世界の奥 さん プロフィール

  •  
世界の奥さん: サッカー人生の裏街道
ハンドル名世界の奥 さん
ブログタイトルサッカー人生の裏街道
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/yasuneko1968
サイト紹介文FOOTBALLの更なる普及を目指して!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供31回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2010/07/23 00:16

世界の奥 さんのブログ記事

  • マジック1
  • まだ何も成し遂げていません。ただ、あと一つの所までたどり着きました。J1参入プレーオフ、先日の大宮戦に続き、横浜FC戦にも後半の試合終了間際のコーナーキックにキーパーも攻め上がる、パワープレーが見事に決まり、勝利して、正に入れ替え戦という明後日の磐田戦との戦いに駒を進めました。劇的でした。恥ずかしながらゴールの瞬間は私も久しぶりに叫んでしまいました。試合内容はそれほど良かったとは思われませんが、この戦いは勝つ事が全てです [続きを読む]
  • J1参入プレーオフ
  • 12月です。今年もあと一ヶ月となりました。本当に早いものです。先週末、東京都女子サッカーリーグ4部、チアフル日野戦が行われ、3対0で勝ちました。相手は9人だった事を考慮するともっと得点が取れても良かったのですが、仕方ありません。我々帝京大学も相変わらずメンバーが揃わず、交代要員なしの11名での戦いとなりました。前半の立ち上がりに二点が取れた事もあり、後半には数名の選手に新たな役割を与え、異なるポジションでのプレーを求める等 [続きを読む]
  • 緊急事態
  • 先日、関東大学女子リーグを終えて、3部リーグ、13チーム中の8位となりました。そして、東京都女子リーグ4部の戦いが再開されました。18日には荒鷲FCという慶應義塾大学のOGチームとの試合が行われ、3対3で引き分けとなりました。残念でした。ただ、我々のゴールキーパーが家庭の事情で欠場となり、急造のゴールキーパーでの戦いを強いられた為、健闘したとも考えられますが、後半に3対1とリードした後にフリーキックを与えてしまい、不慣れなゴールキーパーを狙われて [続きを読む]
  • 藤川さん
  • 先日、読売クラブ時代からの先輩である藤川孝幸さんの訃報が届きました。残念です。私は藤川さんのような素晴らしい選手ではなかった為、選手時代は殆ど交流もなかったのですが、指導者になってからは藤川さんのアカデミーで指導をさせて頂く機会もあり、大変お世話になりました。昨年末から闘病を続けながら、辛かった筈なのに弱音を吐かず、プロとして仕事をこなしながら癌と立ち向かい、完治させようと必死に取り組む姿勢はまさ [続きを読む]
  • J2最終節
  • 今日は久しぶりにオフとなり、近所のイングリッシュパブHUB町田店に出向き、フィッシュ&チップスをつまみながら好物のギネスビールを昼間から飲んでました。もう四半世紀も前の事ですが、英国のボーンマスで過ごしていた頃を思い出しながら、こういうのが正しい週末の過ごし方なのではないかと一人のんびりと楽しみました。ただ、普段から一人で飲みに行ったりする事はそれ程多くはないのですが、日々嫌な事ばかりで今日はどうしても酒を飲まずにはいられな [続きを読む]
  • 一生懸命
  • 一生懸命に行う事が格好悪いという風潮もあるようです。でも、時には必死になって物事に立ち向かう事も大事だと私は感じています。昔の読売クラブには相手をおちょくって、裏を取ったり、言い方を悪くすれば相手を小馬鹿にしたプレーを試行する傾向にあったと思われます。ただ、それが出来たのはそれなりの力があったからだと思います。一生懸命にやらなくても良いプレーをして勝てるならばそれで良いかと思います。勝負の世界では、出来 [続きを読む]
  • ハロウィン
  • 今日はハロウィンとの事で渋谷の街は大変な事になっているようです。こんなに大騒ぎしている若者の中で、本来のハロウィンの由来やその意味を理解している者がどれだけいるのかと考えると情けなくなる限りです。クリスマスやバレンタインデーも然り、昔から日本人は海外の文化を自己流に解釈して独自のイベントとして扱う事に長けていると思われます。ただ、近年のハロウィンに見られるような単に騒ぎたいだけと思われる若者達を見ると何だか切なくなります。さ [続きを読む]
  • 国際武道大学戦
