papilabo さん プロフィール

  •  
papilaboさん: 90% Papillon
ハンドル名papilabo さん
ブログタイトル90% Papillon
ブログURLhttps://papilabo.exblog.jp/
サイト紹介文蝶が主役です。蝶を探しに出掛けた先々で出会うユーモアな昆虫たちも時々登場します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供50回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2010/07/18 18:01

papilabo さんのブログ記事

  • 羽化して間もないキタキチョウ
  • ツマグロキチョウに続けての投稿です。ツマグロキチョウの下にくっつけて、前回撮影したキタキチョウもついでに貼っとこ…くらいの気持ちでほったらかしにしていた画像を見てびっくりこのコも羽化直だった〜この日は雨が降ったり止んだりのコンディションの悪いで、撮った写真は10枚くらいでした。そんな日にどうして行ったかというと、天気予報に騙されたからです。引き上げる道すがら、地上10センチく... [続きを読む]
  • 羽化して間もないツマグロキチョウ
  • 昨日のことですが、3化のコムラサキがいるかどうかの確認をしたい…というclossianaさんの提案で栃木の川原へ行きました。私は何でもいいからいればいいな…と、キョロキョロウロウロ。なのにツマグロキチョウ、キタキチョウはいるものの、なかなか止まってくれないのでさっぱり撮れずにいました。そんな折、1匹のミヤマシジミの登場で急展開。clossianaさんを呼んでミヤマシジミの撮影を楽しみました。... [続きを読む]
  • ウラナミジャノメ
  • あの飛んでいる黒っぽい蝶はツバメかなぁ…と言う私にウラナミだ!と言うclossianaさん。それ〜っと追いかけたのは私だけでした。なんで???今日のメインイベントなのに…一方clossianaさんが夢中だったのは、少し前に見つけたセセリの幼虫の撮影です。いなくならないのに…ひとつのことに夢中になると、他はどうでもいいタイプの人らしいです。当日撮影できたのは2頭だけでしたが、どちらもとってもキ... [続きを読む]
  • キマダラセセリの顔
  • セセリの顔は可愛くて大好きです。そーっと回り込んでシャッターを押す時の張り詰めた気持ちがたまりません。チャンスがあればいろんな蝶の顔を正面から狙っていますが、ブログの更新をしないことが多かったりしてずいぶんお蔵入り。いまさら過去ファイル巡りをして引っ張り出すのももはや不可能レベルな量。蝶の顔画像に限ったことではありませんが…いつかまとめてチェックしよう…なんて思っている側からどんどんた... [続きを読む]
  • ハチの揺りかごのさらなる経過
  • ハチの巣はさらに拡張し、繁栄中。ふと樹の根元近くを見ると…羽化不全で翅が伸びきっていないコが落ちていた。クシャクシャの翅。これでは飛ぶこともできないし、狩もできない。たぶん自分の身を守ることもできない。お互いに協力し合っているハチ社会でも、福祉はさすがに…かわいそうだけど私もなんにもしてあげられない。ただ写真を撮ることしか。 [続きを読む]
  • 一風変わったキアゲハ
  • のんびりとハチの巣を撮影していると…「このキアゲハ撮って!!!」と、clossianaさんの焦り気味な声が聞こえてきました。駆け寄ってclossianaさんがカメラを向けているアザミの花の上を見ると…すごく派手なキアゲハがいました。なんか違うね〜このコ。まだclossianaさんの焦りがわかっていない私でしたが、「青紋異常だよ!!!」と言われてようやく納得。確かにブルーが効いているから一層派... [続きを読む]
  • テントウムシのようでテントウムシじゃない
  • ちっちゃくてカワイイ虫。このテントウムシはお初かも。でも、家に帰ってよく見ると…テントウムシに似ているけれど、なんだか違和感。カメムシの仲間では!?カメムシで調べていたのでなかなか名前が判明しませんでしたが、ようやくわかりました。マルウンカです。そっか、一歩進んでウンカの仲間を調べればよかったのか…ん!?その名前にはなんとなく覚えがあるぞ…過去記事を辿ると…ありました。11年も前に出会って... [続きを読む]
