外観・デザインよりも、長持ちする健康住宅 さん プロフィール

  •  
外観・デザインよりも、長持ちする健康住宅さん: 帰って来て”ほっ”できる住み心地一番の家
ハンドル名外観・デザインよりも、長持ちする健康住宅 さん
ブログタイトル帰って来て”ほっ”できる住み心地一番の家
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/sumainogon
サイト紹介文どこにも無かった、誰も知らなかった住み心地一番の家づくり。住宅のあり方を根底から変える
自由文日本の住宅平均寿命は30年。シックハウス問題など、ありとあらゆる優秀な物品を輸出している日本の家づくりはおかしい!安心・安全で確かな裏づけのある資産価値の高い家づくりを目指しています。特に住み心地には絶大な自信を持っています。その良さを比較するため、以前の家を放置したままモデルハウスを建て、自ら住み、希望体験宿泊者を受け入れもしています。まずは体感から始めてください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供376回 / 365日(平均7.2回/週) - 参加 2010/07/24 11:09

外観・デザインよりも、長持ちする健康住宅 さんのブログ記事

  • 家って、31年しか持たないのですか?
  • 住環境アドバイザーの上郡清政です。 あなたも?いい家”づくりを学んでみませんか? 「家って、31年しか持たないのですか?」 どこでお聞きになったかわかりませんが、 「家って、31年しか持たないのですか?」 と、このようなことを聞いてくる人がいました。 「そんな短いことでは・・・困ります。話になりません!」 ここ兵庫県丹波市は人口7万弱。 今も昔ながらの家が多くあります。 その人は、息子さん夫婦が今 [続きを読む]
  • 使う柱は薬漬け、こんな家で大丈夫なのでしょうか?
  • 住環境アドバイザーの上郡清政です。 あなたも?いい家”づくりを学んでみませんか? 『使う柱は薬漬け、こんな家で大丈夫なのでしょうか?』 このような質問をしてくる人がいました。 その住宅業者は、次のようなことを言ったそうです。 「薬漬けの柱ですが、すべて内装材で隠れてしまいますから大丈夫です。 そして薬の使用量は国の基準値を下回っていますから・・・」 では国の基準値を下回っていたなら、本当に大丈夫な [続きを読む]
  • 6つのルールを確かめるだけ
  • 住環境アドバイザーの上郡清政です。 あなたも?いい家”づくりを学んでみませんか? 『6つのルールを確かめるだけ』 食品なら、買うとき賞味期限に生産地などを見ます。 電化製品なら取扱書を見てから使い始めます。 ならば家にも、その家の特徴・取扱書などが必要だと思ったのです。 それが本日発売の『病気にならない家 6つのルール』です。 「暖かい家・涼しい家」と言われても、それがどこにあり、どのような役目を [続きを読む]
  • あすは『病気にならない家 6つのルール』の発売日
  • 住環境アドバイザーの上郡清政です。 あなたも?いい家”づくりを学んでみませんか? あすは『病気にならない家 6つのルール』の発売日 私はこの住宅産業に参入した時、 「家とは、人を救い護るものではないのか?」 が素直な感想でした。 モデルハウス・住宅展示場へも行きました。 ところが外観・デザイン・価格ばかりが優先して、家本来の姿が見えてきません。 いずれも私が満足できるものではありませんでした。 こ [続きを読む]
  • なぜ、日本人の半数がアレルギー?
  • 住環境アドバイザーの上郡清政です。 あなたも?いい家”づくりを学んでみませんか? 『なぜ、日本人の半数がアレルギー?』 今、日本人の約半数が何らかのアレルギー症状だそうです。 その多くの原因はカビ・ダニで、湿度が大いに関わっています。 昔の家は木製建具に障子。 そして隙間だらけのスカスカの家でした。 まず障子がアルミサッシに取って代わったことから問題が発生。 アルミサッシになった分、家は随分暖かく [続きを読む]
  • その部屋から出ると、寒くないですか?
