越後屋 さん プロフィール

  •  
越後屋さん: ロシアから白樺細工
ハンドル名越後屋 さん
ブログタイトルロシアから白樺細工
ブログURLhttp://yamazou13.exblog.jp/
サイト紹介文白樺細工を注文を頂いた方へ細部確認用ブログです。
自由文コメントは承認制ですが、注文頂いた方以外のコメントも受け付けています。
注文に関しては下記サイトブログ内のメール送信ボタンからお願い致します。

http://web.me.cpm/aalto13/handicraft
(同サイト内「作ること使うこと(ブログ)」より記事をクリックして頂くと一番下に注文以来専用メールボタンが貼付けてあります)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供186回 / 365日(平均3.6回/週) - 参加 2010/07/18 05:05

越後屋 さんのブログ記事

  • ポットマット2
  •  昨日編んだポットマットよりも細い帯状樹皮を使ったポットマット編み上がり。 ほぼ同じ大きさに仕上がっていますが、使用する本数が違うと印象がまた変わります。 鉄瓶を載せてみました。 こちらは太い帯状樹皮を使用した方です。 細い帯状樹皮を使用した方。 裁縫箱と合わせて納品したいと思います。 [続きを読む]
  • 久しぶりに裁縫箱を編む
  •  Ёлка(ヨールカ/樅の木)の作業と並行して帯状樹皮の切り出しをしていた蓋付き籠が完成しました。 この大きさは私にとって編みやすく、比較的短い長さの帯状樹皮でも編みあげることができるありがたい籠です。 裁縫箱として制作しているものですが、蓋は作業中の道具入れに使ったり、糸くずなどを入れておいても。 自分用も未完のまま使っているのでそろそろ仕上げなければ。苦笑 [続きを読む]
  • Ёлка(ヨールカ)を飾ってみる
  •  Ёлка(ヨールカ/樅の木)小/大完成しました。 納品前に再度油を染み込ませて布で吹き上げて乾かないようにします。  今日は両方セットして並べてみました。 途中進みの遅くなる樹皮があったけれど、最期の方はとても作業しやすい樹皮にあたり楽しい作業でした。 ヨールカが編み上がると冬が待ち遠しいです。 [続きを読む]
  • Ёлка(ヨールカ/樅の木)小完成
  •  Ёлка(ヨールカ/樅の木)小が仕上がりました。 これはその一部。 あとは大の一番大きい籠を編むとヨールカ完成です。 今日は星型オーナメントを作ったあと、久しぶりに次のご依頼品で幅15?の樹皮を使っていますが、すごく大きく感じる。苦笑 ヨールカで使う樹皮幅より太いだけで編む時の感覚が随分と違ってその違いを楽しんでいます。 [続きを読む]
  • 仕上げの段階に入る
  •  Ёлка(ヨールカ/樅の木)小/大の星型オーナメントの制作に入っています。 この連休は月曜日は用事があって外出していたので休んだけれど、土日はひたすら籠を編み進め、帯状樹皮を切り出しと繰り返し、現在は小の仕上げ段階に入っています。 大の方も星型オーナメントは先に作ったので最後の籠を編むと完成。 なんとか予定通りに完成しそうです。 他のご依頼品も引き続き制作しなければならない... [続きを読む]
  • 編みあがった籠を箱に入れにんまり
  •  Ёлка(ヨールカ/樅の木)小の籠部分が編み上がりました。 写真はご予約の一部ですが、こうやって並ぶと達成感が。 まだ星型オーナメントが終わっていないので完成ではないのだけれど、ひとまず箱に収めて眺める。 入れ子に弱い私はこの状態で眺めるのも好き。 この帯状樹皮は同じ1枚の樹皮シートから切り出したものです。 昨日切り出した白樺樹皮は、1本の帯状樹皮か... [続きを読む]
  • 今日もひたすら切り出す
  •  今日からお風呂場で切り出しに戻りました。 卓上で切るには長さが長くなり押さえにくくなってきたので。 やっぱり切り出しはお風呂場が楽だわ〜。 がしかし…楽だからって一巻き全て帯状に切り出したのでその次の厚み調整が大変です。汗 今日は大まかな厚み調整のみ。 後は実際に編む時に1個分ずつ厚み調整していきます。 これは人によるのだと思うけれど、私は一気に厚み調整するのが苦手。... [続きを読む]
