fukui-br さん プロフィール

  •  
fukui-brさん: ブラジルとブラジルのマーケティングあれこれ
ハンドル名fukui-br さん
ブログタイトルブラジルとブラジルのマーケティングあれこれ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/fukui-br
サイト紹介文今のブラジルをマーケッターの目で解説するページ。広告業界の情報も。筆者はブラジル在住22年目。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供21回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2010/08/19 22:51

fukui-br さんのブログ記事

  • イタリアの日本食
  •  日本のある外食チェーンのコンサルティングのために、先月のはじめにイタリアののミラノに行ってきた。外食のグループなので、やはり食事には気を使ってもらい、イタリアンのほか日本食のお店も何軒かアレンジしていただいた。長年、ブラジルにいるといっても、ほとんど日本食で生きているので、連日イタリアンというのはさすがに辛いです。  さて、そういう中で食べたイタリアの日本食だけど、いわゆるフュージョンというのは [続きを読む]
  • サンパウロでA5の和牛
  •  10月はじめにサンパウロで開かれた、日本食向けの食材やシーフードの展示会の「Asian & Sea Food Show」でA5の和牛を試食する機会に恵まれた。炙り寿司、蒸し野菜の上にのせたものに加え、薄切りを生で食べさせてもらった。やっぱりさっと口の中で溶ける、素晴らしい肉だった。 展示会での試食イベントの目的は当然、こちらでの販路開拓だが、どう考えても末端価格はキロ数百ドルになる。さてこの肉をどう売るか。牛肉大国らし [続きを読む]
  • ブラジル短信(2017年1月15日)
  • 収監者の28%は麻薬関係2005年に14%だったのが、倍になっている。盗みは31%から25%に落ちて、麻薬より少なくなっている。麻薬関係の刑法を厳しくした結果だとFolhaは説明。とにかく麻薬が犯罪組織の最大の収入源になって資金を支える。武器や構成員の人数は日本のヤクザどころではない。今、北部の刑務所で暴動、囚人間の殺人が頻発しているのは、麻薬取引の拠点として隣国に接するアマゾン地域の重要性が増していることの現れであ [続きを読む]
  • ブラジル短信(2017年1月14日)
  • ドル:R$ 3.222Bovespa:-0.47%エンブラエルの2016年の販売機数は225機108機が航空会社向けで、117機がプライベートジェット機。前年比1.8%増加。一応、市場に示した目標は達成とのこと。 今年のIT投資は増加の見込みコンサルタント会社のIT Data社によると3.3%の売上げ増で、761億レアルに達する見込み。45%の企業が今年中に予算を増やすことを予定しており、33%が現状維持、22%が削減するとのこと。過去の数字を見る限り(単 [続きを読む]
  • ブラジル短信(2017年1月13日)
  • ドル:R$ 3.175Bovespa:+2.41%今年は連休が多くて旅行業界の売上げを底上げ観光省によると一年を通して210億レアルの売上増になる見込み。飛び石連休などで22日の休日増、1050万件の旅行が実施されうという。またブラジル旅行会社協会の予想では前年比で8み〜14%の売上増加だとか。不況で人件費を減らすためにこの年末年始も集団休暇にする企業が多かった。工場など中途半端に動かすより、止めてしまった方が売上げが落ちている [続きを読む]
  • ブラジル短信(2017年1月12日)
  • ドル:R$ 3.198Bovespa:+0.7%公定歩合を0.75%下げる中央銀行通貨審議会は公定歩合(Selic)を年間13.0%に下げた。インフレが下がっているところから、0.5%ぐらいの利下げは予想されていたが、それ以上にドラスティックで市場に驚きを与えた。投資が戻るかどうかは、この利子と経済政策への信用、つまり財政・行政改革の法案を政府が通すことができるかどうかにかかっている。消費者の3分の1が与信のブラックリストに与信調査 [続きを読む]
  • ブラジル短信(2017年1月11日)
  • ドル:R$ 3.198Bovespa:+0.7%放置さえているマラカナン・スタジアムオリンピックが終った後、責任の所在がはっきりせず、盗難やメンテナンスの問題がおこっている。テレビ、ホースから歴史的なブロンズの胸像まで盗まれているという。もともとはOdebrechtのグループが運営主体になるのだが、その契約をキャンセルしたがっていて、さらにオリンピック委員会が、会場として貸し出したときの状態に復帰させていないというクレーム [続きを読む]
  • ブラジル短信(2017年1月9日)
