森シゲト さん プロフィール

  •  
森シゲトさん: 森シゲトの『死ぬまで大器晩成』なブログ
ハンドル名森シゲト さん
ブログタイトル森シゲトの『死ぬまで大器晩成』なブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/shigeto910/
サイト紹介文広島県府中市からサンフレッチェ広島と音楽を語る「死ぬまで大器晩成」を信念にノホホ〜ンと生きる
自由文2001年に久保竜彦を知って、サンフレッチェ広島と
サッカーに目覚める。広島県府中市の片田舎から自分なりのサンフレッチェに対する想いと、もう一つのホビーである音楽について語る。ちなみに「死ぬまで大器晩成」は
所ジョージがいったであろう言葉(?)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供46回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2010/07/19 13:44

森シゲト さんのブログ記事

  • vsS鳥栖戦 現状でのTHEサンフレッチェなゲーム
  • この日は家の都合もあってスタジアムには行けず、試合時間中は用事の真っ最中ということで17時までは一切の情報遮断家に帰ってドキドキのDAZN見逃し配信視聴それはそれは、非常に今のサンフレッチェの戦い方のモデルケースみたいな勝利だった。 ■前半は耐える時間いつもの様ではあるがややヒヤッとする場面は存在する。これはいつも通りとは己を落ち着かすことはできるがいざシュートが飛んでくると怖いセットプレーも何が起こる [続きを読む]
  • vs名古屋G戦 「個」と「チーム」の攻めぎあい
  • 結果から言うと今季初の敗戦となってしまった普通に見ればルヴァンの2勝1分1敗はまだ十分戦える戦績だが勝ち続けていた中でのチームとしての最初の敗戦はこれまでの1敗とはダメージが違った。カップ戦メンバーとリーグ戦メンバーで違うチームのような感覚はあるがその敗戦は練習で対峙し時にはカップ戦メンバーに圧倒されるリーグ戦メンバーとしては同じ傷を感じた敗戦になったかもしれない。■運動量ゆえの副作用15連戦、真っ只中 [続きを読む]
  • vs湘南B戦 持続する運動量と噛み合ったセットプレー
  • もしかしたら一番厄介な相手だったかもしれない。今季の広島のストロングな部分は運動量。これまでの対戦相手にはそれで上回れることができた。しかし湘南も同じ運動量にストロングを持ち、なおかつ若い。同じ運動量で競った場合、今まで上回ってきた部分で優位に立てない可能性がある連戦中のタフな戦い。勝つために必要な運動量だが、他チームに比べて1試合にかかる体への負担は大きいその影響がどれだけ影響なく戦えるかそれは [続きを読む]
  • vs横浜FM戦 新横浜FMサッカーvs城福競争サッカー
  • 気になったのはミッドウィークのリーグ戦。ルヴァンのミッドウィークを戦ったルヴァン組で戦うのかそれともリーグ戦メンバーで戦うのか。城福監督の出した答はルヴァン組とリーグ組の融合。それでも戦えると確信したメンバーで挑む。■独特なポステコグルー監督のサッカー新しいサッカーを観るのは興味深い特徴的なのはGKが非常に高い位置取りをするほぼGKエリアを出て、最終ラインの1人として機能するCBからハイプレス、ハイライ [続きを読む]
  • vs柏R戦 攻めは右サイド、和田の献身
  • ACLグループステージでの敗退が決まった柏レイソルしかしその実力は疑いもないチームクリスティアーノや伊東純也に代表される「個」の力や大谷を中心にしたチームとしての戦いも出来る。この日はDAZN観戦だったが、柏のホームの雰囲気はやはり素晴らしい超リアリスティックなサッカー専用スタジアムあれに屋根が付いてれば観戦者には最高の環境だが、まあもし付いてたらそれはそれで違ったモノになるかもしれないけど。ここもアウ [続きを読む]
  • vs浦和R戦 個の能力vsチーム連携
  • 平日ナイトゲームの試合だがエディオンスタジアムには約8000人が集まったここまで無敗を続けこのルヴァン杯も2戦2勝と結果を出している。しかし対戦相手の浦和は逆に今季リーグ戦は未勝利が続くましては掘監督の解任もありチーム建て直しが余儀なくされている浦和のこの日のスタメンを見れば李、森脇、マルティノス、岩波、菊池と少し前なら所属クラブで主力だった選手がいる「チームの危機」という危機感もあるだろうが新指揮官に [続きを読む]
  • vs福島ファイヤーボンズ戦 連勝を5に伸ばす勝利
