F.Muller8弦ギターの弦高調整を9notes勝田氏にお願いしました。F.Mullerは、指板が空洞の独特な工法で調整が超難しいのです。8弦は強度を考慮してか?(6弦は違いますが)ボルトオン・ネック仕様になっていたと判明。今迄8年間、ずっと伝統的工法と思い込んで弾いていました。世間は?飛行機の楽器持ち込み制限による破壊悲劇が続出。今年の始め、バッハギター協会の加藤政幸理事長もKLMで無残に持ち込み拒否 [続きを読む]
  • 生きる事
  • 器楽ソロでの感情のメッセージは、純粋に音のみの世界。歌には詩という物語が介在する。それに、音の伴奏と言う強力な助っ人が加担して文学と音楽の合体となり、心に届き易い。音のみで、琴線に触れる演奏、、肉声による歌上の感動をギターで再現するのは、私の至高の目標。どれだけ歌に負けない演奏が出来るか、、、それは、死ぬまでの課題。最近、明日も、生きていられるだろうか?と、感じる日々、、時間を大事に精一杯ギターに [続きを読む]
  • bagatelles Walton
  • ウオルトンのバガテルの第一番中間部の、65小節目からのカンタービレのなんと美しい事。これぞギターの醍醐味。言葉による詩に頼らなくても、音だけによる感情のメッセージ。初めて聞いたのは、遠い昔、ブリームのレコードだった。自らの手で至高の旋律を奏でる時木と弦の振動から生まれる生音の、美しさ。。。その体感やはり、録音、動画では再現しきれない、生きた世界がある。更新に興味有る方は、下記のブログランキングを二 [続きを読む]
  • テクニック維持の為のレパートリー2
  • 1指の斜めセーハ(③ラを押さえながらセーハ1して①のファを押さえます)ジュリアーニの大序曲。これも、アルペジオ、スラー、オクータブと、必修基本テクニックに溢れた曲です。好き嫌いは別に、習得しておけば、テクニックは明確に上達します。中間部のアルペジオは、ボサノヴァではよく使う斜めセーハのテクを使えばフレーズ途切れず楽勝ですね。ご存知の方も多いと思いますが、知らなかった方はお試し下さい。テクニック維持 [続きを読む]
  • 中級者・テクニック維持の為のレパートリー
  • (初級の方は、焦らず、しっかりと基本を学習して将来、役立ててください。)3本スケールを習得するには、トレモロが必修です。多くの皆様が、一度は弾く、タレガのアランブラの想い出。この曲、初めて聞いた感動を是非、思い出してください。往々にして一旦、学習するとその曲の価値を見下す傾向が有るようです。アランブラを完璧に弾けば、感動しない人はいないはず。弾けてるつもりが、一番哀しいですね。爪のノイズの入る演奏 [続きを読む]
  • 真夏の果実
  • もうすぐ、夏が来ますね。夏の思い出は、皆様それぞれ。。。僕は一昨年はエアコンが壊れたたり、更に遠い昔十代のころは、初恋に破れたり、、、いろいろ、ありました。。。今更ながらこの、サザンの才能、「真夏の果実」深いと感じます。このカヴァーのUru様も、素晴らしく心に響く声です。感動的な歌詞にたよらず、ギター一本でこの情緒を表現出来るか?アレンジ進行中です更新に興味有る方は、下記のブログランキングを二箇所ク [続きを読む]
  • 聖人、ムヒカ
  • 夏日と思えば涼しかったり、相変わらず気候が不安定です。皆様は、お元気でしょうか?このところ、考える事、多くご無沙汰しました。八月に、バッハギター協会訪中が決定しその事務処理に追われていました。「世界一、質素な大統領」と言われた ム・ヒカ氏の生き様、そして言葉に再度感動の、この頃です。政治家とは、こう言う人がなるべきもの。詭弁ではなく、自分の幸せをしっかり見据えて生きなければもったいないですね。更新 [続きを読む]
  • オケ老人
  • 嘘、権力の横暴がまかり通る、今日。そんな中で、音楽に生きれる幸せを再認識出来る、映画を見た。「杏」の魅力も手伝って、今更ながら音楽の喜びを教えられた。金権崇拝の世の中ビジネスとしては、報われる事の少ないクラシック音楽。それでも、好きな事に変わりはない。心の糧・音楽に溢れて生きられていれば、それは大きな幸せなのですね。初めてアルハンブラの想いでを聞いて、感動した遠い昔。あの純粋な心 忘れちゃいけない [続きを読む]
  • 命短し
  • 昭和のスター西城秀樹が逝ってしまった。合掌。僕と一つ違いなので、身につまされる想い。遠い昔、足の長いカッコ良いやつだな!とレスペクトしていた。映画「生きる」の挿入歌・ゴンドラの唄を、想い出した。今の時代、100歳までと?言われているが?生きるとはただ、息をするだけではなく、自分の天命に燃える事。その為には、健康第一、そして時間を無駄にしない。人を傷つけることなく自分を大事に、残りの人生を音楽に燃え [続きを読む]
  • Guoyulongダブルトップ新作
  • 門下の為のオーダーGuoYulongギター今日、無事に日本上陸。制作家と友達になると違います!!いつもどおり、超堅固な梱包でパーフェクトな状態です。仕上げも音も、バッチリでした。来月また自作品新規オーダーをします。楽器に興味のある方は、遠慮なくメール等でお問い合わせください.。更新に興味有る方は、下記のブログランキングを二箇所 して投票お願いいたします。携帯の方は画像と言うアイコンを してくださ [続きを読む]
