福良すずめ さん プロフィール

  •  
福良すずめさん: 福良すずめ・夫婦の旅便り
ハンドル名福良すずめ さん
ブログタイトル福良すずめ・夫婦の旅便り
ブログURLhttp://suzume1.blog122.fc2.com/
サイト紹介文スズメ大好きな"ばぁば"が七十路の"夫さん"との 日常の些細な出来事を写真と共に綴ります
自由文夫が退職した記念に、子供たち夫婦がデジカメを
プレゼントしてくれました。
そのデジカメで撮った旅先での写真と思い出を、
サビつき気味の記憶を辿りながらブログに書くことで二度味わいつつ、
日々の些細な出来事も綴っていけたらと欲張りながら、
パソコンの知識がないのでわからないことは人まかせの
不安なスタートです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供138回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2010/07/28 23:38

福良すずめ さんのブログ記事

  • お出しで決まる!
  • 最近届いたふ〜ちゃん(友人の愛犬)のドレスアップ姿寒くなると鍋の美味しい季節、鍋から立ち上る湯気が食欲をそそり、我が家では手抜きを兼ねた鍋料理が食卓に上る回数が増えてきます。テレビのバラエティ番組で、鍋の美味しさを左右する出し汁についてのアレコレが紹介されていました。いつもの頭の体操を兼ねてまとめてみました。和食のだしといえば、鰹節、昆布、椎茸、かつお節には、大別してかつお削り節と、かつおかれ節削 [続きを読む]
  • 講演会で
  • 先日、お寺での講演会は次男で副住職が勤められ檀家さんや一般の人を前にしての講演は初めてで最初から最後まで緊張の連続だったそうです。パソコンに取り込んだ写真を大きな画面に写しながら、様々な活動を通して気づかされたことや、感じたことを若者の視点でエピソードを交えながらの語り口で、時々笑いを誘い、心和やかな約1時間半でした。2011年(平成23年)3月11日に発生した東日本大震災直後、初めてボランティア活動のため [続きを読む]
  • 一年の締めくくりは
  • 師走のこの時期、恒例となっていたのはお寺で金子兜太さんの講演を聞きに行くことでしたが、先日届いた案内状には、副住職の講演会となっていました。毎年12月に行なっていた金子兜太氏による文化講演会は諸般の事情により中止となりました。欄外に記されていました。直ぐに頭を過ぎったのは、体調を壊されたのではと、昨年はお元気だったとはいへ、98歳という年齢を考えると、やはり心配はそこへいきます。住職も高齢になられ、息 [続きを読む]
  • いつものように
  • 今年最後の病院ゆきは三ヶ月毎に通っている内科で予約時間は9時半〜10時、1時間前に採血をし、結果を聞き、投薬を処方して貰い、今日で終わりました。以前は自宅で朝食を済ませて採血をしていましたがある時、待合室で隣り合わせにいた同年代の女性から採血はできるなら食事抜きの状態の方が良いみたい、と聞き、以来、朝いちの採血にしています。朝食抜きなので、採血後、内科受付でカルテを出し八階にあるカフェレストランへと急 [続きを読む]
  • コウノトリは今?
  • 平成29年もいよいよ最終月となり何となく気忙しさを感じる季節となりました。とはいへ、ここ数年は師走や年末という言葉に鈍感になって、あまり意識をしなくなったように思います。未来・H29.11.5. 秋田県仙北市にて  野田市HPよりそんな時市報で、野田市生まれのコウノトリが各地で元気に過ごしているという、記事に、気持ちが和みました。11月28日現在のGPSデーター情報平成27年放鳥・未来(みき)福島県会津若松市 [続きを読む]
  • 思い出いろいろ
  • これまで九州行きは時間の短縮が魅力で、ほとんど飛行機を利用していましたが、身近な人たちから、乗っている時間は長いけど、乗換や移動を考えると新幹線の方が意外と楽、と、聞き、新幹線にしました。新幹線の車窓から東京駅を出発して1時間が過ぎたころ、絵画のような家並新富士駅辺からの富士山浜名湖小倉ステーションホテルから新神戸駅名古屋では単独行動の夫が、地下鉄1日乗車券を利用し、5時間ほど観光は多少お疲れ気味で [続きを読む]
  • 無事帰宅
  • 11月7日に入院した義兄が僅か二週間後、突然、81歳の生涯を終えました。母の法事を済ませた後にお見舞いに伺う予定だったので、あまりにもの急な知らせに信じられない思いと、もう少し早く会っておけばよかったという後悔の念が頭を過ぎりました。乗り物が進歩し、移動時間が短縮されて便利になったとはいへ、やはり九州は遠い道のりで、一度スケジュールを組んだものを変更するのは、この年齢になると、簡単なようで容易ではあり [続きを読む]
  • この時季に!
