b.k.ノムラ さん プロフィール

  •  
b.k.ノムラさん: されど偽りの日々
ハンドル名b.k.ノムラ さん
ブログタイトルされど偽りの日々
ブログURLhttp://nomura.blog9.fc2.com/
サイト紹介文身の回りの話題から、本・マンガ・映画・スポーツなど趣味全般をマイペースで語ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供72回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2010/08/14 12:56

b.k.ノムラ さんのブログ記事

  • 恐竜・怪鳥の伝説
  • ジュラシック・ワールドの新作を観た、という話は先に書いた。そこで復習を思い立ったらしいかみさんが、シリーズ旧作をAmazonプライムで順繰りに消化していた。さほど複雑な話ではないものの、キイワードやキャラの引き継ぎ、シリーズファンへのくすぐりなどがあるので、正しい楽しみ方ではあると思う。一方、自分はというと、恐竜つながり(*1)ということでこれを観た。恐竜・怪鳥の伝説 [DVD]伊上勝 東映ビデオ 2005-04-21売り [続きを読む]
  • 電動歯ブラシ購入のこと
  • 電動歯ブラシを買った。いつかは試したいと思っていたのだが、歯のコンディションが悪いほうではないため(親知らず2本抜いたが30本健在。歯医者にもあまりかからない)、また今度、また今度……で、ここまで来てしまった。そうして万事先送りにして課題山積みの現状を見れば、そろそろ何かひとつ決断してもいい頃合いだろう。という思いをなぜだか不意に抱くに至りw、今回の購入とあいなった。我が家的には思いきった金額!フィリ [続きを読む]
  • これが100円玉と500円玉だったら…
  • ごちゃごちゃカードや小銭の入った財布を持ち歩くと、チャリで移動するときなどお尻が痛くなる(財布は尻ポケに入れる)。それは椅子に座りっぱなしでも同じ事。そこで、デスクワークに出るときその日の必要分だけ入れる用に100均でウォレットを買った。三つ折りの、マジックテープでくっつける、ダサいといわれて久しいやつwまあ、人に見せて歩くわけではないのでダサいぶんにはかまわないのだが、出がけにお金を移動するのが面 [続きを読む]
  • 倍返しだっ
  • 残暑お見舞い申し上げます。仕事を終えて深夜にチャリ移動していたら、ふと「殴られて殴り返したらそれで本当にチャラなのか?」といった疑問が生じた。いきなり殴られた。痛い。このとき、受けた痛みは肉体的なものにとどまらない。理不尽な暴力によって心もダメージを負っている。お返しに殴ったとして、相手に与えられるのは肉体的な痛みだけ。そこは差し引きゼロになっても心に受けた痛みは依然、残るのである。ゲンコ一発に対 [続きを読む]
  • ほぼエビフライ
  • 外飲みして帰宅。〆飲みしてたら、なんとなくつまむものが欲しくなったので近所の酒屋に買い出しに出かけた。そこに置いてあったのがこれ。「ほぼエビフライ」。カネテツの「ほぼ〜」シリーズの一品らしい。原材料は、魚肉、パン粉、いか、なたね油、粒状大豆たん白、小麦粉、卵白……といった感じ。そこに"エビ"の2文字は見当たらず、"ほぼ"ですらないw一包装は標準112g(タルタルソース10g含む)とのこと。これが定価270円(税込 [続きを読む]
  • ジュラシック・ワールド/炎の王国
  • 「ジュラシック・パーク」シリーズ第5作で、ワールド3部作の真ん中に当たる。パーク外パートがそれなりの比重を持っている点、または怪物がビジネス目的で人間社会に連れて来られてひと暴れといった、キングコング以来の定番ストーリーなど、位置づけとしては第2作『ロストワールド』に近い。ぶっちゃけ、パークを出てからは絵面的に閉塞感を覚えざるを得ず(それこそ作中で恐竜たちが味わっている感覚なわけだが)、そのへんがこ [続きを読む]
  • 図書館にお願い
  • BSドラマ『悪魔が来りて笛を吹く』を観た。テレビドラマにしては各所に媚びないつくりになっており、そこは一昨年の『獄門島』に続いて野心的なアレンジを施したスタッフに敬意を表したい。ネットでも比較的好評をもって受け入れられているようで、次作とされている『八つ墓村』に向けて弾みがついたのではないだろうか。多少厳しいことを書くと、媚びないことで地味になっているきらいがなくもなく。そこは横溝(映像)作品にあくの [続きを読む]
  • 町の涼み処
  • 普段使いしている仕事場近くの図書館に、こんな貼り紙がされていた。人にやさしい行政。いいですね。ただ、こないだの台風前のちょっと涼しかったとき、冷房の設定温度を上げていたのはいただけませんね。気温が少し下がったとしても、30℃はあったわけで。くわえて台風前後は湿度も高く、熱中症の危険性は変わらず高かった。というわけで、今後ともよろしくお願いします。 [続きを読む]
  • 2018年7月の読了本
  • 7月の読書メーター読んだ本の数:5読んだページ数:1903ナイス数:4二壜の調味料 (ハヤカワ・ミステリ文庫)読了日:07月26日 著者:ロード ダンセイニあかんべえ〈下〉 (新潮文庫)読了日:07月10日 著者:宮部 みゆきあかんべえ〈上〉 (新潮文庫)読了日:07月08日 著者:宮部 みゆき蒲生邸事件 下 (文春文庫)読了日:07月04日 著者:宮部 みゆき蒲生邸事件 上 (文春文庫)読了日:07月01日 著者:宮部 みゆき読書メーター [続きを読む]
