Yotan さん プロフィール

  •  
Yotanさん: バイクファン
ハンドル名Yotan さん
ブログタイトルバイクファン
ブログURLhttp://bikefan.blog28.fc2.com
サイト紹介文愛車BMW、ヤマハバイク、さとやまツーリング倶楽部のサイトです。
自由文バイクとオーディオ、ジャズ、写真、ツーリングに関するブログです。特にビンテージバイクのレストアが好きでそれに関して詳しく書いてます。あと、スローフードや男の料理などについても書いてます。良かったら寄ってください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供90回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2010/07/14 21:37

Yotan さんのブログ記事

  • これはいい。ミツオカのコルベット
  • ミツオカ自動車の戦略はとてもおもしろい。ベースがマツダロードスターだけど、そのデザインの特徴を十分に活かして全く新しい?車を作り出している。これで426万円の価格だったら売れるだろうな。オリジナルのロードスターより、いいデザイン。バッチシハマっている。オリジナルデザインの無理のある前後フェンダーの作りがコルベットのデザインにピッタシマッチしている。この車を作るためにあるような特徴。ヘッド [続きを読む]
  • かっちょいい、欲しい。でも。
  • 新型ボルボV60が来たということで早速試乗してきた。試乗したのはV60インスクリプションT-5という高出力モデル。乗ってみた感想はデザインも乗り心地もインテリアもエンジンも全て素晴らしい。静かだし、ロードノイズも殆ど聞こえない。トランクもV40よりかなり広い。ダッシュボードは直線的でとても見切りが良い。安っぽさは微塵も感じられない。シートは革で座り心地が良く、とても上品。そしてコネクテッドカー仕様。これ [続きを読む]
  • セロー225のメンテナンス
  • このところしばらく乗っていなかったセロー。キャブレターのダイヤフラムの樹脂部分が長年の経年劣化で亀裂が入っていた。イグニッションコイル、ダイヤフラム、プラグを交換して調子が戻った。部品代約1万円。工賃は自力のため、無料。バイク屋さんへ持って行くと相当工賃取られると思う。なにより、修理を受けてくれる工場があるのだろうか?25年で外観は新しく見えても、パーツ自体はかなりくたびれてるなと感じた次第。 [続きを読む]
  • 新型刀が発売
  • スズキさんも温めていたテーマを満を持して発表してきました。この車を懐かしんで買う人はもう還暦を超えているかもしれませんね。デザインはオリジナルのラインを踏襲し、モダンにしたようなフォルム。ややラインが多くて複雑な印象があります。単なるオマージュではなく、LEDライトや狭くなった車幅など、テクノロジーの恩恵もデザインに活かされています。ただ、もっと斬新に、もっと鋭敏に、造形は遊んでほしかったと思います [続きを読む]
  • EOS R デビュー、で。
  • 満を持してキャノンからミラーレスフルサイズ一眼レフが発表された。無音、3030万画素は多少魅力的であるが、どうも触手が動かない。これまでのEOSシリーズとデザイン的にどこが違うんだろうか?このデザインでは新しいユーザーを獲得しそうもない、コンサバな出で立ち。真っ黒ボディに赤ベルト。新鮮さなどかけらもない、フツーのカメラのステレオタイプ。がっかりです、キャノンさん。デザインは時代の風を読んで常に変わるべき [続きを読む]
  • 大丈夫という会話
  • 最近の若い人がよく使う「大丈夫」という言葉。ずいぶん便利な言葉で「OK」とも取れれば、不要という意味もある。つまり、「いりません」という会話なのです。だから、「大丈夫です」という言葉はとても便利。また近頃、弊社のインスタの書き込みに「エモい」音楽という言葉使いがあった。「エモい」=エモーショナルな、心が動いた、感動的なという意味がある。エモい音楽=感動的な音楽という意味だそうな。 [続きを読む]