  • ジジュウカラメジロ  (野鳥の本から拝借しました)日課の体操をしながら、ガラス越しに外に目をやると、日ごろ見慣れたスズメとは違う色の鳥が、目を凝らして見ると、シジュウカラで、素早く飛び去った後、今度は小さめなメジロ5羽が、紅かなめの木の間を飛び交っているではありませんか、もう体操はうわの空状態で実が入りません。しばらく眺めていると、餌が無いよ〜、とばかりに一斉に飛び去りました。メジロは春告げる鳥と [続きを読む]
  • ありがとう
  • 孫(女の子)の野球との関わりは、少年野球チームに上の孫(男の子)が入ったのをきっかけに、小学1年生から男の子に混じって女1人、6年間、小学6年生最後の1年間は少年野球チームと女子野球チームを掛持ちで通い、中学の3年間は女子野球チームに入り、昨日、通算9年間の野球に一旦終止符をうちました。女子野球のブログ(17日)に、秋季関東大会でベスト4に進出し、いよいよ日曜日は、3年生にとって最後の試合になります。 今ま [続きを読む]
  • 売れっ子スター並み!
  • 義兄が入院して、姉の時間が取れたことで、母の法事の日程が決まり、今日、柏駅で切符を購入し、後は出発を待つのみとなりました。今回は先ず、飯塚市で法事を済ませた後小倉市に戻り会食、ホテル泊、翌日は義兄の入院先にお見舞い、夫の従妹宅へお見舞い、小野田市(山口県)へお墓参り、その後神戸市で友人と会い、ホテル泊、翌日は名古屋へ友人に会い(その間、夫は観光)その後、東京〜自宅着、二泊三日の慌ただしいスケジュー [続きを読む]
  • 気になるタイトル
  • 朝刊の一面下に「老人の取扱説明書」その困った行動の原因、認知症にあらず!と面白そうな新刊本の広告が目に止まりました。高齢になると、やたらと老人、高齢者などという文字に目がいってしまう、ということはどっぷりとその域に浸かっている証拠だと認識させられます。品良く「老人との付き合い方」と、そのものズバリの題名では購買力を煽られません。そこで、取説(知ってますとも)と、きたわけですか?著者をネットで調べて [続きを読む]
  • インフルエンザワクチン
  • 朝夕の冷え込みは秋が足早に去って行くようです。そして、インフルエンザの流行を心配する季節になりました。忘備録で確認すると、昨年の11月18日初めてのインフルエンザワクチン接種とあり、今年もそろそろ?と思っていたところ、先日の新聞記事でインフルエンザワクチン 供給の遅れで不足、と小さく載っていました。ワクチンは4種類のウイルスに効果がある成分からなる。例年は5月に厚生労働省が4種類を決めるが、今年は選定が [続きを読む]
  • 初めての朗読会に
  • ある秋晴れの日、歩かなくては勿体ないとばかりに最寄りの図書館まで散歩を兼ねて出かけました。館内の掲示板は、いつも子供や親子での催し物のポスターが多く、立ち止まって見ることもあまりありませんでしたが、その日は朗読会のチラシが目に止まり、案内チラシを一枚持って帰りました。その日が今日、返済日が迫った本を返すのもあり会場となっているコミニティ会館の二階集会室に足を踏み入れると、既に年配者、男女合わせて20 [続きを読む]
  • 朝から野球日和
  • 朝からスッキリとした青空が広がり、10月22、29日二週、日曜日が雨で、延び延びになっていた第30回女子軟式野球秋季関東大会が、昨日、11月3日から開催され応援に出かけてきました。参加22チームが頂点を目指して戦いの攻防が始まりこの大会で優勝すると、来年の全国大会の出場権利があるそうで、過って先輩たちが後輩のために頑張ってくれたように、後輩のためにも是非とも優勝して次に繋げて欲しいと、いう思いもあり、応援にも [続きを読む]
  • 食べ放題!
  • よくチラシ広告で〇〇の食べ放題、を見ます。今朝も入っていましたよ。〇〇の詰め放題も然り、実際に目にするとそのお得感に凄いな〜と、驚かさながらも昔からあまりその方面は疎く、どこか遠目でみてきた感があります。更に、最近は特に一度に沢山食べられなくなり、同じものより、少しづついろいろなものを食べるのが好ましくなり、詰め放題にしても手先が思うようでなくなって、到底考えられません。食べ放題で思い出すのは、ブ [続きを読む]
  • 気力と体力
  • 友人が市民農園を借りてから約1ヶ月半が過ぎ、その間愚図ついた天気が続き、はやる気を抑えて、やっと迎えた秋晴れの日、農園に足を踏み入れたところ、2回目に機械で耕して貰ってた畑が、雨の後の日射しで乾き、表土は固くなり、中は水分と粘土質で緩く、これが畑?と戸惑ってしまったとか、借りた区画は駐車場からも水場からも近く好立地なのに、2区画も空いていたのが納得したそうです。「オレは畑はやらない」と宣言されていた [続きを読む]
  • I さんのパワー
  • 先日、Iさんから嬉しいハガキが届いてからやっと今日、仲間4人が揃って快復祝いを迎えることができました。「やっと娑婆に戻ってこられて、こうしてみんなに会えて本当に嬉しい」とIさんの言葉が心に沁み嬉しさが込み上げました。顔の色つや、体形は病気前とほぼ同じで、辛かった肺がん治療後の副作用と闘いながら、一時は胃ろうに頼るしかない?と担当医から告げられ時は希望さえ無くなし落ち込んでいたそうですが、念願の口から [続きを読む]
  • やっと治療開始!
