DONE さん プロフィール

  •  
DONEさん: 悠々自適トレーディング
ハンドル名DONE さん
ブログタイトル悠々自適トレーディング
ブログURLhttp://fx02271227.blog134.fc2.com/
サイト紹介文1日15分の注文で、悠々自適生活をする日記
自由文1日の僅かな時間を使って、FXや株等の金融商品で、利益を安定して稼ぐ手法。930450・
811000・691550
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供225回 / 365日(平均4.3回/週) - 参加 2010/08/07 00:31

DONE さんのブログ記事

  • 概況
  • 先週末のNYダウは、米中貿易戦争回避に向けた協議での、情報が交錯する中で行方を見極めたいとの思惑から、積極的な取引が控えられて推移しました。回避された場合に恩恵を最も受ける、ボーイング・キャタピラに買いが入り指数を押し上げましたが、長期金利の低下を受けて金融株が下落した事で指数は伸び悩みました。終値は1.11ドル高と小幅上昇もナスダックは28.13ポイント安で取引を終えました。日経平均は111円台に乗せた [続きを読む]
  • 概況
  • 17日のNYダウは、対イラン制裁による原油供給不足懸念を背景に、エネルギー関連株に買いが入り堅調に推移しました。原油価格が利益確定売りから値をけずると、ダウも上昇幅を縮小させる動きとなりました。米中貿易摩擦に対する不安もあり、ダウはマイナス圏で推移し130ドル程度下落。引けに掛けては値を戻す動きとなり、終値は54.95ドル安で取引を終えました。ナスダックも15.83ポイント安。日経平均はNYダウ上昇と米国金利先 [続きを読む]
  • 概況
  • 16日のNYダウは、米百貨店大手メーシーズの第1四半期決算が、前年同期比78.2%増と良好な数字となり、個人消費の旺盛さが小売企業に波及して相場を牽引しました。一方では消費の堅調はインフレを想像させるため、長期金利の上昇となり株価の上値を抑えました。米朝首脳会談の先行きにも懸念材料となっています。終値は62.52ドル高と反発、ナスダックは46.67ポイント高で取引を終えました。日経平均は長期金利の上昇を背景にNYダ [続きを読む]
  • 概況
  • 15日のNYダウは、米国小売売上高が市場予想通りの結果を受け、インフレ観測から長期金利が上昇。金利の上昇は企業収益を圧迫する事から、利益確定売りが選好されました。また米中貿易摩擦に関して、中国大使から両国間には大きな隔たりがあるとの発言が、投資家心理を悪化させるものとなりました。終値は193.00ドル安と9営業振りに反落となり、ナスダック指数も59.69ポイント安で取引を終えました。貿易摩擦・金利懸念が相場 [続きを読む]
  • 概況
  • 週明けのNYダウは、米中貿易摩擦の緩和への期待感から、買い先行で寄り付き推移しました。ザラ場では150ドル以上の上昇となりましたが、利益確定売りが上値を押さえ上昇幅を縮小させました。小売関連企業の決算も控えており、結果次第では失望売りも警戒されていました。終値は68.24ドル高と8営業日続伸となり、ナスダックも小幅続伸で取引を終えました。日経平均は利益確定売りが先行し寄り付きました。好決算銘柄に買いが入 [続きを読む]
  • 概況
  • 先週末のNYダウは、買い先行で寄り付き推移しました。4月PPIとCPIが発表され市場予想を下回る結果となりましたが、利上げペースが緩やかになるとの思惑から買い優勢となりました。一方好業績銘柄(ハイテク株)は利益確定売りが選好され、上昇幅を縮小する展開となりました。終値は91.64ドル高と7営業日続伸し、ナスダック指数は小幅下落で取引を終えました。日経平均はNYダウ大幅上昇を受け、円安基調と米国金利低下を好感した [続きを読む]
  • 概況
  • 10日のNYダウは、CPIが市場予想を下回った事を受け、利上げ回数増加観測が後退した事で買い先行で推移しました。地政学的リスクの警戒感も緩和しも、原油価格が高止まりしている事が、上値を限定させる要因となりました。終値は196.99ドル高と6営業日続伸し、ナスダックも65.06ポイント高で取引を終えました。米中首脳会談等の懸念材料もあり、突発的な事象には注意が必要です。前営業日比88円30銭高の2万2497円18銭で終了した [続きを読む]
  • 概況