  • 留学生入門
  • 中国から、蔡嘉宇君23歳が入門しました。彼は中国ですでにデビューしている上級者。初日は、ビラ・ロボスの「練習曲第一番」、ロドリーゴの「祈りと踊り」のレッスン。ビラ・ロボスは、既に学んでいたが、僕のレッスンで超快速に弾けるようになりました。ロドリーゴは初めてながら、凄い集中力で理解し、初日で祈りの部分をクリアしてくれました。初回なので、指導する私も大張り切り。ブレイクタイムには、彼のレパートリーの補 [続きを読む]
  • レッスン
  • 連休も終わり、平常のレッスンの日々です。温度が不安定な毎日ですね。体調崩さずにがんばりましょう。今日から、有望な留学生が入門します。異国から、単身で頑張る一途な若者。才能の開花に全力をつくしたいと思います。更新に興味有る方は、下記のブログランキングを二箇所 して投票お願いいたします。携帯の方は画像と言うアイコンを してくださいね。音楽ブログランキング投票 にほんブログ村ブログ村投 [続きを読む]
  • 休息
  • コンクール、国際講習会、国際会議と連続で仕事をして5日からやっと休息が出来ます。今年は国内演奏会は入れていないので少し楽ですが。健康第一に、充電中です。更新に興味有る方は、下記のブログランキングを二箇所 して投票お願いいたします。携帯の方は画像と言うアイコンを してくださいね。音楽ブログランキング投票 にほんブログ村ブログ村投票 ありがとうございます。。^・^/ ギターをは [続きを読む]
  • 第9回J.Sバッハ国際ギターコンクール終了
  • 舞台から見た。ブラインド審査の会場。衝立の後ろに審査員は座ります。第九回バッハ国際ギターコンクール、ハイレベルで終了しました。今回も、予選はブラインド審査なので、本選に進まれた方、以外は、打上げの懇親会でコメントを求められた方、以外は誰か今も判りません。二次予選に関しては、私の採点では、上位6人までが一致しました。7,8位は微妙で難しい判定でした。ソルのop6-6を、きちんとアレグロで弾くのと、遅めに [続きを読む]
  • J.Sバッハ国際ギターコンクール
  • 温度が不安定な毎日ですが、皆様お元気でしょうか?もうすぐバッハ国際ギターコンクールです。今回、審査員の洪再添先生が中国から、五人の教授を連れて訪日されます。30日に、私と加藤政幸先生がその教授陣の皆様に独奏の講義をする事になっています。急遽に、中国語を学習し始めたところです。まだ、初歩の段階ですが発音の難しい事。ポルトガル語にも、日本語にも英語にも無い発音があります。日本人の名前も漢字に関しては、 [続きを読む]
  • 中峰秀雄ギター教室発表会
  • 21日・北とぴあ・ペガサスホール14:00 第38回発表会。今回は、少ない参加ですが、精鋭有志で頑張っています。噂の名器、Guo Yulong。大手君がGuo Yulong8弦で演奏します。菊池君のダマンとの聞き比べも一興。是非、聞きにいらして下さい。第一部1 加藤宏幸 J.S.Bach国際ギターコンクール予選課題曲 ☆Etude op6-6       F.Sor2 服部貴幸 J.S.Bach国際ギターコンクール予選課題曲 ☆Etude op6-6      [続きを読む]
  • 想い、無情
  • 発表会、バッハコンクール、そして中国ギター界から洪再添先生と共に来日する教授陣への講習会の準備。国際通信、電話中国語の文字変換の難しさ?等々多忙の日々。啼ける、動画に遭遇。「いつまでも、、いつまでも そばにいる と 言ってた。。。      あなたは、嘘つきだね、わたしを  おきざりにして、、」この詩、、、心にしみる。人は(私は)何故、哀しい歌を好むのだろう?生きることの大半は我慢の連続だから。そ [続きを読む]
  • ソルOp.6-6攻略法
  • 第9回J.S.Bach国際ギターコンクールまで、残り僅かになりました。参加者の皆さんは、最後の追い込みに奮闘されていると思います。残りの日々の練習方法。まずは、セミファイナルを突破しないと、バッハ、そして自由曲を披露出来ませんね。ソルのop.6-6。即座に技能が露呈する、明快な課題曲だと思います。三度の響きをクリアに、そして和音変化がスムーズに、ダイナミックレンジを駆使した演奏が期待されます。(そんなの、分かっ [続きを読む]
  • 中峰秀雄ギター教室発表会
  • 今週、21日・北とぴあ・ペガサスホール14:00 第38回発表会があります。今回は、病気等で少ない参加ですが、精鋭有志で頑張っています。噂の名器、Guo Yulong。大手君がGuo Yulong8弦で演奏します。菊池君のダマンとの聞き比べも一興。是非、聞きにいらして下さい。第一部1 加藤宏幸 J.S.Bach国際ギターコンクール予選課題曲 ☆Etude op6-6       F.Sor2 服部貴幸 J.S.Bach国際ギターコンクール予選課題曲 [続きを読む]