仙石恵子のコーディネート さん プロフィール

  •  
仙石恵子のコーディネートさん: 仙石恵子のiroiroコーディネート
ハンドル名仙石恵子のコーディネート さん
ブログタイトル仙石恵子のiroiroコーディネート
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/office_10_00/
サイト紹介文アラカンを楽しんで、気ままにネコ、主人と生きています。テーブルコーディネート、生花を教えています。
自由文花、テーブルコーディネート、ネコと共に、人生を楽しく気ままに生きています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供217回 / 365日(平均4.2回/週) - 参加 2010/07/22 18:29

仙石恵子のコーディネート さんのブログ記事

  • 池坊豊田支部展・・・2
  • 豊田支部は頑張ってお花を生けている人たちに、いつもエールを送っています特別支援学校さんは、花器を手づくりして、毎回参加されます長い間池坊に携わって来られた方々の、表彰状と作品です最高顧問の高田先生の作品です車いすでの参加ですが、お元気なお顔を拝見できて良かった池坊では、紫紺幕や朱の花台を披露するには、それなりの資格がいります頑張っていらした証です伝統のお花もあれば、こんな小さなお花も、花器は6,7 [続きを読む]
  • 池坊豊田支部展・・・1
  •  豊田支部展に行って来ました 豊田はさすが町全体が潤っている感じがします 道路には、花が植えられ何となく華やか いいなぁ・・・・世界のトヨタですものね 町全体が裕福です 教えられる先生方も多く私たちの支部の倍の先生が見えます生活が豊かになるとそこに、文化が盛んになります生活のうるおいです学校華道も盛んで学校・教育委員会からの後押しも、強いものがありますいいなぁ・・・羨ましいことばかりですその結果家 [続きを読む]
  • 来た・・・・ニコッ
  • 毎年この季節になると、どうしても食べたくなるものがありますそれは、洋ナシ大好きなんです大体果物はみんな好きですが、幼き頃の思い出と共にこの季節になると買わなくてはいけないように、買っています(笑)50年以上前の木曽での話母は、お中元やお歳暮の代わりに、年1回まだ出始めで、珍しい洋ナシを箱づめで、親戚に送っていました私は、その話を聞きながら、いいなぁ・・・お腹いっぱい洋ナシを食べてみたいと思っていま [続きを読む]
  • 今日のイベント
  • 今日は毎度のアン・ファツション・カレッジのファツションショーがセラミックパークMINOでありました     でも、その前にここに立ち寄りました 陶器業界は喘いでいます何を造ったらいいのか、どんなものなら消費者の心をつかめるのか、難しいです。どこかで見たことが有る器や、二番煎じの器も少なくありません勉強をしているか、していないかが一目でわかりますやはり、勉強をしているところは、違いますそんな中、本当 [続きを読む]
  • 国際陶磁器フェスティバル美濃・2017・・・2
  • 皆さん、ご存知ないですか?今や中田英寿さんは、日本文化を世界に紹介するプロディユーサーですよ。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E7%94%B0%E8%8B%B1%E5%AF%BF中田さんには、入札の結果お願いしましたが、なんだか国際らしくなくて貧弱で講演会も今一が、皆さんの意見ですそんな中、子供たちが頑張っていますアールブリュトの作品展が開催されています写真可のものだけ、紹介させて頂きます伸びやかな線と色、販売もし [続きを読む]
  • 国際陶磁器フェスティバル美濃・2017・・・1
  • 国際陶磁器フェスティバル2017が9月15日から10月22日まで開催されていますでも、地元は静か、開催されているのは知っているのですが皆んな、見に行っていません今回はあの元サッカー選手の中田英寿さんのプロデュースですうわさでは「あれは国際ではない」「貧弱で見られない」等々残念ながら、誰もほめていません今回は、世界一の賞金1000万がグランプリにあたえられる予定でしたでも、該当者・作品なし金賞2人が [続きを読む]
  • 小さな立花たち・・・2
  • もう一つ、今年の巡回講習で使われた砂物の小さな花器があります砂物とは、縦より横の幅が広い生け方をいいます  どれも、立花新風体なので、縦横の比率は自由になっています正風体になると、縦の1・5倍から2倍が横の幅になりますこの花器は発売以来、とても人気があります日本華道社で、販売しています立て12センチ位×横20センチくらいです [続きを読む]
  • 小さな立花たち・・・1
