しましま さん プロフィール

  •  
しましまさん: 駅旅の鉄人(てつじん・てつびと)
ハンドル名しましま さん
ブログタイトル駅旅の鉄人(てつじん・てつびと)
ブログURLhttps://ameblo.jp/tomohi2000/
サイト紹介文駅旅の鉄人(てつじん・てつびと)として、全国を鉄旅(てつたび)しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供71回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2010/08/03 18:48

しましま さんのブログ記事

  • 駅弁123 【名古屋お料理辨当 (JR東海 名古屋駅)】
  • 東海道本線 名古屋駅で購入しました。名古屋名物のひつまぶしや天むす等が入った、いわゆる名古屋めしが詰め合わされた駅弁です。 【製造元】株式会社 松浦商店名古屋市中村区椿町5番17号 ▼「名古屋お料理辨当」(1,100円)。▼内容は、ひつまぶし、みそかつ丼、天むす、五目きんちゃく、こんにゃくや竹の子などの煮物、鶏つくね串、きしめんサラダ、玉子巻、かまぼこ、ニシン昆布巻。▼名古屋ではお馴染みの味が、竹か [続きを読む]
  • 【2018春】青春18きっぷ旅 広島編(その2/最終回)
  • 青春18きっぷ旅の広島編も2日目なのに、もう最終日。昨日の天気予報では晴れだったのに、今朝の天気予報では夕方から所によると、にわか雨に変わっていました。でもまぁ、夕方には新幹線に乗って帰るので、問題ないかなと思いながら、2日目は広島駅からスタートです。 ▼午前8時頃の広島駅。通勤・通学時間帯で、結構人が多かったです。▼この日、最初に乗車するのは8時07分発広行の呉線です。▼広島駅から約1時間後、呉 [続きを読む]
  • 【2018春】青春18きっぷ旅 広島編(その1)
  • 今年に入り、初の鉄旅。しかも、超久しぶり。仕事が忙しくて、忙しくて、有給休暇を全く取れませんでした。今年はこのまま鉄旅に行けずに終わってしまうのではないかと思いましたが、急にスケジュールに2日間、穴が空いたので、急遽、青春18きっぷで鉄旅へ。実は急な展開だったので、行先を全く考えていませんでした。さて、どうしましょう。。。天気が良いことは、天気予報で確認済みです。そして、出発当日の朝方に広島へ行く [続きを読む]
  • 秘境駅へ209 〜北秩父別駅(JR北海道 留萌本線)〜
  • 北秩父別(きたちっぷべつ)駅は、JR北海道 留萌本線の駅です。付近に集落はなく、農家が点在しています。ホーム上に木造の待合室が設置されていますが、老朽化が目立ちます。なぜ、ここに駅が設置されたのかは不明ですが、現在の利用客はここ5年間の1日平均利用が2.8人だそうです。一部の列車は通過してしまうので、1日上り4本、下り2本の列車しか停車しません。最近のJR北海道の動きを見ていると、近い将来廃駅になりそ [続きを読む]
  • 駅弁122 【火焔釜めし (JR東日本 長岡駅)】
  • 信越本線 長岡駅で購入しました。蓋を開けると、炊込みご飯の上に、肉、魚、山菜がバランス良くのっていますが、特徴はなく、素朴な感じがします。「火焔(かえん)」とは、長岡で発見された縄文時代の土器「火焔土器」に由来します。  【製造元】株式会社 池田屋新潟県長岡市今朝白3丁目13−14 ▼「火焔釜めし」(850円)。▼醤油ベースの炊き込みご飯の上に、牛肉のうま煮、鮭、山菜、きんぴら、椎茸甘辛煮、かまぼこ [続きを読む]
  • 木造駅舎探訪283 〜川前駅(JR東日本 磐越東線)〜
  • 川前(かわまえ)駅は、JR東日本 磐越東線の駅です。青いトタン張りの切妻屋根に、白く塗られた壁は一部に土壁に漆喰、軒下と腰壁は縦羽目板張りになっています。昨年の2017年(平成29年)に開業100周年を迎えましたが、その直後に開業当時の駅舎は残念ながら解体されてしまい、簡易駅舎となってしまいました。 福島県いわき市川前町川前字中ノ萱1917年(大正6年)10月10日開業 ▼駅舎全景。▼旧国鉄磐越東線の [続きを読む]
  • 木造駅舎探訪282 〜高茶屋駅(JR東海 紀勢本線)〜
