Fj さん プロフィール

  •  
Fjさん: Everything for The Earth
ハンドル名Fj さん
ブログタイトルEverything for The Earth
ブログURLhttps://fjblog.exblog.jp
サイト紹介文福岡・大名にあるセレクトショップオーナーのブログ
自由文IPadやiPhoneの話題はもとより、車やバイク、cafeや移動販売の話題まで盛りだくさん。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供12回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2010/07/27 00:35

Fj さんのブログ記事

  • 近況報告 2018 夏
  • 6月上旬 Kentaのいる北海道へ行き6月中旬 久しぶりの東京そして6月下旬から福岡の南にある街でオファー(依頼)を受けた仕事に携わる。7月は当初からとても忙しく自分を省みる暇がないくらい仕事に没頭したその結果かつてない月間数字を記録有意義な1ヶ月であった8月も継続して前月以上の結果を出したいと思ってるその後メンバーに引き継ぎ9月からは新しいオファーに応える予定複数のオファーに... [続きを読む]
  • 起業について改めて考え江副さんの本を読み返した
  • 売野さんの本に続いて、最近読み返した本がある。リクルート創業者である江副さんの書いた『リクルートのDNA』何度読んだだろうか、僕のバイブルだ。中学時代に矢沢永吉の『成りあがり』を読んで大いに刺激を受けたけどそれ以来のインパクトを受け自分の道標になってる本。江副さんの書いている懐かしい話がリアルに飛び込んでくる。僕がいた頃に行われていた様々な事が改めて理解できる。読んでいると当... [続きを読む]
  • 熱い男WORLD 〜作詞家・売野雅勇〜
  • 1987年 大学3年生だった僕は就職活動を開始した志望企業は東急エージェンシーとCBSソニーそれはある人の影響を強く受けた結果だった。僕に影響を与えたその人は売野雅勇(うりのまさお)当時注目を浴びていた作詞家だ。さかのぼれば1982年僕が高校生の頃地元である大分市の夏祭りにデビューしたてのアイドル歌手がやってきた“中森明菜”というその歌手はポニーテールと圧倒的な歌の表現力で僕らを... [続きを読む]
  • ③Youtubeについて
  • YouTube(ユーチューブ)というものを知ってから10年経つ。YouTubeは世界中の人が面白いと思った動画を投稿するサイトなんだけどそんなに流行るものではないと当時は思ってた。でも時は経ち、投稿する事を職業とするYoutuber(ユーチューバー)がなりたい職業の上位に入ったり人気アーティストがプロモーションで使うようになりこれがなくては成り立たない時代となった。そして僕は別にYo... [続きを読む]
  • NIKEと仮想通貨とYoutube ②
  • 今ぼくが気になってる3つの事二つ目は仮想通貨基本的に実体のない仮想通貨は信用できないと思ってる資金集めの手段である新規ICOはほとんど詐欺だと思ってるだけど仮想通貨の利用のされ方などを調べていて気がついた「もはや世界からこれがなくなる事はないなと」理由は世界のほとんどの国は日本ほど銀行からの送金が簡単ではなく送金する手段さえない国が存在するそれを合理的に解決する策が仮想通貨だ... [続きを読む]
  • NIKEと仮想通貨とYoutube ①
  • 僕が今気になってる3つの事NIKEと仮想通貨とYoutubeまずはNIKE7年前に走り始めた時から僕はずっとNIKEのシューズを使ってるだけどトップランナー達はアシックスやMizuno、アディダスを使っていてNIKEはあまり見かけなかった事実、2017年12月に行われた福岡国際マラソンのスタート地点写真の通りアシックスやアディダスばかりだったやはりトップランナーはNIKEを使わな... [続きを読む]
  • はるまついぶき 〜二十歳になったMayuへ〜
  • 1月も終わろうとしているこの時期になると聴きたくなる曲がある『はるまついぶき』という曲ミスチルの桜井さんがボーカルをつとめるBank Band の曲だ。?降り積もる雪に覆われたはるまついぶきのようにかすかでも光に向かう強さを抱きしめたいいつの日にか向かい風だろうと翼にしてきっと僕らも羽ばたけるはず〜?そして今年長女Mayuが成人式を迎えた生まれてから20年間ずっと福岡にいて... [続きを読む]
  • NO RUN,NO LIFE.
