ぱぱ さん プロフィール

  •  
ぱぱさん: うつ病の妻に旦那の俺が出来ること。
ハンドル名ぱぱ さん
ブログタイトルうつ病の妻に旦那の俺が出来ること。
ブログURLhttps://ameblo.jp/minasuke/
サイト紹介文うつ病の奥さんと共に歩んでいます。 心の病気は大変ですが、それでも毎日が幸せです。
自由文夫として家族として自分に出来ることは、
少しでも不安を取り除いてあげることだけです。

そんなパパの家族の心の声を届けるブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供95回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2010/08/19 13:00

ぱぱ さんのブログ記事

  • 人。
  • 僕が人を観察するようになったのは5歳ぐらいの頃からですかね。観察 ( ´艸`) という表現は変なのかもしれないけど人を見るようになったのはその頃ぐらいからかな? その頃から今まで何十年って生きてきて色々な人を見てきましたけど、今でもやっぱり思うのは こういうのが人間なのかな? とかこういうのが普通なのかな? とか 僕個人の中での話しですが残念に思うことのほうが多かったですね。 結局は何かの問題には必ず人 [続きを読む]
  • 放っておきなさい期間実施中。
  • 最近の僕の口癖は 『放っておきなさい。』です。今は絶賛 娘の事は放っておきなさい期間実施中としています。( ´艸`) 娘も次の学校がもうすぐ始まりますがもう、自分の事には自分で責任を負うことを学ぶ時期ですので自分自身で考えて行動してもらわなくてはなりません。親として自立させていくということも考えなくてはなりませんので。 妻からしたら母親として娘が困らないようにとあれこれ心配して口を挟みたくなる気持ちも [続きを読む]
  • 本当に必要なの?
  • 人の心を解放するメンタル系の職業の人のブログをたまに読んだりする機会があります。 調べ物をしていてたまたま辿り着く感じなので特に定着して読んだりしている人はいないのですが、いつ読んでもやっぱり合わないなと感じます。個人的にそう感じるだけなので特に何もないですけど。 そういうのが必要な方だって世に中にはいるしその人達が主張している理念も半分はそれもあるよね。とは思いますよ。「まあ、そうだよね。」って。 [続きを読む]
  • 旦那さんへ。
  • 奥さんを楽にする家事と、奥さんが楽にならない家事を考えるのでしたらそんなに難しいことは学ぼうとせず 『奥さんの2度手間になるような家事しない。』 でいいと僕は思います。 夫としてどう家事に参加していくかというのは特に奥さんがご病気で家事がなかなか出来ないという方には必須だと僕は思っているのですが、 そんなに難しいことをやろうとしても旦那さんの負担が増えて大変になるだけなので 『奥さんの邪魔をしない家事 [続きを読む]
  • 1日は24時間しかありません。自分の体も1つしかありません。人それぞれ得意なものもあれば不得意なものも当然あるはずです。出来る事もあれば出来ないこともあるはずです。 全部をその24時間のうちに全部やろう。とてもじゃないけどそんなの無理です。僕も出来ない事は沢山あります。 甘えてはいけない。誰が決めたんですか?どうして甘えてはいけないんですか?甘えたらなんかなるんですか?何にも変わらないでしょ? もし [続きを読む]
  • 落ち込まないで。
  • 最初は何にも無いところから始めなくてはならなかったから、そういうのを自分で作っていくのがとても大変でした。 うつ病って初めてだったから今までの自分の経験の中で何か持っているか?といったら何も持ってはいなかったし、逆に自分の人生経験の無さが浮き彫りになってお恥ずかしい話ですがそのとき初めてこのままではダメなんだなというのを知りました。それも経験して良かったなと思えるところですね。 自分のダメなところ、 [続きを読む]
  • 忘れてた。
  • 今日は久しぶりに仕事中に調子が悪くなりました。 おととしピロリ菌の殺菌の薬を飲んでからどういうわけか腸の機能障害のほうが劇的に良くなってしまいこの一年あの苦しい思いをしなくて済んでいたのですが、今日は一番最悪なパターンの症状が出てしまい久しぶりにあの辛さを味わってしまいました。 ピルシュスプルング病でも根治後はみんなどうなっているのか知らないので、同じ辛さを味わっているのか改善されるのが普通なのかわ [続きを読む]
  • 作りたいなと思った事。
  • 僕は2つ作りたいなと思っていました。 1つは、うつ病を治していく環境を作る事。1つは、うつ病が治らなくても問題なく暮らしていける環境を作る事。 環境と言っても、そういう家庭内を築くということだけではなくて自分の体調管理から精神状態の作り方、うつ病との向き合い方含めてどちらに転んでも揺るがない環境を。 自分なりにはなんとなく出来たかな?と今は思っています。 僕はその人が考えることだからいいんですけど、妻 [続きを読む]
  • 何もうつ病のことだけ考えていればいいわけじゃない。