  • ハチの揺りかごの経過
  • 7月20日に掲載したハチの揺りかごのその後を観察しました。6日後、お世話する仲間が増えていました。さらに11日後。巣がずいぶん大きくなっていました。お世話係や護衛も増えています。近付く怪しい奴に気がついて、いつでも飛びかかれるように身構えています。さらに怒らせてしまいました。きゃ〜もう退散しま〜す。ブルブル。もうピントを合わせる余裕もありません。相変わらずタモリがいっぱい... [続きを読む]
  • トンボのハート
  • トンボを探しに出掛けた訳ではないのですが、以前キイトトンボを撮影した場所をのぞいてみました。すでにキイトトンボはほとんどいなくなっていました。入れ替わりに多く見られたのがこのアジアイトトンボ。キイトトンボよりもずっと小さくて細くて、気がつけばたくさんいたのですが、気がつくまでは何もいないと思えるほどでした。止まらないなぁ…と、目で追っているうちに交尾カップルを発見しました。キレイなハートと... [続きを読む]
  • ダイミョウセセリの幼虫
  • papilabo「あ!ダイミョウセセリの幼虫がいた!」ダイミョウセセリ「え!?何こいつ?キモっ」ダイミョウセセリ「ごはん食べにここまできたのに…ったく…帰ろ」papilabo「あれ!?そんなに驚かせていないのにUターンしちゃった」アリ「あ!ダイミョウセセリの幼虫がいた!」ダイミョウセセリ「今度は何!?お腹空いてるっていうのに!」ダイミョウセセリ「クゥワッあっち行け」pappilabo「え... [続きを読む]
  • 長い名前の蛾
  • このコの名前はカクバネヒゲナガキバガ。clossianaさんとキーワードを交互に入れて競争して調べた結果です。この勝負、私の負けでした。clossianaさんが何と入れたかは忘れてしまいましたが、私のキーワードは、ズバリ名前予想。「蛾 小さい シロヒゲナガガ」このルックスなんだから「シロヒゲ」は入ってていいと思うんだけど体長15mmくらいの小さな蛾でしたが、長くて白いヒゲが... [続きを読む]
  • ぱっちりおめめのクモ
  • クモ連投。papillon率低下。気持ち悪いと思わないでこの顔を見てあげてください。大きくまん丸な目と長いまつ毛をなんとも乙女じゃないですか。下に敷かれている食べかけのヨコバイ(?)には目をつむってくださいそれにしても毛ガニそっくり。上から見るとこんなクモでした。名前を調べる気全くなくてすみません。 [続きを読む]
  • クモに捕まったヤマトシジミ
  • 7月のことです。ぜんぜん逃げないヤマトがいるよ。clossianaさんが不思議そうに一点を見つめていました。ピピンッ!クモの仕業に違いないと思ったので、私はそっとカメラを向けてみました。案の定、白いクモがががっちりと蝶をつかんでいました。すでにヤマトは息絶えていました。不思議なのはこの花がもうすっかり花として終わっていること。こんな枯れて蜜のなさそうなアカツメクサの花を訪れるヤマトシジミも... [続きを読む]
  • ツバメの兄弟
  • とある道の駅の軒先で見つけたツバメのヒナたち。最初に見つけた時には5羽がきちんと並んでいたのですが、スマホとカメラを急いで車に取りにいって戻った時には状況が変わっていました。戻ってすぐに見たのは3羽だけ。大きな2羽の子は親の目を盗んでちょっとだけ巣を抜け出していたのでした。飛べるんだけど、まだ餌はもらいたい。こっそり遊びにいって何食わぬ顔で戻って巣に潜り込んでいました。写真には撮れませんで... [続きを読む]
  • イチモンジセセリの交尾
  • 昨日のことです。仕事を終えた帰り道。あと少しで家に着くという場所にあるちょっとした空き地をチラリと見ると…イチモンジセセリが交尾してる〜!!!とりあえずスマホで1枚。急いで家からカメラを持ち出して1枚。この空き地、なかなか侮れません。先日は通りすがりにセセリの巣を見つけました。空き地入り口のチェーンをちょいと乗り越えて中へと入り、巣をゲット。帰宅してから中身を確認すると、チャバネ... [続きを読む]