  • コーヒー焙煎体験
  • 僕的には陥りそうな趣味、コーヒー焙煎。煎り方や温度加減で味に影響しそうなさじ加減。国や産地によって豆の濃さもまちまちで面白い。うんちくを垂れるより、さぁ飲んでみなってね。コーヒーのフレーバーがなんとも言えず好き。 [続きを読む]
  • キング・クリムゾンがやってくる
  • 今年、なんと結成50周年を迎えるキング・クリムゾンが来日することになった。僕たちおじさんはなんとも言えない郷愁を感じる。眼の前で宮殿を演奏してもらえるかも。21st century sckizoid manをやらかすかもしれない。SS指定席20000円、S指定席16000円、これもおじさんを狙った価格設定。金に糸目はつけないところをついたなんともえげつない売り方。国外では考えられない価格設定。でも予約してしまった。 [続きを読む]
  • アウディ初のEV、クロスオーバー「e-tron」
  • EV車の選択は日本の道路事情にピッタリだと筆者は思っている。日本では多く見積もって高速を使い一日5〜600キロ走破が良いところだと思う。そして欧州のように1日1000キロを走る人が大勢いないことが大きな要因。欧米では一日1000キロが大きな節目なので、いわゆる満充電400キロでは途中2回休憩が必要となる。しかも時速200Km前後を維持することが要め。アウディのデザインは格好いいと思うが、もう少しEVに特化したデザインであっ [続きを読む]
  • 僕はここが我慢できない
  • フィアット500のナンバープレートの横のほくろのような点4つ!これは欧州用の細長のプレートをボディにダイレクトに止めるための穴にそれを塞いでいるゴムの黒いブッシュ。せめて車体同色としたい。コストダウンかもしれないが、これはいただけない。単にもう一枚各国に合わせたベースプレートを作れば良いだけの話。たくさん日本で売れている車だけに、そのくらいのコストを惜しんではいけないだろう。 [続きを読む]
  • タレ目じゃなくなったかな?
  • 車も顔が大事ということでヘッドライトを替えてからちょっと広い所で写真を撮ってみた。以前よりはタレ目の感じがなくなったと思う。ブラックは顔が引き締まる。その後ふらっと金沢21美へ友達が出展している作品展を見に家内と出掛けた。まだ幌をオープンにするには蒸し暑過ぎた。絵や書画を見ると一瞬にして心が平和になる。 [続きを読む]
  • ドイツ人と労働
  • 今の著者の会社は従業員が家族以外にいないけれど、以前は5人いた頃もあった。小さい会社だから就業時間に社員を縛るのではなく、結構ゆるい労働体制だったと思う。子供の授業参観や運動会、伴侶が風邪をひいた時や、家族旅行など、申告さえしてもらえば一ヶ月の労働時間などどうでも良かった。こんな事を書くと労働基準局から目玉を食らいそうだが、日本の雇用はまず先に労働がある事が原則。欧米では逆に家庭が優先させられる。 [続きを読む]
  • 松雪泰子はどうですか?
  • 松雪泰子、年齢を重ねていい感じの熟女になった。連ドラを見ていると、なんとも言えない色気が漂う。それから中村雅俊をもっと登場させてほしい。彼が全編に渡り、歌を歌った回が一度あったが、胸がジーンと来た。孫に歌を聞かせるシーン。NHKさんもう一回お願い。 [続きを読む]
  • ボルボのトールハンマーヘッドライト
  • V40クロスカントリーが車検なので、(もう車検!)代車を借りたら同じV40のインスクリプションだった。機能的にも装備的にも全く同じ車なのでびっくり。今年登録の車だから、ヘッドライトだけが新しいボルボのトールハンマーデザイン。黒ボディとトールハンマーデザイン、クロスカントリーではないので、スキッドプレートがなく、おとなしくて上品なデザイン。悪くない。トールハンマーデザインはとてもインパクトがあり、新しい時 [続きを読む]
  • アウディQ3 二代目!
