さぼちゃんだいすき さん プロフィール

  •  
さぼちゃんだいすきさん:  さぼちゃんマイラブ
ハンドル名さぼちゃんだいすき さん
ブログタイトル さぼちゃんマイラブ
ブログURLhttp://cactus219.blog92.fc2.com/
サイト紹介文大好きなサボテン,何でも自分で試したい
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供314回 / 365日(平均6.0回/週) - 参加 2010/08/15 16:06

さぼちゃんだいすき さんのブログ記事

  • 雷血丸の成長
  • このコピの小苗を入手したのは,年前のことです.コピアポア クラインジアナ、雷血丸という勇ましい和名を頂いています.現地球のカキコということで分けていただきましたから,当然自根です.水遣りをどうするか,少し悩みました.でも小さな苗ですから水が辛めだと拗れるかなと思い,これまで結構普通に水を与えて来ました.入手時の様子と比較すると,この3年で随分と大きくなっていることが分かります.刺もよく出ているし,肌 [続きを読む]
  • 明星と赤花明星
  •  仲良く隣同士に居る明星と赤花明星です.開花期も同じで,揃って咲き始めました.赤花明星の由来は,以前に書きましたように,明らかな人為的交配種です.流通する赤花明星という名のサボテンたちは,以前に作出された赤花明星同士の交配で実生が作られているのでしょうか.自分ではむやみな交雑は進めたくないので,どうなんだろうねと思い眺めるだけです. 赤花明星は,親である赤花白刺カルメナエの血を受けて,刺色が白っぽ [続きを読む]
  • 今年もやって来た白星の季節
  •  毎年11月中旬になると白星が咲いてきます.このふわふわのサボテンは,触って痛くないサボテンの代表選手.Mammillaria plumosaという学名のplumosaは,羽という意味です.白星の刺はまさに羽毛のようです.この羽毛のまとまり具合にも種内変異が見られ,いろいろな名前で売られています.確かにきちっとまとまったボールのようになるタイプは素敵ですね. 良く仔を吹くので,カキコをしてバザーなどで販売してきました.でもこ [続きを読む]
  • 廣仙園さん2018晩秋
  •  久しぶりの訪問でした.今回は連れがあり楽しい訪問となりました.相変わらず精力的に種子を播いておられます.でも現在国内で出回っているサボテンの種類は,昔に比べて激減しているようです.国内で供給される種の数が減ることは,サボテン界にとって将来的に深刻な低迷を招く危険性が有ります.セミプロ趣味家がこれを底支えしなければならないのかも知れません.イギリスの王立園芸協会に学ばなければなりません.  LEDを補 [続きを読む]
  • 不思議な感じの仔吹きヘキラン
  •  以前に子吹きヘキランの小さな接木苗を手に入れたのですが,台木の調子が悪く接降ろしもままならない状態でした.仕方なく分枝を全て外して挿しました.今年はしっかりと根付いて成長を再開し,分枝も出していました.季節が移り秋になってなにやら紅葉系のような反応を示しています.全体として不思議な雰囲気になってきました.いくつかのサボテンで普通は単幹なのにやたらと仔を吹く仔吹き〇〇という変異が広い出されています [続きを読む]
  • これは小輪系なのか?
  •  一昨年に手にした大イボの連山を昨年春に降ろしました.発根に手こずり,ようやくなんとか根が出て迎えた秋.この株が小さな花を咲かす様を昨年報告しました.その時は調子が決して万全ではないがため,ようやく着けた花は小さくても仕方がないのだと思っていました.今年はガタイも順調に膨らみ万全の態勢で迎えた秋,いくつかの花を咲かせました.ご覧のように花の大きさは昨年と余り変わりません.どうやら小輪系なのですね. [続きを読む]
  • こんなモノも居ます 万物想
  •  サボテンではありませんが,こんなモノもちょっとだけ居ます.何より万物想という名前にちょっと惹かれ,手にしました.花がらとささくれ立つ茎の様子を鑑賞する植物といういかにも地味好みの植物です.こういうのを見て,おおっと思う人は植物にハマりやすい,植中毒患者の予備軍です,ご注意を. 夏にはすっかり葉を落として居ましたが,秋になって盛んに出葉.秋の日差しの中で気持ち良さそうです.水が多いと節間の間延びし [続きを読む]
  • シワ玉牡丹の白い花
  •  何年か前に一目惚れのように手にした玉牡丹です.イボにくっきりと彫刻刀で切り出したような深い溝が刻まれています.これをシワと表現して良いかどうか微妙ですが,シワ玉牡丹と称されているようです.この独特の雰囲気は,見る者を一瞬にして惹きつけます.もっと大イボの系統もあるようで,さらなる改良が期待されます.かつて沢山の現地球が日本にもたらされ,その後代から様々な変異が選抜ブラッシュアップされ,現在の花・ [続きを読む]