  • 本格的に走り始めて6年が過ぎ総走行距離は7,400kmになるもはや生活していく上でなくてはならない存在だ寒風の吹きすさぶ真冬の夜9時からでも走り出す雨の日以外は時間を見つけて走ってるそれが全く苦にならない逆に走れない方が嫌だきっかけは熊本で仕事をしていた時整備された広大な歩道がある道を夜走り始めた最初は2〜3kmでもきつかった10kmなんてとても難易度の高い修業に思え... [続きを読む]
  • お城のある街で感じた離れがたい感情
  • 2017年は忘れられない年となった。毎年様々な企業から不動産に関する仕事の依頼がある2016年は埼玉〜東京〜横浜で仕事をした2017年も東京で仕事をするつもりだったところが“信頼できる人”から来たオファーはぼくの住む福岡市にほど近い北九州市のデベロッパーからの依頼だったそう、お城のある街北九州市小倉北区携わりはじめて最初に感じたことはこの会社の人たちは“人が良い”という事。... [続きを読む]
  • Fwj第8期のまとめなど
  • 弊社フレームワークスジャパン株式会社(略称 Fwj)の第8期が終わった。東京で大半を過ごした第7期と異なりじっくり九州で仕事をこなした。とはいえこの九州での仕事は東京経由で来たから第7期から繋がっているんだよね。そのおかげで今期は安定的に収益を上げることができた。お城のある街での仕事は意外な事も多かったけど新しい出会いもたくさんあり楽しめた。なにより自由が好きな僕が、この年に会社... [続きを読む]
  • 北海道と乃木坂46、そして秋元康
  • 北海道から戻り約1ヶ月が経つ長男Kentaに会いに行ったのに学生時代の忘れ物を彼の地に置いてきた事を思い出しまたすぐにでも行きたい衝動に駆られている同じように最近乃木坂46の事をよく考える興味を持ったのは1〜2ヶ月前からだけどその楽曲をよく聴いてる『それぞれの椅子』というアルバム聴けば聴くほどのめり込んでいくきっかけはレミゼで見かけた生田絵梨花その後白石麻衣の写真集が大ヒットしてい... [続きを読む]
  • 北海道へ  〜2017年 夏〜
  • 2017年8月 僕は日本最北端の町にいたこの町に来たのは2度目1度目は大学時代オートバイで北海道を一周した時だその時に出会った女の子に再び会いたいと思い遥かな年月を超えてここへ来たノリコとメグミノリコは女友達と2人で卒業旅行のために北海道へ来ていたメグミは地元の高校生だったこの話は別途語る事にしよう−ーー−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−北緯4... [続きを読む]
  • 微熱少年 〜青春のバイブル〜
  • 微熱少年松本隆が書いた青春小説1985年 僕はこの本が刊行された年に読み耽りその後の僕の人生に影響を与えてくれたまさに青春のバイブルとなった本である。2017年今この本の初版本が手許にある再び読み返した。次々と青春の思い出が蘇る。この本に刺激を受けて東京へ行ったこと魅力的な優子やエリーのような娘と恋愛したいと思ったことそ... [続きを読む]
  • 北からの便り 〜礼文島編〜
  • 2017年6月北海道にいる長男Kentaより便りが届いた。近況を知らせる写真だけの便りだけどその写真から本人が元気にやってる事が伝わってくる。礼文島僕は大学生の頃バイクで北海道を一周したその時に立ち寄った場所名物ユースホステルである桃岩ユースに泊まる事が目的だったそして桃岩荘ユースホステルは2017年も健在だった桃岩荘へは行かなかったようだがKentaが礼文島へ行ったとい... [続きを読む]
  • GOLFへ行こう
  • ご縁があり7年振りにゴルフへ行った。2009年12月以来のラウンド会場は福岡国際カントリークラブ。スタート時は小雨途中で雨は止むという予報だった。約40人が参加した企業コンペ7年振りの僕は他のメンバーに迷惑をかけないよう常に数本のクラブを持って走り回る覚悟だ。1番ホールティーショットドライバーから繰り出された打球は意外にもナイスショット実は7年間一度もクラブを握ってなかったので... [続きを読む]
  • GOLF 場へ行こう!