  • ライジングゼファー福岡戦での精神的にも厳しい連敗から香川に連勝、そしてミッドウィークの奈良戦にも勝利し連勝を繋ぎたい試合。ここまでの勝利は順位的には下との対戦。東地区2位の福島相手に戦えるかどうかが見所だったが初戦こそ1点差での勝利だったが、2戦目は厳しい試合だったが勝利し5連勝となった。目立ったのはインサイドで強さを見せたコッツァーと試合を決めた朝山だった。 ■村上駿斗の成長現在のPGとして能力で [続きを読む]
  • vsライジングゼファー福岡戦 最後まで自由に撃たせないディフェンス
  • 2018年のホーム初戦。呉でのゲーム開催だったが土曜日1618人、日曜日1931人とサンプラザ並の観客動員となった。4連敗後の首位ライジングゼファー福岡との対戦は1勝1敗の結果となったがこの戦いが出来ればここから十分巻き返しが出来る予感を感じさせる戦いだった。 ■負の流れを断ち切ったのは北川と仲摩ここ最近は出だしから相手ペースに飲まれて自分たちのプレーが出せない試合が続いていたこの福岡戦の最初も、そんな流れに [続きを読む]
  • vs香川ファイブアローズ戦 香川にあって、広島になかったモノ
  • 広島ドラゴンフライズは2018年になって勝利なし熊本、香川に連敗し4連敗となった。香川戦では2戦ともいい形が見せれず終始追う展開での試合経過になった。 ■勝利は小豆島から逆に香川は4連勝。調子が上がってきたのは昨年12月の小豆島の戦いから。直後の茨城R戦こそ連敗したが、その後は1勝1敗ペースで勝利がつくそして年末の12/30RZ福岡戦では大番狂わせともいえる首位から勝利をもぎ取る。その流れが2018年になって増幅 [続きを読む]
  • vs熊本ヴォルターズ戦 勢いと成長
  • 2018年最初の戦いは昨季のB1昇格ライバル 熊本ヴォルターズただこの初戦が1月20日とあって昨年の12月31日の最終戦から20日経過すると、なんだか新シーズンが始まったかのような錯覚もあるその間、熊本ではBリーグのオールスター戦が開催され熊本は大いに盛り上がった。そしてその試合で昨季の昇格プレーオフを競う熊本との一戦 3/18第4Qの残り5分12点差を追いつき延長戦。両チームが競り合う中、3点リードで迎えた残 [続きを読む]
  • 2018年のサンフレッチェ広島を思う
  • 本当だったら、これだけ補強の話があれば期待感を持つのが普通なんだろうけどどうしてもイメージ的には一時期の神戸やFC東京のような大胆な補強を敢行し、結果「烏合の衆」となって旧態然のチームになってしまうようなイメージしか湧かない。これまでを見ても選手の異動が少なくて不安だった時の方が成績は良い印象がある。どうしても広島のサッカーは連携が必要になる。それには時間が必要。個人個人にチカラがあってもそれがチー [続きを読む]
  • vs茨城ロボッツ戦 ケガの功名
  • 「年末はバスケ」これが広島に根付くようになるか?31日には2426人を広島サンプラザに集めた。大晦日にこれだけ集めたのは1つの成果だと思う。 ■場所は人を変える茨城ロボッツとの2戦目立ったのは坂田選手だった。これはケガの功名とも言うべきかアンドリセビッチHCが辞任し、朝山HCが誕生したことで生まれた坂田選手の先発起用。もちろんそれだけの実力がないと使われないのだが正直、使われだした当初はまだそれ以前の [続きを読む]
  • vs柏R戦 いまさらですがレビュー書きます。
  • 最終戦。別に残留がどうこうではなくて単純に書く時間がなかったので、やっと書くことができるそれに試合から時間も空いたので改めてDAZNで見直す時間も必要だったのでこの正月のまったりした時間で書くことができるようになった。 ただ今回は試合から時間も経ってるし、それ以降にいろんな動きがあったのでそれも情報として入ってきたあとに書いてるので「後出しじゃんけん」みたいなことも書けてるかもしれませが、まあ正月の暇 [続きを読む]
  • vsFC東京戦 ミカを見送った22,333人
  • 正直、これまで何人もの退団セレモニーを見たが人目もはばからず嗚咽し泣いたのは初めてだった。実は本当は泣かないだろうとタカをくくっていたそれは数年前、一部報道で「ミカ引退」という誤報ニュースが流れた。それをたまたま何気なく見た携帯で知ってすでに数年前に路上で目を真っ赤に腫らし泣いたことがあった。それがあったから、その日から「ミカの引退(退団)」というのはいつか来ること・・・と覚悟をしていた。しかしこ [続きを読む]
  • 広島クラブクアトロにBAND-MAIDのお給仕ツアー観に行ってきた
  • 11/18広島でBAND-MAIDが観れるってんで早々にチケットを準備。最初はYouTubeでThrillのPV見て衝撃を受けて「カッコイイ」と思ったんだよな。最初はやっぱ小鳩ミクさんのルックスで見入っちゃったんだけど演奏みると「あ〜皆んな凄いわ」ってなったね さてさて仕事は午前中で切り上げて広島のクラブクアトロへ広島は目下、えびす大祭の真っ最中。露天が並び人も多かった。BAND-MAIDはアジア欧州での世界ツアーを終えて金曜日に岡山 [続きを読む]