  • 晩秋の兜
  •  兜は高温性のサボテンだと言われています.確かに成長期をみるとその通りかと思います.晩秋になって有星類の残り花がポツリポツリと咲いています.以前に開花時期によって有星類の花色が微妙に変化することを書きました.このところ日中のハウスの中はしばしば35℃を超えますが,朝の最低気温は6−7℃で推移しています.こんな中で花を開いた有星類は,開花当日は綺麗な黄色ですが,翌日からは皆オレンジががっています.温度 [続きを読む]
  • 明星交配種 明けの明星
  •  明星との交配種がいくつも作られています.ちゃんと交配種だと明確にして別の名称を与えて流通させることは大切ですし,正しい在り方だと思います.この明けの明星と称されるマミは,明星と何が交配されたのかは不明です.花のようするから見て,赤花系で白いとげの何かが交配されたことは確かなようです.  上の写真に赤い実が見えますが,中にはちゃんと種子が入っています.種間雑種とはいえ不稔ではなさそうです.マミラリ [続きを読む]
  • 今年もパキポの冬支度
  •  そろそろパキポジウムの冬支度です.マダガスカルの高地に生える種はそれほど寒さに弱くなく,乾燥にも耐えることから最低10℃ぐらいを維持すれば大丈夫のようです.岩の割れ目に根を下ろしているので,地下部の温度が重要だと予想してます.ですからこの小さな二重トンネルは,温床マットを敷いており,温風を回しているわけではありません.鉢底から出た根が死なないことが肝要と思います. 一方ウインゾリーなど低地性の種は [続きを読む]
  • 姫牡丹の花を眺める
  •  毎年この姫牡丹の花を眺めながら,美しいっていうのはなかなか定義の難しい言葉だなと思います.多くの牡丹類の小型種がハッキリとした紅赤の花を咲かせる中で,この薄いピンクがどこか儚げで,ボクは強く惹かれるのです.姫牡丹は花いろに相当な変異が認められるようで,いくつもの個体を平鉢に植えて一斉に咲かせたところはとても綺麗です.実生が上手ならそんなこともやれるでしょうが,ボクには無理そうです. 姫牡丹のイボ [続きを読む]
  • 赤花三角牡丹とその交配種
  •  赤花三角牡丹と呼ばれるものが,果たして交配種なのか,三角牡丹にもともと赤花があるのか,調べてもはっきりとしません.そもそも三角牡丹が今や岩牡丹に統合されていてその地方変異の一つとされています.ただ尖ったいぼを持つ特徴的な遺伝子型が原産地に存在することは確かです.ただし岩牡丹系は明瞭なピンクの花をつけることはなく,その点からもこれは交配種起源を疑わせます.花はどう見ても旧来の三角牡丹の花ではありま [続きを読む]
  • 玉牡丹の美花を愛でる
  •  この花たちを眺めるのが,この時期最高の楽しみの一つです.花・玉牡丹たちは,白から薄ピンクまで様々な花を咲かせます.こうした中で美しいなと思わせる花を選んで交配するのも楽しみの一つです.純白の牡丹もひかれるのですが,いろんな人に見てもらうと少しピンクがかった花がカワイイ,素敵だと評されることが圧倒的に多いのです.ここ何十年か花卉業界はパステルカラー全盛時代です.柔らかな色調が好まれるのはそれなりに [続きを読む]
  • 黒牡丹交配種の優しい花
  •  ウチには黒牡丹交配種が幾つか居ます.片親は黒牡丹ですが,もういっぽうの親は色々です.でもできた子は皆,黒牡丹顔をしています.これは不思議なことで,ある方は黒牡丹がボタン類の祖先型なのかもと仰ってました.そんなことがあるのかなーと思いつつも,交配するとそうなるということは否定できない事実です. 以下4株,大抵は玉・花牡丹系が掛かっているので,花弁の様子は黒牡丹よりゆったりとしています.もう少し多弁 [続きを読む]
  • バザーの準備をしています
  •  今年も職場のバザーの準備をしてしています.世界に広げようタニサボの輪!というわけで,恒例の100均.今年のメインは、アデニウムとハイチエンシスになりました.職場の若い子がここ数年やたらと交配していたアロエ交配種もかなりの数があり,これは200均にしました. アデニウムは落葉前でよかった!葉がないと全く売れなくなります. ハイチエンスは移植したら縮んじゃいました.根を張る時間がなかったかな,でも丈夫だか [続きを読む]
  • シュールに行こう