  • 高茶屋(たかちゃや)駅は、JR東海 紀勢本線の駅です。駅舎は瓦葺の切妻屋根で、車寄せの付け庇を支える4本の柱、天井が高いのが特徴的です。 三重県津市高茶屋1893年(明治26年)12月31日開業 ▼駅舎全景。▼駅舎正面の駅名板。▼切妻屋根の勾配が途中で変化しています。▼チッキ跡や窓口跡が残っていますが、2011年(平成23年)に無人化されました。▼ラッチも残されています。かつては、ここに駅員が立ってお [続きを読む]
  • 変珍駅45 〜御室仁和寺駅(京福電気鉄道 北野線)〜
  • 御室仁和寺(おむろにんなじ)駅は、京福電気鉄道 北野線の駅です。すぐ近くにある世界遺産 仁和寺を模してか、正面から見ると立派な車寄せを持つ駅舎になっています。しかし、ホーム側へ回ると、、軌道線の停留所ということなのか駅舎としては簡易的です。 京都市右京区御室小松野町1925年(大正14年)11月3日開業 ▼駅舎全景。▼懸魚がある立派な車寄せ。▼正面の駅名板。「御室驛」と書かれていますが、2007年( [続きを読む]
  • 変珍駅44 〜定光寺駅(JR東海 中央本線)〜
  • 定光寺(じょうこうじ)駅は、JR東海 中央本線の駅です。川と山に挟まれて、山肌の崖に張り付くように設置されています。この付近は、かつて名古屋の奥座敷として栄えた観光地でしたが、現在は廃ホテルなどが並び、すっかり廃れてしまっている。なお、駅名の由来である定光寺は、土岐川の反対側の瀬戸市にあります。 愛知県春日井市玉野町1924年(大正13年)1月1日開業 ▼駅入口。長い階段を昇らないとホームには行けませ [続きを読む]
  • 駅弁121 【ふくのしま豚の醍醐味 (JR東日本 郡山駅)】
  • 東北本線 郡山(こおりやま)駅で購入しました。地元福島のブランド豚である「麓山高原豚(はやまこうげんとん)」の5種類の肉を食べ比べながら、楽しめます。 【製造元】株式会社 福豆屋福島県郡山市富久山町久保田字郷花4番地8 ▼「ふくのしま豚の醍醐味」(1,150円)。▼白ご飯の上に5種類の豚肉が、炙りベーコン、豚みそそぼろ、豚炙り焼き、豚角煮、豚しぐれが並んでいます。付け合わせは、赤かぶの酢漬け。▼脂っこ [続きを読む]
  • 今昔風景6 〜(郡山駅 西口駅前)〜
  • 自分の記憶が正しければ、東北新幹線が開業して間もなくの郡山駅前。東北新幹線は、1982年(昭和57年)6月23日に開業したので、その半年後くらいだった気がします。まだ、大宮〜盛岡間の暫定開業でした。この年は、雪が多かったのか、地球温暖化の影響で最近は雪が少なくなってしまったのかは不明ですが、福島って雪多いなという思いでした。今も郡山は冬になるとこんなに真っ白になるのかな??? ▼1983年(昭和5 [続きを読む]
  • 謹賀新年(2018年)
  • 謹賀新年 幸多き新春を迎えられたことと              お慶び申し上げます。皆様のご健康とご多幸を              心よりお祈りいたします。 本年もどうぞよろしくお願いします。                       平成30年 元旦                                                   駅旅の鉄人   しましま ▼今年の我が家の [続きを読む]
  • 2017年の鉄旅・駅旅を振り返る
  • 2017年(平成29年)もあっという間に本日で終わり。年を重ねるごとに、1年1年の経過が加速するって本当ですね。 2017年(平成29年)も多くの皆様にご訪問いただき、誠にありがとうございました。心から感謝申し上げます。 今年は、人事異動があり、多忙な部所に辞令が出てしまい、なかなか鉄旅に出られませんでした。その中でも何とか、他の都合と抱き合わせ、鉄旅しましたので、恒例とおなりました今年1年を振り返 [続きを読む]
  • 木造駅舎探訪281 〜立江駅(JR四国 牟岐線)〜
  • 立江(たつえ)駅は、JR四国 牟岐線の駅です。開業時に竣工された駅舎は、スレート瓦の切妻屋根に、壁はサイディングボードで覆われています。ご存じのとおり、JR四国の駅舎は1980年代に旧国鉄によって掲げられた駅舎不燃化運動に伴い、木造駅舎の殆どが石膏ボードなどにより覆われて防火造に改修されています。 徳島県小松島市立江町株木1916年(大正5年)12月15日開業 ▼駅舎全景。▼正面の駅名板。▼建物財産標があり [続きを読む]
  • 木造駅舎探訪280 〜赤水駅(JR九州 豊肥本線)〜