  • 9日のNYダウは、トランプ大統領が8日にイラン核合意からの離脱を表明、原油取引に対して制裁を再発動する方針を示した事を受け、原油供給が停滞するとの懸念が拡大しました。WTI原油先物相場が71ドル台に急伸、原油在庫が大幅な取り崩しとなった事を受け、エネルギー関連株に買いが入り相場を押し上げ、一時は230ドル上昇を示現しました。インフレ懸念から利回りも上昇しており、今後の先行きに波乱要素が大きくなっています [続きを読む]
  • 概況
  • 8日のNYダウは、2015年のイラン核合意離脱を表明し、経済制裁の再開をする考えを示しました。これを受けて地政学的リスクの高まりから、株式市場は売り先行で展開となりました。その後のイランのロウハニ大統領は演説で、米国を除く5か国との合意は継続と表明し、地政学的リスクの緊迫化は避けられるのではないかという事で、急速に買い戻されました。終値は2.89ドル高と小幅続伸し、ナスダックも1.69ポイント高で取引を終 [続きを読む]
  • 概況
  • 週明けのNYダウは、バフェット氏によるアップル株買い安心感からハイテク株に買いが集まりました。イランリスクを背景とした地政学的リスクの高まりを受け、原油先物相場が70ドルを突破し、エネルギー関連株にも買いが入り相場を押し上げるも、イラン核合意の報道を受けると一転して上昇幅を縮小させました。ダウ終値は94.81ドル高と3営業日続伸し、ナスダック指数は55.59ポイント高で取引を終えました。日経平均は、NYダウ大 [続きを読む]
  • 概況
  • 先週末のNYダウは、米中貿易戦争回避に向けた交渉に、目立った進展がなかった事で長期化の様相を嫌気し、寄付きから売り先行で推移し150ドル下落しました。その後投資家バフェットの投資運用会社ハサウェイが、アップル株を買い増したとの報道から急伸。ハイテク株全般に買戻しが入りプラス圏に。注目の雇用統計は、インフレ要因の平均時給が予想を下回り、利上げ回数の増加を迫る結果に安心感を与えました。終値は332.36ドル [続きを読む]
  • ICO
  • ・ICOは初期の価格で保有できます。ですが、保有をし続ける事が難しいのが投資です。4年前のイーサリアムのICO価格はたったの25円。想像して下さい。あなたは保有し続ける事が出来たでしょうか?10万円投資しました。保有枚数は4000枚です。50円になりました。保有の半分を売れば投資金は回収出来、保有枚数は2000枚です。これなら、保有し続ける事は可能です。現在の価格8万円×2000枚=160,000,000 [続きを読む]
  • 概況
  • 3日のNYダウは、ムニューシン財務長官やロス商務長官が北京での、2日間にわたり貿易摩擦交渉を協議します。決裂となれば制裁が現実的になる懸念から、ダウは売り優勢となり400ドル近い下落場面がありました。過度な警戒感から買い戻しから急速に値を戻し、終値は5.17ドル高と小幅反発で取引を終えました。ナスダックは12.75ポイントの小幅下落。本日は雇用統計を控えており、売買は手控えられていました。為替市場は、FOMCで [続きを読む]
  • ビットコインキャッシュ
  • ビットコインキャッシュこの1週間は、緑線1のレジスタンスに抑えられて、価格が縮小した中で推移しています。レジスタンスを抜ければ、2のレジスタンスに向かいますが、青線1がポイントになります。メルマガに過去に数字を記載していますので、気になる方はご確認下さい。サポートラインは記載していませんが、直近のローソク足にあります。場当たり的に価格を見たりしないことをお勧めします。終値を待ちましょう。 [続きを読む]
  • 概況
  • 2日のNYダウは、FOMCを控え手控えムードで寄付き推移しました。内容はハト派的と市場では受け止められ、発表後には80ドル以上のプラスとなりました。その後は、輸入措置制限による原材料の上昇が、企業収益の圧迫の可能性から下押しとなりました。材料出尽くしムードもあり、終値は174.07ドル安と下落しました。ナスダックも29.80ポイント安。長期金利動向が相場に影響を与える動きが継続しそうです。日経平均は円安を好感した [続きを読む]
  • 概況
  • 1日のNYダウは、ISM製造業指数が大幅に低下し市場予想を大きく下回りました。輸入制限措置でのコスト上昇、ファイザー製薬の決算が予想を下回り、株価を押し下げる要因となりました。ハイテク株には買い戻しが入りダウは往来相場に。終値は64.10ドル安と3営業日続落も、ナスダックは買戻しが入った事で64.43ポイント高で取引を終えています。本日はFOMCを控えており要注目です。日経平均は、連休の谷間の取引で寄付きから方向感 [続きを読む]