  • 帯状樹皮の切り出しで日が暮れる
  •  Ёлка(ヨールカ/樅の木)小の最後の段に入りました。 この幅の帯状樹皮からはあまり在庫がないのでまずは帯状樹皮の切り出しから。 明日使う樹皮をより分けて積んでみたところ。 これでも3、4個分ほどでしょうか。 明日もさらに切り出してから籠を編む作業へ進みたいと思います。 今日切り出した樹皮はあまり薄く剥げる樹皮ではなかったので少し厚いかなと思うものでも1mm以下です。 ... [続きを読む]
  • お茶の友を乗せた白樺籠
  •  昨日の朝食時には鋳鉄を受け止めていた白樺の籠。 今日はおやつのお皿として活躍しています。 ちょうど欲しかった焼型が手に入り、ソ連時代のレシピで焼いた焼き菓子は日本人にも懐かしい味わいです。 Грибочки (グリボーチキ/キノコ)Орешки(アレーシキ/木の実、ナッツ:この場合胡桃)Шишки (シーシュキ/松かさ)Гребешки (グレビョーシキ/ホタテ貝、貝)アレー... [続きを読む]
  • 大江戸骨董市へ散歩
  •  今日はいつもの日曜日より早く起き、朝から蕎麦の実Каша (カーシャ/粥:穀類をぽろぽろに炊いたもの)を炊き、その上に昨日残ったトマトソースとチーズをのせ焼いたものが朝食に。 こういう熱々ご飯が美味し気温になってきました。 一人ドリアのときは鋳鉄の耳付き鋳鉄のパンを使うのだけれど、パンの取り皿用に作った白樺細工の籠が大活躍です。 直火で加熱した場合は鍋の素材(土鍋や鋳鉄など蓄... [続きを読む]
  • ヨールカ小3段目あと少し
  •  昨日から今日の午前中にかけて右目が腫れてお岩さん状態の上に眼精疲労の頭痛がひどくなかなか進まなかったヨールカ3段目。 ようやっと進みました。 4段目に入り目前。 午前中まで腫れていた目ですが、午前中作業を諦めしっかり横になって休んだら腫れも引き、頭痛もなくなりました。 かなり目が疲れていたんですね。 眼鏡3個を駆使して作業に合わせて架け替えてはいるのだけれど、つい刺繍は集... [続きを読む]
  • 菱刺し 地刺しべこのくら
  •  進みが遅いはずだった生成り。 地刺しでべこのくらを刺したらあれ?刺しやすい。 密にならない模様や配置ならさほど目に負担にならないとわかってきたこの生成り。 余白多めの模様の時に使おうと思います。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 時間がかかった生成りとすぐに進む白
  •  針の進みが遅かった生成りの生地もようやっと刺し終わりました。 地刺しよりも1模様ずつ刺し進める菱模様の方が生成りの生地には合っているのかも。 白い方ははるかに短い時間で刺し上がり、生地の色味の違いでこんなにも進み方が違うんのだなと実感中。 どちらも菱刺し模様集の地刺しから。 あと2、3枚地刺しを刺したら菱型の模様を刺し貯めようと思います。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 菱刺し刺し継続中
  •  新しい布をお試し中。 生成りは本麻ラミー無地。 前回刺した生成りとは目の粗さは細かめで色は薄いのだけれど、やっぱり生成りは刺す時目に負担がきます。 横糸が均一の色ではないから惑わされてしまうんですね。 そのため目の負担にならないよう少しずつ刺しています。 3日目なのにまだ刺し終わりません。苦笑 左2枚は白。 北欧調カラーのハーフリネン無地オフホワイト。 こちら... [続きを読む]
  • 針山用布地比較の菱刺し少しずつ
  •  いつもは使わない麻布に菱刺しの地刺しを。 生成りって…見難かった。 比較的目は粗くて針通りもいいのに進まない。汗 生成りの生地を使う時はさらに粗い布目のものが見つかったらにしようかな…。 または刺す面積を減らすか。 どちらにしても生成りに関してはもう少し刺し勧めやすい分量や布地探そうと思います。 続いても菱刺しの地刺しから。 こちらの白い生地は... [続きを読む]
