さぼちゃんだいすき さん プロフィール

  •  
さぼちゃんだいすきさん:  さぼちゃんマイラブ
ハンドル名さぼちゃんだいすき さん
ブログタイトル さぼちゃんマイラブ
ブログURLhttp://cactus219.blog92.fc2.com/
サイト紹介文大好きなサボテン,何でも自分で試したい
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供314回 / 365日(平均6.0回/週) - 参加 2010/08/15 16:06

さぼちゃんだいすき さんのブログ記事

  • キクの仲間クラビファオリア
  •  人気のコーデックス,クラビフォリアOthonna clavifolia です.オトンナはキク科です.花が無いと,何の仲間なのか見当もつきませんが,花を一見すればああキク科だなとすぐ分かる典型的な頭状花序を持ちます.でも多くの人にこれがキクの仲間だと説明すると,大変驚かれます.確かにキクのイメージからはほど遠いですよね. 花が着いているところをよく見ると,下の写真にように葉の付け根から花序が出ているように見えます. [続きを読む]
  • テキサーナという烏羽玉
  •  烏羽玉には幾つか系統名がついたものが流通しています.これはテキサーナと名付けられた株です.なにがテキサーナなのかまったく分かりませんが,取り敢えずそう呼んでおきます.烏羽玉の産地は広いらしいのですが,以前に書いたように人為的に生み出された産地も少なからず存在していると考えられています.色々と愛称を付けて愛でるのは良いのですが,真贋論争をするのは無意味だし,趣味の幸せを台無しにしかねません. さて [続きを読む]
  • アレナケアの黄色い花輪
  •  以前に妖艶なラウシーの花を載せましたが,このアレナケアは典型的なレブチアの仲間(分類ではSlucorebutia属ですが)の花色,草姿をしています.レブチアに比べてスルコレブチアの方が大型となりますが,小さい苗の間は見分けがつきません.アイロステラ属も含め,そもそもどうして区別しなければならないのか?とも思います. このアレナケア(S. arenacea )は,たくさんの蕾が着き,ほぼ3ヶ月に渡って次々と咲いて来くるの [続きを読む]
  • イモが育つ黒竜
  •  黒竜は,学名(Pterocactus tuberosus)にtuberosusとあるようにイモを作るサボテンです.昨年からイモを少し地上に出して,コーデックス感を出して植え付けています.別に無理矢理コーデックするにしようとしている訳ではありません.イモを植え込んでしまうと,地上部があまりにしょぼいので何となく寂しいからです.昨年の写真と比較してみると地上部は大して成長していませんが,イモはそれなりに太っている様です.こうして [続きを読む]
  • 白花テレサエが咲きました
  •  これまで何度も美しいピンクの花を咲かせるテレサエを紹介して来ました.この種に白花変異があることは知っていました.そして実は昨年手にしていたのですが,その開花は決して万全ではなく,只白花を確認したに留まりました.今年は順調に蕾が伸びて,最初の開花があり, そして無事2回の一斉開花も見せてくれました.ガタイの色も黄緑で,花は純白,やや小ぶりでしょうか.いかにも弱々しい風貌です. こうして一斉に開花し [続きを読む]
  • 長ったらしい名前ビビパラネオメキシカーナ
  •  ビビパラ ネオメキシカーナ (E. vivipara neomexicana)と長い名前で呼ばれています.白い刺に美しいピンクの花,エスコバリアらしい風貌です.ビビパラつまり北極丸は,相当生息範囲が広いらしく,いくつもの変種が記載されています.このメキシカーナは,産地の名前でしょうか.ウチに長らく居る北極丸は,花被片の先が尖った典型的な北極丸の花を持っていますが,このネオメキシカーナは細弁ではありますが,先があまり伸びず [続きを読む]
  • 4年ぶりの地味系ツベルクロサ
  •  このエスコバリアが登場したのはもう4年も前のことです.その時の記事でも「地味系なので毎年咲くのについ写真を撮りそびれる」と書いていますから更にもっと前から居た様です.今回久しぶりに登場したのも,前回と同じ,ついつい写真を撮りそびれていたのです.どんだけ地味なんやと思いますが,本当に他のサボテン達の風景にとけ込んでいて存在感がまったく有りません.でも改めて覗き込んで見る花は,けっして悪くありません [続きを読む]
  • 狂い刺デュエイの花と刺
