勝負沢知悦此 さん プロフィール

  •  
勝負沢知悦此さん: 癒やしのフォトエッセイ
ハンドル名勝負沢知悦此 さん
ブログタイトル癒やしのフォトエッセイ
ブログURLhttp://aromakan.blog55.fc2.com/
サイト紹介文岩手県盛岡市 アロマ館 心理学カウンセラー アロマセラピストのフォトエッセイ
自由文岩手県盛岡市 アロマ館 心理学カウンセリング アロマセラピスト アロマセラピー ハーブ アロマ カルチャー教室
http://www.aromakan.com/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供491回 / 365日(平均9.4回/週) - 参加 2010/08/18 20:43

勝負沢知悦此 さんのブログ記事

  • 森の観閲式
  • 森では白樺や赤松が一列に整然と並んでいます。その中をどうどうと観閲するのは桜のプリンス。モズがぴーっと笛を吹くと栃の木の近衛兵がズンドコズンドコと行進を始めます。ランキングサイトに参加しております。 していただけると嬉しいです。    [続きを読む]
  • 「真っ黒くろすけ」は考えた
  • ナナカマドの枝を引っ張るかのようにつたが這い上がってきました。赤い実や色づいた木々の葉に負けないように頑張って黒い実を一杯付けています。ぼんぼりのように実を付けた形はさながらジブリの映画の「真っ黒くろすけ」です。実は熟して今は少ししか黒い実がありません。でも私はとても可愛いと思いました。美しい紅葉が大人の色香だとしたらこの「真っ黒くろすけ」は森の妖精のようです。きらきら笑いさざめいているようで目が [続きを読む]
  • 落ち葉の中に埋もれる秋
  • 落ち葉が美しい絨毯のように敷き詰められています。ある時富士山が見える田貫湖の側にあるネイチャーセンターを訪れてビックリしました。大きなお風呂のような箱に落ち葉が一杯敷き詰められてその中で大人も子供も遊べるのです。私も入って落ち葉に埋もれてみました。感動的でした。更にその落ち葉が微生物によって分解して土や養分になるとはなんと効率の良いリサイクルなのでしょう。ハーブガーデンにも一杯落ち葉のお布団を掛け [続きを読む]
  • 冬の入り口
  • ハーブを愉しむ会の後に八幡平に行きました。岩手山には雪が降りましたが八幡平は美しく冬を迎えようとしています。その中で冬の入り口を見つけました。ランキングサイトに参加しております。 していただけると嬉しいです。    [続きを読む]
  • ハーブを愉しむ会10月例会
  • ハーブガーデンの桜の葉も美しく色づき、落ちた葉がハーブ達のお布団になって来たるべき冬に備えているようです。今月のハーブを愉しむ会はいつものメンバーに加え千葉さんがいらして和気藹々と作業をすることが出来ました。千葉さん曰く、「この会はいつ来ても温かく迎えてくれて嬉しい」とのこと。ボランティアの会ですから「愉しい」と「主体性」が一番ですが「何の為に」という目的意識が一人一人にあることも大切でしょう。入 [続きを読む]
  • 東京セラピー
  • 東京セラピーは4ヶ月ぶりなので受けにいらした方々も様々な物が心身に溜まっていた様子です。都会ほどストレスは多いのでしょう。東京の方々はよく頑張っているなといつも感心してしまいます。小雨降る東京から仙台の兄を訪ね帰って来ました。東京は私が行く前日まで夏日と言う事でしたが着いたときから盛岡と変わらない気温でビックリしました。仙台には兄を訪ね、しばし懇談して帰って来たら岩手山には雪の冠が見えて寒さを感じ [続きを読む]
  • 出帳とハーブを愉しむ会のお知らせ
  • ■明日から18日迄、東京に出帳致します。 ご迷惑をお掛けしますがご予約は携帯にお願い致します。 また、セラピーなどでお電話に出られない時は折り返しこちらから かけさせて頂きます。宜しくお願い致します。■070ー2653ー4146  9時〜22時まで可能です。■10月のハーブを愉しむ会のお知らせ 10月19日(木)10時からはハーブを愉しむ会です。種まきや球根を植えたいと 思いますので寄付をして頂ける方大歓迎 [続きを読む]
  • 日本の色
  • 日本に生まれて良かったと心から思います。日本の秋は山々を赤や黄色に彩り美しい錦絵を描きます。ランキングサイトに参加しております。 していただけると嬉しいです。    [続きを読む]
  • 深まる秋
  • オシドリのご夫婦が来ているかも知れないと立ち寄った沼は静かに暮れようとしていました。水面に写す紅葉は所々透き通って鏡のように木々の美しい色づきを写していました。静かな静かな秋の夕暮れでした。ランキングサイトに参加しております。 していただけると嬉しいです。    [続きを読む]
  • 癒しと感動の八幡平
  • 最近は定休日までお仕事をしているのでホッと一息の八幡平に行ってみました。曇りのち晴れのお天気に感謝して美しい日本画のような八幡平を写真に納めることが出来ました。自然は本当に偉大なアーチストです。息を飲む美しさを体感しました。謙虚に感謝込めて一写一写感動し八幡平の紅葉を撮ることが出来ました。美しい八幡平の紅葉に感謝です。まさに私の癒しの時間でした。ランキングサイトに参加しております。 していた [続きを読む]
