一未 さん プロフィール

  •  
一未さん: 一未のブログ
ハンドル名一未 さん
ブログタイトル一未のブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/azukisos/
サイト紹介文ポエム(詩)とドラマネタを中心に、書いています。短い詩が主体になっています。
自由文恋愛詩を書くことがほとんどですが、短い中に心に響くような、そんな想いをこめて、ブログでも公開しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供109回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2010/07/31 21:05

一未 さんのブログ記事

  • 石田衣良 チッチと子 小説家の生活を垣間見る父と子の物語
  • チッチと子著者 : 石田衣良毎日新聞社発売日 : 2009-10-23ブクログでレビューを見る?シングルファーザーの小説家・青田耕平が主人公。息子のカケルと二人暮らし。カケルは父を【チッチ】と呼ぶ。ママは【ママッチ】。可愛らしい呼び方に思わずニンマリ。耕平の作品は今一つ。妻の死に疑問をもちつつ、日々を送る耕平。そんな耕平の救いがカケル。ちょっぴりおませな大人びたところのあるカケル。母がいないというのは子供を強く [続きを読む]
  • 高橋一生見たさに観る「民衆の敵」
  • 本日のドラマ:月9「民衆の敵」主演:篠原涼子民衆の敵 公式HP 市議会を舞台にしたドラマ。主婦(篠原涼子)が市会議員に立候補。当選してからすったもんだ劇。ハッキリいうと、面白くはないです。でも、観ています。 それは、なぜか?? 単純な理由です。 高橋一生 を見るために同じ様な人が多いらしい(笑)↓高橋一生の色気に頼り過ぎてないか「民衆の敵」今夜第3話だが視聴率を心配している 篠原涼子の夫役、田中圭もなかな [続きを読む]
  • 先に生まれただけの僕 第4話 あらすじと感想
  • 先に生まれただけの僕 日本テレビ土曜ドラマ 主演:櫻井翔商社マンの鳴海涼介(櫻井翔)が経営を立て直すために「私立京明館高校」の校長先生に!いわゆる左遷。私立京明館高校の副校長に風間杜夫、教師真柴ちひろに蒼井優、鳴海涼介の上司・加賀谷に高嶋政伸、恋人聡子に多部未華子と豪華キャスト。昨日(11月4日)は第4話。生徒たちの勉強に対する意欲を向上させるべく、鳴海(櫻井翔)は、授業にアクティブラーニングを導入 [続きを読む]
  • 秋のドラマ視聴率 感想
  • 秋のドラマがスタート。すでにほぼ2話まで進んでいます。何が面白いか……。 月9は、高橋一生が魅力。でも、それだけかな。なので、昨日は途中で居眠りしてしまいました。 一通り観てはいるけど、今回はあまりないかも。 水曜日の『奥様は、取り扱い注意』が今のところ、一番。 『ドクターX 〜外科医・大門未知子〜』は、裏切りのない面白さ。『陸王』も同様。池井戸潤作品は、だいたい同じ感じで少々飽きてきた。ただし、これに [続きを読む]
  • 神様のカルテ2
  • 神様のカルテ 2著者 : 夏川草介小学館発売日 : 2010-09-28ブクログでレビューを見る?主人公は栗原一止。夏目漱石を愛する医師。夏目漱石流の語り口調は、前作と変わらずで、そこがまたいいですね。長野の自然が随所に描かれていて、日本の四季は素晴らしいと思いました。人の生き死にから得る【絆】と【愛】。命あるからこその愛がどんなに大切かを知る作品です。一止とハルは素晴らしいですね。とっても素直でほっこりとする夫 [続きを読む]
  • 新ドラ!視聴率「奥様は、取り扱い注意」
  • 秋の新ドラ、スタートしましたね。昨日は日本テレビ・綾瀬はるか主演「奥様は、取り扱い注意」綾瀬はるかの夫に西島秀俊。主婦仲間に広末涼子、本田翼。第二話は、高岡早紀がゲスト出演。ワケありの過去を捨て、普通の主婦として暮らし始めた伊佐山菜美(綾瀬はるか)。夫との関係がイマイチうまくいかない…という同じ悩みを持つ主婦仲間の優里(広末涼子)と京子(本田翼)と一緒に、町のカルチャースクールに通いながら女子力を磨く [続きを読む]
  • 石田衣良『恋と仕事と社会のQ&A』公開収録
  • 10月5日 みなとみらい「BUKATSUDO HALL」石田衣良『恋と仕事と社会のQ&A』公開収録Podcastでおなじみの人生相談に加え、石田衣良オンラインサロン「世界はフィクションでできている」で配信されているコンテンツの公開収録。今回で3回目の公開収録。インタビュアーは、早川洋平さん。素敵な方です。恋愛に関してのトークあり、マネーに関してのトークあり。恋と仕事の話の中には、“ここだけの話”も盛沢山。石田衣良さんの [続きを読む]
  • 村上春樹 女のいない男たち
  • 女のいない男たち著者 : 村上春樹文藝春秋発売日 : 2014-04-18ブクログでレビューを見る?村上春樹の短編集。6編。村上春樹ファンなら納得のいく作品集なのかもしれませんが、個人的にはさっぱりです。「ドライブマイカー」妻を亡くした男が主人公。妻の浮気をしりつつ過ごしたひとりの男の物語。「イエスタデイ」関西弁をしゃべる東京育ちの木樽。幼馴染の彼女を紹介された“僕”が時を経て彼女と再会する。「独立器官」女に困 [続きを読む]