  •  先日2株の刺なしデュエイの記事を載せました.刺なしとは刺が無いのではなくて,マミラリア特有のカギになった中刺を欠いているという意味です.かぎ刺がないので気軽に頭を撫でることが出来ます.この株は更に側刺が湾曲するような狂い刺になった変異株です.確かに拡大してみると側刺はカザグルマのごとく湾曲しています.よくもこのようなものを見つけて来たなと感心します. 花は先に載せたデュエイの多頭株より大振りです [続きを読む]
  • 三河サホテン園さん2018初夏
  •  去年の秋にお邪魔して以来です.今回の訪問は可愛い連れがあり,この日を楽しみにしていました.ここでいつもお会いする三河のクラブの面々も居られ,サボテンを見て,サボテン談義をして,楽しい一日でした. 初夏らしくハウスの間のウチワにも花が咲いていました. ハウスを拝見,やはり気になるのはランポー,マミ,太平丸達です.ランポー類では大きくなるタイプ目指しており,大きくなる顔をしているものがないかなーと物 [続きを読む]
  • 青玉の清楚な花
  •  あまり花サボテンに興味の無いボクは,ロビビアといってもこの青玉のような清楚な花が好きです.色も形も主張し過ぎず,見ていてとても心が落ち着くというか,安らぐというか.こんなのが良いなーと思います.なのでウチに来た数年前から毎年花が咲くと載せています.清楚だと書きましたが,L. pentlandiiという植物は,Pentlandii complexと表現されるように多数の変種を含み,草型,花色も実に多様です.当然の帰着としてもの [続きを読む]
  • 剣弁のウィルコキシ−
  •  多くのマミラリアの花は小さいので,それぞれの花被片の形をそれほど気にしません.しかし,このウィルコキシ−というマミラリアは,同属の中では比較的大輪で,花被片がやや細くかつ先がよく尖っています.このため開花した時の印象が,普通のマミラリアの花とは少し違って見えます.初めて目にした時,ああこれは美しいマミラリアだなーと思いました. 一枚目はまだ小さな株ですが,刺色も花色もやや濃いめです.もう一株は最 [続きを読む]
  • 太平丸たちの開花と交配
  •  春から何度かの開花のピークを迎えています.写真の株はいわゆる尖紅丸です.太平丸たちの花型,花色,花の大きさには個体差が結構あるのですが,この株の花は最も整った形をしています.花色も穏やかなピンクです.太平丸は花サボテンではありませんが,やはり美しい花をみると嬉しくなります.太平達は温度の変化に合わせて開花するようなので,同じ棚上の株達は,まるで示し合わせたように一斉開花します.爽やかな甘い香りが [続きを読む]
  • エスコバリア ロビンソルムの花
  •  昨年手に入れたエスコバリア ロビンソルム.気難しいサボテンかなと思ってみていましたが,順調に成長して今年もたくさんの花をあげています.新しく出て来た白刺が初々しく穏やかなクリーム色の花を引き立たせています. 先日これを見た方が,是非タネを取られたらよいと仰られたので,交配もしてみました.FNの着いた株ですから,後代を採って欲しい方に差し上げるのは大切なことかと思いました.この株はたまたま3株で売ら [続きを読む]
  • 紅冠丸実生たち満開です
  •  ノトカクタスの美女,紅冠丸.こんな写真を撮りたかったのです.ウチにいた小さな株からタネを採り,実生して3年,ようやく開花サイズになりました.蕾がボチボチ上がって来たので,急いで移植しました.気温の上昇に伴い,あっという間に蕾は真っ赤な三角のイチゴのようになりました.この赤い蕾もまた魅力的なのですが,せっかく蕾がふくらんでも,天気が悪く温度が上がらないとちゃんと開かないので,天気回りも心配していま [続きを読む]
  • アボニア紅白ならず
  •  アボニア属は,とても変わった植物です.Avonia quinariaとAvonia alstoniiがコーデックッスブームに支えられて輸入株が流通しています.アナカンプセロス科アナカンプセロス属に括られているのでしょうか.それともアボニア属として独立したのでしょうか.まあ、いずれにせよアナカンプセロス科はスベリヒユ科とサボテン科の中間的な位置づけです. 分類の話は兎も角,この2種は赤と白の花を咲かせる以外はまったく見分けのつ [続きを読む]
  • 綺麗に咲いた黒士冠
  •  コピアポアの開花は実に気まぐれです.水を吸うと花を咲かせる様です.しかし,季節が違ったり,たくさん一気に咲いたり,咲き様が色々なので,どれが典型的な花の形態なのか分かりにくいです.たまたま春に1輪だけ咲いた写真の株では,結構な大輪の整った花を咲かせました.なるほど条件が良ければこんな綺麗に咲くこともあるんだと感心しました. この春は実に久しぶりにコピの大株を一斉に移植しました.その時の根の様子が [続きを読む]
  • 1年かかったパキポ輸入株の芽吹き