  • 住環境アドバイザーの上郡清政です。 あなたも?いい家”づくりを学んでみませんか? 『その部屋から出ると、寒くないですか?』 ここ幾日か朝の外気温が14℃台。 今朝は13,3℃。昨日の最高気温は15,3℃。 ところであなたの家、今の室温は? 暖房器具はお使いですか? 私の家では蓄熱ストーブを使い始めています。 今朝の外気温が13,3℃。それに対して室温は23,5℃。 扉を閉めているトイレ以外、床から [続きを読む]
  • 足元が冷たくなければ
  • 住環境アドバイザーの上郡清政です。 あなたも?いい家”づくりを学んでみませんか? 「足元が冷たくなければ」 主婦は、朝がいかほど寒くてもキッチンに立ちます。 その時、足元に冷たさがあれば動きずらいです。 イヤだな〜と思うストレスに発展するかもしれません。 冷たさのないキッチンであれば、いかほど気分がいいか。 その状況が廊下・洗面所・脱衣所などにあれば、さらに動きやすいですね。 オススメのこの家は『 [続きを読む]
  • もし空気が入れ換わっていたなら
  • 住環境アドバイザーの上郡清政です。 あなたも?いい家”づくりを学んでみませんか? 『もし空気が入れ換わっていたなら・・・』 自著『病気にならない家 6つのルール』で第一章に取り上げたのが『換気』 先日の新聞に『受動喫煙による死者1万5000人』とありました。 その被害を一番受けているのが飲食店で、二番目が遊技場だそうです。 事実、それを裏付けるように呼吸器内科に努めている娘は、「そこで働いている、 [続きを読む]
  • 販売・施工業者を募集いたします
  • 『販売・施工業者を募集いたします』 自著『病気にならない家 6つのルール』10月20日発売。 そこで販売・施工をご協力願える工務店を募集いたします。 まったくこの工法をご存知ない方でも大丈夫です。 なぜなら、私も51歳のズブの素人から始めたのですから。 なぜ募集かと言えば、発刊後、必ずこの家を求める人が現れます。私だけでは対処できません。 その裏付けが、まず私の次女のアトピー性皮膚炎が「入居2か月 [続きを読む]
  • 病気にならない家 6つのルール が主たる書店に
  • 住環境アドバイザーの上郡清政です。 あなたも?いい家”づくりを学んでみませんか? 『病気にならない家 6つのルール が主たる書店に』 出版社『KKベストセラーズ』様から連絡がありました。 自著『病気にならない家 6つのルール』が、10月20日には下記の主たる書店に並ぶそうです。 紀伊国屋書店梅田本店 入口メインコーナー 丸善丸の内本店 メイン平台 三省堂池袋本店 実用書柱平台 有隣堂横浜西口店 レジ [続きを読む]
  • お施主様が、営業マン?
  • 住環境アドバイザーの上郡清政です。 あなたも?いい家”づくりを学んでみませんか? 『お施主様が、営業マン?』 「わたし長年やってきたこの仕事をやめます。この家の拡大を手伝わせてください」 こうおっしゃるのは、西宮市在住の西脇尚子様。 30年以上デザインから縫製まで手掛けられ、年に2度ほど個展も開いておられる実力者です。 なのに、それを捨ててまでこの家の拡大に努めたいとおっしゃいます。 最初、私は気 [続きを読む]
  • 一乗建設様をご紹介します
  • 住環境アドバイザーの上郡清政です。 あなたも?いい家”づくりを学んでみませんか? 『一乗建設様をご紹介します』 山口県萩市は吉田松陰の故郷。 その松陰神社から、ほど近いところにあるのが一乗建設様。 今は息子さんが跡を継いでおられます。 先代のお父さんには時代の先を読む力がありました。 「これからの家づくりは、このようになる!」と、事務所の隣に外断熱・二重通気 ソーラーサーキットのモデルハウスを建て [続きを読む]
  • アリア建築工房様をご紹介します
  • 住環境アドバイザーの上郡清政です。 あなたも?いい家”づくりを学んでみませんか? 『アリア建築工房様をご紹介します』 社長の岡本正様とは、NPO法人健康住宅普及協会からの長いお付き合いがあります。 私の新刊『病気にならない家6つのルール』でも、私の『想い』にご協力願っている工務店としてご紹介させていただいています。 一言、どこを切っても誠実だらけの人です。 仕事人間でいつ休んでいるのだろうかと思うほ [続きを読む]
  • いつしか見えたチラシの顔
  • 住環境アドバイザーの上郡清政です。 あなたも?いい家”づくりを学んでみませんか? 『いつしか見えたチラシの顔』 私は幾度もチラシをつくるのですが、なかなかいい成果が得られません。 そこで自分ではいいと思ったチラシをある師匠に見てもらいました。 すると、その師匠から「このチラシ、顔がぐちゃぐちゃではないか!どんな顔にしたいのか?」と言われました。 私は「チラシに顔???」でした。 なんのことかわかり [続きを読む]
  • ブログは伝える力を養うために
  • 住環境アドバイザーの上郡清政です。 あなたも?いい家”づくりを学んでみませんか? 『ブログは伝える力を養うために』 私は、今でこそチラシで狙った客を集められるまでになりました。 でも、そこまでには多くの失敗がありました。 二日間の構造見学会で、わずか1組ってこともありました。 伝える力が備わっていなかったのですね。 それからは『伝える』を学びました。 私にはお師匠様といえる人が8人います。 また、 [続きを読む]
