もみじ さん プロフィール

  •  
もみじさん: 潮風に吹かれて
ハンドル名もみじ さん
ブログタイトル潮風に吹かれて
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/potyuraka0507/
サイト紹介文感じている事などを 草花の写真に添えて書きます。時には下手な水彩画や油絵も載せてみたい。
自由文人間ドックに行き 悪い予感が的中し手術を受けました。 
日常生活が変化するだろうと思っていたのですが 時々病院に行くだけの相変わらずの日々です。

何もない穏かな日々が どんなに有難いものか思い知りました。
趣味にしている絵画や音楽が 出不精な私の慰めになっています。

参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供128回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2010/08/13 17:30

もみじ さんのブログ記事

  • 両親の緊急事態 2
  • その夜、弟は宮崎のS病院へ母を連れて行き検査をして貰ったそうだ。結果、全ての臓器が最悪の状態だったようですぐ入院するように言われた。「お父さんの事が気になるから入院は出来ない・・」と母が言ってそのまま帰宅したらしい。その連絡を受け「お父さんの事はどうでもするからお母さんを兎に角早く入院させなきゃ・・」と私は弟を叱った。翌日の1/8朝に母は無事入院した。(その頃、まだ宮崎はインフルエンザの流行が下火で [続きを読む]
  • 両親の緊急事態(・・思い出・・)
  • 新年を迎え孫たちも帰ってしまってホッと一息ついていた1月7日だった。早朝、父から珍しく直接電話が来た。何時もは母を通して「お父さんがそう言ってるから・・」と何事も伝わっていたのに。「お母さんが具合が悪いようだからすぐ来てくれ」と言う。ゲゲゲッ!そりゃ大変じゃない。実家はずーっと母一人の力で持っている。軽い認知症の父の面倒を看ながら家事一切他人に頼らないでやっている。宮崎の弟に「すぐ来て!」と先ず連 [続きを読む]
  • 明日は義母の3回忌
  • 明日は義母の3回忌だ。新しく小さ目な神棚を購入してから1年くらい経つ。旦那から小さ目な神棚なんてきっと文句を言われるだろうと思っていた。ところが「俺もそうしようと思っていた」と言われた。そうよ、神棚の大きさで供養の違いなんかあろう筈がないのだ。仏間に大きな仏壇があって祖先の写真が鴨居にずらっと並んでいる。そういう昔からの常識が田舎にはしっかり残っている。床の間には当然のように天皇家の写真まで飾って [続きを読む]
  • デリカシーの問題?
  • 余韻って大事でしょ? 大事よね〜。ところがウチの旦那ときたら0.001秒くらいで次に移る。テレビのいいシーンが終わって私がまだボーっとしているっていうのに さっさと旦那はお菓子の蓋を開けているって感じ。私に言わせりゃデリカシーが乏しい。余韻に浸るって君には無いのか?後味ってあるでしょ? あるよねー。美味しい物を食べた後 口のなかにまだ残っている味を楽しまない?私なんか だいぶ持たせて楽しむタイプな [続きを読む]
  • 乗船体験しました
  • 日南には豪華客船が定期的にやって来る。日南市で「乗船体験しませんか」という企画があった。友人のTが「一緒に申し込んでみるわ。免許証のナンバーとか届ける必要あるから教えて」と私に確認にやって来た。「申し込みって多いらしいから どうせ当たらないと思うんだけど・・」「そうなの?当たればいいわね〜」なんて言っていた。すっかり忘れていたら「当選したっちゃがー」と電話があった。今日、そのPACIFIC VEN [続きを読む]
  • 思いがけない老人ホームの運動会
  • 12日、土曜日老人ホームは運動会だった。それを知らなかったら「明日は運動会よ」って義妹のKさんが教えてくれた。「じゃ一緒に皆で行こうよ」と誘った。弟夫婦と待ち合わせて会場に着くとスタッフが赤い揃いのポロシャツを着て受付をしていた。長いスロープを折れ曲がりながら登って行くと2階にその体育館はあった。こんなに大勢のお年寄りは見た事が無い。「ここの施設はいったい何人くらいの収容人数なの?」「介護なし老人 [続きを読む]
  • 大きな木の絵を描いてみた・・
  • 春になったし天気もいいし・・今日はスケッチだ。お弁当は先生の分もコンビニで買っていく。いつもお弁当を持って来てくれるSさんが旅行中らしい。ドラッグストアの駐車場に集合した。13台も車が並ぶと買い物しないのだからお店の方にとても申し訳ない。「せめて第2駐車場(ちょっと離れている)の方に集まろうよ」と私は提案した。私は今まで通り日南市の駐車場でいいんじゃないかと思う。どうせ乗り合って半分以上は車を置い [続きを読む]