  •  パキポの輸入株は,綺麗に根を整理されて日本に入って来ます.これは植物防疫の観点から,土の付いた植物を持ち込めないためです.ここで土と書いたのですが,この定義が面白く,例えばピートモスは資材であって土ではないという解釈なので,ピートモスに植わった植物は,そのまま入って来ます. さて昨年5月にわが家に来たばかりのエブレネウムくん,指を立てた手のような形をしていました.下の写真で分かるように若干皺が寄 [続きを読む]
  • 白鳥綴化の成長と台木の大きさ
  •  以前に何度か希望丸台でマミラリアの綴化株を維持していることを記事にしました.下の3株は,接ぎ降ろしして栽培していた白鳥綴化から2cmほどの成長点部(線部)をとって接いだものです.単純に大きな台の方が,成長が良いと言うのはなるほど当たり前のことなのですが,注目したのは綴化の太さです.綴化株は成長に伴ってうねうねしてくると段々と稜線が痩せるといいますか,幅の狭い成長線になるのです.これは一般的なことかな [続きを読む]
  • ウィルコキシア銀紐の花
  •  銀紐(Wilcoxia poselgeri)というサボテンは昔から知っていましたが,なかなか手にする機会がありませんでした.先日載せた珠毛柱と同じ仲間で,エビサボの親戚筋です.銀紐という名前を頂くだけあってガタイは細長いのですが,堅いヒモです.珠毛柱は支柱無しには倒れてしまうのに,この銀紐くんはすくっと自立しています.その細い体に似合わずしっかりしているのです. 花はご覧の通りいかにもエビサボの親戚らしい様相です. [続きを読む]
  • 刺なしデュエイの競演
  •  以前に前歴の異なる刺なしデュエイの様子を記事にしたのは一昨年の冬です.あれから時間が経ち柔らかく育っていた方の株も締まった良い群生株になりつつあります.両方とも春の陽射しに誘われて,精一杯小さな花を咲かせています.この2株は開花期が微妙に異なり,内生のリズムか,温度反応なのか分かりませんが,どうやらクローンではなさそうです.交配してみましょうか.   このように多数に分枝して,それぞれに小さな花 [続きを読む]
  • 白鳥の舞再び
  •  初夏の楽しみは,白マミの王様という言うべき白鳥が咲くことです.白鳥は人気の白マミで,しかも成長はゆっくりさんの方なので,ある程度の群生株になるまで時間を要し,このため大きな群生株は結構な値段です. 下の写真はウチに居る色々な白鳥の中でもっともオーソドックスなタイプです.刺の白さとピンクの花が大変美しい株です.最近の株には姫春星と交配されたモノのような,やたら小さく分枝するモノも見受けられます.実 [続きを読む]
  • サボテンと捕虫網 
  •  昆虫が専門の友人からヘーこんな本を読むんだと感心されました.表題はサボテンと---ですが,著者は著名な動物行動学者,内容はソノラ砂漠に関するフィールドノート的エッセイです. もう30年も前の本ですが,その中で人の入れる砂漠はゴミだらけ,大きな弁慶柱は,射撃の的になってぼこぼこに穴があいているという記述があり驚かされます.なにもこれはアメリカ人が悪い訳ではなく,一昔前にソノラ砂漠を訪れた西欧人が,矢の [続きを読む]
  • 牡丹の舞救出その後
  •  調子良く育っていた牡丹の舞が腐りかけ,小さな分枝を救出したことを昨年の夏に記事にしました. 台木は,これまでも色々と試したお馴染みの希望丸です. 1枚目はその時から5ヶ月,冬の頃の写真です.しっかり成長して分枝を出していることが分かります.袖台のような急速な膨れ方とは異なり,かっちり育っている感があります.こうした落ち着いた成長ぶりを見ているとなんだか安心感がありますよね. そして今,すっかり大 [続きを読む]
  • ヘキランの花色の変化
  •  気温の変化が大きいこの時期,花が咲くタイミングでランポー類の花色はずいぶんと変化します.基本純黄色の光沢のある花を咲かせるのですが,時にはかなりオレンジかかった色合いになることがあります.1枚目は白稜ヘキランですが,左右の花色はかなり違います.右の花が先に開いたものです. 2枚目は複隆ヘキラン,これはかなりオレンジ花です.これも次の花はごく普通の黄色花になります. こうした現象は,ランポー類にも [続きを読む]
  • 魅惑のラウシー
  •  花のないときのラウシーはその独特の肌色と刺の無い風貌から,ちょっと独特の怪し気な雰囲気を醸し出しています.スルコレブチア属の中でも際立つ風貌で,このためでしょうか単に肌色の違いだけで区別した園芸系統が成立しています.こんな丸裸のサボテンなのにお陽様は大好きで,普通にマミラリアと同居していて一向に平気です.  春の陽射しに誘われて,昨日までまだ小さかった蕾が一斉に開きました.おっ開いたなと思って写 [続きを読む]