JBL さん プロフィール

  •  
JBLさん: 遥かなる月光の旅
ハンドル名JBL さん
ブログタイトル遥かなる月光の旅
ブログURLhttp://BGrace.exblog.jp
サイト紹介文月光に照らされる風景を撮影しています。
自由文月光写真 
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供114回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2010/08/18 03:02

JBL さんのブログ記事

  • 満ちる刻
  • 月明かりが照らし始める頃、松島は最も美しい風景をみせてくれる。.....................................................................先日、三陸河北新報社の朝刊「石巻かほく」の一面に掲載された写真について読者から問い合わせがあったと担当者から連絡がありました。写真を焼き増しして頂... [続きを読む]
  • 松島に昇る月
  • 松島に昇る月。写真を撮り始めた頃から通っている月光浴スポット。月の下に見える褐色の細い陸地は野蒜海岸。津波対策の防潮堤工事が現在も行われている。2011年2月に撮影。東日本大震災の約1ヶ月前の月夜。野蒜海岸付近には灯りが。夏のBlog 【 あの頃の夏を探して 】 [続きを読む]
  • ツキヨタケ バルブ撮影
  • 数分程登ると、ツキヨタケの生える朽木を発見。空が開けているので星座と組み合わせることができそう。しかし、ツキヨタケの発光はとても弱く、目を凝らさなければ確認できない程だった。訪れるのがあと数日早ければよかったのかな〜。地面は柔らかくて不安定だったけど、10分間のバルブで撮影。数時間待てば構図にカシオペヤが入るけど、この夜はこれにて撮影終了。... [続きを読む]
  • ツキヨタケか星か…
  • ツキヨタケを見せたいのか、それとも星をみせたいのか?もちろん自分はツキヨタケを撮りに、こんな山奥まで来ているのだから答えは決まっている。それでも構図を考えるのは大いに悩む。空と地上風景の割合を考える時は、ピント合わせのときのようにそう単純にはいかない。「 キノコか星か…。 」ファインダーを覗いている時、様々な葛藤がグルグルと渦巻いている。ちな... [続きを読む]
  • ツキヨタケ 山形の森
  • 去年初めて訪れた山形の森。今年は山形在住のSさんと一緒に撮影することができました。この朽木はどうも形がイマイチで構図を考えるのに一苦労。空もあまり開けていないので、星座を入れるには苦しい場所でした。それでもツキヨタケの発光は力強く、前回のブログ記事のツキヨタケより明るく光っていました。次回の更新ではバルブ撮影の... [続きを読む]
  • 森の道しるべ ツキヨタケ
  • Kくん、Aくん、Sちゃんの大学生3人を引き連れてツキヨタケの撮影に。自分にとって極めて珍しい集団での撮影だ。珍しいと言うか初めて。3人とも光るキノコは見たことがないらしく、こちらとしても是非見せてあげたい。でも、ツキヨタケの発光は僅か数日。下手すると単なる 『シルエットキノコ』 という最悪のケースも考えられる。前日は強い雨が降っていたから嫌な... [続きを読む]
  • 月虹の滝
  • 真っ暗で蒸し暑い山の中を1時間程歩く。崩落しかけた急な登山道を下りていくと、ザーッと水の流れる音が聞こえてくる。息を切らしながら見上げると、月光に照らされた滝と月虹が浮かび上がっていた。.......................................................................................... [続きを読む]
  • 月明かりの三陸海岸
  • 肉眼ではほとんど何も見えない墨絵の様な風景。波の砕ける音だけが不気味に響き渡る。シャッターを押すタイミングは、水平線上から真っ赤な月が現れた時。数分間のバルブ撮影で月明かりに照らされる三陸海岸を描写した。夏のBlog 【 あの頃の夏を探して 】 [続きを読む]
  • 磐梯山 トレッキング
  • 13:237月初旬、福島県の磐梯山をトレッキングしてきました(2名)13:36天気いい!暑い!!16:38山頂到着!16:57標高1816m大量のハエ?アブ?が飛び交っていて、非常に賑やかな山頂。ゆっくりおにぎりも食べられない!それでも景色は素晴らしく最高の眺め〜。何故か犬が!... [続きを読む]
  • 魔女の瞳 と 吾妻小富士
  • 6月下旬、一切経山に登り 『 魔女の瞳 』 を見てきました(2名)天気はイマイチで綺麗な水面は見られませんでしたが、霧で何も見えないという最悪なケースにはならずにすみました。登山は汗だくになったけど、気持ちよかった。フラフラになりながら吾妻小富士を撮影。素晴らしい景色。もう東北は夏の終わり。なんだか初夏の頃が妙に懐かしい。... [続きを読む]
  • フォトテクニックデジタル9月号2017 次点
  • タイトル【 幻月 】選考 ) 福田健太郎 氏【選評】穏やかな山の夜。瞳のように丸い形をした沼が、月の光に照らされて浮かび上がっている。雪解けが進む春の景色で、低い位置にある月を正面に、よく見ると月の両サイドには幻日が出現している。いくつもの星が輝き、無限の広がりを感じる作品となった。夏のBlog... [続きを読む]
  • CAPA 9月号2017年 入選
  • タイトル【 瞳の輝き 】選)竹内敏信 氏評) 古市智之 氏〈選評・CAPA誌面〉ここ1年位の間に、ほかのフォトコンテストでも急激に応募数が増えてきた、八幡平のドラゴンアイの写真だ。撮り方がある程度限定される被写体なので、他社との差別化を図るため、月夜に撮影したことが入選のカギとなった。夏のBlog... [続きを読む]
  • ゲンジボタル 乱舞 その2
  • すべて合成無しの一発撮り長時間露光です。光が点で映るヒメボタルの方が人気あるみたいですが、ゲンジボタルのフワリとした怪しげな光も幻想的。これ程ホタルを見たのは初めてなので、正直怖く感じる程。虫刺されを防ぐ為、虫除けネットを被って撮影していたのですが、ネット... [続きを読む]
  • ゲンジボタル 乱舞
  • 今年初めてのホタル撮影は、ヒメではなくゲンジボタルでした。去年このポイントにホタルが生息しているのを確認していたので夏になったら必ず訪れようと思っていました。音も無くいくつもの光が舞う様子は、まさに乱舞。じっとしているとホタルに取り囲まれ、思わず畏怖を感じる程でした。この写真は比較明合成ではない、一発撮りの長時間露光です。この光景に... [続きを読む]
  • 宮城県沿岸部 ヒメボタル
  • 比較明合成先月アップしたヒメボタルの写真、、、の数日前に撮影したもの。実はこちらが初ヒメボタル。若干ピークを過ぎたようですが、沢山のホタルに感動。素晴らしいスポットをカンで発見(特定)できました。が、ただひとつの不満が。ここは単なる茂み。思ったように奥行き感が表現できません。もう少し風景にアクセントが欲しいところ。まだまだ満足でき... [続きを読む]
  • 長岡花火2017 【白菊】10号
  • 2017.8.2【白菊】10号 / 3発中の3発目.......................................................................................2017.8.3【白菊】10号 / 3発中の2発目【白菊】とは空襲で亡くなられた方々の慰霊と平和への祈りを込めて... [続きを読む]
  • ヒメボタルと紫陽花
  • 日が落ちて風景が墨絵のようになる頃、チカッ、チカッ、チカッ、と一斉にヒメボタルが光り始めた。紫陽花の上を音もなく舞う様子は、思わず息を呑む。................................................................................どういう訳か、今年はホタルに夢中に... [続きを読む]