  • 無念無想
  • 神無月となって森の風も冷たさを増しています。おにぎりを食べている目の前で蝶々が目をつぶって無念無想でタデの蜜を吸っています。寒くて飛べないのかも知れません。しかし、命のある限り一生懸命生き続けようとしています。「がんばれ」と応援しながらシャッッターを切りました。ランキングサイトに参加しております。 していただけると嬉しいです。    [続きを読む]
  • 小鳥さん達、食べ頃ですよ!
  • ミヤマガマズミの実が真っ赤に熟しています。小鳥たちの大切な食料はちょっとさわるとぽろりと落ちてしまうぐらい熟しています。小鳥さん達食べ頃ですよ。急いで来て下さい。森のレストランよりランキングサイトに参加しております。 していただけると嬉しいです。    [続きを読む]
  • 曇りの日も見上げれば秋があった
  • 考え事をしていると下向いて歩きがちです。考えているつもりでもぐるぐる同じ事を考えて解決が見つからないときは周りの秋を捜して見ませんか。立ち止まって上を見上げればきっと秋が見つかります。脳は休ませないと上手く働かない仕組みですから考え事をストップして見上げてご覧秋の空をです。曇りの日でも自然はちゃんとどこかに秋を用意していますよ。ランキングサイトに参加しております。 していただけると嬉しいです [続きを読む]
  • オータム油絵の世界
  • 自然は実に偉大な芸術家です。どんなところにも手を抜かず春夏秋冬の彩りの絵筆をふるいます。油絵の世界だったり水彩画だったり水墨画だったり。うるさい小枝も絵画の世界に引き込みます。ランキングサイトに参加しております。 していただけると嬉しいです。    [続きを読む]
  • 鮮やかな秋
  • 中秋の名月も過ぎて朝晩も寒さが増してくると森も空気が透き通ってきて少しずつ木々が色づきだしてきました。自然界の世代交代は実に見事でムダがありません。光合成で葉に貯めた栄養素を木に渡し終えると次世代の準備が整い次第、今度は木の栄養になるように落ちて微生物によって分解され腐葉土という栄養豊かなふかふかの土になるのですから。おまけに人間の目まで愉しませてくれる自然に大いに感謝したいところです。ランキング [続きを読む]
  • トンボの事情
  • 「ねーねーそこぼくにも止まらせて!」「やだ。甲羅干ししてるから」「ぼくなんか、山に行って修行して赤くなったんだぞ」「ぼくだって、今お日様にあたって赤くなるんだ!」「君も山に行って修行してお出でよ。確実に赤くなるよ」「・・・・」ランキングサイトに参加しております。 していただけると嬉しいです。    [続きを読む]
  • 秋のアクセサリー
  • 本来は木にとって迷惑な蔦だけれどこの季節ばかりは紅葉した蔦が美しいです。森を歩く事が愉しくなる蔦の紅葉です。ランキングサイトに参加しております。 していただけると嬉しいです。    [続きを読む]
  • 枯れ色の美学
  • 秋は枯れることがイメージされますがこのアジサイの枯れ方の見事さには驚かされます。中学の時に生物部でやった葉の脱色も顔負けの自然のレース。まだ咲いている花や色鮮やかな葉っぱを引き連れて美しさを引き立たせています。こんな風に美しく優雅に枯れる事も出来る自然を尊敬します。ランキングサイトに参加しております。 していただけると嬉しいです。    [続きを読む]
  • 気づかないでいる内に
  • 森は気づかない内に一雨ごとに秋になります。静かに静かに秋になっていくのです。忙しくて外を見る暇がないと急に秋がやってきたと思うでしょうが、気づかないだけで秋は毎日少しずつ秋になっているのです。ランキングサイトに参加しております。 していただけると嬉しいです。    [続きを読む]
  • 色々なモミジ
  • 夏から紅葉しているようなモミジです。これからもっと渋く変身するのです。モミジも色々だなと思います。まして、人なら10人10色。100人いたら100人の色です。色々な個性大切にしたいです。ランキングサイトに参加しております。 していただけると嬉しいです。    [続きを読む]
  • お花が笑った
  • 「山笑う」は春の季語だから「花笑う」も春なのかも知れません。しかし、菊科のアスターは確かに笑っていたのです。雨に濡れていたのに青空が顔を出したので光の中で確かに笑っていたのです。ランキングサイトに参加しております。 していただけると嬉しいです。    [続きを読む]
  • 森の美術館
  • 大好きな森の中で椅子に座ってあたりを見渡すと美術館の中にいるようです。耳を澄ませばハラハラと木の葉が舞い落ち、どこかで木の実が落ちる音がします。ここは秋の絵の具で描かれた森の美術館。温かいハーブティとドングリのクッキーでも注文しましょうか。エプロンを掛けたリスさんが持ってきてくれそうな森の喫茶室です。ランキングサイトに参加しております。 していただけると嬉しいです。    [続きを読む]