  • ドル:R$ 3.197Bovespa:+0.06%アマゾナスとローライマ州、刑務所暴動で連邦政府に援助要請それぞれ100人規模の全国警備隊の派遣を連邦政府に要請している。またPCCの幹部8人を連邦管轄の監獄へ移すことも要請。どの程度で収まるのかまだ検討もつかないけど、さらにひどくなると軍隊が出てくると思われる。ペトロブラスが社債で40億ドル調達負債の支払い期間の延長が目的。11月の小売販売が回復IBGEの調べでは、前月比で2%増 [続きを読む]
  • ブラジル短信(2017年1月9日)
  • 外資の直接投資は昨年増加2016年のIDPは788億ドル、2015年は750億ドル。利子が高いのとレアル安の時期があったことが理由で、安くなったブラジル企業を買いまくっているというのが実情だろう。新興国で他のオプションがあまりないということかもしれない。エジプトの富豪がOiに触手654億レアルの負債を抱えて会社更生法を申請しているOiへ、エジプトのOrascomが投資する可能性が出てきている。同グループが新興国を中心に投資し [続きを読む]
  • ブラジル短信(2017年1月7日)
  • 砂糖輸出は今年も好調予想昨年は前年比20%の増加で過去最高の2890万トンを輸出したが、今年も同じ水準を保つという見込み。最大の輸出先はインドで244万トン、続いて中国の240万トン。靴の輸出が4%増加米国向けが15.7%増えて全体を押し上げる。米国のシェアは20%でトップ、2位はアルゼンチンで7%。トランプの対ブラジル貿易政策がどうなるか。米国と中国にものを売れれないと金が回らない。米国への密入国の費用は1万2000ドル [続きを読む]
  • ブラジル短信(2017年1月6日)
  • ドル:R$ 3.222Bovespa:+0.65%今度はローライマの刑務所で大量殺人死者は31人と報道されているが、まだはっきりしない模様。また死体の特定も、ボア・ビスタの検死施設のキャパを超えているという。原因はマナウスの事件に対するPCCの報復といわれているが、これもまだはっきりしたところがわからないという。PCCはサンパウロに拠点をおく組織で、その「競合」はリオデジャネイロのCV、マナウスのFDNはCVの参加にある。リオグ [続きを読む]
  • ブラジル短信(2017年1月5日)
  • ドル:R$ 3.197Bovespa:+0.78%農業機械の販売が急進ブラジル自動車連盟の発表によると、12月の農業用車輌(トラクターなど)の販売台数は4.093台に達した。前月比で14.8%、前年同月比で84%もの増加。今年の穀物生産はまた新記録が予想されていて、農薬、肥料の販売も増えている。農業頼みだ。クバトンの肥料倉庫で大型火災有毒ガス発生で住民避難。クバトンは工業地帯だが、低所得者層の住宅地も混在している。テレビで見てい [続きを読む]
  • ブラジル短信(2017年1月4日)
  • ドル:R$ 3.218Bovespa:-0.36%トヨタと現代自動車のシェアがアップブラジル自動車連盟の発表によると、昨年のトヨタのシェアは2015年の7.1%から9.08%にアップ。現代自動車も8.26%から9.96%に増加。現代自動車は4位、トヨタは5位のポジションにつけた。不況も影響しているのだろうけど、少し市場が変わってきたように思う。Correio(郵便公社)は昨年2億レアルの損失2015年も同じ水準。自主退職制度を発表して、6000人から8000 [続きを読む]
  • パウリスタにスタバが集中する理由
  •  スタバが現在の103店舗から367店舗に拡大させるという発表をした。現在はサンパウロ州とリオデジャネイロ州に集中させているのを、ブラジリア、クリチーバ、ベロオリゾンテ各市を手始めに全国展開させていくという計画である。ただいつまでにということは報道記事には書かれていない。この商売、ブランドとロケーションの勝負だから、不況の今はいい場所に安く店舗を借りるにはチャンスかもしれない。  ブラジルでのスタバの第 [続きを読む]
  • 昨日のブラジル1分間(2017年1月3日)
  • ドル:R$ 3.262Bovespa:+3.73%株が急上昇中国のPMI(製造業購買担当者景気指数)のいいデータが発表されたため、コモディティ関連の企業の値段が上がる。ペトロブラスは5%以上上昇。幸先いいスタートだけど、誰もこれが今年の傾向を表すとはいっていない。昨年、外国人旅行者が4.8%年間を通して過去最高の660万人がブラジルを訪問。オリンピックが主な理由。落とした金は62億ドルとのこと。日本は2000万人以上なので、やっぱ [続きを読む]
  • 昨日のブラジル1分間(2017年1月2日)
