さぼちゃんだいすき さん プロフィール

  •  
さぼちゃんだいすきさん:  さぼちゃんマイラブ
ハンドル名さぼちゃんだいすき さん
ブログタイトル さぼちゃんマイラブ
ブログURLhttp://cactus219.blog92.fc2.com/
サイト紹介文大好きなサボテン,何でも自分で試したい
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供314回 / 365日(平均6.0回/週) - 参加 2010/08/15 16:06

さぼちゃんだいすき さんのブログ記事

  • オーソドックスなカルメナエの花
  •  カルメナエ達にはいろいろなタイプのものがあります.刺色や刺の長短などでいろいろと違った呼称があります.特に刺の色と形はそれぞれで,ずいぶんと見た目の印象が違います.仏頭系といって,刺が短くなるタイプも出て来ました.この写真のカルメナエは最もオーソドックスなタイプのカルメナエではないでしょうか. カルメナエが少し残念なのは,たくさんの蕾を着けるもののボチボチ咲いて来るので,いかにもマミラリアらしい [続きを読む]
  • 銀河の変な仔に花が咲いた
  •  以前に銀河の大株に変な仔ができた事を載せました.このような鬼仔はときどき生まれるものらしく,ネットでみていると同じような形態の側枝の画像が出て来ます.前の記事にも書きましたが,これは恐らく花芽が形成され動き始めた腋芽が,何らかの拍子で栄養芽に転換したのではないかと思います.先端が花芽ですから,この分枝の生長点は恐らくすでに潰れて機能していません. たくさんの花が基部からわき上がっています.そんな [続きを読む]
  • 黄葉ヘキランの変化
  •  これまで紅葉ヘキランの時期的変化はなんどかこのブログでも記事にして来ました.ヘキランには,紅葉ではなく黄葉するものもいます.この六稜のへキランは,小さいときから黄葉系でした.今シーズンはこの黄色の発色を時系列で追いかけてみました. 11月中旬何となく色が出て来ました. 12月 10日過ぎ,かなり冷えて来ましたが,冷えたからと言って色がさえる訳ではなさそうです. 1月10日過ぎ相当黄色くなって来ました.  [続きを読む]
  • 毎年楽しみな白刺カルメナエ
  •  毎年年が明けると白い刺の間からたくさんの蕾が顔を出します.年にもよりますが,だいだい寒の最中に咲き出します.なかなか良い天気の日に出会わず,満開の写真が毎年撮れるとは限りません.5年前に手に入れた時はまだ小さな群生株でした.ずいぶんと大きくなったなと思う半面,そろそろ後代を用意しないとある日突然悲しい別れが来るかも知れません. そう思っていたら先日山城愛仙園さんの温室で,プラグトレーに植わった小 [続きを読む]
  • ピレンシスという刺マミ
  •  このいつもこの時期に赤い花を上げて来ます.だんだん刺マミの様相を呈して来ました.刺に押されて花が咲きにくそうです.Rep800というFNをもつこの株の故郷は,メキシコ グアナファト近郊です.さてこのピレンシスというマミは,Mammmillarias.netの分類では,M. hamiltonhoyteaのシノニムとしてM. pilensisがありますが,Citesでは,M. hamiltonhoyteaはM.giganteaのシノニムに,M. pilensisはM.pettersoniiのシノニムとなって [続きを読む]
  • ギャラクシーの赤い花
  •  銀河という名前は実に良く出来た名前です.以前にマミラリアの生長点部の綿毛の様子がそれぞれ個性的なギャラクシーだという記事を書きました.その中でも,銀河とドンピシャの名前を頂いたこの植物は花がない時もあるときも正にギャラクシーそのものです.現在見ることの出来る銀河は,他のマミラリアと同様,多毛系が選抜されていて,とても美しくなっています。もともと学名もシノニムが多数存在し,その一つのM.saetigeraはC [続きを読む]
  • 名月が優しい花に包まれています
  •  昨年の記事では,やや小ぶりの鉢の上でパンパンに膨れた姿を記事にしました.その後本格的な春になって一回り大きな鉢に移植しました.そうしたら,更に大きくなって来ました.名月M.dumetorumは,明星M. schiedeanaの変種という位置づけです.でもM. schiedeana自体が相当な種内変異を有して居るので,まあ同じ種だと考える方が妥当なのかも知れません. 刺色と花の色が近いので全体として緑がかった色合いとなりそれが優しい [続きを読む]
  • 古めかしい名前の玉翁
