世界の奥 さん プロフィール

  •  
世界の奥さん: サッカー人生の裏街道
ハンドル名世界の奥 さん
ブログタイトルサッカー人生の裏街道
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/yasuneko1968
サイト紹介文FOOTBALLの更なる普及を目指して!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供30回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2010/07/23 00:16

世界の奥 さんのブログ記事

  • フランス
  • ワールドカップはフランスの優勝で幕を閉じました。この一ヶ月間は世界の多種多様なプレーを観る事が出来て楽しめました。一般的にはどのチームも勝つ為にプレーします。そのやり方は其々で、ベルギーの選手達などには「アンチフットボールだ」と批判されようとも勝ったフランスが正解だったと思われます。どのやり方が正しいのかを試し合うのが試合です。そして、今回の正解が明日も正解かと言うと違うかもしれません。今回の結果で堅守速攻型がトレンドになる、等 [続きを読む]
  • 高い壁
  • 流石に寝不足で身体が重い感じがします。おまけにこの暑さでグラウンドで授業、スクールの指導で、もう少しで美味しい焼豚になる位に日焼けしています。さて、昨夜のワールドカップの決勝トーナメント、ブラジル対メキシコ戦に酔いしれた後、少し休んで日本対ベルギー戦を観戦しました。日本が負けたのは妥当な結果だと思います。試合後のインタビューでは西野監督は「何が足りないんでしょう?」等と発言されましたが、本当に気付いていないのかと疑問に思います [続きを読む]
  • ボール回し
  • サッカーやバスケットボール等のゴール型球技の特殊目標は一定時間内に相手より多くの得点を獲得する事です。勝つ為には得点が必要であり、その為にはボールを保持しなければなりません。一般的に、得点する為にはボールが必要になるからです。つまり、ボールを持つチームに得点する可能性があり、その本質はボールの奪い合いとなり、それを目指す事が楽しみに繋がると思われます。特にサッカーはバスケットポール等とは異なり主として下肢を利用してボールを扱い、ショル [続きを読む]
  • 遠い世界
  • 昨夜のブラジル対コスタリカ戦は、戦前の予想通りコスタリカが守備ラインを下げてスペースを与えない、所謂、ベタ引きでカウンターを狙う引き分けでも良しとするような戦い方に対してブラジルは苦戦しました。コスタリカはゴールキーパーのナバスを中心に精一杯に守っていたと思います。しかし、後半も終盤になるとブラジルも、それを上回る程の気迫溢れるプレーでゴールに迫り、引き分けかと思われたアディッショナルタイムに二点を決めて勝ちました。素晴らしかったです。久しぶりに私も [続きを読む]
  • 梅雨とワールドカップ
  • 梅雨の真っ只中、ワールドカップも開幕して、連日、寝不足と戦いながら観戦しています。日韓ワールドカップの時は梅雨時の湿度でヨーロッパの選手達はヘロヘロな状態でしたが、私もこの時期は嫌いです。さて、先日のスペイン対ポルトガルの試合は引き分ける事は何となく予想していましたが、3対3の点の取り合いで楽しめました。昨日はメキシコが良いプレーをしてドイツに勝ち、ブラジルはスイスに、アルゼンチンはアイスランドに引き分けるという驚きもありました。ただ、彼らは予 [続きを読む]
  • 虚無感
  • 結局、監督が代わったからと言って、そのやり方に直ぐに対応する事が出来るような有能な選手が日本には絶対的に少ないのが現状だと思うのです。それを知ってか知らずかわかりませんが、勝つ可能性を高める為に、コミュニケーション不足等という不可解な理由で、無駄遣いをしてまで監督を代える暴挙に出るようなサッカー協会に未来はないと思っています。今回、監督を代えてコミュニケーションが良くなった云々との報道も見受けられましたが、サッカーはコミュニケー [続きを読む]
  • 第二回かわせみ杯
  • 昨日、かわせみ杯日野女子サッカー大会が終わりました。一昨日の予選リーグの残りの2試合、SERUM戦には3対0で勝ち、続く府ロクレディース戦に勝てば準決勝進出の可能性も残っていたのですが、1対3で敗れました。この結果、我が帝京大学女子サッカー同好会は予選リーグを1勝3敗でグループ4位で、昨日の5-7位リーグを戦いました。初戦は東京都リーグ一部に所属するフィオーレ武蔵野という格上のチームとの対戦となりました。相手もトップフォームではなかったと思われますが [続きを読む]
  • 半世紀
  • 昨日、第二回かわせみ杯日野女子サッカー大会が始まり、我が帝京大学も参加させて頂いています。先月迄はメンバーが6名しか残っておらず、存続の危機にも直面しましたが、8名の新入生を迎え、チームにとっては最大のプレゼントを貰ったような感じで、この大会にも出場しプレー出来る事に感謝しています。初戦は地元の欅SCとの対戦となりました。例年、接戦で昨年も僅差で負けている相手だったので何とか勝ちたかったのですが、1対2で敗れました。 [続きを読む]
