dawn さん プロフィール

  •  
dawnさん: 三重県伊賀地域の情景
ハンドル名dawn さん
ブログタイトル三重県伊賀地域の情景
ブログURLhttp://dawn33.cocolog-nifty.com/blog/
サイト紹介文伊賀地域(伊賀市、名張市)のよいところ、近隣の県内市や学生のとき住んでいた滋賀県のことなど
自由文地元出身者として、伊賀地域(伊賀市、名張市)のよいところをアピールするとともに、近隣の県内市や、学生のとき住んでいた滋賀県のことなどにふれていきたいと思っています。

参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供78回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2010/08/10 20:50

dawn さんのブログ記事

  • うなぎ丼(津市 おがわ)
  •  今日(2018.7.15)はランチにうなぎを食べようと思って津市へ行ってきました。津市のうなぎの店はどこも美味しくて価格もリーズナブルです。津市観光協会ではうまっぷという案内チラシも作成されています。「うなふじ」か「おがわ」を念頭に伊賀市の自宅を10時30分に出て、「うなふじ」へは11時15分に到着したのですが、既に店前に30人ぐらいの行列ができていたので断念。この35度を超える暑さの中、外で並ぶのは無理です。そこ [続きを読む]
  • 伊賀焼の「ぐい呑み」
  •  お世話になった方々へのお礼にと思い、伊賀焼の「ぐい呑み」を買ってきました。 大阪府から伊賀市島ヶ原へ移住してこられた田中元将さんの作品です。 伊賀焼は 、国指定伝統的工芸品で五島美術館の破袋(やぶれぶくろ)でも知られるもの。私のお気に入りです。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 伊賀市出身の千代の国が大相撲五月場所で12勝3敗と大活躍
  •  両国・国技館で開催された大相撲五月場所千秋楽(2018年5月27日)、千代の国は突き落としで勝ち、12勝3敗の素晴らしい成績となりました。 元小結 舞の海関の解説にもあったように、今場所はしっかり前に出て元気な荒々しい相撲をとったことがこの成績につながったのだろうと思います。初めての敢闘賞に相応しい取り口でした。  来場所は上位の強い力士とあたることになりますが、今場所の好調を維持してさらに活躍してもらいた [続きを読む]
  • モクモクファームが日経プラス1「観光牧場」ランキングで全国第4位に
  • 2018年4月21日付けの日経プラス1何でもランキング「観光牧場」で、伊賀の里モクモク手づくりファームが全国第4位にランキングされていました。  1位から3位までが「小岩井農場」「マザー牧場」「ノーザンホースパーク」という首都圏で非常に著名な牧場ばかりですから、モクモクの4位というのはとても値打ちのあることです。  モクモクのコンセプトは「本物の農業を体験する」ことなので、観光牧場というと少しイメージが違 [続きを読む]
  • 伊賀鉄道「四十九」駅が開業
  •  3月17日(2018年)、伊賀鉄道に新しい駅ができました。四十九(しじゅく)駅といいます。  「四十九」という地名は、奈良時代の僧行基が建立した四十九院のひとつがあることに由来するのだそうです。  1945年まで営業していた同名の駅の復活で、以前の駅の位置は新駅より300mぐらい南のほうにありました。  新駅はスーパーマーケットのマックスバリュ上野店に接しているのに直結されておらず、北側へ100mほど迂回して階段かス [続きを読む]
  • うなぎ栄玉亭(えいぎょくてい)
  •  先日(2018.2.23)急に思いついて、うなぎを食べに。 伊賀でうなぎと言えば、ここ。伊賀市上野相生(あいおい)町にある栄玉亭です。何しろ明治40年(1907年)創業という老舗ですから、趣きがちがいます。 伊賀上野銀座通り(東之立町通り)から東に少し入ったところにあるので、街中の喧騒を忘れさせてくれるところ。その静かな和室でいただくうなぎの味は絶品です。部屋から鑑賞できる中庭も風情があります。  シンプルな う [続きを読む]
  • 最近の「たま」
  •  まだまだ寒い日が続いているので、うちの「たま」はふとんにくるまって寝ていることが多いです。 活動期に入るのは、ずっと先のような感じがします。   にほんブログ村 [続きを読む]
  • 伊賀焼VS信楽焼 冬のあったか忍者めし対決!
  •  明日(2018.2.25)、伊賀市川合(旧 阿山町)にある「すぱーく阿山」で、伊賀焼VS信楽焼 冬のあったか忍者めし対決!が開催されるということです。 ちょうど同日の16時から国道422号三田坂(みたざか)バイパスが全線開通する予定ですので、この忍者イベントと合わせて初通行してこようと思っています。 【伊賀焼VS信楽焼 冬のあったか忍者めし対決!のチラシ↓】   【国道422号三田坂バイパス位置図↓】 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 尾鷲牛乳