  • 前の記事と合わせて読んで頂けるといいのですが、 支える家族はうつ病の知識を学ぶことが大事だと専門家は言いますが、それは専門家としての立場からの必要性というだけで家族に知識があればどうにか出来てしまうわけではないと僕は思います。 色々と考えて学んできました。でも大半はうつ病以外の事で、結果的にそれにうつ病が絡んでくるだけでした。 例えば、 うちの娘は先日高校を卒業しました。この時期、進学や就職の先の進路 [続きを読む]
  • つまらないこと。
  • 僕は「うつ病が良くなること」 と「立ち直らせること」 しか興味がないので毎日そのことばかり考えています。妻のうつ病が良くなってからもずっと同じ。だから、人生に楽しいことを求めている人からすればとてもつまらないことに時間を費やしていると思うかもしれません。 うつ病が良くなることとは別のものも沢山あることがわかっているから考えることはこの先もやっぱり続きます。 うつ病が良くなる、寛解する、または完治をし [続きを読む]
  • ああ、この人達と同じ世界に生きているのかと思うと生き難いなと感じる人の気持ち。わかりますか? 人をみて毎回げんなりしながらこの先も自分は生きていかなくてはならないんだなと思いながら当たり前のように普通に暮らしている人の辛さ。 ふとしたときに見るモラルのなさ、マナーのなさ。他人を思いやれない自分さえよければ主義。自分が当事者であれば大騒ぎをし、自分に関係なければ我関せず。 『何をそんなめんどくさいこと [続きを読む]
  • 出来ないに対して。
  • うちの妻は料理も得意ではないし掃除も好きではありません。 子育ては自分なりに一生懸命やってくれていましたが、元々出会った頃から『料理も家事も子育てもやりたくない!』 と言っていた人ですから( ´艸`)自分もそこは特に妻には求めて結婚はしていません。 それでも結婚して娘も生まれて、妻なりに一生懸命やってくれました。そんな人だと思っていたのでこの人と一緒に生きていきたいと思いました。妻はどう思っているのか [続きを読む]
  • 判断。
  • あなたが今支えている方のうつ病が今どの程度回復してきているのか自分なりに判断できるでしょうか? 専門的になんて必要ないので傍にいて相手の方を見てきたあなたが感じる判断でいいです。正解とか不正解とかそんなものは気にしなくていいし僕も専門的になんてそんなめんどくさいことはわかりません( ´艸`) こういうところは良くなってきたかな?これはまだまだかな?こんなところは自分より出来るよね。症状も以前とくらべる [続きを読む]
  • 妻も更年期の影響なのかなんだか色々とイライラしているようです。妻も自覚しているようなのですけど娘への当たりが最近ちょっと強いかなと思います。 車の運転を少し始めて心配だというのもわかるし娘も考えが安易な発言が多いからきちんとさせなければという母親としての思いがあるのもよくわかる。娘も年頃だからちょっとしたことで反発したくなる気持ちもよくわかる。 こちらが気をつけないと、こういうところからまた再発なん [続きを読む]
  • 無題。
  • 今日も何時に帰れるのかさっぱりわかりません。 ストレスは本当に感じなくなりましたね。耐性がついたというよりはうつ病のおかげで何でも大したことないように感じられるようになりました。お蔭様でそういうところは良かったと自分は思います。 なるべく早く帰りたいなとは思うのですが仕事もちまちま根気よく進めていくしかないので今日も夜中になります。 余裕がないときこそ余裕がなくなるような事を考えても仕方が無いのでも [続きを読む]
  • 動けない奥さんの代わりに。
  • 今日も深夜バイトから本業で仕事です。最近はバイトは体を動かす運動代わりに近いかもしれません。 奥さんの代わりに家事や育児をやっています感がどこかにあると奥さんが逆に家事や育児が出来ない事を気にするようになるかもしれませんね。最初の頃は自分も妻の代わりにと思っていた部分がありましたけどそれよくないな。と途中から思いましたのでそういうのはある時期から辞めました。 自分にまったくそのつもりはなくてもどこか [続きを読む]
  • 卒業式。
  • 昨日は娘の高校卒業式でした。 春の嵐で朝方は大変でしたがお昼前から晴天に恵まれましたので良かったです。 入学式はちょうど妻の父親の葬儀の日と重なってしまいまして妻だけ入学式には出席してもらいましたけど、今回は二人揃って出席出来ましたので良かったと思います。 4月からはまた新しい進路のスタートになりますが高校までの一区切りを無事終えることが出来ましたので妻の荷も少し降りたのではないかと思います。 うつ病 [続きを読む]
  • 相手のうつ病をあまり難しく考えないで。
  • 相手がうつ病というと付き合っていくことや支えていくことを難しく考える方が多いように思います。 うつ病の治療や治ることに関してはなかなか難しいものだと自分も思いますが、付き合っていくことや支えていくことについてはあまり難しく捉えすぎないようにしたほうがよいと思います。 実際に色々と大変なことがあることは自分自身でもよくわかっています。 自分も最初の頃は うつ病というものに焦点を当てて夫としてうつ病を抱 [続きを読む]
  • 心を探るのはナゼ?