  • 結果にコミット
  • 新年度が始まったと思えば、今週を乗り切ればゴールデンウィークです。待ち遠しい限りです。 今期は我が東京ヴェルディが4勝6分と無敗を続けています。ホームで0対0等のゲームも見受けられましたが、現時点で総失点が3点というのは素晴らしい成果だと思います。勝ち点で考えると6勝4敗と同等ですが、負けていないという事は相手にも勝ち点3を与えていないとも言えるので、悪くない結果だと思います。この調子でトップチームが頑張って貰えると、スクール [続きを読む]
  • 受動喫煙
  • 4月1日から東京都では「子どもの受動喫煙 防止条例」が施行されました。当面、罰則なしとの事ですが、基本的に子供のいる場所では家でも喫煙してはいけない事になりました。私は喫煙経験のない嫌煙家なので、今後、全国的にこのような流れになってほしいと思っています。願わくは、対象が子どもに限らず私のような嫌煙家の前で喫煙する事を禁止してほしい位です。受動喫煙の害については様々な研究等で報告されていて周知の通りで [続きを読む]
  • 2017年度末
  • 桜も開花し、春が来て、いよいよ年度末です。今年度も全ての仕事に全力で取り組んで来たつもりですが、思うような成果が挙げられなかった事もありました。今年度は来年度の文科省による再過程認定の為の教員審査に対して我々の業績も求められるという事で、私も論文を執筆する研究活動に重点を置きました。先月、「フットサルにおけるシュートに結びつく攻撃戦術に関する研究〜得点力を高める為の指導法についての一考察〜」と題した拙い論 [続きを読む]
  • スポーツ文化
  • 平昌五輪も今日で閉幕し、早いもので2月も末となりいよいよ年度末が近付いてきました。冬季五輪はあまり観ないのですが、サッカーと同じゴール型球技のアイスホッケーと駆け引きが存分に楽しめるカーリングは見ていました。昨夜のカーリング女子の三位決定戦はしびれました。イギリスの最後の投球がミスとなり日本の銅メダルが決まりました。カーリングの精神では相手のミスを喜んではいけないとの事ですが、あのミスを生み出したのはそれまでの戦い方があった訳で、イギ [続きを読む]
  • 戯言
  • 正月休みは正しくのんびりと過ごしました。今年は先週の土曜日に星槎大学のスクーリングから仕事始めとなり、明日から通常の授業とスクールの指導も始まります。今年も頑張ります。さて、年末年始は様々なスポーツが行われ、観戦するには良いですが、プレーする方は正月休みもなくて大変だろうかと思います。日本人なら盆と正月くらいはゆっくり休みたいと考えているので、私が当事者だったらやりたくないのが本音です。昨日、高校サッカーも決勝戦が [続きを読む]
  • 2017年蹴り納め
  • 今年もいよいよ終わりが近づいています。本当に月日の流れは早いものです。一昨日、宮崎での星槎大学の集中講義を終えて、2017年の仕事納めとなりました。今年も与えられた仕事に精一杯に取り組んで来たつもりでしたが、私自身、今年はスクールの指導、大学の授業の他に研究論文の執筆等に時間を費やさなければならない事情もあり、帝京大学女子の指導に当たる時間が例年以上に少なくなった事もあり、選手達には辛い思いをさせてしまい [続きを読む]
  • 出張
  • 昨日は帝京大学女子サッカー同好会の蹴り納めのゲーム大会を楽しみました。今年は人数も揃わず本当に厳しいシーズンでした。来期に向けて、プレーの面だけではなく、メンバー集め等のチーム運営の面でもしっかりと取り組めるように仕向けたいと思います。先週に行われた東京都女子リーグ3部最終節、東京学芸大学戦にも0対2で敗れ、1勝6敗2分で最下位となり、来期は4部に降格となってしまいました。残念ですが仕方ありません。年が明けたら残ったメンバー [続きを読む]
  • 師走の匂い
  • 早いものでいよいよ年末を感じる時期になりました。先週末には京都の明治国際医療大学での星槎大学のスクーリングでした。大学に近付くと雪景色でグラウンドは10?程度の積雪で使用が出来ず体育館での授業となりました。それでも学生達はしっかりと取り組んでくれて、精一杯に頭と体を動かしてもらえたかと思います。残念なのは負傷者を出してしまった事でした。スポーツに怪我は付き物だとも考えられますが、我々指導者はそれを前提にするの [続きを読む]
  • 刺激
  • 昨日、名古屋が昇格プレーオフを制して来期の一部復帰を決めました。我が東京ヴェルディは福岡に敗れ、残念ながら一部昇格は果たせませんでした。仕方ありません。再来年はクラブ創立50周年となるので、来年は勝負になる事は必至です。今期は最低限の目標としてプレーオフ進出を果たせたので来期こそは昇格を勝ち取れるように地域も含めてクラブ全体を盛り上げて行きたいと思います。国内のサッカーシーズンは終わりが近づいていますが、来年のワールドカップ [続きを読む]
  • Not yet.
