woody-aware さん プロフィール

  •  
woody-awareさん: めも。woody-awareのヤフーブログ。
ハンドル名woody-aware さん
ブログタイトルめも。woody-awareのヤフーブログ。
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/woodyaware
サイト紹介文本来は小松左京さんと一般文学論について考えるブログでしたが今では様々な事何でも有りに成って居ます
自由文 本来は小松左京さんと「一般文学論」について考えるブログでしたが今では様々な事何でも有りに成って居ます。
 日々思う事、或る特殊な講義、マンガ、空の写真など、様々な事を提供して行きます。とても長文なので其の辺は知って置いて下さい。
 今の目玉は「うっでぃの講義録」かも知れません。
 出来るだけ毎日更新は続けて居ます。若し長〜い文章が読みたく成ったら、お出でに成るのもよいでしょう。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供624回 / 365日(平均12.0回/週) - 参加 2010/07/16 17:41

woody-aware さんのブログ記事

  • 獣になれない私たち#02
  • 獣になれない私たち#02  深海さんグレた説(byイメージ昭和w)で始まった今回冒頭依り、新垣結衣の状態留まりません。ハァ?どう成った此の話社長「グレた」発言=「昭和」wイメージ笑い過ぎ。登場人物皆どう成るの? 上野契約書持った儘休みでコマッターーーーーぁ、どうなする? いろいろ。いろいろ有るわ。深海さん何でか元派遣で行ってた会社に、。 呉羽さんは呉羽さんで色々有るな。 で「出世」か?出世?そう [続きを読む]
  • 「労」と「苦」は別のもの。
  • 「労」と「苦」は別のもの。  労苦って言うけど「労」と「苦」とは別のもので有る。 「労」は楽なものも有るし「苦」に成るものも有る。日本人に取っては労は快楽や娯楽に成る事だって有る。仕事をして居る人に取って全ては、労働が「苦」に満ちて居る訳では無いだろう。  「労」と言うのは何等かの機能を有するものだ。何かを実現する時のもので、苦は必要では無い。苦は必要限りに於いて発揮されるもので有って良く、何も「 [続きを読む]
  • 苦を遂げて楽と為す。
  • 苦を遂げて楽と為す。  此れは「労働の事」だなぁと思う。 苦を抜いて楽を与える、と言うのが「慈悲」(仏教)の意味何だけど、「苦を遂げて楽と為す」と言うのはひょっとしたら労働の事何じゃ無いだろうか。 苦無しの生活と言うのは一般に遂げられるものでは無い。人間の始まりには先ず渇欲と其の克服が求められる。食鬼餓鬼と成し其処から開放される事をマズローの自己実現発展説は基と成すが其の事からも此の事は導かれる [続きを読む]
  • ラジコ・プレミアム。
  • ラジコ・プレミアム。  かなり久し振りにパソコンでラジコ・プレミアムを聴いて居る。プレミアム会員なので日本全国の参加ラジオ局が全て聴ける。今は東京のTBSラジオだ。現在地は高知県からで有る。  パソコンでラジコって言うのは結構負担が大きくて、と言うか一々タブを起こしたり消したりする事が普通必要なので其の操作をするのが面倒に成ってしまう。うーむ、あんまり聴く事も無いのだが偶にはと思って携帯電話合併支 [続きを読む]
  • 県立大学に関する或るモデル的集落の場合の思索思考方法に付いて。
  • 県立大学に関する或るモデル的集落の場合の思索思考方法に付いて。  非常にモデル的な「夢」を見てしまった。「実夢」で有る。 或る集落は基本を「3」とする単位で成り立って居る。例えば坂を巡っては「向こう集落・中集落・近い集落」の3つの集落に分類される。其処は農業を基本と成し、其の物産で基本単位を賄って居る。農業の産業的基盤は此の「3集落」及び海浜の向こうに陸橋を繋いで成立して居る「沖合集落」を含めて [続きを読む]
  • 獣になれない私たち#01(続き)