  •  玉翁は昔から馴染みのごくごく普及種ですが,長毛の玉翁殿の方がたくさん流通しています.丈夫だし,結構花は綺麗なのですが,100均サイズでは花が咲かないので,流通させにくいのかも知れませんね.しばしばタマオキナと読んでいますが,恐らくその名の由来となった僧の名前はギョクオウと読みます.確かに玉翁殿については,ギョクオウデンと呼ぶ人が多いですね. ところでマミラリアには玉翁と翁玉という漢字を逆さまにした [続きを読む]
  • 2月のカレンダーの絵
  •  昨年末にボタニカルアードのカレンダーを買ったことを書きました.2月の絵は,鮮やかな赤い花の柱サボテンです.絵の丈夫にはCereus speciosusと書かれています.この学名は,多くのシノニムがあり,今はどうやらDisocactus speciosusとなっているようですね.柱や孔雀類に興味のないものには,縁遠い存在です. この種を描いたいくつものボタニカルアートがあり,古くからこの種が知られていたことが窺えます.AndersonのThe [続きを読む]
  • 優しい冬マミビエスケンシス
  •  ビエスケンスという名で通っているマミです.綺麗な冬マミの一つだと思います.このビエスケンシスについて,再挑戦の記事を載せたのは昨年の今頃でした.もっと以前ウチにあったビエスケンシスは,やや趣が違う感じの株でした.そんな訳で,ビエスケンスという名の株をまた購入してみました.それがこの写真の株です.なるほど,再挑戦で載せた株と良く似た雰囲気です.でもこのM. viescensisという学名が正しいのかということ [続きを読む]
  • 今年もカニが茹で上がってます
  •  年も明けて寒に入り,以前に紹介したわが家のカニくん,今年も見事に茹で上がりました.これから春まで色の変化を楽しめます.1枚目は年末,そして2枚目がこの時期の様子です. この株はご覧の通り稜線が次々と入れ替わるタイプで,このような形質のヘキランを手に入れたことを昨年記事にしました.この形質がどのような由来なのか,残念ながら知りません.ウチでこの株からの後代が僅かながらとれていますが,小さい時に結構 [続きを読む]
  • グラシーの花型の違い
  •  マミラリア グラシーがこの時期に毎年咲いてくれます.優しいピンクの花にとても癒されます.ウチにはグラシーという名で手に入れた株が2つあります.刺の色合い,分枝の仕方等少し違いますが,なにより目立つのは花型です.1枚目の株は花弁が根元まで開き,先端がやや反り返りますので,大きく開いた印象を受けます.一方2枚目の株の方は,花弁が根元まで開かず筒を形成し,花弁のさきもピッと伸びたままで殆ど反り返りませ [続きを読む]
  • 白くなった鶴の子
  •  昨年も丁度この時期に載せているので,この株は年が明けると咲き出すようですね.鶴の子は,Mammillaria haageanaの中の1タイプで,日月,雪月花などもこの学名の下に纏められています.でも,だいたいこのタイプが鶴の子だよねという共通認識があるので,鶴の子といって日月や雪月花が売られることはありません.先人達がつくった区別は,たとえ同じ学名が与えられても,園的には別名として十分機能しているようです. 水を辛 [続きを読む]
  • 単頭の黄刺ナザセンシス
  •  柔らかな冬の陽射しの中で,開花し始めた黄刺ナザセンシスが優しい雰囲気を醸し出しています.このナザセンシスというサボテン(M. pennispinosa v. nazasensis)は,陽炎の変種という扱いで,確かによく似ています. 以前に群生株になった黄刺ナザセンシスを何度か記事にしました.その後に多頭株になっていた黄刺ナザセンシスは調子を崩し,1年ほどで腐ってしまいました.いろんなマミラリアに刺色変異がありますが,何とな [続きを読む]
  • 少し縦長になった雅卵丸
  •  大事にしていた多頭の雅卵丸が腐り,この株は再挑戦の雅卵丸だと昨年の記事で書きました.1月も終わり,綺麗に咲きそろいました.本当は昨年のウチに3頭を胴切りして,多頭株に仕立てるはずでした.でも何となく成長が思わしくないような気がして,つい時期を逸してしまいました.でも昨年の写真と比較すると,1年間で確かに成長したようで,少し縦長になりました. 胴切りした後にいくつの仔が吹くのかは,まったくの博打です [続きを読む]
  • 山城愛仙園さん2018年立春
  •  暦の上では春に向かい始めるという日に,山城さんを訪問しました.さぬきでは結構雪が積もりましたが,大阪は風が冷たいものの快晴でした.日曜日ということもあり,結構お客さんが来ていました.いつもの様に温室を何度もうろうろしましたが,だんだんと多肉が増えて来た印象です.まあ,これも今のトレンドを反映しているのかも知れません.最上階のフェロのガラス室は冬の陽射しを浴びていい感じ. 作業場にあった大竜冠は, [続きを読む]
  • 色鮮やかブカレリエンシス錦