  • なかなかグッドな外観だと思う。分厚く単調になりがちなサイドビューを変化をもたせてまとめている。また、多角形のモチーフを採用し、フロントグリルやエアインテークなど、これまでにないアウディのデザインモチーフを用いて、新鮮さを出している。寸法は全長×全幅×全高=4485×1856×1585mmで、先代よりも97mm長く、25mm幅広く、5mm低くなっている。日本の普通乗用車の規格、1700mmを大きく超えた車幅は狭い日 [続きを読む]
  • 老化? 耳鳴り、中耳炎
  • ここ1週間ほど、耳鳴りが激しく、右耳から寝ている時以外は蝉の音や水道の音のようなものが聞こえる。思い立って医者へ行ったら、中耳炎と診断された。以前、同じ医者へ耳鳴りで診療に行った時、「この耳鳴りは老化によるもの」と診断された。流石に対処のしようがなかった。今回、ポコポコとかザーザーとかいろんな音が聞こえるので、これは違うと思ったら案の定、中耳炎だった。もらった薬を早速飲んだら睡魔に襲われ、不覚にも [続きを読む]
  • エンジンを運ぶクルマ?
  • 全長4.1m、1.4トンのボディに直列6気筒3リットルエンジン。小さなキャビン。大袈裟に言えばエンジンを運ぶための車。デザインは発売から15年経ったクルマとは思えないモダンな佇まい。先日取引先にこのクルマに乗って行きましたが、暑くて幌が開けられなかったです。しかし幌を閉じた状態でも快適な走行を満喫できます。電気自動車もいいけど、内燃機関はやはり楽しいですね。 [続きを読む]
  • 一日2食は体に良いか?
  • 筆者は一日二食に変更して約1年が経ちます。朝食は取りません。理由は身内に癌患者や糖尿病が多いこと、男達は早死傾向にあることが挙げられます。また癌は糖質を栄養源に増殖することから、炭水化物を制限しています。従って、ほぼ米やパン、麺類は食べずに3年間を過ごしています。お陰で血糖値の上昇や癌の発覚もなく、体調はすこぶる良いです。糖質オフと合わせ一日二食の理由としては脂質やタンパク質は消化吸収が遅いという [続きを読む]
  • 一応よしとしよう。
  • BMWの車両はバイクも含めCANBUSという自己診断装置がついていて、電球の球切れなどを検知してメーターナセル内に表示することになっている。それが純正ではないLEDやHIDバルブを装着すると、警告灯がつく仕組みになっている。今回その警告灯がついたりつかなかったりする症状が出る。キャンセラーも同時発注して取りつけてみたけど効果なし。原因は分からないが動作的には問題ないので、バンパーを取り付けてとりあえず走りだして [続きを読む]
  • Z4のイカリング取り付け
  • イカリングヘッドライトを取り付ける前にテスト点灯した。なかなか良い感じ。これなら昼間でも目立つこと間違いなし。眉毛はスモール点灯でこんな雰囲気。ポジションランプに白いカバーが付いているので、なんとなくオレンジっぽい。これもブルーなど涼しい色に挑戦してみたい。職業柄、デザインで遊ぶのが癖になっている。あとはLEDバルブが届いたら、バルブを入れ替えバンパーを取り付けて作業終了。 [続きを読む]
  • Z4のヘッドライト交換
  • 前々から気になっていたことだが、Z4のヘッドライトの黄ばみをなんとかしたいと思った。最後のあがきでレンズを磨き倒してみたが、改善が見られず、今回ヘッドライトユニット交換に踏み切った。おしゃれクルマは見た目が最重要ということで。バンパー外しは特に問題なく行えた。しかしランプの交換は選択肢がありすぎて悩んだ。交換前の純正ハイビームはH1のハロゲン、ロービームはH7のHIDがついていた。しかし純正のHIDの移植がで [続きを読む]
  • 趣味のドイツ語
  • 「笑うときにも真面目なんです」なんだかしっくりこない。「笑うときも真面目なんです」が、日本語らしくていいと思った。マライさんは過去にテレビドイツ語の講師をしていたり、今はパックンのニュース番組にも出演していて、親近感がある。筆者は趣味でドイツ語を習っている。ただ、ドイツ語は文法的に相当タフである。分離動詞や格変化が複雑で覚えることがいっぱいある。また、名詞に性がある。やたら単語をひっつけて長い単語 [続きを読む]