  • 我がルーツの四分の一
  • 台風12号が、西日本豪雨(平成30年7月豪雨)の被災地を通過中とのこと(といったタイミングでこれを書いている)。被災された皆さんには心よりお見舞い申し上げます。多磨霊園に母方の祖父の墓がある。数年前、祖母が亡くなったのを機に、そこを閉める話が持ち上がった。母の姉妹がすべて千葉に引っ越したため、墓を移した方が都合がいいという話である。老境というには早いが、そろそろ母には遠征が億劫になったという理由もある [続きを読む]
  • 高円寺阿波踊りの立て看板はなぜ消えたのか
  • 阿波踊りが近くなると、高円寺駅近辺のあちらこちらに立て看板が出る。内容としては、開催当日に行われる交通規制をアナウンスしたものだ。んで、今年も出た――はずなのだが、いつの間にやら撤去されている。8月に入ってから立てるのが本来のありようで、区からフライングですよと指導が入ったのかな、とも思ったのだが、もしかしたら掲示内容に変更があったのかもしれない。そこで思い当たったのが予備日だ。問題の立て看板を最 [続きを読む]
  • 砂の器 〜からの八つ墓村
  • Amazonプライムで観た。この10年で3回目になるか。前回もプライムビデオだったが、そのときは100円だった。現在は無料。加藤剛と橋本忍が鬼籍に入ったこの夏に、追悼の意味で観るならやはりこれだろう。 砂の器 デジタルリマスター版 [DVD]" /> 砂の器 デジタルリマスター版 [DVD]SHOCHIKU Co.,Ltd.(SH)(D) 2013-01-29売り上げランキング : 465Amazonで詳しく見る by G-Toolsさんざん言い尽くされていることだが、クライマックス [続きを読む]
  • 都内で40℃超え!
  • ネットニュースをチェックしていたら、「都内で気温40℃を超えた」とのこと。リンク先に飛んでみたら、場所は「青梅市」だという。これには「ん〜〜?」となってしまった。古くから当地にお住まいの皆さんも「う〜〜ん」となったと思う(たぶん)。三鷹市に生まれ、そこで昭和の終わりまで生活していた身として、23区外は「都内」ではなく「都下」のイメージである。子どもの頃の話だが、年賀状の差出人住所に「都下三鷹市」と書い [続きを読む]
  • 猫だって暑い
  • この暑い中、野良猫たちはどこで涼んでいるのかねぇ?我が家の猫たちを見るにつけ、必ずしも冷え冷えの室内が好きなわけではない、冷房効き過ぎの(と連中が判断した)ときは、あえて窓際でカーテンにくるまったりしている。それにしたって、自ら身の置き場を調整できるくらいには恵まれた環境といえるだろう。家の中は。見た感じ、初夏に生まれた子猫のようだ。出入りしている某企業の駐輪場周辺に居着いている。野良なのか半野良な [続きを読む]
  • 空気をキレイに
  • うちの老猫はなぜかメカの排気音が好きなようで、特に除湿機を動かすとすぐに寄ってきて傍らに座り込む。好き度はやや落ちるが、空気清浄機も同じくお気に入りだ。さて、そんな折柄、空気清浄機の排気が、なんだか体に悪そうな臭気を帯びるようになってきた――ので、そろそろ買い換え時かなと考えてAmazonで検索したら……高い。現実路線として、今回もフィルター交換で済ますことにした。新旧比較。使用前、使用後。交換目安はメ [続きを読む]
  • 恋は雨上がりのように
  • 最終巻となった10巻をようやく読了。恋は雨上がりのように 10 (10) (ビッグコミックス)眉月 じゅん 小学館 2018-04-27売り上げランキング : 7624Amazonで詳しく見る by G-Tools不惑を5つも過ぎたバツイチオヤジが女子高生に惚れられるなんて事態が、そうそう起こり得るわけがない。と言いつつ、どこかでそういったファンタジーを望む気持ちを持ってしまうのが男の悲しい性というもの。ただ、平成も終わりに近づいたこの時代に、そ [続きを読む]
  • 転ばぬ先のハザードマップ
  • ついに西日本豪雨の死者が200名を超えたという報道。依然、行方不明者があれば、一方にまだまだ被害規模を把握しきれない地域もあるという。ライフラインの復旧にも時間がかかりそうだ。今回、国の対応の遅れは歴然としているが、気象庁が事前に異例の会見を行ってもなお、これだけの被害が出てしまうのは、「どのタイミングで行動するか」の判断が難しい、自然災害の分かりづらさだと思う。2011年の東日本大震災の後、高円寺の某 [続きを読む]
  • メスを入れる
  • 靴は潰れるまで履く。そんななか靴が潰れた。さあ替え時だ。新しいのはAmazonで注文した。選んだのはこれの色違い(赤いとこが白)。Vmeto ランニングシューズ メンズ レディース 軽量 通気 スポーツシューズ ウォーキング スニーカー 売り上げランキング : 89Amazonで詳しく見る by G-Tools周囲の評判もなかなか良く、価格のわりにはいい買い物だと思った。最初のうちは。しばらく履いていると、左足の踵に引っかかりを感じるよ [続きを読む]
  • タオルケットは枕になりますか?
