spacemahoroba さん プロフィール

  •  
spacemahorobaさん: 心の癒しと意識の目覚めのために
ハンドル名spacemahoroba さん
ブログタイトル心の癒しと意識の目覚めのために
ブログURLhttp://spacemahoroba.blog134.fc2.com/
サイト紹介文今どんなに苦しくてもあなたは絶対に大丈夫です。癒し、覚醒、悟り、非二元について。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供55回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2010/08/20 16:10

spacemahoroba さんのブログ記事

  • スペースの中で分離が溶ける〜スカイプセッションを受けて下さったMさんのご感想
  • いよいよ今年もあとわずかになりました。今年は6月の皆生温泉リトリートをきっかけに何かが大きく変わったような感じがしています。秋頃には、アイデアだけあってなかなか実現しなかった次回作の話が急に進み出し、年末にかけて文章が一気に溢れるように出てきました。すごくエネルギーが動いている感じがする一方で、何も変わっていない、何も動いていない、そんな感覚もあります。最近よく使う表現で言えば、自分とはすべてを包 [続きを読む]
  • 悟りをベースに日常を生きる
  • いよいよ年の瀬も近づいてきましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。次回作の原稿も97%くらいできた感じで、あとは細かいところの修正と前書きをかけば完成というところまできました。新年の仕事始めまでには出版社に原稿をお渡しする約束なので、お正月休みは最終チェックの時間にしようと思っています。「楽しみにしています」という声をたくさん伺ってありがたい限りですが、まだこのあと出版社でのチェックと修正が入る [続きを読む]
  • 本当はとてもシンプルなこと
  • 大阪出張を終えて昨日境港の自宅に戻ってきました。今回ご縁をいただいた皆様、本当にありがとうございました。ちょっと行き詰っている感じがしていた次回作の最後の部分の構成に関して、皆さんとの対話の中で様々なメッセージを受け取ることができて、方向性が見えてきた感じがしています。最後の部分がうまくまとまらなかったのは、私自身がもっと気づきを深める必要があったのだな、ということがわかりました。普段、出張中には [続きを読む]
  • 悟りとは悟りのことを忘れること
  • 気がついたら師走が目の前ですね。今日は少し暖かいですが、2、3日前には真冬のように寒い日があって、冬の服を準備していなかったので焦りました。次回作の執筆作業、8割がた原稿はできているのですが、最後のところをどんなふうにまとめようか迷っています。思い浮かぶままに書いてみたけれど、どうもしっくりこなかったり。そんなことを考えていたら、以前ブレスワークなどを受けたり、皆生温泉リトリートにも参加して下さっ [続きを読む]
  • 自我の死へ向かうとき〜集中セッションのご感想
  • 11月11日(日)20時からzoom読書会です。私の本「「私」という夢から覚めて、わたしを生きる」をテキストに癒しと目覚めの本質をお伝えします。今回は第二部の第6章「ありのままの自分を愛する」です。-----先日一泊二日でブレスワークと箱庭療法の集中セッションを受けて下さったSさんからご感想をいただきました。箱庭作品の写真と合わせてご紹介致します。-----ご感想ここから-----ブレスワーク体験談私は、日本国外アジア圏内に [続きを読む]
  • 第2作目執筆中
  • ここで書こうかどうしようか迷っていたのですが、書いておいたほうが私のモチベーションも高まりそうなので、近況報告します。「私という夢から覚めて〜」に続く第2作目の本の執筆に本格的に入っています。少し前から出版社からお話はいただいていたにも関わらず、なかなか取りかかれなかったのですが、面白いことに、9月末〜10月初めの台風接近によるお話会2週連続中止の頃から急に本格的に動き出しました。次作では、お話会 [続きを読む]
  • 一時的なアイデンティティ
  • サラリーマン時代に会社の総務の人から、いくつかの訴訟を抱えている、と聞いて驚いたことがあります。というのも私だったらそんな大きな心配事があったら、そのことが四六時中心配になって夜も眠れないのではないかと思ったのです。でも最近は、必ずしもそうでもないのかな、と思い始めています。本当の私はスペースそのものであり、そのスペースの中に一時的に様々なアイデンティティーをまとった小さな私が現れたり消えたりして [続きを読む]
