けんぐん元気 さん プロフィール

  •  
けんぐん元気さん: けんぐん元気のソフトテニス三昧
ハンドル名けんぐん元気 さん
ブログタイトルけんぐん元気のソフトテニス三昧
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/stozwhrs
サイト紹介文けんぐん元気クラブは熊本のジュニア・ソフトテニスのチームです。
自由文ソフトテニスとそれに関わる人が大好きです。
スタートは高校の外部コーチで、今はジュニアのチームでがんばっています。
国際大会観戦にもはまってます。日本での国際大会はもちろん、バンコク、台北、慶聞(韓国)にも行ってきました。
熊本の国際大会も忘れてはいけません。小さい大会ですが、他のインドア大会と違う良さがあると思います。
このブログでソフトテニスのおもしろさが伝えられたらいいなと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供36回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2010/07/30 18:25

けんぐん元気 さんのブログ記事

  • 水俣での練習試合
  • 先週は、水俣のジュニアクラブさんからお誘いを受けて、練習試合をさせていただきました。水俣と八代の中学生女子の練習試合がメインでしたが、男子の上級生はレギュラーでない中学生とゲームをさせてもらい、勉強になりました。もちろん、ちびっ子メンバーもたくさん試合ができて、有意義な一日になったと思います。https://tennis.blogmura.com/softtennis ←こちらを するとランキングに反映します。応援してくださいね [続きを読む]
  • 高体連と中体連
  • 聞くところによると、今年の熊本市や菊池郡市の中学総体でソフトテニスは参加制限が厳しくなるとのこと。理由は、大会が1日では終わらない、経費がかかるのほか、他の競技には参加制限があるのにソフトテニスにはないから不平等だとか。良く判りませんが、教育的配慮って、こういうことなのでしょうか。ちなみに陸上の中体連では、陸上部がない学校は他の部活から動員するけど、そうしたら2競技に出る生徒も出てくるけど、そこの [続きを読む]
  • 5月の練習試合と全国予選
  • その3を書く前に、全国予選が終わってしまいました。結果は、タツとタイセイは、1勝6敗の7位でした。予選会では、直前までにできていたこと、できるようになったことが、本番ではうまくできませんでした。また、いいかたちになりながら、またはゲームポイントを握りながら、あと一本がとれないことも何度もありました。試合前の健康管理も含め、まだまだ本当に身に付いてはいないということです。さて、その前の練習試合の様子 [続きを読む]
  • 5月5日練習試合・その2
  • 5日の練習試合は、レベルが違いすぎると効果がないのでABCの3つに分けました。初心者のCクラスは7ペア中6ペアが、けんぐんの子どもたちで、いつもの練習とほぼ変わりありません。それでもいつもとは雰囲気が違うからか、いつもの倍の6時間を飽きもせず最後まで喜んでコートに入っていました。(最後の1時間は、少しだれていた子もいましたが、やむを得ないでしょう。)ここのレベルは、なんと言ってもまずはテニスを好きに [続きを読む]
  • 5月5日練習試合・その1
  • 昨日は、来週の全日本大会県予選に備えて、フラップ錦さん、美里なかよしさん、八代エッグスさんにお願いして、わがホームコートの庄口公園で、合同の練習試合をしました。総勢37人をABCにレベル分けして、リーグ戦をしました。レベル分けすることで、力が接近したペアの対戦が多くなり、それぞれ良いゲーム練習になったと思います。わがけんぐん元気は、Aクラスにタツとタイセイのみ、Bクラスはタイチとカズキのペアと助っ [続きを読む]
  • 新しい練習メニュー
  • 先週の全国予選や中学生の試合の結果を受けて練習内容を2つ見直しました。一つは、ファーストサービスの前とセカンドサービスの前に、その次にどんな攻撃をペアでするのか、どんなボールが来そうなのか、予め考えておくことです。実際のゲームでどこまでできるかはわかりませんが、考えることも練習でしょう。もう一つは、ビジョントレーニングです。日本ではまだまだ普及していませんが、動体視力や距離感、バランスが苦手な子ど [続きを読む]
  • 全日本小学生選手権熊本県予選