  • vs浦和レッズ戦 ピッチに倒れこむ。膝に手をつく。
  • 試合開始前のコイントス浦和の阿部Cは長く迷ったあげくボールではなくピッチサイドの変更を決めた。DAZNの映像で見ると西日をきにしてるようだったがもしかしたらこれは事前に考えてたのかも?と勘ぐる。実際スタジアムにいても、DAZNの画像を見ても特に気にするほどの陽が射してるようには感じない。スタジアムには照明が点いてるほどだった。勘ぐる要因はレッズサポーターの存在。ピッチサイドがいつもと逆になると前半、サンフ [続きを読む]
  • vs川崎F戦 成果はすぐには現れない
  • 台風接近。総選挙。戦前は降格争う対戦相手は引いて守備するので固い試合になるが優勝争いする対戦相手は勝ちにくるから今のサンフレの固く守ってカウンターが効くそんなイメージを持ってたが鹿島、川崎に木っ端微塵にされてしまった。結果は0−3。失点はミスが起因するものが多かった。でも結構ポジティブに考えられるシーンも多かった。 ■セカンドボールこの日の一番の印象は「セカンドボールが拾える」これはもしかしたら新 [続きを読む]
  • vs香川ファイブアローズ戦 シビれるフリースロー
  • 土曜日の試合はサンフレ帰りだったので移動中にWifi繋がる場所を探してのスポナビ観戦。結構、車の中で2時間はキツイ。試合もそれに増してキツかった香川もそうだけど、今季はどのクラブも1年戦ってきてそれぞれどれだけ戦わないとやっていけないかがわかってきてて戦力補強がしっかり出来て、またチーム作りも進化してる。上位にいたクラブは高みを目指すが、下位に沈んだクラブは存続が危うくなるのを肌身感じたんだと思う。他 [続きを読む]
  • vs熊本ヴォルターズ戦 現在位置を確認する試合
  • 前節から中3日。前節の岩手からの遠征帰りを考えれば十分な事前練習が積めたかはわからないがやや厳しい状態だったことは間違いない。でも「試練は訓練」こういうことを経験しておくのも今季の終盤には生きてくるかもしれない。ただ思ったのは選手は大変だけどウィークデーの試合は日頃仕事から帰ってきてゆっくりしてる時に見るスポーツ観戦はカープのナイターを見る感覚と似てて、それはそれで嬉しい時間だった。その日も「今日 [続きを読む]
  • vs鹿島A戦 まっとうな戦い
  • この日はアウェイでもあったので現地参戦は難しかった。なのでいろいろやりたかった事をこなした日になった。まずは衆議院選挙の期日前投票。朝8:30から市役所で投票ができるのだが到着した時点ですでに5人ほど待機してる方がおられた。だいぶ期日前投票が浸透してきたようす。そこから岡山へ向かい岡山県美作市の岡山国際サーキットでスーパー耐久レースin岡山を見てきた。主要国内国際レース場で実施された3時間の耐久レース多 [続きを読む]
  • vs岩手ビッグブルズ戦 しぶとく勝つ、試練は鍛錬
  • 内情はよくわからないが広島ドラゴンフライズの開幕戦は月−火開催。そこから岩手へ長距離遠征し中3日で土日に岩手と対戦。バスケの場合は中3日あれば体力回復は可能だろうがそこに遠征が入ってくると話しは別かもしれない。おそらく移動は空路ではなく新幹線。移動時間は軽く考えても7時間になる。普通の人がそれだけ座席に座ってればカラダのどこかに痛みが出る。特にB2は首都圏、大都市のチームが少ない。移動は簡単ではない [続きを読む]
  • vsC札幌戦 端っこまで埋まったバックスタンド
  • 対戦するのは順位で1つ上の正式名は北海道コンサドーレ札幌。最初びっくりしたのは入場開始前、バックスタンド裏からアウェイ側の入り口を通ってお祭り広場に行こうとした時赤黒のユニを着た札幌サポさんが沢山来られてたこと。チームのこの状況に居ても経ってもおれなくて広島まで来られてた。今シーズン、実はアウェイの札幌に行こうと考えていたがどうしても予算の都合が合わなく断念した。普通に考えて往復で6万近くかかるそ [続きを読む]
  • vs清水S戦 失意のオレンジ、熱狂の紫
  • 5試合で3勝2分けここ最近のサンフレッチェの戦績である。これでも大きく抜け出せないところに降格圏の厳しさがある。清水もここ最近は厳しい様子それもチョン・テセの不在が痛いようだ彼は得点源としても貴重だが今はチームを考えてサッカーができる。スカパーで放送された「平ちゃんのほな行こか」でも個で打開するサッカーに行き詰りを感じスタイルを変えた。周りを使ってパスを多用するサッカーに変化すると自分は得点出来な [続きを読む]