  • 伝える力
  • 住環境アドバイザーの上郡清政です。 あなたも?いい家”づくりを学んでみませんか? 『伝える力』 このたびの『商業出版』について、思うことがあります。 それは『伝える』です。 私は住宅業界に参入したものの、何から始めていいのかわかりませんでした。 ただ、欲しい人に欲しいものを見せれば物は売れる。 このことだけは呉服を扱っている時代から知っていました。 ですからこの家を欲しがる人を、どうやって集めるか [続きを読む]
  • 予約受付が始まっていますね
  • 住環境アドバイザーの上郡清政です。 あなたも?いい家”づくりを学んでみませんか? 『予約受付が始まっていますね!』 10月2日の朝から、 「ネットで『病気にならない家 6つのルール』の予約受付が始まっていますね!」 と、このような声を数人からいただきました。 私は最初、それがなんのことかわかりませんでした。 そこで私もネットで『病気にならない家6つのルール』と検索してみると、 なんと、アマゾン、楽 [続きを読む]
  • 水分の逃げ道 その5 考え方を変えて欲しい場所
  • 住環境アドバイザーの上郡清政です。 あなたも?いい家”づくりを学んでみませんか? 『水分の逃げ道 その5 考え方を変えて欲しい場所』 日本人は扉の開け放し行為が、だらしない、みっともない、恥とも思います。 ですから、なんでもかんでも閉じてしまいます。 そこで私はそれらの考え方を変えて欲しい場所があります。 キッチン関係です。 いつも閉じていると、 風通しが悪くなる。 水分の逃げ道がなくなる。 あな [続きを読む]
  • 水分の逃げ道 その4 床下湿度
  • 住環境アドバイザーの上郡清政です。 あなたも?いい家”づくりを学んでみませんか? 『水分の逃げ道 その4 床下湿度』 きのう「家中がほぼ同じ温度になる」ことをお伝えしました。 その中で、特に大事なのが床下温度と湿度。 10月2日の床下温度23,6℃・湿度53%。 先日、床下環境についてこんな記事がありました。 「基礎断熱なのに床下に結露している」というものです。 場所は東北で新築して1年だとか [続きを読む]
  • 水分の逃げ道 その3 家中が乾いている
  • 住環境アドバイザーの上郡清政です。 あなたも?いい家”づくりを学んでみませんか? 『水分の逃げ道 その3 家中が乾いている』 きのうお伝えした、『生乾きの洗濯物』と『よく乾いた洗濯物』 どちらが温かいでしょうか? そうですね、よく乾いた洗濯物。 そのよく乾いた洗濯物の表れが、この家の温度に見られます。 その証が10月2日の自宅の温度。 小屋裏  23,8℃ 二階廊下 23,8℃ 居間温度 23,9 [続きを読む]
  • 水分の逃げ道 その2
  • 住環境アドバイザーの上郡清政です。 あなたも?いい家”づくりを学んでみませんか? 『水分の逃げ道 その2』 オススメのこの家では、内装材が吸った水分を逃がす仕掛けがあります。 夏場なら、熱気の排除と同時に水分も逃がすことができるのです。 その理由は断熱材と内装材の間にある空気の通り道。 つまり、断熱材を挟んで二つある通気層の一つ内通気層です。 これが、予想以上に活躍してくれるのです。 もちろん [続きを読む]
  • 空気たまりを起こさない工夫
  • 住環境アドバイザーの上郡清政です。 あなたも?いい家”づくりを学んでみませんか? 『空気たまりを起こさない工夫』 きのうお伝えした『水分の逃げ道』 その効果の一番は、やはり換気ですね。 ただ単に窓を開けるだけでも効果はあります。 とはいえ、いつも窓を開けるわけにはいきません。 暑さ寒さを防ぐには窓の開け放しはできないですからね。 そこで大事なのが気密性能と換気装置。 気密性能は、ある程度まで上 [続きを読む]
  • 水分の逃げ道は?
  • 住環境アドバイザーの上郡清政です。 あなたも?いい家”づくりを学んでみませんか? 『水分の逃げ道は?』 ビニールハウスは隙間が少ない。 暖められた空気は外へ出ない。 しかもビニールが二重だけに熱効率はいい。 さらにそこに、陽だしがあればハウス内の温度をより上げてくれます。 隙間の少なさは、こんなにも効果があるんですね。 ではこの状況を家に当てはめてみると、どうでしょうか? 困ること、ありません? [続きを読む]
  • 隙間をなくす
  • 住環境アドバイザーの上郡清政です。 あなたも?いい家”づくりを学んでみませんか? 『隙間をなくす』 「温度差をなくすためには、何が必要?」 この質問に、あなたならどう答えます? ビニールハウス。 あなたも見かけたことがあるでしょう。 私の近くでも冬場にイチゴを育てている農家があります。 よく見てみると、ビニールがしっかりと隙間なく張られています。 しかも二重に。 そこに暖房器具と温度調整のため [続きを読む]
  • 温度差をなくすためには、何が必要?
  • 住環境アドバイザーの上郡清政です。 あなたも?いい家”づくりを学んでみませんか? 『温度差をなくすためには、何が必要?』 34歳 心臓麻痺 その人の家は昔ながらの土壁に、外壁は焼き杉が使われていました。 その人のいた二階の部屋には暖房器具はホームこたつだけ。 エアコンも石油ストーブもありませんでした。 ホームこたつの布団を肩までかけるようにして使っておられました。 では、近年の家ではいかがでしょう [続きを読む]