  • 赤水(あかみず)駅は、JR九州 豊肥本線の駅です。現在は、2016年(平成28年)4月14日の熊本地震で被災し、駅舎は残念ながら解体され、営業休止中となっています。かつてあった開業時の駅舎は、瓦葺切妻屋根、壁は下見板張りです。阿蘇外輪山内カルデラにあり、観光施設も近くに多く、駅前にはタクシーが常に数台待機していました。今回紹介する画像は、熊本地震による被災1カ月半前のものです。 熊本県阿蘇市赤水19 [続きを読む]
  • 終着駅50 〜大湊駅(JR東日本 大湊線[はまなすベイライン大湊線])〜
  • 大湊(おおみなと)駅は、JR東日本 大湊線[愛称:はまなすベイライン大湊線]の終着駅です。本州最北端の終着駅となります。かつて、終戦前は軍港の街として栄え、立派な駅舎も構えました。その開業当時の駅舎を2010年(平成22年)にリニューアルし、今では下北半島の玄関口として、多くの観光客が訪れます。 青森県むつ市大湊新町1921年(大正10年)9月25日開業 ▼駅舎全景。▼戦時中は多くの軍関係者が利用してい [続きを読む]
  • 木造駅舎探訪279 〜神目駅(JR西日本 津山線)〜
  • 神目(こうめ)駅は、JR西日本 津山線の駅です。近くにある誕生時を模した、寺社風の駅舎は、入母屋造の瓦葺屋根に壁は漆喰で覆われています。開業当時の駅舎ではなく、1998年(平成10年)に改築されました。近くに小さな集落がありますが、駅を利用する人は少ないようです。 岡山県久米郡久米南町神目中1928年(昭和3年)12月16日開業 ▼駅舎全景。▼正面の駅名版。▼破風に懸魚が付いています。▼切妻側の破風に [続きを読む]
  • 駅弁120 【牛バラ神戸チャーハン (JR西日本 神戸駅)】
  • 東海道本線 神戸(こうべ)駅で購入しました。濃い味の牛バラ煮と牛肉たれ焼きが妙にカレー風チャーハンがマッチします。ワンポイントのカシューナッツもグッドですね。 【製造元】株式会社 淡路屋兵庫県東灘区魚崎南町3−6−18 ▼「牛バラ神戸チャーハン」(1,050円)。▼内容は、カレー風味のチャーハンの上に牛バラ煮、牛肉タレ煮、カシューナッツ、パプリカがのっています。▼ところで、神戸チャーハンって、どうい [続きを読む]
  • 木造駅舎探訪278 〜七久保駅(JR東海 飯田線)〜
  • 七久保(ななくぼ)駅は、JR東海 飯田線の駅です。駅舎は、瓦葺切妻屋根、壁は白ペンキで塗られた下見板張り。大正時代に竣工された駅舎は、所々に大正ロマンを感じます。駅舎正面に木曽山脈(中央アルプス)、背に赤石山脈(南アルプス)がそびえ立っています。 長野県上伊那郡飯島町七久保1918年(大正8年)7月23日開業 ▼駅舎全景。▼正面の駅名板。▼出入口からホームへは、フラットで行けます。▼窓口跡とチッキ跡は [続きを読む]
  • 木造駅舎探訪277 〜江見駅(JR東日本 内房線)〜
  • 江見(えみ)駅は、JR東日本 内房線の駅です。地形的には外房に位置しますが、所属路線としては内房線です。内房線で統一された水色の瓦葺切妻屋根、壁はサイディングボードで覆われています。また、正面の車寄せからホームへ続く長い付庇は、内房線の標準的な設計となっています。 千葉県鴨川市西江見1922年(大正11年)12月20日開業 ▼駅舎全景。▼正面の出入口からホームへはバリアフリー。▼正面の駅名板は、旧国鉄 [続きを読む]
  • 駅弁119 【焼餃子ダブル弁当 (JR東日本 宇都宮駅)】
  • 東北本線 宇都宮(うつのみや)駅で購入しました。宇都宮と言えば、浜松と並ぶ餃子の街。日本で初めて駅弁を販売したという松廼家(まつのや)さんから発売しています。餃子の駅弁は、ニラやニンニクの臭いの関係で開発は難しいのではと思っていましたが、珍しいなと思い購入しました。内容は、焼餃子に白飯だけというシンプルな駅弁。でも、意外や意外に冷めても美味しかったです。 【製造元】有限会社 松廼家(まつのや)栃木 [続きを読む]
  • 【秋の乗り放題パス2017】 北関東から南東北への鉄旅(その4)
  • 北関東から南東北への鉄旅も4日目。元同僚たちとの懇親旅行としては、2日目の最終日になります。この日は、台風21号の北上に伴い、朝から雨。山寺を登る予定を早々に中止し、元同僚たちは雨風が強くなる前に日本の各地へ帰途に向かいました。一方、自分を含め残った輩は、次なる目的地である蔵王温泉へ移動します。 ▼朝の天気予報はご覧のとおり、雨マークがびっしり。なので、朝風呂温泉三昧して、ゆっくり目の出発になりま [続きを読む]