  • まだ何も成し遂げていません。先日、J2リーグ最終節の徳島戦に勝ち、我が東京ヴェルディは5位となり、昇格プレーオフに進出が決まりました。今期、最多の14541名の皆様にお集まり頂いた事もあり、最低限の目標は果たせたのかと思います。ただ、昇格に向けてはあと2試合に勝たなければなりません。確かに厳しいとは思いますが、勝負は何が起こるかわかりません。特に一発勝負なのでチャンスはあると思います。昨年は残留争いに巻き込まれるような [続きを読む]
  • Viva Peru!
  • 昨日、ペルーがニュージーランドに勝ち、1982年スペイン大会以来のワールドカップ出場を決めました。ペルー人の友人がいるため、ずっと応援していたのですが、流石に南米予選は厳しく、中々勝ち抜けられなかったので、来年のワールドカップは本当に楽しみになりました。ただ、今回はイタリア、オランダ、チリ等の強豪国が予選で敗退している事は残念です。欧州や南米の予選は本当に厳しい戦いだと思われます。それに比べてアジア予選は楽だと考えざるを得ません。今回 [続きを読む]
  • 最下位
  • 先日、学生からTOKIOのリーダーの城島茂さんに似ていると言われました。物凄く贔屓目に見ての事であるとは思いますが私も遂にジャニーズ入りを果たしました。そんな事より、一昨日の日曜日に行われた関東大学女子リーグ3部、日本女子体育大学戦には0対9で敗れ、我々帝京大学は開幕7連敗となり単独で最下位になりました。こちらは相変わらず8名でのプレーを余儀なくされました。その内2名は負傷等で満足に走る事も出来ないような選手でありま [続きを読む]
  • 責任感
  • 連休明けの本日は流石に好天となりました。10月10日は降雨の確率が著しく低いという事から1964年の東京五輪の開会式が行われた日で、数年前までは体育の日とされ祝日でした。今年は昨日が体育の日でした。ハッピーマンデー等と謳って三連休を増やすという考えもわからなくはないのですが、やはりこのような記念日は日にちを変えない方が良いと思います。そのせいで祝日の昨日も大学では授業日でした。後期からは、身体と運動という講義を [続きを読む]
  • 駆け引き
  • 10月です。秋学期の大学の授業も本格的に始まりました。また、新たな学生達との授業も精一杯に取り組みたいと思います。サッカーを楽しむ為には相手との駆け引きや裏の取り合い等が重要だと思います。悪く言えば、騙し合いとも思われますが、そこに楽しさがあるのも事実です。日常でやってはいけない事をスポーツでは味わえるから楽しいとも思われます。人の物を盗んではいけません。当然の事です。常に言っていますが、盗んで良いのはサッカ [続きを読む]
  • 遊び心
  • 先週末、我が日テレ・ベレーザが日本女子サッカーリーグの優勝を決めてリーグ三連覇となりました。一時期、資金力に勝るINAC神戸の勢いに影を潜める時期もありましたが、ここに来て、完全に復権してきたと思われます。クラブにとってはとても明るい話題です。やはり女子サッカーは我々ベレーザが覇権を取り、主導権を持って盛り上げて行かなければならないと思います。一方、ヴェルディは日曜日に名古屋に敗れ、この数試合は苦戦しております。ただ、ま [続きを読む]
  • サッカー関係者の質
  • 三連休の中日の日曜日、台風が近づく雨の中、関東大学女子リーグ3部、千葉大学戦が行われました。我々帝京大学は一名が欠席となり8名でのプレーとなりました。結果的には0対4で敗れ、三連敗となりました。選手達は少ない人数で精一杯にプレーしたと思います。サッカーは人数で行う訳ではなく、その状況で勝つ可能性を高める為に、如何なるプレーをするべきかと考えて楽しむものだと思います。負けたのは残念ですが、その意味では及第点は与えら [続きを読む]
  • 憂鬱
  • 9月も半ばに差し掛かり、今週末には月曜日の振り替えとして大学の授業も始まってしまいます。毎度、この時期は秋学期の授業の準備やら何やらとやる事が増えてきて何となく憂鬱な気分です。先日の関東大学女子リーグ3部、埼玉大学戦には1対2で敗れ、開幕から2連敗となり、来週からは上位チームとの対戦を控え、今年も敗戦がどこまで続くのかと不安が募り、憂鬱な気分が強まります。我々帝京大学は相変わらず9名で戦い、互角以上のプレーを [続きを読む]