  • なかなか合う枕が見つからない。そもそも合う枕なんて存在するのか?というくらい、これといったものに出会えず幾星霜。この間、低反発に高反発、ソバ殻にパイプにパンヤに羽毛、京都西川にしまむらと、様々な種類を試してきたが徒労に終わった。今は30年近く前、家を出るときに母か祖母が持たせてくれた客用のソバ殻枕を使っている。客用と言いつつ泊まり客を呼べるような部屋に住んだことはないので、ほとんど押し入れの飾りだっ [続きを読む]
  • あの頃のメニュー
  • なんかよく分からないのだが下敷き類はあまり捨てずに取ってある。小学生時代に使っていたやつもねwそのへんはまたお蔵出しの機会があるとして、これはマクドナルドの品書きを兼ねた下敷き(カウンターに置くプラスチック製のメニュープレート)。バブル期の80年代半ばのもので、消費税導入前なので価格は表示されているまんま。(ググったら、1985年頃はこれより10%以上値上がっているので80年代前半かもしれない)クルーのバイ [続きを読む]
  • ちぢむ !!
  • 数年前から医療系の企業に出入りしていることもあり、半年に1回、無料の健康診断を受ける機会に恵まれている。区民検診とかとは別に。基本中の基本ということで、もちろん身体測定もあるのだが、この3年ほどで見る見る身長が下がってきた。かつては大体174cmくらいで安定していたのが、一昨年あたりに173.5cmを割り込み、先日受けた健診ではついに172.9cmに。173cm以下って高校以来じゃないか?wブラック・ジャック先生! オレも [続きを読む]
  • 蒲生邸事件
  • 第18回日本SF大賞を受賞、第116回直木賞の候補作となったSF歴史ミステリ。蒲生邸事件 上 (文春文庫)宮部 みゆき 文藝春秋 2017-11-09売り上げランキング : 208556Amazonで詳しく見る by G-Tools蒲生邸事件 下 (文春文庫)宮部 みゆき 文藝春秋 2017-11-09売り上げランキング : 209600Amazonで詳しく見る by G-Tools数年前、コクテイル の狩野さんからこの作品を読んだか訊かれたことがあった。「ないけど、面白かった?」と問い返 [続きを読む]
  • 髪の黒さは齢を隠す?
  • 期せずして、友人のところの記事とネタがかぶってしまった。若い頃から生え際、特にソリの部分に白髪が目立っていた。とはいえ、多少引いて撮ったスナップなんかでは分からない。実物を目の前にして、ようやく「あ、けっこう白髪生えてるやん」と気づく程度だったんじゃないかと思う。たぶんwそれくらいのものなので、基本はほったらかし。たまに証明写真撮るときなどに染めるのがひとつのパターンだったのだが、やはり加齢ととも [続きを読む]
  • 2018上半期読了本ベスト10
  • 1位は2017年刊行。今年出た本で、これだ!というものにはまだ出会っていない。下半期に期待したい。1 13・6713・67陳 浩基 文藝春秋 2017-09-30売り上げランキング : 15895Amazonで詳しく見る by G-Tools去年の文春ベストで1位、このミスで2位を獲得した華文ミステリ。評判どおりの面白さだった。社会派の体裁ながら、ほど好く本格風味を振りかけてあるのがいい。読んでいてドラマ『相棒』を連想した。2 用心棒日月抄用心 [続きを読む]
  • 2018年6月の読了本
  • 6月の読書メーター読んだ本の数:7読んだページ数:2718震える教室読了日:06月26日 著者:近藤 史恵本格からHONKAKUへ読了日:06月20日 著者:島田荘司ぼんくら(下) (講談社文庫)読了日:06月18日 著者:宮部 みゆきぼんくら(上) (講談社文庫)読了日:06月17日 著者:宮部 みゆきあやかし草紙 三島屋変調百物語伍之続読了日:06月13日 著者:宮部 みゆき風雲のヤガ (グイン・サーガ141巻)読了日:06月09日 著者:五代 ゆう流れ舟 [続きを読む]