  • 最近、フェイスブックにはまって、こちらを留守にしていました。でも、文字が多いときは、やはりこちらですね。ということで、昨日は夏にある全日本小学生選手権の熊本県予選に参加してきました。今年度は3月に13人の大量卒業生を出したので、男子4ペア、女子3ペアが参加が少なく、そのうち4人が公式戦デビュー、新二年生も4人と、一気に若がえりました。勝ち負けの前に、テニスがしたい、試合をしたいと思ってくれたことが [続きを読む]
  • 2/25練習試合in玉名
  • 宇土の大会が雨で中止となり、力試しや対外試合の経験を積む機会がないなぁと思っていたところ、練習試合のお誘いをいただきました。当日は、また天気予報が雨で実施が心配されましたが、小雨の中、なんとか最後までできました。特にレベルを別けて試合を組んでくださったので、ちょうど良い具合に競り合って、ありがたかったです。今回は練習試合でもあり、最近意識して指導している判断力や自主性を育む良い機会と思い、子どもた [続きを読む]
  • 平昌オリンピックを見て
  • 平昌オリンピックが盛り上がっていますね。日本選手の健闘が一番の楽しみですが、競技そのものも世界レベルになると、知らない競技でも面白いです。でも、もっと興味深いのは、競技が終わってからの選手の仕草やコメントに人間性が表れており、そこに注目しています。例えば、羽生選手が、インタビューを受けている宇野選手の後ろを、自分が映らないように四つん這いで通ったとか、小平選手が五輪新を出した後、会場が盛り上がって [続きを読む]
  • 熊本インドア
  • 今年も熊本インドアを子どもたちと観戦してきました。今年はナショナルチームの合宿とかさなり、トップ選手の参加が厳しい中、熊本インドアに来てくれた選手の試合は見応えがありました。今年の注目は、スーパー高校生ペアの上岡・広岡でした。広岡選手のお母さんは熊本出身で、個人的にもよく知っていたので、是非とも優勝をと期待していました。そして実際に見ましたが、もう、すごい!としか言いようがありませんでした。ちなみ [続きを読む]
  • 平成30年2月のスケジュール
  • 平成30年2月の予定です。 2月の連休は、10日の宇土親善大会と11日の熊本インドア大会の観戦があります。また、25日に練習試合のお誘いを受けました。 今月も楽しみです。3日(土)12:30〜16:00 庄口公園   【中学】19:00〜21:00パークドーム4日(日)12:30〜16:00 庄口公園 10日(土)宇土親善大会(宇土市運動公園)   【中学】18:00〜21:00県民運動公園Aコート11日(日)熊本インドア大会の観戦(県立総合体育館)   【中 [続きを読む]
  • ふたご座流星群
  • 今年のふたご座流星群は、例年になく良い条件で見ることができそうです。13日の夜から14日の明け方までと、14日の夜から15日の明け方まで、最も多く見られるとのことです。熊本は両日夜とも晴れの予報であり、月明かりの影響も少ないので、楽しみです。 [続きを読む]
  • H29浅川氏講習会・その1
  • 早いもので、今年も残り1か月となり、一気に寒くなりました。その最初の日曜日にHYプロジェクトの浅川氏による指導者講習会に参加してきました。前回もそうでしたが、ソフトテニス界における前衛・ネットプレーヤー不足が懸念されています。そのため、私たち指導者に前衛の指導方法についての講習会を続けておられます。残念なのは、参加数が少なくて、せっかくの機会を活かせていないことです。私が指導している子どもたちだけ [続きを読む]
  • 水俣食べる通信・紅茶
  • 今の職場に来て、たくさんの新しいことを見て、聞いて、知ることができます。今回は「水俣食べる通信」を紹介します。「水俣食べる通信」は、食べ物付きの情報誌で、3ヶ月に1度、水俣ならではの食べ物、生産者のストーリーを美味しい食材と一緒に届けてくれるものです。私は夏から取り始め、その時は獲れたての大きなマダイ、今回は特製の手揉みの紅茶でした。今まであまり紅茶を飲むことはありませんでしたが、マニュアル通りに紅茶 [続きを読む]
  • 今月26日まで!御船町恐竜博物館特別展
  • 今月26日(日)まで御船町恐竜博物館において、特別展”新発見 恐竜時代の支配者 進化するモンタナの恐竜たち”が開催中です。 この特別展では、熊本県と姉妹提携関係にある米国・モンタナ州のモンタナ州立大学付属ロッキー博物館のコレクションから貴重な恐竜化石が展示されています。中には、新たに掘り出された世界初公開のモンタナ州の恐竜化石もあり、大変見応えのある内容となっています。閉幕まであと10日ですが、あ [続きを読む]
  • 熊本市クラブ対抗・その4
