けんけんけん さん プロフィール

  •  
けんけんけんさん: 日本隅々の旅
ハンドル名けんけんけん さん
ブログタイトル日本隅々の旅
ブログURLhttp://rover.seesaa.net/
サイト紹介文日本を隅々まで旅しようというブログです。観光地、史跡、ご当地グルメなどなど紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供289回 / 365日(平均5.5回/週) - 参加 2010/08/18 16:59

けんけんけん さんのブログ記事

  • あしがくぼの氷柱    (埼玉県横瀬町)
  • 埼玉県横瀬町で、あしがくぼの氷柱ライトアップを見てきました。<あしがくぼの氷柱>住所:埼玉県秩父郡横瀬町芦ケ久保駐車場あり(道の駅あしがくぼ駐車場他)鑑賞期間:2018年1月6日(土) 〜 2月25日(日)鑑賞時間:9:00 〜 16:00あしがくぼの氷柱は、山の斜面を利用して人工的に作られた氷柱で、2014年から毎冬実施されています。今回初訪問しました。どうせなら夜のライトアップを見ようと思い、18時位に訪問しました。 [続きを読む]
  • 笠置寺     (京都府笠置町)
  • 京都府笠置町にある笠置寺に行ってきました。<笠置寺>住所:京都府相楽郡笠置町笠置山29駐車場あり拝観料:300円<笠置寺について>◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆笠置寺に行ってきました。創建年代は不明ながら飛鳥時代には既にあったという古刹です。僕がこの笠置寺に行ったのは、城巡りの一環もあっての訪問です。鎌倉時代末期、後醍醐天皇は笠置寺に籠もり鎌倉幕府軍と戦 [続きを読む]
  • やちむん食堂    (沖縄県八重瀬町)
  • 沖縄県八重瀬町にあるやちむん食堂に行ってきました。<やちむん食堂>住所:沖縄県島尻郡八重瀬町伊覇233-6駐車場あり営業:11:30〜21:00八重瀬町にあるやちむん食堂でランチにしました。普通の町の食堂という感じのお店です。メニューはこんな感じ。いろいろあります。<フーチャンプルー定食>注文したのはフーチャンプルー定食です。値段はたしか750円位だったかと。見ての通りですが、ボリュームがすごい。ご飯もどんぶり [続きを読む]
  • 海鮮食堂太陽で海鮮天丼   (沖縄県浦添市)
  • 浦添市にある海鮮食堂太陽(てぃーだ)で海鮮天丼を食しました。<海鮮食堂・太陽>住所:沖縄県浦添市牧港5-22-2駐車場あり営業:11:00〜16:00浦添の港にある太陽というお店におじゃましました。海鮮天丼が有名という事で、それを求めて行きました。12時半位の訪問でしたが、ほぼ満席。場所的に港湾地帯にあるのに結構な混みようで、地元で人気の店なんだという事が分かります。<海鮮天丼(小)750円>こちらが海鮮天丼(小 [続きを読む]
  • 平成30年 再び沖縄へ
  • 2月6日・7日の1泊2日で沖縄に行ってきました。直前まで皇女和宮ゆかりの箱根・環翠楼さんに泊まりに行こうかと思っていたんですが、雪が降ったため車では難しそうな状況になりました。急遽どこかへという事になりまして、沖縄に行くことにしました。<1日目:2月6日(火) 天気:曇り時々晴れ>朝4:30分川越発のリムジンバスで羽田へ。6時25分発のJAL機で那覇へ向かいます。前日仕事がバタバタしており、そのう [続きを読む]
  • 菰野城址   (三重県菰野町)
  • 三重県菰野町、菰野城址に行ってきました。<菰野城址>住所:三重県三重郡菰野町菰野1490駐車場無し<菰野城について>◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆菰野城址に行ってきました。関ヶ原後につくられた城で、城と言うより陣屋(政庁)としての役割の方がメインだったんでしょう。江戸時代を通じて菰野藩土方氏の居城として続き、明治維新の後廃城となりました。菰野城は、菰野 [続きを読む]
  • 重原陣屋跡     (愛知県刈谷市)
  • 刈谷市にある重原陣屋跡に行ってきました。<重原陣屋跡>住所:愛知県刈谷市重原本町1駐車場あり(無料)<重原陣屋について>◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆重原陣屋跡に行ってきました。1792年に福島藩の板倉勝長によって陣屋が築かれました。刈谷で起こった一揆の仕置きとして、福島藩の領地との交換が行われ、福島藩がこの地を治める事となりました。江戸時代には結構飛 [続きを読む]
  • 本地城址    (愛知県豊田市)
  • 豊田市にある本地城址に行ってきました。<本地城址>住所:愛知県豊田市本地町1丁目54−1駐車場無し<本地城について>◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆本地城址(堤本地城)に行ってきました。1402年、畠山六郎によって築城されたお城です。畠山氏の滅亡とともに廃城となりました。現在は本地八幡社という神社がある場所が本地城址で、本地城址の碑が建っています。車を停める [続きを読む]