  • ご縁があり7年振りにゴルフへ行った。2009年12月以来のラウンド会場は福岡国際カントリークラブ。スタート時は小雨途中で雨は止むという予報だった。約40人が参加した企業コンペ7年振りの僕は他のメンバーに迷惑をかけないよう常に数本のクラブを持って走り回る覚悟だ。1番ホールティーショットドライバーから繰り出された打球は意外にもナイスショット実は7年間一度もクラブを握ってなかったので... [続きを読む]
  • 北からの便り
  • 2017年4月2日日本最北端の町から便りが届いた。それは3月に大学を卒業した長男Kentaからの一枚の写真だけの便りだった。「北海道・稚内で教鞭をとるための勉強をしたい」それが彼の"将来に対する唯一の意思表示"だった。去年12月京都の武井くんと会った直後にその決断をしたという。そういう意味では武井くんに感謝したい。「武井くん、いつもありがとう」そし... [続きを読む]
  • X JAPAN YOSHIKI 〜熱い男WORLD 特別編〜
  • いつぶりだろうか、映画から大いなる刺激を受けたのは。 X JAPAN の映画『WE ARE X』を見た素晴らしいヒューマンドキュメンタリーに仕上がってる。X JAPANというバンドの軌跡が描かれているが商業主義ではなく、本人たちの強い意志でここまで来たことがよくわかるそんなバンド他にあるのだろうか。映画は生と死をテーマにしてる。だけどスクリーンからほとばしってくる... [続きを読む]
  • 感動するカレー2 〜福岡編〜
  •   カレーを食べて感動したことがあるだろうか?僕はある。以前紹介した大阪・白銀亭で、カレーを食べながら感動の涙を流したその後何度も行ってるけど相変わらずおいしくて毎回感動している。そんなカレー屋さんが福岡にもあったでもさすがに涙を流すまでには至らなかったけど。福岡市中央区 須崎公園の横にたたずむCURRY CAFE TSUBO業歴は長いが... [続きを読む]
  • 近況報告 〜Fwj2017①〜
  • 2016年末、仕事に関する大きなオファーを受けた。検討した結果、受諾することにし2017年のスタートは福岡で切ることにした。東京での仕事もあるのでチーフが東京僕が福岡という体制で動き始めた。それから3週間経つが、すでにどちらも成果をあげているこのペースでいけば今期の目標数字をしっかりクリアできる状況だ。それ以外に不動産仲介の仕事も入ってる今日も銀行で不動産決... [続きを読む]
  • 感動するカレー 〜大阪 白銀亭〜
  • カレーを食べて感動の涙を流したことがあるだろうか?僕はある。唯一この店でそれを体験した。大阪 本町にあるカレー専門店・白銀亭数年前、大阪出張の際にグルメの達人であるMr.Sに教えられて立ち寄った。コの字型に作られたカウンターの中で若いシェフが一人で全てのオペレーションを行なっている。職人気質だからか忙しいからか第一印象は無愛想な感じがした。「とりあえず食べて早々に立ち去ろ... [続きを読む]
  • 気軽に行けるイタリア旅行 〜IL PACIOCCONE〜
  • 東京・麻布笄町でお仕事をした後六本木通り沿いのトラットリア イル・パチョッコーネにふらりと立ち寄った。IL PACIOCCONEイタリアの古民家を思わせる店構えそれに則ったインテリア気さくなフロアマネジャーイタリア語が飛び交う店内など気楽に本格的なイタリア料理が楽しめる雰囲気作りがなされてる。オーダーはマネジャーのオススメを聞きながら「では、それで」... [続きを読む]
  • Tokyo Dream 〜Fwj 第7期のまとめと布石〜
  • 平成28年9月30日弊社 フレームワークスジャパン株式会社(以下 Fwj)の第7期が終わった。今期前半は福岡、後半は首都圏で活動2〜4月埼玉、5〜9月横浜という動きも自然な流れであった。実は設立時から2016年は飛躍の年と位置付けていた。語呂がフレイム(2016)であるというのも理由の一つだったが、地道に7年継続した上での東京進出にこだわりを持っていた。そしてその... [続きを読む]
  • よしもとの説明会に参加してみた
  • 普段見る事ができないものをのぞいてみようという事で吉本興業主催のよしもとクリエィティブカレッジ(通称YCC)の説明会に参加してみた。会場となった神保町花月の4階には多くの若者が集まっていた女性が半数以上いたのは意外だったが、それはこの説明会がよしもと芸能学院(通称NSC)の説明会も兼ねていたからだ。昨今の女性芸人人気でそれを目指す人が増えているのだろう。説明会は吉本興... [続きを読む]