  • 昨夜のドラフト会議で今年も何れの球団からも指名されませんでした。スクールでの指導中もそわそわしていましたが私の電話は一向に鳴らず、残念でした。そんな訳で、今日は同様の事を宣っている野球好きの中年達が多々見受けられた事と思われます。毎年、ジャイアンツの入団テストを受けるようなおじさんがいたり、このような遊び心を抱く事もいとおかしかと思います。さて、先日の関東大学女子リーグ3部、国際武道大学戦には1対4で負けてしまいまし [続きを読む]
  • 5/57
  • 先日、関東大学女子サッカーリーグ3部、第8節、東京大学戦が行われ、5対1で勝利し、今期初の連勝となり4勝4敗の五分に戻しました。東京大学のような学業優秀な大学にはサッカーで負けてはいけないと、サッカーに関しての頭脳で翻弄して勝つ事を目指して戦いました。相手も初心者の学生が多いようで、余計に質の違いを見せつけなければならないと感じましたが、一失点を喫してしまいました。被シュート数は2本に抑えましたが我々のミスをつけこまれまし [続きを読む]
  • プレーヤーズファースト
  • 前節、千葉大学に1対7で敗れた関東大学女子リーグ3部、我が帝京大学は先週土曜日の成城大学戦に1対0で辛勝し、3勝4敗となりました。次の東京大学戦にも勝って勝率を五分に戻したい所です。その2試合については内容そのものよりも、審判に問題が感じられました。やはり何れも女性審判員の方が担当してくれましたが、ルールには詳しいと思われますがサッカーが分かっていないと感じざるを得ない程、その力量には疑問符が付くような感じでした [続きを読む]
  • 残念
  • 上位陣が負けたり引き分けたりした今節のJリーグ2部、我が東京ヴェルディは順位を上げ、勝ち点差を縮めるべく挑んだ本日の熊本戦に引き分けてしまいました。残念です。先制され逆転し、良い形で崩してチャンスを作り、PKを得ましたがキーパーに止められ、突き放せずに追い付かれるという、何とも困った試合になってしまいました。熊本は降格争いで必死に戦っていた感じでした。それはわかりきっている事なので此方も自動昇格の2位以内を目刺し [続きを読む]
  • 海ほたる
  • 昨日、初めて東京湾アクアラインを通りました。海底トンネルに人工島のパーキングエリアの海ほたる等、人間の技術は素晴らしいと今更ながら感心しています。ただ、海底部、海上を走行中や海ほたるでの休憩中も、実は小心者の私は、もしも今、先日の台風21号並の強風が吹いて来たりしたらどうなるか、等と考えて、若干、不安であまりのんびり出来ずにさっさと渡りきってしまいました。何故、アクアラインを利用したかと言うと、やはり週末なので素敵な女性 [続きを読む]
  • 安全第一
  • 9月になりましたが残暑が厳しい昨日、関東大学女子サッカーリーグ3部、上武大学戦が行われました。今週からスクールも始まりましたが、大学はまだ夏休み中の為、平日の開催となりました。先日、土曜日には日本女子体育大学戦に1対8で敗れて、中3日で、会場は群馬県前橋総合運動公園で移動が大変な上、台風が去った後の13時開始という暑さとの戦いも重なり、我々にとっては厳しい条件となりました。相手は昨年からリーグ加盟し、有力選手を集め [続きを読む]
  • アジアの大会
  • 先日、U20女子ワールドカップで日本は優勝しました。若い年代の大会とはいえ、世界のタイトルを獲得した事は明るい話題かと思います。ただ、これをまた次に繋いで行かなければなりません。いつまでも2011年の女子ワールドカップでの決勝戦にアメリカと引き分けてPK戦で優勝した過去の栄光にすがっていては進歩はないと思います。この世代が成長し、アメリカにも勝って文句なしの世界一のタイトル奪取を目指して行かなければ、今回の優勝も嬉しいだけで終わっ [続きを読む]
  • 酷暑と台風
  • 今日はガン検診で胃カメラをぶちこまれてきました。何度やってもなれません。嫌なものです。でも、万が一の事になっても早期発見、早期治療で治せる可能性が高い現代、やるしかないと思って毎年受診しています。体育の先生として常に健康的なデブ、動けるオヤジを目指していますし、今後、やるべき事もやりたい事も多々あります。さて、今年、平成最後の夏休みは酷暑やら台風やらで厄介です。先月、開催される予定のスクールのイベントも酷暑で [続きを読む]
  • フランス
  • ワールドカップはフランスの優勝で幕を閉じました。この一ヶ月間は世界の多種多様なプレーを観る事が出来て楽しめました。一般的にはどのチームも勝つ為にプレーします。そのやり方は其々で、ベルギーの選手達などには「アンチフットボールだ」と批判されようとも勝ったフランスが正解だったと思われます。どのやり方が正しいのかを試し合うのが試合です。そして、今回の正解が明日も正解かと言うと違うかもしれません。今回の結果で堅守速攻型がトレンドになる、等 [続きを読む]
  • 高い壁