  • 最近の生け花は、段々小さくなってきています今の建物事情では、置くところがない家が多いです田舎の大きな家しか床の間が無くなり下駄箱も、作り付けの奥行きのないものになってきていますそして、池坊にしかない立花も、花器自体も小さくなって置き場所を増やしています              私の生けた立て花、花器は20センチくらいで、       花材は全て自分で調達しないといけません       花屋さんの [続きを読む]
  • 秋の木乃婦
  • 1年に1回、クラス会と言って食事会がありますこれも、お楽しみの一つですいつもは夏なのですが、級長さんの体調が悪くて今年は秋になりました私は夕飯を食事制限しているのですがここだけは外せません木乃婦さんhttp://www.kinobu.co.jp/top_f.html婦人画報で特集が組まれたりして、京都を代表するお店ですいつもパリッと糊のきいたナフキンが添えられています魚卵は食べないようにしているのですが、何年振りかのイクラでした胡 [続きを読む]
  • 京都国立博物館・国宝展
  •  毎度の京都です これはというイベントに巡り合えるのは、なかなかありません 今回は、京都国立博物館で「国宝展」が開催されています http://www.kyohaku.go.jp/jp/ 41年ぶり、120点の国宝を一堂に見るコトが出来ます 但し、4期に分かれています 4日は1期で、まだ始まって2日目 遊星さんが、入るまでが大変と言われていましたが、 大丈夫、3時半に着きましたが、チケットも入るのも 待ち時間なしで入ることが [続きを読む]
  • ダメでした
  •  昨日は朝6時半に家を出て、木曽平沢へ出かけました 途中、道の駅に寄りました  木祖(きそ)村、道の駅 お六櫛をご存知ですか? その櫛で髪の毛をとくと、髪の毛がサラサラになると 海外でも評判の櫛です https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%8A%E5%85%AD%E 6%AB%9B でも、ここで私が買ったのは、これ  おやきです お土産、夕飯用に買いました 用事を済ませて、花材を取りにポッポ屋へ           あれ [続きを読む]
  • 驚いた・・・・
  •  驚いたことが3つありました 1)夕べ、テレビを見ていると、あれ・・・・見たことがある人が 金田さんだ・・・・ http://www.ruralnet.or.jp/ouen/meibo/439.html 多治見で食育に取り組み、その取組みが文部科学省に評価されて 天上り(天下りではありませんよ) 学校給食に独特のポリシーを持って、頑張っていました 今回のテレビは、最近起こっている給食の食べ残しや 無理やり完食させようとしたことについての、お [続きを読む]
  • 貸し切り見学事情
  •  日帰り四国はハードスケジュールでした 特に食事 11時に、早めに頂いたお弁当        そして、自分で買った本場明石焼き         美味しかった・・・・・また帰りにも買おうと思いました でも、初めての休館日見学はそれなりに事情が まず、レストランがお休み(当然ですが) 喫茶は営業していましたが、1ヵ所のみ、凄い行列(諦めました) 2000人だから 手持ちのお茶を飲みながら、ひたすら見学に [続きを読む]
  • 大塚国際美術館・・・3
  •  わぁ・・・・行ったの?いいなぁ・・・・ 行ったよ、いいでしょ の感想が多いです  もう1日、お付き合いください モネの睡蓮に囲まれて、青空を見るコトが出来ます その周りの池には睡蓮が咲いていました これもどこかで見ましたね ゴーギャン、他の作品もありますが、タヒチに関する絵は有名ですコンポジション、一時期私はこの構図にはまっていました ピカソ、青の時代の絵、そしてゲルニカへ 本物ではないですが、 [続きを読む]
  • 大塚国際美術館・・・2
  •  流石行かれた方が多いですね でも、misaeさんのように地元は何時でも行けると思うと なかなか行けないものですね 私たちが長良川の鵜飼に行かないのと同じようです  さて、続けます 最後の晩餐、修復前と修復後、なかなか人を入れないのは難しいです 窓枠の交わるところが、キリストのこめかみだそうです 最後の晩餐以前は、こんな風に円卓を囲むシーンだったそうですが、 作家によって、構図が変わりました 「 [続きを読む]
  • 大塚国際美術館・・・1
  •  またまたお元気ですね・・・と言われそうですが、 23,24日と熱中症になるのではないかと思いつつ 多治見市のごみ袋15袋を一杯になる程のゴミを片付けて 25日は、朝4時に起きて、朝食の準備、洗濯、ゴミ捨を済ませて、  6時5分の多治見発の電車に乗って、 名古屋発7時半のクラブツーリズムで四国の大塚国際美術館へ、 日帰り旅行に行って来ました 我ながら、頑張りました そして、今日はまなびの教室、明日 [続きを読む]