  • 身体のコンデイション調整中
  • 春になったがハンドクリームはまだ欠かせない。両の手のひらを合わせて刷り込んでいたら シビレを感じた。これ、ヤバいんじゃない?心臓が悪いと手が痺れる・・とか前に聞いた気がする。取り敢えず整体に行ってみよう。それで治らなかったら その時に考えよう。整体に行くと初めは「あんまり悪くない」と言っていたが 身体を触るにつれ「あれ、ここも悪い」「こっちにも塊が出てる」と言いながら次々に治していく。終わった時に [続きを読む]
  • ・・来客中・・
  • 昨日から旦那の友人のTがやって来ている。結婚してから何度やって来たか数えられない。「いつ帰るの?」って旦那に聞くと「さぁ〜・・」と言う。旦那が定年になった時だった。Tがやって来る時に重ねるようにして私は友人との旅行に出かけた。「私にも定年を下さい。これからはホテルに泊まって貰って」と旦那に宣言。それから毎年のようにやって来るが近くのホテルに泊まってくれるようになった。歩いて5分くらいにビジネスホテ [続きを読む]
  • キャー、何? かっわいいー??
  • 両親が入所の日、弟夫婦と近くの有名なうなぎ屋さんにお昼を食べに行く予定だった。「久しぶり、楽しみね〜〜」ってラインで言っていた。ところが午前中は健康診断だし昼からも色々あって3時からは説明会・・。「今日は一日仕事やね〜〜」「お昼に外に行くなんて お父さんの足がこれじゃ無理よね〜」「近くに良さげなスーパーがあったからお弁当買いに行ってみる?」「うん、行こ、行こう。面白そう・・」弟は疲れたから待ってる [続きを読む]
  • 両親揃って老人ホームへ
  • 今日は朝から土砂降りだ。良かった、昨日が今日だったら大変だった。昨日は8時前に施設に着いて事務所に声を掛けた。「おはようございま〜〜す」所長も看護師さんも待機されていて「もう準備整っていますよ」と言われた。父の部屋は昨日の内に殆どの荷物を運び出し弟が次の施設に持って行ったので 随分さっぱりとした部屋になっていた。「今日は首から上は元気いっぱいなんですが・・足から下がさっぱり駄目なんですよー」と看護 [続きを読む]
  • ストリート音楽祭
  • ストリート音楽祭に出場する。宮崎で毎年開催されるのにまだ行った事が無い。人出が多い所にはなるべく近寄らないようにしていたから・・。国道220号線を通行止めにして歩行者天国にして行われるらしい。旦那にデパートの近くで停めて貰って歩く事にした。若草通りを歩くと人が多くてぶつかりそうになる。日高宝飾店まで歩いたら(2Fで練習がある)重いバッグが肩に食い込む。今日は譜面台を2台も持って来ている・・重い筈だ [続きを読む]
  • その日が楽しみ〜!
  • この5月から両親は あの素敵な老人ホームで暮らす。5階にあるその部屋に行った時、ベランダの大きな窓から爽やかな風が吹いていた。「ウワァー、いい眺めやねー。まるで新婚さんの部屋やどよー」私はそう言ってため息をついた。「私がここで暮したいくらいやわぁー」母は私のそんな呟きを聞いた所為か 日に日に夢が膨らんだらしい。「あの部屋でお父さんと2人で暮らしたい」そう言うようになった。我々姉弟は「出来れば願いを [続きを読む]
  • 春が来たー!
  • 春の楽しみは日向夏の出回る事。宮崎の人は日向夏が異常な程好きだと思う。あの香りをかぐと幸せに包まれた感じになる。日向夏はレモン色の蜜柑だ。皮と果実の間の白い部分が食べられるしそこがまた甘い。だから包丁でミカンの皮を出来るだけ薄く剥き白い部分を残すようにする。その時にプ〜〜ンと特有の香りがする、たまらない。そうやって今年も何度となく日向夏を頂いた。その度に剥いた皮を冷凍して取って置いた。大分溜まった [続きを読む]
  • 旦那には頭が上がらん!
  • 前回の水彩画教室は孫たちが帰省した為 お休みした私。それに今年初めてのスケッチだし・・と楽しみにしていた。会計をしているので4月は全員から年会費を集めなくてはならない。それにスケッチブックをネットで購入したのを配ったり清算したりしなくてはならない・・それに先生に講師代の支払いもあった。あ〜〜、忙しいー!それに先月の清算(休んだ為)などもあり いささか混乱していた。一段落して現地にも着きようやく描き [続きを読む]
  • ちょっと楽しみ〜
  • 認知症の事が最近少しづつ解って来た気がする。それでも認知症って判り難い病気だと思う。デイサービスに元気よく通い出した母が言う。「あんよね〜〇子ちゃん、デイサービスに行くとボケた人ばっかりやとよ」「ふ〜〜ん」聞きながら(お母さんもボケてるけど・・)と思う。認知症の人は自分が認知症とは思わないのに 他人に対しては厳しい目を持っているようだ。父も軽い認知症である。でも自分はあくまで正常だと思っていて認知 [続きを読む]