  • 自分が疑問に感じたことの1つです。 うつ病もそうですが 相手が精神的なものを抱えていると良い意味でも悪い意味でも どうして相手の心を探ろうとするのでしょうね。 例えば、自分の心を誰かに探られたら結構嫌だと思いませんか?どんなことを考えているのか? とか今どんな気持ちなのか? とか そう考えてくれているのはありがたいことだけれども知ってもらいたい反面、知られたくないっていうのもありますよね。 普段、この [続きを読む]
  • 変動しない人。
  • 妻を見ていて、 うつ病を抱えていると精神状態も体調も不安定で落ち着かないので、上がったり下がったり本人の意思に関係なく状態が変則的に変動してしまうものなのだと自分は感じましたね。 一般的には違う解釈なのかもしれませんけど自分がどう感じるかが大事だと思っているので何が本当の正解は追及しないですよ。( ´艸`) だから傍にいる人は変動しない人がいいのかな?なんて自分は思いましたね。そこは気をつけるように心掛 [続きを読む]
  • 一人で支えるメリット・デメリット
  • 誰かの協力があれば。。。 と考えるのが普通だと思うのでメリットを考える方は少ないかもしれませんが、自分の場合は 一人でサポートしていくほうがメリットになることのほうが多かったと思います。 自分が感じた 『なんだか違うんだよな?』 についてですが、専門家から支える側の方に対して今アドバイスされているものは専門家として第三者的に相手に関わるアプローチと同じなので支える側目線からのアプローチではないんで [続きを読む]
  • 王道から自道へ。
  • 最初の頃はうつ病の本も読みました。うつ病、脳科学、心理学について調べたりもしましたし専門家が治療や改善について書かれているようなのもよく目を通したりもしました。 まあ、巷で主流の『ど定番のサポートの仕方、あり方』 に沿って妻がどうしたらうつ病から立ち直れるのだろうか?を考えて行動していましたね。そのために自分は夫として何をしたらいいのだろうか?そういったことを毎日ずっと考えていました。 専門家がそう [続きを読む]
  • 周囲に協力を得る場合のメリット・デメリット。
  • 病気の相手を支えてきました。堂々と相手を支えています。 というのは世間にしたら聞こえが良いわけで感動や賞賛、共感の嵐の愛の物語。 よく書籍化や映画化されて簡単にみんな感動や共感なんて言いますけどそれは自分でやっていない人だから簡単に表現出来ること。 普段からそんなこと考えて生活なんてしていないでしょ?そんな人がいるなんて普段は気にもとめていないでしょ?そこに共感があるのかな?自分の考えがあって初めて [続きを読む]
  • 無題。
  • 虚栄心なんてものは多かれ少なかれ誰でも持っていて、本当の自分をさらけ出しては今の世の中は生きれないから自分を偽っていてもあんまり自分を蔑む必要はないよ。 どういったことに偽っているかは人それぞれ違うだけで結局は人からはじかれてしまうのがわかっていて孤立するのがみんな怖いからね。 だから自分だけがなんて思わなくてもいいと思う。 つまらない奴。面白くない奴。楽しくない奴。可愛くない奴。ダサい奴。めんどく [続きを読む]
  • 忙しいです。
  • 最近ダラダラとなかなか進まない仕事が多くて次の仕事の予定ばかり埋まるだけで何も出来ない状態なので少しブログから離れていました。 今日も仕事を途中で中断して夜から幹事として自治会の新年会には出席しなければならないし、コンパニオンを呼ぶとか本当に勘弁してほしいのですがそういう手配なども事前に全部やってありますけどね深夜からバイトなのでお酒は飲めませんし本業も忙しいから行きたくないですよ。 来週からは次の [続きを読む]