  • こんなこと始めます
  •       お花を生けてみませんか      自宅にある器、自宅に咲いている花で、花を生     けてみませんか?     生けるのは、今では花器とは限りません。     お花が用意できない時は、用意致します。     作陶のアドバイスもさせて頂きます。     流派・スタイルを超えて貴方のセンスで生ける     日時 毎月第1,3月曜日(10月スタート)    月2回 18時〜21時    レッス [続きを読む]
  • 我が家で採れました
  • コンクリートばかりの我が家ネギ以外に口に入るようなものは採れませんそれが、今日3個採れましたミョウガ生け花様に私が作っている、発砲スチロールの中にできていました斑入りですミョウガはどうなのかと思いましたが、普通のミョウガでした先日上げた苔残り物を箱にいれて、腐葉土を敷き、並べてみましたあまり日が当たってはいけないと、全然日が当たらない所に置いていたらなんだか色が悪くなってきました少し、灯りが感じら [続きを読む]
  • 今日は・・・・
  • 今日の新聞に、全国の土地評価価格が毎年、我が家辺りが載りますそして、年々上がって行っています税金が上がる・・・・そして、今日は1年に1回の資源回収当番の日でした以前は毎度寒い2月、「お若いから」と70が言われて立っていましたが、今年は9月、助かりました7時半から8時半と決まっているのですが、すでに   どなたかが、ブリタニカが、まだ新しい全巻が捨ててありましたもうPCで調べられるから、いらないのでしょう [続きを読む]
  • 終わった・・・・・
  • アクティヴGでのクラフト展が終わりました。本当に終わった・・・という感じです。台風の動きにオロオロしながらの3日間でした。昨年も言ったかもしれませんが、岐阜でアートは育たない100円、200円程度のフリマクラスのものしか売れませんそれは、クラフトではなくて、在庫処分です現に瀬戸の陶器工場がB品を100円で売っていました若い人は見抜けないのですね・・・・、それはクラフトではありません色々腹立たしいこ [続きを読む]
  • 名古屋散歩
  • 毎年、この時期に松坂屋本店で池坊の花展が開催されます13日、1日名古屋で遊んできましたまず南館10階の、ひつまぶし「蓬莱」へ10時半につきましたが、もう行列が・・・11時の営業開始です営業が始まる頃には、50人くらい並びました人気のお店ですひつまぶし、3800円なり、1年に1回の楽しみですそして花展へ、この方が込み合っていなくていいのです連絡通路で見つけた可愛い時計、シッポがゆらゆら揺れます2万円 [続きを読む]
  • 富山市ガラス美術館
  • 2度目のガラス美術館ですhttp://toyama-glass-art-museum.jp/前回は会館して間もないことも有って、色んなイベントが開催されていましたが平日ともあって、イベントの狭間なのか、開いている部屋が2,3ありましたそんな中で、素晴らしい展覧会がまずは、お気に入りのブースへいつみても素敵です今開催中の家住利男さんの作品展へ   http://toshio-iezumi.jp/    ここは写真を写すことが出来ました入口にあった作品です。 [続きを読む]
  • 富山県美術館・・・2
  • 富山県美術館屋上、楽しい場所でした。大人がはまっていた場所は 3人で遊んじゃいましたオノマトペの屋上 ふわふわに、ぐるぐるやひそひそも仲間入り オノマトペから考えられた遊具であそべる屋上庭園。 オノマトペとは、「ぐるぐる」「ひそひそ」などの擬音語・擬態語のこと。 あそびながら自分のオノマトペを考えてみよう!子供心に戻りました。  プリプリ…ほら、アラレちゃんのあれです。屋上は360度、パ [続きを読む]
  • 富山県美術館・・・1
  • 余り大きな声では言えませんが、バイトさんが作られたのかと思いました。色んな行き方があるみたいで、友人は前夜祭にバス10人乗りを仕立てて、多治見から10人で 、出かけたそうです。 お宿はその時だけ他人を泊まらせる簡易民宿2,3日なら許可をとらないで、お泊りをさせてくれる家もあるようですバス代1泊2食で28000円、料理はこれより良かったよだそうです。色々あります。行きたい方は探してみてください。2日 [続きを読む]
  • 二度目の八尾/風の盆
  • 今年の多治見は雨が多くて、例年より涼しく、冷房を入れる機会が余りありませんでした。そんな多治見人は、夏の寒さに弱い、結局、主人は特殊な事情の中で全館冷やされた葬祭場の地下で休むことになり、風邪をひきました。八尾もワイドビューひだも、涼しすぎ、現地の人には暑くても、多治見人は寒い、温度って難しいですね。私は疲れがドット出て、どうも坐骨神経痛になったみたいです。困った・・・・時々電気が走るようになりま [続きを読む]