  • 空間としての私
  • この数日ものすごく眠くて、セッションのご予約がないときは寝てばかりいます。昼寝してても夜も7時間ぐっすり眠れたりして、なんだか不思議な感じです。最近、心身ともに大きく変化しているようで、その大きなエネルギーの流れを通せるように身体が調整されているような感じがしています。光が細胞の一つ一つに浸透していくような感覚。身体が透明になっていくような感覚。最近、4年前の腰痛から始まった奥深い感情の解放のプロ [続きを読む]
  • 調和の世界
  • 世界の中で起こることはすべて最善な調和の中にあるのだな、という感覚が深まっています。すべてがありのままでいいのだという感じ。すべてはありのままで完璧だという感覚。というような表現をすると、では、犯罪や事故や戦争も完璧なのか、という疑問が浮かんできます。ありのままでいい、ということをもう少し正確な言い方をすれば、完璧とか完璧でないとか、よいとか悪いといった判断なしに世界を見る、という感じでしょうか。 [続きを読む]
  • 沈黙と本当の幸せ
  • 最近、また沈黙に引き込まれるような感覚が強くなっています。その感覚に身をまかせていると、何かが落ち着くところに落ち着いていくような感じがします。前回の記事に書いた「やっと普通に生きられるようになった」「やっと人間になれた」「今ここに帰ってきた」というような言葉も、この感覚と繋がっているようです。今日の個人セッションのとき、私のエネルギーがまたずいぶん変わっているな、と実感しました。物事がどうであっ [続きを読む]
  • 2日間特別セミナー「目覚めのプロセスを生きる」を大阪でも開催します
  • 6月の皆生温泉リトリートから先週の東京セミナー、そしてその先へと、私の中で大きなうねりが流れ続けているような感じがしています。この数日ちょっと不思議な感覚を感じていて、うまく言葉にできないのですが、浮かぶままに言葉にしてみると「やっと普通に生きられるようになった」「やっと人間になれた」「今ここに帰ってきた」そんな感じがしています。今ここにいること、悟りをひらくこと、本当に人間になること、普通に生き [続きを読む]
  • 東京セミナーのお礼と感じたこと
  • 一昨日火曜日に東京から境港の自宅に戻ってきました。東京では初めての二日間連続でのセミナーに参加してくださった皆様、興味を持って下さっていたけれど参加できなかった皆様、本当にありがとうございました。6月の皆生温泉リトリートのあと、以前から構想だけはあった二日間連続のセミナーをやってみようと思いたってはみたものの、参加してくれる人がいるだろうかとか、うまくできるだろうかと言う心配が完全に消える事はあり [続きを読む]
  • あなたは自分が思っているような存在ではない
  • 6月の皆生温泉リトリートあたりから私のエネルギーがまたずいぶん変わってきていて、お話会やセミナーなどで皆さんにお伝えするときの表現方法も徐々に変わっている感じがします。最近、会が始まる一番最初に「皆さんにお伝えしたいのはたった一つのことです」というような言い方をするようになりました。とはいえ、その「たった一つ」の何かは言葉でストレートに表現することはできないので、その感覚をなんとかお伝えするために [続きを読む]
  • それはもう終わったことだから
  • 誰もが癒されていない痛みを持っています。十分感じ取ることのないまま心の奥に閉じ込められている感情を抱えています。それは、個人的な視点で見れば、子供の頃の親や親に代わる養育者との関係で感じた感情でしょう。エックハルトトールがペインボディと呼んでいるものと同じです。感情を閉じ込め、自然なエネルギーの流れをブロックすることで、本来はたった一つの大きなエネルギー(スピリット、大いなるもの、神、意識、愛、光 [続きを読む]
  • 生かされている
  • 前回の記事の最後に「続く予定です」と書いて、続きの原稿も少し書いてみたのですが、なんとなくしっくりこないな、と思っているうちに最近の感覚を表現したくなったので、そちらについて書いてみます。といっても、どこか前回の記事と続いているような気もするのですが。最近、ますます安心感が深まってきている感じがします。身体のことや将来のことなど考え始めると心配なことはいろいろあるのだけれど、それらについてあまり考 [続きを読む]