  • この日は、試合の勝ち負けやプレイの内容よりも子どもたちの動きが良く見えました。子どもたちに言っていることが、大事なところで出てきます。特に昨年から団体戦を経験することが少なく、合宿くらいしか団体で行動することがないので、子どもたちも経験できなくてかわいそうです。最終戦でうちのAチームと春竹Aチームの勝った方が優勝となりました。うちのBチーム、Cチームはすでに試合が終わっていたので、皆で応援するよと [続きを読む]
  • 熊本市クラブ対抗・その3
  • 私が怒ったことで、ようやく子どもたちもバタバタ動き出しました。ランニングを始めたり、なぜか素振りを始めたりしていました。私は黙って見ていましたが、春竹の監督さんが試合進行のお世話をされていたので、私も選手の整列や呼び出しなどのお手伝いをしながら、試合を見ることにしました。試合の方は、まずBチームとCチームがそれぞれ春竹さんと対戦しました。Bチームは、ミノとカレンが接戦をものにして勝ち、リセとリノが [続きを読む]
  • 熊本市クラブ対抗・その2
  • 熊日学童五輪の翌週に行われた熊本市クラブ対抗は、男女混合も可能で、上にもつながらないので、経験を積ませたり、デビュー戦には、もってこいの大会です。今年は参加チームが、うち以外は、先の熊日学童で男女とも団体優勝した春竹さんだけなので、事実上の対抗戦となってしまいました。と言っても春竹さんの主力選手は県外遠征に出て行ったので、少しは試合になるかな、なってほしいなと期待していました。会場の運動公園Bコー [続きを読む]
  • 熊日学童五輪・その5
  • 熊日学童五輪の話に戻ります。男女とも同時に入ることとなったので、男子は今まで何度か男子の大会でベンチに入ったことのあるアオト父に頼み、私は女子に付きました。今年のメンバーは、タツとミノ以外は試合経験が浅く、団体戦の経験はありません。個人戦と違い団体戦では、みんなで一体となる良さもありますが、プレッシャーがかかることもあります。そのあたりを考えて、アオト父と男女のオーダーを考えました。女子は、唯一の [続きを読む]
  • 初優勝!熊本市クラブ対抗
  • 先日は、熊本市クラブ対抗に参加しました。参加したのは、うちのクラブがA、B、Cの3チームで、あと春竹さんが2チームの5チームでした。さらに春竹さんは、男女とも先の熊日学童五輪で優勝したメンバーの半分以上が県外遠征でした。と言っても、やはり優勝するのは大変ですし、立派なことですし、みんなで成し遂げることが何よりも大切な経験になると思います。ただ、この日はいろいろあって、私は2回も子どもたちに雷を落とし [続きを読む]
  • 熊日学童五輪・その5
  • 個人戦が終わってから団体戦が始まるまでにかなり時間があるので、団体戦の準備の確認と、個人戦での反省を踏まえて団体戦に臨んでもらいたいので、全員を集めてミーティングをしました。練習や朝のアップでできたことを思い出しながら、アップをやり直すこと、6年生を中心にみんなで気持ちを一つにしてコートに入るよう話しました。また、男女とも団体戦の2試合目でもあり、個人戦の上位の試合を良いイメージにするというか、勉 [続きを読む]
  • 熊日学童五輪・その4
  • 男子のコートに行ったら、シオン・ショウタ2とシン・ショウタ1が隣合わせで入っていました。と言っても、シオンたちは、すでにマッチポイントを握っており、次のポイントで相手がミスして勝ちました。しかし、練習のときと違って、シオンはそろりそろりとテニスをするし、ショウタ2は緊張感丸出しなのは、相変わらずでした。隣のコートでは、ショウタ1とシンが頑張っていました。しかし、後衛に転向したばかりのショウタ1とデ [続きを読む]
  • 熊日学童五輪・その3
  • 女子で最後に入ったのは、リセとリノでした。相手ペアは、ストロークがしっかり打てるようでしたが、リセのサービスがきれいに入るとレシーブをミスしてくれます。苦手なはずのサービスゲームが取れたので、レシーブさえしっかりできれば行けるとおもいましたが、相手のサービスが全然返せません。その後は、相手ペアの一方的なゲームとなりました。男子は、ドームの向こう半分なので、試合順がかぶると、見ることもできません。ア [続きを読む]
  • 熊日学童五輪・その2
  • 今年の大会は、個人ダブルスから始まりました。最初に試合に入ったのは、ミノとカレンでした。試合前は相変わらず緊張していましたが、プレイは普通どおりにできました。それでも勝って戻ってくるとまず、「緊張した〜」と言っていました。次の試合は、同じダブル後衛の普通に打てる相手でしたが、ミノもカレンも今までになく集中してラリーができ、最後はミノがファーストサービスで決めて、ストレート勝ちを収めました。ベスト8を [続きを読む]