  • 獣になれない私たち#01(続き)  うーん、此れは今「民放テレビにやれる事」への藻掻きと挑戦なのかな、とふと思ったし感じた。どう感想を纏めたらいいか理解ら無い。主人公の深海さんをどう見どう捉えるべきだろう。次回からがどう成るのか、黒木華も混じえて主人公達が一体どう成って行くのか見ものです。 此れは「逃げ恥」程のブームには成ら無いだろう。だけれども、其の分、又女優新垣結衣と脚本家野木亜紀子さん達の [続きを読む]
  • 様々な非常識の常識に付いて。
  • 様々な非常識の常識に付いて。  まぁ考えてみたら、実に疑問な事に疑問が無く存在して居た訳で、私が関係者でも無いのに、日蓮系で「日蓮」とか「日蓮聖人」とか「日蓮大聖人」等と言う呼び方にさらさら関係する事は無いのだな、と思った。大石寺派の言う「身延派」と言う言い方何たらにもそう言う事は言えて。 此れ、思ってみると人を人間として扱うのでは無く例えば、マルクス主義者がカール・マルクスを「マルクス・ザ・グ [続きを読む]
  • 理性ストックの話。
  • 理性ストックの話。  理性とか感性とか意志性にストックは果たして出来るので有ろうかと言う事から考えると此れは普段の営為から出来ると判断する。日常の中で情緒性が情緒の観点から訓練(情操教育)が出来る様に、此れは意操・理操と言ったものも教育で訓練出来「体操」の様に行動し普段から行動付けて置く事が選択肢として出来ると言う意見としてだ。 そう言う風に理性ストックとしての理操、意志ストックとしての意操、情 [続きを読む]
  • 理性・知能、意志・意欲、感情・情緒のバランス。
  • 理性・知能、意志・意欲、感情・情緒のバランス。  本来「バランス」等無い人間心理の3者かも知れ無いが、「知情意」の3者のバランスが取れる事は最もプラトニックな人間哲学の初歩として或いはアリストテレス的なものとして長く愛されて居る考え方で有る。  此の内、誰もが知能知性に恵まえれて居る訳では無い。理性的では無い場合も見受けられるだろう。意志の力が強烈に強くて生活を制する、と言う事だって有るだろうし、 [続きを読む]
  • 共産主義エゴイムジーに付いて。
  • 共産主義エゴイムジーに付いて。  昔、高校生の頃だが共産主義を齧った事が有る。正確に言うと高校で知り合ってしまった先輩から共産主義への誘い掛けが有り、其の事を知らぬ儘「日本共産党」の事も意に解からぬに其の下部組織で有る「民青」(日本民主青年同盟)に加盟してしまったので有る。  一言で言うが「政治結社」の其れは「宗教結社」の其れ程緩やかでは無い、詰まり「鉄の規律」で治められて居ると言った方が正しい。 [続きを読む]
  • 顕正会の事に付いて。
  • 顕正会の事に付いて。  考えてみれば大石寺派(創価学会も本来は此の流れに沿う)じゃ無くてもいいんじゃ無いか、と言う事は考えられる筈でそう言う考えで行くと顕正会が抑々立脚して居る地点と言うか足場は揺らぐと言う気がする。其の意味では元大石寺派(富士山麓派)の日蓮「正」宗と名乗る原理主義の一派には問題が有るのでは無いか。其の「原理主義」から一定の変形を行って居る現在の創価学会の立場は別の見方を一部採る [続きを読む]
  • 臨床心理士系の科目。
  • 臨床心理士系の科目。  昨日は10月2日で火曜日だった為放送大学学習センターで不要に成った教科書や序でに専門雑誌類の古書の利用者(学生等)への放出が有り其れを電車で受け取りに行って居た。目当ては特には大学院科目の『臨床心理学特論(‘11)』だが他には3冊迄だった為内容バランスを取って情報系専門科目の『コンピュータの動作と管理(’13)』や関心が有った為外国語系『初歩のアラビア語(‘11)』を選ん [続きを読む]
  • 死。
  • 死。  人として生きる成らば、必ず其の果てには死が有る。 例え人としてで無くても、死は生存したものを必ず追う存在状態で有る。 若しも死に痛みも何も無いとすれば人に死を恐れる事は無く成るだろう。死は徒に遠い存在では無いからだ。死生観或いは死観と言っても良いが死は難しい存在状態では無い。極普通の人間が死に消える、極普通の当たり前の事だ。私も消える、其れは間違いが無い。 良く生存とか死とか言うが考えて [続きを読む]
  • 経営を志すなら。