  • ツマアカシャチホコ
  • 少しでも暑さから逃れたい…葉裏で伸びていた蛾はなかなか素敵でした。ちょっとお邪魔しますよ〜モヒカンが可愛い。けれどこれじゃあ暑いでしょうねこのコのお名前はなんだろう?と調べている中で見た画像のお仲間はみんな腹端をもっとクイッと上に持ち上げてユーモラスでした。まさにシャチホコって感じに。ではなぜこのコはそうでもないのだろう?それは翅も併せて持ち上げているからか、メスだからなのか…た... [続きを読む]
  • 少し消化不良なタガメとの出会い
  • 産卵中のキイトトンボを見つけた時にはすでにclossianaさんは近くにいなかった。私もギブアップして引き上げることを決めて歩き出した時に現れたシオカラトンボ。カメラを向けたけれど飛ばれてしまったでもその止まっていた葉っぱの先の水面にいたのは…タガメ!!!oh!シオカラトンボよ塩対応ありがとう!水族館やペットショップの水槽の中には見たことがあったけれど、自然状態では初見。いつか会いたいと... [続きを読む]
  • 猛暑の中で見つけてしまったキイトトンボ
  • なかなかとまってくれないけれど、何か飛んでいる…あ、トンボだ!!生命の危険を感じるほどの猛暑の中でこんなに素敵なトンボをみつけてしまうとは…これは素通りできない…辛抱強くとまるのを待ち、ようやく近づくことができて撮影していると、パラパラと飛んでいるのは1匹だけではなかった。もう素通りではないどころか、夢中になってしまいました。交尾カップルがいたので雌雄の区別がつきましたが、飛んでいる... [続きを読む]
  • まさかのキアゲハの交尾
  • 子供の頃から私にとってはキアゲハは身近な蝶。アゲハよりもだし、幼虫の観察に夢中になっていたのもキアゲハ。それなのに。キアゲハの交尾を見たのは初めてかも。その日の帰りがけに出会えました。暑くてもうやだ〜!!からの復帰。そんなに驚かせたつもりはないけれど、カメラを向けるとメスが嫌がって飛んでしまう。その結果、意図せず良いシーンが撮れた よく見ると…最終的に落ち着い... [続きを読む]
  • スミナガシの幼虫
  • スミナガシの幼虫はかっこいい。サタンって感じ。気性が荒いのか臆病なのか、近づくとブンブンと角を振り回して威嚇してくる。そんな時には撮影なんてお手上げだけれど、ひとしきり暴れると気が済むようでした次に見に行ったときには行方不明。もっと小さいときにも観察しました。この頃も非常に敏感。あ、巣があった!葉っぱ食べてる!と、撮影を開始し始めた途端に移動開始。塔に移動して、一旦は静止するので... [続きを読む]
  • イチモンジチョウの蛹
  • イチモンジチョウの蛹はとてもかっこいい。形もかっこいいし、キラキラ光るパーツもかっこいい。それにしてもこのお腹(!?)の茶色い出っ張りは何?蝶になった時にどこになるパーツのなでしょう?な〜んて真面目に考える時間はほんの一瞬。緑の影の中で撮った1枚もいいなぁ…となんとなく眺めていたのですが…うそっネズミ男が立っていた… [続きを読む]
  • オオムラサキ羽化る!
  • ヒオドシの幼虫軍団に丸坊主にされたエノキから別の樹に避難させた3匹のオオムラサキの幼虫。そろそろ蛹になっている頃だ…と前の週から探していたのだけれど…すでに羽化っていました。もちろんうれしいのですが、こういうのを見つけてしまうともう少し前に見つけたかった…とちょっと悔しい気持ちが沸き起こります。すでにパタパタとウォーミングアップ。まもなく飛び去り、高い杉の木の上へ。短い間の邂逅でしたが無... [続きを読む]
  • ムモンアカシジミの幼虫は甘露がお好き?
  • え!?何、何、コレ!?どっちもかわいくないんだけど…かわいくないどころか、どっちが捕食者なのかもわからない…これが第一印象。場所は足場の悪い斜面に生えた樹のギリギリ手が届く位置だったので、よく見ることは出来ませんでした。どちらの怪獣にもアリがまとわりついていました。護衛なのか攻撃なのかわからない状態。怪獣同士の戦いとしては、ムモンアカシジミが上にいることだし、ムシャムシャと食べているの... [続きを読む]