  • 概況
  • 週明けのNYダウは、ソフトバンクグループ子会社の米携帯電話4位スプリントと同3位TモバイルUSは、合併することで合意したと発表ましたが、競争低下を懸念し米規制当局が合併を承認しないのではないかとの見方から、通信株全般に売りが膨らみました。またアップルの決算発表を翌日に控え、マイクロソフト、インテルなどのハイテク株や、ボーイングをはじめとする景気敏感株も軟調に推移。終値は148.04ドル安と続落となり、ナスダッ [続きを読む]
  • 概況
  • 26日のNYダウは、フェイスブックが前日引け後に発表した2018年1〜3月期決算は、純利益が62.8%増の49億8800万ドルと過去最高を更新。ハイテク株中心に買戻しが入り指数を押し上げました。本日はGDPの発表を控え、相場に影響を与える可能性もあります。終値は238.51ドル高と続伸し、ナスダックはハイテク株の買戻しから114.94ポイント高と6営業振りに反発しました。日経平均は、NYダウ反発と好業績を発表した東エレクトロンが買 [続きを読む]
  • 概況
  • 25日のNYダウは、朝方に発表されたボーイング社の決算が、57%の大幅増益となり通期の利益見通しも上昇修正されました。同社はダウ採用銘柄で相場を押し上げる要因となりました。長期債利回りが3%台で推移した事で、ダウは乱高下を繰り返したものの終値は、59.70ドル高と5営業振りに反発して引けました。ナスダックは3.61ポイントの小幅安。日経平均は、NYダウ下落の影響から寄付きから売り先行で推移しました。為替が円安で [続きを読む]
  • 概況
  • 24日のNYダウは、新築住宅販売件数や4月の消費者信頼感指数が良好な内容となり、小幅高で寄付き推移後にダウ採用のキャタピラー業績ピークアウトとの報道を受け急落。長期金利の上昇も株価を圧迫しました。終値は424.56ドル安と大幅続落し、ナスダックも121.25ポイント安で取引を終了。原油動向やインフレ関連指数の発表には注意をする必要があります。日経平均は、円安だけを好感した買戻しがハイテク株に入り、米国金利上昇を [続きを読む]
  • 概況
  • 週明けのNYダウは、寄付き後変わらず近辺で推移も長期金利の上昇を嫌気し、130ドル程度の下落となりました。その後は買戻しから下落幅を縮小させましたが、3%を突破した金利が一段と上昇すれば、株式市場にとっては大きな脅威となります。終値は14.25ドル安と小幅に続落となり、ナスダックも17.53ポイント安と小幅な下落で取引を終えています。日経平均は、NY市場でのアップル株下落を背景に、ハイテク株中心に小幅に売りが [続きを読む]
  • 概況
  • 先週末のNYダウは、前日の半導体大手SMCの業績悪化予想から、アップル株が需要減少との思惑から売りが膨らみました。一部インフレ懸念から長期金利が上昇した事も、株式市場にとってはマイナス要因となりました。終値は201.95ドル安と3営業日連続安。ナスダックもハイテク株の下落が響き91.93ポイント安で取引を終えました。週末のポジション調整も一因です。日経平均は、NY市場でのスマートフォン需要の先行きに対する不透明感 [続きを読む]
  • 概況
  • 19日のNYダウは、半導体世界最大手TSMCがスマートフォン需要が弱含んでいると指摘、売上高予想を下方修正したことを受け、部品供給先のアップルや半導体関連株に売りが出ました。市場は企業決算に期待値を高めており、予想内の発表であれば失望売りが出る状況。終値は83.18ドル安と反落し、ナスダックは57.18ポイント安と反落して取引を終えました。AUDCAD 前日の高値近辺に到達するかに注目。超えれば0.9865が目標。 結 [続きを読む]
  • 為替
  • USDJPY トレンドは形成されていませんが組み合わせ的には価格は上昇。50%を超えると61.8%に向かいます。107.32円を終値で超えるかがポイント。AUDCAD 前日の高値近辺に到達するかに注目。超えれば0.9865が目標。EURCAD 前日の高値近辺に到達するかに注目。EURGBP 前日の高値近辺に到達するかに注目。超えれば0.8738が目標。本日は多数の通貨に注文が入りやすくなっています。 [続きを読む]