  • 今時の子供って・・
  • 帰省する時、孫たちは宿題を必ず持って来て勉強もする。「偉いなぁー」バアバはひたすら感心するしかない。だって子供の頃余り勉強しなかったもんね〜。「も1回 子供時代に戻りたい?」と旦那が聞く。「・・どうやろ?・・やっぱ戻らなくていいワ」「なんで?」「だって同じ事又繰り返すばかりだもん・・私には頑張り屋の遺伝子が欠如してると思うし・・」旦那はちょっと考えていたが「俺もやっぱ戻りたくない」と言った。やはり [続きを読む]
  • 長く続く石段に大興奮!
  • 3月28日、娘はなかなか帰って来そうもないし・・困ったな。今日はどうしよう・・。「ね、アンタ達、鵜戸神宮にでも行ってみる?」私。「そこ、どんなとこ?」「ただの神社だけどぉ・・」「エー!神社なのぉ? もっと面白い所がいぃー」ちょっとの間、私は無言。「だって そうやって漫画見てるだけじゃつまんないでしょ?」「面白いとこなんて田舎だもん、ある訳ないっしょ!」「さ、行くよ。身体動かせば それだけで面白いん [続きを読む]
  • 河原で石投げと石積みして遊んだよ
  • 翌日、旦那は仕事が入っていたし娘は宮崎に泊りがけで遊びに行く予定だ。(娘は1日の日程で3グループと朝昼晩に分けて会う予定らしい)昼まで大丈夫というので娘も一緒に蜂の巣キャンプ場へ行った。桜が咲き誇っている中をテニスコートやバンガローなど見ながら散策した。「いい所やね〜。テニスする人やったら喜ぶよねー、ここ」スケッチでよくここには来るけど吊り橋の向こう側ばっかりで こっちには来た事が無かった。今度は [続きを読む]
  • 桜色に染まるホテル
  • 25日夕方、まず娘たち親子3人がやって来た。Kさん(婿)は今回年度末で仕事が忙しく来なかった。26日朝方、娘と老人ホームへ行った。最近の様子などを所長さんに聞いたり父に会ったりした。昼頃、鈴奈を迎えに(11時45分着)旦那と結衣が空港へ行った。その間に我々3人はお弁当を作って北郷の足湯(待ち合わせ場所)へ向かった。娘が途中で道を間違えた。 方向音痴の私だが「道が違うど、どんどん遠くなってる気がする [続きを読む]
  • 独りでやって来たの?
  • 何の話しの返事だったのか鈴奈が答えた。「私? 独りで来たよ。家から電車に乗って・・」「エーー!?」聞いていた大人3人(ジイジ,バアバ、叔母ちゃん)が一斉に大声で反応した。「搭乗手続きやら・・全部1人でしたと?」「うん・・」「そうなんやー。すごーい! お父さん、お母さんは?」「どっちも仕事やったし・・電車に酔うから私、それがちょっと困ったけど・・」しばらく言葉を無くしてしまった大人達。今度から高校生 [続きを読む]
  • 今夜やって来ます
  • 夕方になると娘とその孫合わせて3人が福岡からやって来る。今日は朝から善哉を作った。お正月の冷凍餅が残っているからこれに入れて食べよう。お隣のオバチャンが「これ、要らん?」って言いながらノビルを持ってきた。引き抜いたばかりの新鮮なノビル、要らない筈ないだろう。「要る、いる。だ〜い好き!」お酒のつまみに最高だよね〜。春の香りがたまらない、今夜はビール飲むゾ!今年、我が家は当番で班長が回って来た。昼過ぎ [続きを読む]
  • 大きな声で歌えば♪
  • 今日はコーラス・スイートピーで昼食会があった。年に1度の行事だが私が参加したのはこれで3回目だ。月1000円の会費の中で賄われるので「得した」気分になる。今日は先生にお礼として「大きなバッグ(楽譜入れ)」のプレゼントがあった。(昨年は花束だった)会計さんが選んで買ったもので先生も喜んでおられた。オレンジのバッグで何時も地味な先生(女性)もこれで少し若返るんじゃないかしら。会食の後 先生の持ち込んだ [続きを読む]
  • これから暫く忙しくなるゾー。
  • 宮崎で毎年行われている音楽祭がもうすぐ(GW中)始まる。フルートの先生から「ラック(フルート音楽隊)にも出演依頼があったから出ますよ、○○さん(私)」と言われた。ラックに在籍している私、勿論参加しなきゃならない。まだ日程がハッキリ決まってないが4/29の予定だ。5/26にはコーラスで2年ぶりのコンサートがある。それで今、合同練習が頻繁にあり盛り上がっている最中なのだ。こういうのって重なるんだよねー、不思議 [続きを読む]
  • 母の退院
  • 父と同じ施設にSさんという上品なお爺ちゃんが居る。そのSさんに「ちょっと・・」と手招きされた。父の知り合いだと聞いていたので「父がお世話になっています」とご挨拶した。すると「貴女のお父さんよりお母さんとの付き合いが深かったんですよ」と言う。Sさんは元教師だったが定年退職してからは詩吟を教えていたらしい。「お母さんは民謡をされていたでしょ。私はお母さんから民謡を習いお母さんには詩吟を教えていました」 [続きを読む]