  • 上野城址 / 榊原康政生誕の地   (愛知県豊田市)
  • 豊田市にある上野城址に行ってきました。<上野城址>住所:愛知県豊田市上郷町薮間17−8駐車場無し<上野城について>◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆上野城址に行ってきました。上野城は、応仁の乱の頃戸田宗光によって築城されました。家康の父である松平広忠がこの城を手中にしますが、一向一揆の手に落ちたり、変遷を経て再び家康の支配下となります。廃城となった次期は不 [続きを読む]
  • 本多忠勝生誕の地    (愛知県岡崎市)
  • 愛知県岡崎市にある本多忠勝生誕の地に行ってきました。<本多忠勝生誕の地>住所:愛知県岡崎市西蔵前町駐車場無し本多忠勝は1548年、三河国額田郡蔵前で松平氏譜代・本多忠高の長男として生まれました。1549年に父が戦で討ち死にし、叔父の元で育てられました。その後、数々の戦功をあげ、徳川四天王の一人に数えられる名将となりました。その生誕の地は何と民家の中にありました。敷地内に入るのが躊躇われたため、望遠 [続きを読む]
  • 車のリコール修理
  • 今日は車のリコール修理でディーラーに行ってました。タカタのエアバックのリコールで、一昨年助手席側を交換しましたが、今回は運転席側です。タカタのエアバック、リコール台数は世界規模で5000万台とも言われており、タカタはこれが原因で民事再生法の適用に追い込まれました。リコールも部品の供給が追いついていない様で、どうなるかと思いましたが、月初に申し込んで、今日の修理となりました。5月以降、このリコール修 [続きを読む]
  • 井田城址 / 酒井忠次生誕の地   (愛知県岡崎市)
  • 岡崎市にある井田城址に行ってきました。<井田城址>住所:愛知県岡崎市井田町字城山駐車場無し◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆岡崎の井田城址に行ってきました。岡崎の松平氏の一族にあたる酒井氏の居城で、酒井氏忠から5代にわたってこの地を治めました。後に徳川四天王の一人になる酒井忠次は1527年に井田城内で生まれています。築城年、廃城年など詳しいことは分かってお [続きを読む]
  • 渭伊神社    (静岡県浜松市)
  • 浜松の井伊谷にある渭伊神社に行ってきました。<渭伊神社>住所:静岡県浜松市北区引佐町井伊谷1150駐車場あり(無料)境内自由<渭伊神社について>◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆渭伊神社に行ってきました。いつの頃の創建か分かっていない様ですが、最初は井伊氏発祥の地である井伊共保出生の井戸のあたりにあった様です。渭伊神社の裏には神のおられる磐座という巨岩が並ぶ遺 [続きを読む]
  • 井伊直親の墓    (静岡県浜松市)
  • 井伊直親の墓を参拝してきました。<井伊直親の墓>住所:静岡県浜松市北区細江町中川駐車場無し<井伊直親の墓について>◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆井伊直親の墓を参拝しました。井伊直親は、徳川四天王のひとり井伊直政の父にあたる人物です。この時の井伊家はまだ今川傘下の一勢力にすぎず、今川に謀反の疑いをかけられ、弁明に行く途中で討ち取られました。現在、都田川の [続きを読む]
  • 気賀関所跡    (静岡県浜松市)
  • 東海道気賀関所跡に行ってきました。<気賀関所跡>住所:静岡県浜松市北区細江町気賀4577駐車場あり(無料)入場料:200円<気賀関所について>◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆気賀の関所に行ってきました。東海道には大きな関所が3ヶ所あり、箱根・新居の関と合わせて3大関所と言われるそうです。この気賀関跡は、本坂通という東海道見附宿と御油宿を結ぶ街道で、かつては東 [続きを読む]
  • 西来院 / 築山殿の墓    (静岡県浜松市)
  • 浜松市にある西来院に行ってきました。<西来院>住所:静岡県浜松市中区広沢2丁目10−1駐車場あり(無料)慶大自由<西来院について>◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆浜松の西来院に行ってきました。訪問の理由は、徳川家康の正室で嫡子信康の母である築山殿の墓を参拝する為です。昨年の大河ドラマ『おんな城主 直虎』では、結構重要な役回りだった様です。僕はあいにく途中 [続きを読む]
  • 会津藩士顕彰碑と墓    (北海道標津町)