  •  今年の冬は寒さがハンパないからでしょうか,その上今期はウチ張りをしなかったため,相当低温に曝されました.だからでしょうか,斑モノの色が鮮やかです.いえ,もしかすると寒すぎてやや不健全になっているのかも知れません.いくつかのサボテンが低温障害かなとおもわれる肌の変色に見舞われてしまいました. 何はともあれ,今年のブカレリエンシス錦 (M.bucareliensis variegata)は昨年にくらべてオレンジかかっていて,綺 [続きを読む]
  • サボテンを探せ
  •  被子植物の系統分類を行っているAPG(Angiosperm Phylogeny Group)IVが新たな分類に基づく科の系統樹に花を添えた華麗なポスターを発表し,無料でダウンロード出来るようになっています.被子植物全体には,実に多様な植物があることが改めて分かります. 植物に興味はあっても,植物分類学に興味がなければ,科の類縁関係などは日頃それほど気にかけることもないものです.でもこの系統樹のどこにサボテンが載っているのか位 [続きを読む]
  • 短刺系ウィッチロポクトリの優しい花
  •  冬マミの先頭集団の1員,今年も満開を迎えています.一昨年の晩秋の記事では,生長点が不整形になりつつあり,分頭するの?と書きました.もしかしてこれはクルシゲラなの?と少々疑ってのことでした.しかし,その後も分頭することなく成長を続けています.これは胴切りして多頭株に仕上げた方が良いかも,と思い始めています. どうしたことか,長刺系のウィッチロポクトリの開花がちょと遅れています.昨年秋以来の天候不順 [続きを読む]
  • サボテン多肉in趣味の園芸2018年2月号
  •  趣味の園芸のサボテン多肉特集は,これまで何度もありました.わが国でもっとも発行部数の多い園芸雑誌で,そこに載った特定の種や品種に注文が集ることは,他の植物でも知られています.それだけ,この雑誌のインパクトはあるし,また記事を書く際に何をフュチャーするかはとても大事だと言えます. 今回は多肉植物とサボテンがバランス良く取り上げられています.いくつかある記事の中で,人気,育てやすさ,希少で番付は,面 [続きを読む]
  • 短刺翠平丸のその後
  •  1枚目は2013年の写真です.短刺翠平丸として手に入れました.アレオレの間隔も広く,台木の上で順調に径を出した様子が窺えます.接木ものでこれ位刺が短いのですから本当に短刺系統だろう,強刺が追求される太平丸にあって,こんなのは珍しいと思ってました. あれから5年,稜線上のアレオレの数は,1年に一つずつ増え,短刺はどこかに行ってしまってそれなりの顔付きの翠平丸に変貌しました.特に中刺が強く寝て,肌に沿っ [続きを読む]
  • 今年のロエメリ
  •  毎年マミラリアの先頭集団として開花します.でも流石に冬真っ盛りなので,ハウスの気温が上がる日も少なく,このようにしっかりと開花した姿を写真にとるチャンスはそうそうありません.でもこの種はサイズの割には蕾がたくさん着くので,長期間花を楽しむことが出来き,春先になると見事に一斉開花します. ところでこのロエメリという種は,接木された苗をみると疣の間がずいぶんと空いて.まん丸で青々とした姿になるようで [続きを読む]
  • 内裏玉の雌ずい
  •  早春のハウスでいち早く花を咲かせるマミラリアです.内裏玉は,百均などでも見られる普及種ですが,そのかわいさはなかなかのもの.丈夫ですし,窓際栽培など開花期は春本番の頃になりますが,結構咲いてくれるんです. じっくりと眺めていたら,雌ずいの先端の割れ方がちょっと変わっていることを発見しました.結構な頻度で3裂しているんです.多くのマミラリアは,5~9裂もともとサボテン科の花は多弁で雌ずいを構成する [続きを読む]
  • なるほど白竜丸だったモンストくん
  •  これは白竜丸モンストという名で手に入れたものです.殆どアレオレが消失しています.マミラリアはアレオレから腋芽が疣の間に移動しているタイプなので,アレオレがなくても花を上げます.果たしてこれが白竜丸なのかなーと思って眺めていましたが,花の様子と最近になって少し刺を出して来た様子などから,なるほど白竜丸だったのねと再確認しました. マミラリアには幾つかこのようなモンストと呼ばれる変異体が存在していま [続きを読む]
  • 表紙を飾るルエティー
  •  CSSAのジャーナルの表紙をみてオッと思いました.大好きなマミラリア ルエティーです.今頃何の記事なのだろう,日頃はパラパラとめくってポイッと本棚に行く小冊子ですが,しっかりと読んでみました. 記事の冒頭で,このルエティーは世界で最も広く栽培されているマミラリアではないかと書かれていて,なるほどなと思いました.確かにマミラリアに興味のない人でも,この特異な形状と美しい花に見せられ,一鉢持っていること [続きを読む]