  •  先日イオンモール和歌山へ行ったとき、産直市場で見つけたので、買ってみました。 三重県尾鷲(おわせ)市には牛乳を作っているようなところはないのに変だなと思って確認してみると、尾鷲牛乳の「尾鷲」は製造者の方の姓で、「おわし」と読むようです。 串本町の牧場で作られるこの牛乳は、濃厚な味でとても美味しい。また機会があれば、ここのソフトクリームも食べてみたいものです。   にほんブログ村 [続きを読む]
  • アドベンチャーワールド(白浜町)
  •  今回の紀伊半島周遊、一番の目的は熊野本宮大社で厄祓のご祈祷を受けることでした。拝殿で受ける厳かなご祈祷は、格別のものがあります。 その前に訪れたのは、白浜町にあるアドベンチャーワールド。何度も行っていますが、常に新鮮な驚きがあるところです。5頭もパンダが飼育されているセンター、動物園、マーラやカピバラなど小動物への餌やりスペース、サファリワールド、迫力あるイルカなどのパフォーマンス、水族館、遊園地 [続きを読む]
  • 串本海中公園(水族館、海中展望塔)
  •  紀伊半島周遊の際に立ち寄ったのが串本町にある串本海中公園。 水族館と海中展望塔を回ってきました。 水族館では、11時30分からトンネル大水槽で解説付きの餌やりを見学できますし、ウミガメへの餌やり体験、小さいエビが手の掃除をしてくれるタッチングプールなど、豊富なメニューが揃っています。 海中展望塔のほうは、そこへ行き着くまでの橋を渡るのに結構スリルがあり、展望塔内からは自然に集まる熱帯魚を見ることができ [続きを読む]
  • 和歌山県の2つの施設で宿泊
  •  2018年2月4日から6日の2泊3日で紀伊半島を周遊してきました。 宿泊したのは白浜の少し北 田辺市にある「ホテルハーヴェスト南紀田辺」と那智勝浦町の「湯快リゾート 南紀勝浦温泉 越之湯」。前に泊まったとき よかったので、リピートとなりました。 どちらの施設も温泉のお湯や食事に出される魚介類の質が高くて、しかもベランダや窓から見える海の景観が素晴らしく、とても満足できるところです。 【ホテルハーヴェスト南紀田辺 [続きを読む]
  • コミック「紀伊半島 海町ごはん」
  •  以前、三重県南部の紀北町(きほくちょう)に住んでおられた元町夏央さん(現在は奈良県東吉野村に在住らしいです)がコミックの新刊「紀伊半島 海町ごはん」を出版されました。伊賀市平野西町にある岡森書店 白鳳店でサイン色紙展示の横に平積みされていたのを買ってきました。 このコミックの元になった「南紀の台所(1〜4巻)」は紀北町での生活を生き生きと描かれたものでしたが、今回のも紀北町の新鮮な魚などを中心に地 [続きを読む]
  • 絶品の 伊賀牛 炙り丼(ヒルホテル サンピア伊賀)
  •  先日伊賀牛の丼が復活したと記しましたが、その中で、忠実にすきやき伊藤の牛丼を受け継いでいると思われたヒルホテル サンピア伊賀の伊賀牛炙り丼(いがぎゅう あぶりどん)を食べてきました。同ホテル内のれすとらん「花ごころ」で、昼も夜も提供されています。 その味は、言葉で表せないほどの美味しさです。A級格付けの伊賀米コシヒカリのごはんの上にのっているのは、伊賀牛肉だけという潔さ、そして絶妙な甘辛さの味付け。 [続きを読む]
  • めぐって!三重 ひな街道スタンプラリー 平成30年は2月4日(日)から
  •  三重県内の7会場で おひなさまイベントが開催され、それらを結び付けるのが このスタンプラリーです。今年から尾鷲市が加わっています。会場によって開催期間が異なっているので、確かめて行くことが必要ですね。 【スタンプラリーのチラシ↓】   ちなみに、伊賀上野・城下町のおひなさんは、2月17日(土)から3月3日(土)までですが、伊賀ぶらり体験博覧会「いがぶら」とのコラボ企画「ひなぶら(ひなまつりに関する体験観光 [続きを読む]
  • 伊賀牛 炙り丼(いがぎゅう あぶりどん)提供開始
  •  待ち望んでいた伊賀牛の丼がとうとう復活しました。 池波正太郎が好んだ金谷に象徴される肉の横綱 伊賀牛ですから、なかなかお値打ちには食べられない中で、閉店したすきやき伊藤では出色の伊賀牛丼が提供されていました。 その閉店がとても惜しまれていたのを受けて、昨年(2017年)9月に 同店の元調理人の方による秘伝の講習会が開かれたので、どの店がどんな牛丼を開発し、いつから提供するのか、すごく期待していました。 そ [続きを読む]
  • 名張市モンパクトルのケーキ
  •  今日(2018.1.21)は名張市に用事があったので、その帰りにモンパクトルのケーキを買ってきました。  いちご生チョコレートタルト(420円+税)と米粉の黒豆ロール(1,100円+税)です。米粉の黒豆ロールは、小麦粉と白砂糖を全く使ってないそうで、米粉であるせいか、もちもちした食感でした。  にほんブログ村 [続きを読む]
  • 移住先としての名張市
  •  先に、(株)宝島社『田舎暮らしの本』2月号(平成30年1月4日発売)の2018年版全国12エリア別「住みたい田舎」ベストランキングで、伊賀市がランクインしたことを紹介しましたが、今日(2018.1.7)の中日新聞伊賀版に名張市もランキングに入っていることが記事化されていましたので、この雑誌を買ってきました。 これによると、名張市はシニア世代が住みたい田舎部門において東海エリア(静岡・愛知・岐阜・三重)の第4位に入 [続きを読む]