  •  これまでもマミラリアの綴化アインシュタインの脳を何度か取り上げて来ました.バザー出品物の定番にもなっていました.でもできたらより脳みそらしく白い綴化が良いなーと思っていました.今年の夏にそれらしいマミ綴化の不明種を手に入れていました.元は何の種なのかは分からずじまいです.でもそれはともかく,これならより脳みそらしく見えるかなと思いました.サボテンの方がなかなか綺麗な楕円形には育ってくれません.  [続きを読む]
  • 成長したのか?アガベ牡丹
  •  アガベ牡丹は小型種なので、小さな鉢にひっそりと暮らしており,花の時期以外には滅多に目を向けることはありません.こうして花を咲かせると,新たなアレオレが形成された証拠だから前シーズンも一応は成長したんだねと安心します.昨年も書きましが,大きくなりませんねアガベ牡丹は.内側から新しいイボが出て来て,外側が一つ枯れるって具合です.でも毎年3つ以上は花が咲きますから,それだけアレオーレが出現したことを意 [続きを読む]
  • 秋になり青々として来たクラビフォリア
  •  今年の5月に日向でブドウのように赤くなったオトンナ クラビフォリアを紹介しました.その後化粧鉢に植替えてやり,夏になると潅水を減らしつつ盛夏には風通しの良い棚の影に置いてやりました.この夏は全く落葉することもなく過ごしました.秋になり,再び日向に戻したのですが,気温の低下とともに見る見るウチに緑を回復し,ちらほら花も上げて来ました.こいつらは一体どんなサイクルで成長するの?落葉するんじゃなかった [続きを読む]
  • 長刺の白珠丸も咲いてきました
  •  先月にウチに長いこといる白珠丸が秋を待ち兼ねるように咲き始めたことを記事にしました.やや遅れてこの長刺の白珠丸も咲き始めました.長く伸ばした刺が魅力的です.でもこうした長刺の性質は、ガタイが大きくなると目立たなくなります.いくつかのサボテンでは、ガタイが大きくなるに従い刺が立派になるものと反対に劣化していくものがあります。どういった生態的意味があるのかわかりませんが,変化することだけは確かです. [続きを読む]
  • グランカクタスさん2018秋
  •  暖かな土曜日,久しぶりにグランカクタスさん尋ねました.千葉ニュータウン中央駅から歩いてみようと思い,Googleマップを開いてテクテクと,20分ほどで到着,案外近いです. 恒例の競りがある日とかで多くの人が来ていました.ボクはいつものように温室を徘徊.まず目についたのはこの大きなヘキラン.大きさが見えにくいのでiphoneを並べて写真を撮りました.これだけ径が出ると見事です.自分でもつくってみたいなぁ. 通路 [続きを読む]
  • ホルモンによる袖の種子採り
  •  袖ヶ浦のタネ採りは,袖の花にエキノプシスの花粉を乗せます.どなたが発明したのか知りませんが,兎に角そうすればタネが採れます.しかもその種子は決して袖とプシスの中間型にならず,ほぼ袖ヶ浦になります.ほぼ,と書いたのは先日記事にしたようにたくさん播くといくらか変わり者が出るからです.この仕組み全体にいたく興味はあるものの,その仕組みの解明には大して進展もなく,随分と時間が過ぎました.色々観察してみる [続きを読む]
  • 亀甲のよさはくっきりとした溝
  •  何回も書きましたが,ボクは亀甲牡丹が好きです.自分のイメージにある亀甲牡丹は,三角イボでその両端にくっきりと溝が刻まれたものです.その特徴を残しつつ,色々な変化を楽しむのです.単に大イボだけが優秀なわけではありません.雰囲気を大切にしたいと思います.  1枚目はオーソドックスな亀甲牡丹で,このような株をつい手にしてしまうらしく,ウチには何株かこんな感じの亀甲牡丹がいます. 下の株は,ガタイの色が [続きを読む]
  • 独特の雰囲気を持つ牡丹
  •  これは佐野富士牡丹と名付けられたものです.入手した3年前の様子はこんなでした.まだ龍神台に乗っています.すでに10cmほどになり,落ち着いた姿になりつつあります. 実に多様な形態を示す花牡丹・玉牡丹ですが,種としては岩牡丹(Ariocarpus retusus)1種で,全て種内変異とされます.園芸の先人たちがその鋭い選別眼で幾多の輸入株から変わったものを拾い出し,さらにいくつもの産地の異なる同種の交配により多様な品種 [続きを読む]
  • 柄の異なるゴジラ亀甲
  •  この季節の楽しみは,次々と咲いてくる牡丹類の姿を眺めることです.花の美しさは,ガタイの風貌とあいまってこその美しさです.ゴジラ亀甲はたくさん実生が作られたせいでしょうか,ゴジラの肌ともいうべきイボ表面の突起の様子は随分と個体差があります.大きな割れ目を形成するものから,細かく刻まれるものなど.そういえば全く異なる植物ですが,同じ亀甲の名前をいただいた亀甲竜でも同じようなことが起きています.  こ [続きを読む]