  • 経営を志すなら。  あひー、未だ簡易会計ソフトの使い熟しが出来て居無い、ま、いいか、此れは又練習して置く(猛特訓)として。 自分のビヘイビア(行動)が一体どの様に経営と直結して居るか其れを貸借対照表(B/S、資産・負債・資本(純資産)・当期純利益or当期純損失)と損益計算書(P/L、費用・収益・当期純利益or当期純損失)等の2つ以上の「財務諸表」(キャッシュ・フロー計算書等も含む)の考え方で捉え [続きを読む]
  • 時も更に経費(費用)や収益、資産・負債・資本として。
  • 時も更に経費(費用)や収益、資産・負債・資本として。  色々考えるなー。時間でさぇも今と成っては会計簿に載せるものだ。 若し架空の計算書とか有ったらもっと「多次元」何だろうな。簿記は立体的にもっと「工夫」を重ねて考えねば成ら無い。「自分をプラスにする」と言う事が最もな「問題」や「課題」だ。そんな事今じゃ考えちゃうよ。  「時」は何時迄有るか判ら無い「予定表の無い資産」だ。だが、55歳に迄成ると流石 [続きを読む]
  • コピペを間違う。
  • コピペを間違う。  うーん、経営塾の表計算ソフトウェアに下手なコピペをして壊してしまった為に、正解が出せ無い様に自分でしてしまってたらしく(いや其の通りなのだが)答え間違えてました。ひー、やっちまったぃ!まぁ其れでも「問題」に気付か無かった事が問題の根本で、私が「要求されて居る答え」をきっちりと知って居無かった(コピペ任せにした)のが一番の大事な事でした。でも此れで今迄分から無かった一寸した「原 [続きを読む]
  • ハヤカワSFコンテスト。
  • ハヤカワSFコンテスト。  第7回「ハヤカワSFコンテスト」の募集が始まって居る。締め切りは来年3月31日の様で原稿用紙400字詰めで100枚〜800枚だそうだ。 ん、と言う事は4万字〜32万字位のものかぃと思うのだがそうだなぁ、気紛れで退屈な毎日を送って居る位ならあと6か月だがこんな事でもした方がいいかなぁと思う。ま受賞する予定は全く無いですけどね。書いてみてもいいかと思う。元々物書きはしてみ [続きを読む]
  • 人間と成長自己実現と退縮の問題点。
  • 人間と成長自己実現と退縮の問題点。  マズローの人間観察から来た心理状態の発展論は取り立てて難しいものじゃ無く普段一般に見られる事では無いだろうか。其の一方で人間は脆く容易く退行縮小へと崩壊もし易い存在では無かろうか? 動態的に見るにはマズローの心理学に付いての原著を調べ無ければ成ら無いが、だから簡単には即断出来る事では無い。人間に付いて、其の「実測」に付いて、私達は学びを得て居る訳では無いから [続きを読む]
  • 更に其の前の簿記に付いての記憶。
  • 更に其の前の簿記に付いての記憶。  考えてみたら2011年に簿記と会計学をやり始めただけでは無かった。もっと先例は其の前にも有ったのだ。 二十歳以上頃の事だから1983年以降と言う事に成るが知人(元中学校の同級生)が自分で学ぶ事として当時の土佐情報経理専門学校(現在のTIAC)に簿記を学んで居たというのを思い出した。パソコンに掛けても早い人で其の上日商簿記3級は合格した様で2級にも挑戦して一寸苦 [続きを読む]
  • 仕事と経営独立。
  • 仕事と経営独立。  仕事の事で困って居無いかと言えば、うちを大黒字にする事で大変極まって居ると言うのは確かで有る。障害者施設の黒字化は確かにきつい問題で有る。従来の仕事の伝統と併せて新規開拓を狙えれば良いが、そう市場開拓は儘成るものでは無い。 障害者としての立場でもの言える事は少ないがだからと言って障害者雇用も伝票整理等からエクエルVBAに依る売上内容解析等は重要な仕事の今後の展開に繋がって居る [続きを読む]
  • 「台風経済」と言われた頃の高知県と、依り安定した経営基盤を求めて。
  • 「台風経済」と言われた頃の高知県と、依り安定した経営基盤を求めて。  話は1970年代半ば迄の高知の話に成るが当時高知は良く「台風」が通過する事に依って其の事象・現象から「台風銀座」等と呼ばれて居た事が有った。今を以って思えば奇妙な言説で有るが、当時はそんな事が有った。「室戸台風」等そう言った高知の地名の付いた名前の台風現象も過ぎ去った事が有った。 所謂激災を伴った台風10号(1970年代前半) [続きを読む]