  • 野付半島にある会津藩士の顕彰碑と墓を訪問しました。<会津藩士顕彰碑>住所:北海道標津郡標津町茶志骨ポンニッタイ駐車場無し北海道の野付半島を車で走っていると、道ばたに会津藩の「會」の旗を発見。立ち寄ってみました。会津藩士を顕彰する碑が建っていました。幕末、ロシア船の来航に対し、東北諸藩は北海道の警備に動員されました。ここ標津には会津藩が藩士を派遣し防備を固めました。しかしながら、厳しい環境の中、この [続きを読む]
  • 大船観音       (神奈川県鎌倉市)
  • 鎌倉の大船にある大船観音に行ってきました。<大船観音>住所:神奈川県鎌倉市岡本1-5-3 駐車場無し拝観料:300円<大船観音寺について>◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆JR大船駅のすぐ近くにあり、電車の中からも見えていますが、未だ行ったことがなかったので、今回訪問しました。大船駅から歩いて5分位でしょうか。距離は近いですが、小さな山の上にあるので登る時間がか [続きを読む]
  • 【再】納沙布岬     (北海道根室市)
  • 根室市にある納沙布岬に行ってきました。<納沙布岬>住所:北海道根室市納沙布岬駐車場あり(無料)日本本土最東端・納沙布岬に行ってきました。11年ぶりの訪問です。<11年前の記事>http://rover.seesaa.net/article/25901733.htmlこの日は非常に良い天気で、北方領土の歯舞諸島や国後島などもはっきり見る事が出来ました。11年前は、歯舞諸島の貝殻島付近で日本漁船がロシア国境警備隊に拿捕され、その過程で漁師が射殺 [続きを読む]
  • 美幌峠    (北海道美幌町)
  • 美幌町にある美幌峠に行ってきました。<美幌峠>住所:北海道網走郡美幌町古梅駐車場あり(無料)美幌峠は北海道美幌町と弟子屈町の境にある国道243号線沿いの峠です。ここからは屈斜路湖の展望が広がります。久しぶりに美幌峠に行きましたが、改めてその景色に感動しました。あいにくの天気でしたが、眼下に広がる屈斜路湖。とても美しかったです(^-^)屈斜路湖を眺めるポイントは何ヶ所かありますが、美幌峠が一番良い様な気 [続きを読む]
  • 桂ヶ岡砦    (北海道網走市)
  • 網走市にある桂ヶ岡砦跡に行ってきました。<桂ヶ岡砦>住所:北海道網走市桂町1丁目1番3号駐車場無し網走郷土博物館の敷地にあるチャシ跡で、チャランケチャシとも言われます。チャランケとはアイヌ語で談判を意味する言葉だそうです。現在は博物館の敷地の一角に碑と説明板があるのみという感じです。平成29年秋旅 道東の旅http://rover.seesaa.net/article/454023079.html日本の城を巡るhttp://rover.seesaa.net/article/2.. [続きを読む]
  • ひつまぶし@まるや   (愛知県名古屋市)
  • 名古屋の大曽根にある「まるや」というお店でひつまぶしを食しました。<まるや 大曽根店>住所:愛知県名古屋市北区山田町4-66-8駐車場あり営業:11:00〜15:00(L.O.14:30) 17:00〜21:30(L.O.21:00)名古屋でひつまぶしを食べるべく「まるや」というお店におじゃましました。昔、植田にあるお店に行ってひつまぶしを食べた覚えがあったんですが、人の紹介で行った店で、店の名前も覚えていませんでした。そこで、ネットで植田のひつ [続きを読む]
  • 平成29年〜30年 年末年始の旅
  • あけましておめでとうございます。毎度の年末年始の旅に行ってきました。今回の旅のテーマは、毎度の城巡りに加え武将の生誕の地巡りをくわえました。<平成29年12月29日夜出発>出発時のメーターは26万2377キロです。東名道を走り、日本坂PAで車中泊しました。 [続きを読む]
  • ノツカマフ一号・二号チャシ跡   (北海道根室市)
  • 根室市にあるノツカマフ一号・二号チャシに行ってきました。<ノツカマフ一号・二号チャシ>住所:北海道根室市牧の内駐車場あり(無料)<ノツカマフ一号・二号チャシについて>◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆根室市にある、ノツカマフ一号・二号チャシ跡に行ってきました。北海道全体では500ヶ所以上が確認されているそうですが、特に道東は数多く、根室半島のチャシはその保 [続きを読む]
  • ヲンネモトチャシ跡     (北海道根室市)
  • 根室市にあるヲンネモトチャシ跡に行ってきました。<ヲンネモトチャシ跡>住所:北海道根室市温根元59駐車場あり(無料)<ヲンネモトチャシについて>◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆日本100名城のひとつ、根室半島チャシ群。ひとつと言いますが、チャシ群の名からも分かるとおり、複数のチャシの総称です。チャシはアイヌの人々が築いたもので、軍事的なもの、祭祀に用いたも [続きを読む]