  • 流石に寝不足で身体が重い感じがします。おまけにこの暑さでグラウンドで授業、スクールの指導で、もう少しで美味しい焼豚になる位に日焼けしています。さて、昨夜のワールドカップの決勝トーナメント、ブラジル対メキシコ戦に酔いしれた後、少し休んで日本対ベルギー戦を観戦しました。日本が負けたのは妥当な結果だと思います。試合後のインタビューでは西野監督は「何が足りないんでしょう?」等と発言されましたが、本当に気付いていないのかと疑問に思います [続きを読む]
  • ボール回し
  • サッカーやバスケットボール等のゴール型球技の特殊目標は一定時間内に相手より多くの得点を獲得する事です。勝つ為には得点が必要であり、その為にはボールを保持しなければなりません。一般的に、得点する為にはボールが必要になるからです。つまり、ボールを持つチームに得点する可能性があり、その本質はボールの奪い合いとなり、それを目指す事が楽しみに繋がると思われます。特にサッカーはバスケットポール等とは異なり主として下肢を利用してボールを扱い、ショル [続きを読む]
  • 遠い世界
  • 昨夜のブラジル対コスタリカ戦は、戦前の予想通りコスタリカが守備ラインを下げてスペースを与えない、所謂、ベタ引きでカウンターを狙う引き分けでも良しとするような戦い方に対してブラジルは苦戦しました。コスタリカはゴールキーパーのナバスを中心に精一杯に守っていたと思います。しかし、後半も終盤になるとブラジルも、それを上回る程の気迫溢れるプレーでゴールに迫り、引き分けかと思われたアディッショナルタイムに二点を決めて勝ちました。素晴らしかったです。久しぶりに私も [続きを読む]
  • 梅雨とワールドカップ
  • 梅雨の真っ只中、ワールドカップも開幕して、連日、寝不足と戦いながら観戦しています。日韓ワールドカップの時は梅雨時の湿度でヨーロッパの選手達はヘロヘロな状態でしたが、私もこの時期は嫌いです。さて、先日のスペイン対ポルトガルの試合は引き分ける事は何となく予想していましたが、3対3の点の取り合いで楽しめました。昨日はメキシコが良いプレーをしてドイツに勝ち、ブラジルはスイスに、アルゼンチンはアイスランドに引き分けるという驚きもありました。ただ、彼らは予 [続きを読む]
  • 虚無感
  • 結局、監督が代わったからと言って、そのやり方に直ぐに対応する事が出来るような有能な選手が日本には絶対的に少ないのが現状だと思うのです。それを知ってか知らずかわかりませんが、勝つ可能性を高める為に、コミュニケーション不足等という不可解な理由で、無駄遣いをしてまで監督を代える暴挙に出るようなサッカー協会に未来はないと思っています。今回、監督を代えてコミュニケーションが良くなった云々との報道も見受けられましたが、サッカーはコミュニケー [続きを読む]
  • 第二回かわせみ杯
  • 昨日、かわせみ杯日野女子サッカー大会が終わりました。一昨日の予選リーグの残りの2試合、SERUM戦には3対0で勝ち、続く府ロクレディース戦に勝てば準決勝進出の可能性も残っていたのですが、1対3で敗れました。この結果、我が帝京大学女子サッカー同好会は予選リーグを1勝3敗でグループ4位で、昨日の5-7位リーグを戦いました。初戦は東京都リーグ一部に所属するフィオーレ武蔵野という格上のチームとの対戦となりました。相手もトップフォームではなかったと思われますが [続きを読む]
  • 半世紀
  • 昨日、第二回かわせみ杯日野女子サッカー大会が始まり、我が帝京大学も参加させて頂いています。先月迄はメンバーが6名しか残っておらず、存続の危機にも直面しましたが、8名の新入生を迎え、チームにとっては最大のプレゼントを貰ったような感じで、この大会にも出場しプレー出来る事に感謝しています。初戦は地元の欅SCとの対戦となりました。例年、接戦で昨年も僅差で負けている相手だったので何とか勝ちたかったのですが、1対2で敗れました。 [続きを読む]
  • 結果にコミット
  • 新年度が始まったと思えば、今週を乗り切ればゴールデンウィークです。待ち遠しい限りです。 今期は我が東京ヴェルディが4勝6分と無敗を続けています。ホームで0対0等のゲームも見受けられましたが、現時点で総失点が3点というのは素晴らしい成果だと思います。勝ち点で考えると6勝4敗と同等ですが、負けていないという事は相手にも勝ち点3を与えていないとも言えるので、悪くない結果だと思います。この調子でトップチームが頑張って貰えると、スクール [続きを読む]
  • 受動喫煙
  • 4月1日から東京都では「子どもの受動喫煙 防止条例」が施行されました。当面、罰則なしとの事ですが、基本的に子供のいる場所では家でも喫煙してはいけない事になりました。私は喫煙経験のない嫌煙家なので、今後、全国的にこのような流れになってほしいと思っています。願わくは、対象が子どもに限らず私のような嫌煙家の前で喫煙する事を禁止してほしい位です。受動喫煙の害については様々な研究等で報告されていて周知の通りで [続きを読む]