  • 自我と悟り
  • このところ自我と悟り・非二元の関係について考えることが増えているので、このテーマに沿いながら私自身のプロセスを最近の視点から振り返ってみようと思います。自我と悟りの関係は以前から私の活動のテーマでもあるし、最近特に、私に関わってくださる方の中に「中野さんは悟りのことと自我の確立の両方を扱ってくれているのが助かる」と言ってくださる方が増えているからです。確かに、これまで読んだ悟りや非二元に関する本は [続きを読む]
  • 健康の記憶
  • お盆の予定が急遽キャンセルになったため、お盆期間中(8/14〜19)もセッションのご予約をお受け致します。空き状況につきましてはセッション予約状況のページをご覧下さい。-----7月末〜8月初めの大阪出張のお礼を書こうと思っていたのに、暑さと忙しさのせいでなかなかこちらのブログまでエネルギーが向きませんでした。そうこうしているうちに、もうお盆になってしまいましたね。皆さんはいかがお過ごしでしょうか。ここ最近 [続きを読む]
  • 10月6日(土)北九州お話会のお知らせとあれこれ思うこと
  • 暑い日が続きますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?ブログに書きたいことはいろいろ浮かんでくるのですが、忙しいときにはそれを書き留める余裕もなく、ただ流れて行くだけになるのが惜しい気もします。でも、すべてはただ流れて行くだけなので、それもまたいいのかな、なんて思う今日この頃です。-----■北九州(小倉)でお話会を開催しますまず、表題の件ですが、福岡の実家に帰るのに合わせて10月6日(土)に北九州(小 [続きを読む]
  • 感じることですべてが一つであることを思い出す
  • この度の西日本の水害の被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。今回は私の身近な人の中にも家の近くまで水が迫っていた方もいて、かなり心配しました。その後、犠牲者が増えていくニュースに触れるたび、心がざわざわした状態が続いています。また、山陰と山陽をむすぶ大動脈のJR伯備線がいまだ不通になっています。復旧には1ヶ月以上かかるとのことで、一昨日米子駅で見た情報では8月20日までは特急やくも号の指定券の発 [続きを読む]
  • 時間から解放された?
  • 今度の週末7月8日(日)20時からzoom読書会「「私」という夢から覚めて、わたしを生きる」の第3回目です。今回から第2部に入っていきます。非二元とはそもそも何を意味しているのか、人生には意味があるのかといった一番基本的なことと、非二元を考えるときに大切になる意識の成長段階についてお話します。――皆生温泉リトリートが終わって一週間すぎました。私の内側でも想像していた以上に様々なことが起こっています。ま [続きを読む]
  • 皆生温泉リトリート直前の気持ちと参加者へのお知らせ
  • 月曜日の大阪の地震で被災された皆様にお見舞い申し上げます。身近な人たちの安否は確認できましたが、関西を拠点に過ごした20年以上の日々の間に出会った方々は膨大なため、皆さんの無事を祈るばかりです。――毎年恒例の皆生温泉リトリートが明後日に近づいてきました。最近また内的なプロセスが大きく動いている感じがしていて、これまでとは一味違った形、違ったエネルギーで癒しと目覚めについて皆さんにお伝えできそうです [続きを読む]
  • 「ありのまま」と安心感
  • (2018/06/16追記) 6月22日(金)〜24日(日)の皆生温泉リトリートはあと男女各1名様のみ受付可能です。-----私と話をしていると「ありのままでいいんだ、と感じて安心する」とおっしゃって下さる方がよくおられます。そういう言葉を聞くと、嬉しいと同時に、ちょっと気恥ずかしくもなります。なぜなら、私自身、まだまだ自分のありのままの姿を受け入れられていない部分もあるからです。本にも書いたように「ありのまま」という言葉 [続きを読む]
  • 目覚めるために生きている
  • 今日はあらためて一番基本的なことについて書いてみたくなりました。その前に、5月末の大阪出張でご縁をいただいた皆さま、ありがとうございました。今回、日曜日のセミナーは早々に満席になってしまい、興味を持って下さっていた方には大変ご迷惑をおかけしました。7月の大阪出張では時間と定員を拡大して5月と同じテーマのセミナーを開催します。興味をお持ちの方はこの機会にご参加下さい。・特別セミナー「目覚めのプロセス [続きを読む]