  • 従妹が(夫の)乳がんが見つかって明日で1ヶ月、やっと明日から抗ガン剤治療が始まります。マンモグラフィとエコー検査でガンが見つかり、脇の下のリンパ節に転移して心配していましたが、その後のいろんな検査で、他に転移が認められなかったのが何よりの救いで、手術ができることで希望が持て、電話の向こうで明るい声になりました。第一回目は1日入院し、以後三週間毎に4回、通院で抗ガン剤の点滴を受け、その結果を見てから、 [続きを読む]
  • すぐその気になる夫
  • 出かける時間が気になり、つい何度も時間を確認していまうのが私の悪いクセです。「出発時間は10時45分よね」「ヒトマルヨンゴです」又、暫らくして、聞き慣れない暗号じみた言葉に「イチマルヨンゴだっけ」「違う、1は7と聞き間違い易いから1はヒト…」なるほど、今、夫が読んでいる本は大好きな戦記物で暗号で相手を翻弄させる場面があるようです。時代物を読んでいる時には武士や町人言葉だったり、その時々の言葉を口にして [続きを読む]
  • それは認知症検査でした
  • 2ヶ月前、パーキンソン病が心配で、初めて神経内科を受診した時に、問診で医師から、突然100−3=?との問いに焦って答えられなかったことをブログで紹介しました。さて、今回も少し緊張気味に先生の前に、「いかがですか?変わったことはありませんか? MRIに異常は無かったのはお話しましたが、 初診の時の100ー3=の計算が緊張されていて できなかったので、これからちゃんとした記憶力の 検査をしてみますか?」「ハイ、お [続きを読む]
  • 寒さ対策OK
  • ここ数日、天気が定まりません。昨日は一日中小雨が続き、今日も曇ったり晴れたりと、吹く風も肌寒く秋から一足飛びに冬の季節の到来のようです。天気の解説みたいですがどうぞ悪しからず、急激な気候の変化に、年齢を重ねるごとに体が馴染めず、特に寒さに弱くなり、冬嫌いになってきた感じです。と、いう訳で今日思い立ち、敷布を冬用に替え夏用の椅子を仕舞い、早々にコタツを出すことにしました。下準備をするのも動かすのも力 [続きを読む]
  • 市民農園に!
  • 秋晴れのある日、友人I さんから明るい声での電話が掛かってきました。「昨日、市民農園を借りたのよ、毎日主人がテレビばかり観て、ストレスが溜まって、どうにかしなくちゃと思っていたところ、散歩の途中、広々とした市民農園で作業をしている人を見て、いつか自分もやってみたいと思っていたので、その足で申込みをして来たの、隣りの区画が空いているから〇〇さん(私)もどう?」と。I さんのご主人はこの春、目出度く定年 [続きを読む]
  • 女子会の合言葉は
  • 忘備録を兼ねたブログ記事で確認してみましたら、女子会は今年の3月以来で久々に会えました。女子会と言っても三人だけのオシャベリ会でお店選びは、手頃な価格の料理をいただきながら時間や周りをあまり気にすることなく、気楽に会話ができることが一番で、つい同じ創作和食の店になり、その後は近くのファミレスに場所を移し、これがいつものパターンです。「しばらくぶりです、元気で会えて良かったね」生ビール、ウーロン茶で [続きを読む]
  • 歳のせい、という病名はない
  • NHKのテレビ番組の総合診療医ドクターG(ジェネラル)は医療関連の情報バラエティで時々楽しみにして観ています。患者は70歳台の男性で、7年間も下痢、腹痛に悩まされ、いろんな病院を周り、検査をしても病名がハッキリせず何種類もの薬を飲んでも一向に快復しなくて、やっと総合診療医にたどり着き、診察し病名は腹部アンギーナと突き止め、今まで飲んでいた薬を止め、新たに漢方薬を投与して、一週間後、下痢も腹痛もなくなり、 [続きを読む]
  • 気を取り直して
  • 「第12回U-15全国KWB野球秋季大会女子の部」10月7日開催が雨のため順延になり、8日の昨日予選リーグが行われ、孫たちチームの3年生にとって最後の全国大会でした。 中台運動公園の庭園 中台運動公園の中にある野球場は、成田駅から歩いて約10分の距離中台運動公園(成田市)での1回戦は3-2で負け、2回戦は1-1の引き分け、惜しくも回を進めることは叶わず残念な結果でしたが、孫は投打ともに頑張り、力を見せてくれました。今月に [続きを読む]