  • 糸切り鋏キャップ(1枚皮)タイプを作る
  •  糸切り鋏キャップ1枚皮のタイプを製作している中で、今日は赤松の根を使用したものを試作。 今はまだ湿っている状態なので乾いてから使い勝手はどうか、太さはもう少し太い方が良いかな等明日乾いた時点で実際に鋏を入れてみようと思います。 こちらは定番の糸切り鋏キャップ。 細い帯状に切った白樺樹皮で止めています。 明日からはヨールカの製作へ。 [続きを読む]
  • 在庫用針山のための刺繍を始める
  •  昨日冷蔵庫がほとんど冷えていない上に冷凍庫はすっかり中身が解凍されてしまっていて、急遽電話連絡。 我が家の冷蔵庫と洗濯機はまた引越しする予定があるためレンタルにしました。 日本へ帰任して2年ちょっとですが、帰任してから借りた冷蔵庫が壊れた(不調なだけかもしれませんが)のはちょっと驚きですが、利用しているレンタル会社は無料交換してくれるとあり本当に助かりました。 所用の後... [続きを読む]
  • 地道に増える小さな籠と刺激を受けた籠
  •  週末に古い差し歯が取れてしまったうえにロシアの芸術家さんから依頼がありその買い物へあっちにこっちに。 全て用事が済んだのが夕方になり、昨日は疲れ切って作業せずに寝堕ちてしまう。 今日は取り戻しました。 1段目が終わり、2段目に入りました。 やはりたった1mmの違いですが編む時は差をはっきりと感じます。 明日は午前中通院があるものの、午後は予定ないのでまた籠を編み進めていき... [続きを読む]
  • ЁЛКА小の一番小さい籠が順調に増えています
  •  ヨールカ小1段目の籠が順調に進んでいます。 この段が終わると格段に目が楽になるのであと少し。 予定数量+αが編み上がると余裕ができるかも。 昼間は細かい籠を編むことに目を使い、模様を決めるために布目を数えで久しぶりに目薬を取り出しました。 最近疲れ目から痒みが出るということが収まっていたのですが、やはり急に目を酷使してしまったようです。  目と相談しながら来週も作業を進... [続きを読む]
  • 2017年分ЁЛКАの制作へ入る
  •  連れ合いが昨日村へ向け移動に入り、なんとなく忙しかった休暇後の1週間ちょっとが終わり、今日からSLOW様にてご予約いただいたЁЛКА(ヨールカ/もみの木)の制作へ入りました。 今年も予想以上にご予約を頂きましてありがとうございます。 一つ一つ集中しながら制作していきます。 まずは一番細い帯状樹皮の切り出しから。 必要数量全てを切り出すと私の性格上途中で飽きてしまうので、... [続きを読む]
  • 知人宅で日常使いの白樺細工を眺める
  •  村滞在最終日の今日、本当はイルクーツクのイベントで合流する予定だったけれど急遽欠席された方のお宅へ挨拶へ。 週末は先方が別の街へ行っていていないため、出発前日の今日バタバタと伺う羽目に。 お昼にお邪魔してしまうとお昼を食べていけ、一杯やっていけとなるのがわかっているのでずらして14時にお邪魔したのに、結局いろいろお茶の友といって出てくる。苦笑 結局私がいただいたのは塩気のある... [続きを読む]
  • 網走からシベリアへ繋ぐ白樺 作品展へ参加する
  • 動画を追加しました。 帯留めが予想よりも早く仕上がったので、昨日の夜最後に茶籠用菓子籠を作り組み込みました。 大きい方の籠へ。 今回茶籠用白樺細工は茶筅筒と茶巾筒以外は全て今年6月に網走にて採取した白樺樹皮で作ることができました。  こちらが菓子籠。 中に入っているお菓子はロシアで売っているものですが、中央アジアやアラブ地域でも食べられているお菓子です。... [続きを読む]
  • 作品展用 帯留め完成です
  •  刺繍し終わった生地を仕立て帯留めが完成しました。 黒地の面。 先ほど刺繍の実例を載せているブログへ平面の時と仕立てた後の写真を一緒に掲載して思いましたが、ホフロマ塗りの図案は立体的になるとより生き生きとしてくるように感じます。 今後も模様を使う時はそんなことを気をつけながら使いたいなと思いました。 赤地の面。 どちらも新モスに刺繍糸で刺繍しています。... [続きを読む]