  • ドル:R$ 3.284Bovespa:-1.06%2106年は車輌販売がマイナス20%販売台数は205万台で、2006年の水準(193万台)。400万台に達するのが確実視されていたが、惨憺たるものだ。車は裾野のが広いので影響力が大きい。ホンダもまだ新工場の落成、操業開始ができない。インセンティブの免税政策で需要が先食いしたことの結果。リセッションだけが理由ではない。マナウスの刑務所で暴動、56人死亡1992年にサンパウロでおこり映画にもな [続きを読む]
  • 昨日のブラジル1分間(2017年1月1日)
  • ジョン・ドリアがサンパウロ市長に就任PSDBらは2005年のセーラ以来12年ぶり。就任式ではパドリーニョ(後見人)のアルキミン知事を持ち上げる。ドリアのこの先2年の結果は、アルキミンの大統領選挙の候補指名を左右する。公約のアニェンビ展示会場、インテルラルゴのレース場の民営化は来年に実施とのこと。アニェンビ、早く立派にして展示を再開してほしい。ボロボロだけどやっぱり立地条件はよくて仕事をするには楽。一応、バス [続きを読む]
  • リオの花火も縮小
  •  年末年始のリオデジャネイロは、大晦日にコパカバーナで打ち上げられる花火が有名で、それを目当てに期間中、旅行者が国内海外から集まり、今年は86万人が予想され、6億9100万ドルの金が落ちるとのこと。まぁ見込みであり概算だろうけど、一人当りを計算してみると803ドル、2650レアル。 花火のスペクタルは全国に生中継されて僕らもテレビで楽しむが、スポンサーが集まらず、昨年16分から12分へと4分時間短縮されることになっ [続きを読む]
  • 民政移管後2回目の大統領の「選手交代」
  •  今年は大統領の「交代」が行われた。4月に政府系の金融機関を利用して粉飾会計を行ったということで、ジルマ大統領の弾劾手続きが始まって暫定的に副大統領のテーメルが大統領に就任、180日の審議を経て、8月末に上院で罷免が可決された。同時にテーメルが正式に後任の大統領に就任した。もっとも4月の段階で閣僚の入れ替えが行われており、以降、彼の舵取りになっていたが。  僕にとってこれは2回目の「選手交代」である。199 [続きを読む]
  • 落ち込みひどい個人消費
  •  ナタール(クリスマス)が過ぎて、ショッピングセンターの売上げのデータがAlshop(ショッピングセンターに出店している店で組織する業界団体)から発表された。今年の売上げはインフレを引いてマイナス9.1%とのことである。去年は下げ幅は8.8%。予想されていたことであるが、ここまでひどいとは。なかなかインパクトのある数字である。Folha de S.Paulo紙は一面トップで扱った。  落ち込みがもっとも大きかったのが家具(-14. [続きを読む]
  • 久しぶりのテマケリア(手巻き専門店)で考える
  • 先日、久しぶりにテマケリアに行った。テマケリア(Temakeria)というのは、手巻き寿司専門店のことで、文字通り手巻寿司を中心に提供している日本食レストランのことである。日本では考えられない海苔を半分使った大きなもので、三角に巻いてたっぷりと「具」が入っている。この業態が一般になったのは、10年くらい前からである。ブラジルでの寿司ブームは1990年代に米国の影響などを受けて始まったが、テマケリアが登場するまで [続きを読む]
  • 11月の鉱工業指数、車が下げ止まりか
  • 今日、11月の鉱工業指数がIBGEから発表された。前月比で見るとマイナス2.4%で2013年以来の最悪の数字だということである。前年同月比でマイナス12.4%、過去12ヶ月の累計で比較するとマイナス7.7%である。因みに指数は2012年の平均を100として増減をポイントで表したものである。鉱工業といってもさまざまな分野があるので、内訳が知りたくてIBGEのデータベースにアクセスしてみた。やはり自動車関係の数字は悪い過去12ヶ月比でマイ [続きを読む]
  • ブラジルのビールのシェア
  • ブラジルのビールのシェアをきちんと調べてみようと思ったけど、業界団体などでは公開していないね。データはRceita Federalのサイトにあるようだけど、メーカーごとに見るには何やら認証が必要みたいで断念。もう一つは小売りから見たニールセンだけど、こちらは有料。仕方がないので、断片的ながらネットで探してみた。2013年の数字はBNDES(ブラジル国立経済社会開発銀行)のレポート『O setor de bebidas no Brasil』からで、 [続きを読む]
  • 気になるビール生産量
  • 2015年のブラジルのビールの生産量が既に公開されている。発表元はReceita Federal(国税)。やっぱり税金をとる方ははやいね。2015年全体では前年比でマイナス1.99%。GNPのマイナスが3.6%以上と見込まれているから、それよりは少しマシだということだけど、近年の増加傾向に歯止めがかかったことは間違いない。ただ月ごとに前年比を見ると、12月こそマイナスになったが、8月からはプラスで推移してきていたのである。1月に落ち込 [続きを読む]