  • 啼かない鳥は空に溺れる
  • 啼かない鳥は空に溺れる著者 : 唯川恵幻冬舎発売日 : 2015-08-06ブクログでレビューを見る?2組の母と娘の物語。女ならではの作風。女が女を描いている小説だと感じました。二人の女性、千遥と亜沙子の心情は、どこかでわかる気がする女性が多いと思います。全く違う人生であれ、どこかで母親がライバルであったり、友達であったりするもので、それは心の中に潜んでいるもの。良くも悪くも母娘とはそんな関係なのでは?最後に千 [続きを読む]
  • ゴールデンスランバー ビートルズの歌が流れる仙台の街
  • ゴールデンスランバー (新潮文庫)著者 : 伊坂幸太郎新潮社発売日 : 2010-11-26ブクログでレビューを見る?面白い作品。途中からは加速して読み進めました。どうなるの?ハラハラしながら、そこがいい。主人公の青柳もいいキャラですが、登場人物、全てがいい味出してます。そこも楽しめるし、ビートルズの音楽がちょろちょろと出てくるのが、またいい味出してます。ひとつだけ、疑問が残っています。どうして青柳が標的になった [続きを読む]
  • 私が今ほしいもの
  • 私が今、ほしいものは・・・キャンペーンに参加してほしいものゲット★13周年、おめでとう。欲しい物は数えきれないほどある。物じゃなく時間とか、ゆとりとか。形あるものなら、今欲しいものは…… チロルチョコ1年分 [続きを読む]
  • 夜は短し歩けよ乙女 恋愛ファンタジー
  • div class="booklog_html">夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)著者 : 森見登美彦角川グループパブリッシング発売日 : 2008-12-25ブクログでレビューを見る?山本周五郎賞受賞作。恋愛ファンタジー。星野源さんアフレコ映画化というので手にした作品。文体が独特です。コメディ要素が随所にあります。ファンタジーですから、どこか現実離れしています。面白いという評判も多くありますが、心ごと奪われる感じもなく、終わってしまいま [続きを読む]
  • 昨日は「過保護のカホコ」本日は「黒革の手帖」
  • 日本テレビ水曜ドラマ「過保護のカホコ」昨日は第9話。バタバタと事件がありましたが、カホコと初のラブラブ度はパワーアップしてましたね。でもでも〜カホコ(高畑充希)と初(竹内涼真)のハグは、邪魔者が入ってしまうという……。来週は、最終話とのこと!なんか早いです。あっという間。 詳しい感想は↓ 気がむいたらどうぞちょろっと書いております。 過保護のカホコ・第9話 ネタバレ このドラマで竹内涼真君いいなぁなん [続きを読む]
  • 今週のドラマと本日の楽しみ「空耳アワード2017」
  • 本日の楽しみは「タモリ?楽部」です。ドラマも好きです。基本、テレビが好き。夜の11以降の番組は、結構面白い。よく見てます。途中で眠ってしまうことも多々ありますが。今日の一押しは「タモリ?楽部」。「空耳アワード2017の後編」星野源さんがゲスト。先週もかなり笑ったけど。空耳アワー。いいよね。面白い。笑える。そういえば、直木賞作家の道尾秀介さんが空耳アワーの大ファン。投稿作品が放送された回がありました。htt [続きを読む]
  • ごめん、愛してる(ネタバレ注意) 
  • TBS日曜劇場「ごめん、愛してる」 7話のあらすじ(HPより) 交通事故を起こし生死を彷徨うサトル(坂口健太郎)。取り乱した麗子(大竹しのぶ)は理不尽にもサトルの運転手である律(長瀬智也)を責め立てる。そして、サトルが事故を起こした時間に律と一緒にいた凜華(吉岡里帆)は、サトルから救いを求める着信に気付いてあげられなかったことに自責の念を抱く。その後、サトルの意識は戻るものの、医師からは将来的に心 [続きを読む]
  • 二宮和也&木村拓哉共演 映画「検索側の罪人」原作の雫井脩介作品
  • 犯罪小説家著者 : 雫井脩介双葉社発売日 : 2008-10ブクログでレビューを見る?裏の裏を読まずストレートに読んでいけば、犯人はわかるかも。犯罪がどこで出てくるのか途中までわかりませんでした。微妙なラストは、主人公のその後を想像するものがあります。ハッキリと終わらせていない感じ。曖昧なラスト。逆を言えば、想像をふくらませる終わり方。集団自殺、自殺サイトという暗いテーマに読みふけることはできなかったけど、 [続きを読む]
  • 復讐したい 山田悠介 殺人の復讐は殺人!
  • 復讐したい著者 : 山田悠介幻冬舎発売日 : 2011-04-21ブクログでレビューを見る?短時間に読める一冊。ストーリーを追いかけたくなる。そこは花丸。家族を殺された者が復讐をする。法律に定められた「復讐」は、犯人を死においやるために被害者家族が復讐に命をかけること。孤島での戦いは、緊迫感もありそれなりに楽しめる。リアルな世界にありそうな宗教団体もでてくるのですが、そこはあまり深く描かれておらず、残念でした。 [続きを読む]