COSMIC SHAMAN さん プロフィール

  •  
COSMIC SHAMANさん: 遠隔気功操作 サイキック覚醒丹道周天法
ハンドル名COSMIC SHAMAN さん
ブログタイトル遠隔気功操作 サイキック覚醒丹道周天法
ブログURLhttps://ameblo.jp/psychic-programming/
サイト紹介文クンダリーニ覚醒者が電話を通じて気功・仙道の奥義、小周天・大周天・サイキック発現へ導きます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供36回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2010/08/20 22:40

COSMIC SHAMAN さんのブログ記事

  • 籠目(かごめ)
  • (前回の関連記事は「ユーチューバ−」です。)      籠目(かごめ)劇団 「前回の記事では『ユーチューバ−』マックスむらいのように、50〜100億円の      資産を手に入れた人間はふつうは守りに入るものだけれど、      世の中にはイーロン・マスクのように常にリスクを抱えながら     夢を拡大し闘い続けるタイプがいるということですね。」 CS 「ハイ、そうです。」劇団 「CSさんはその原因 [続きを読む]
  • ユーチューバ−
  • (前回の関連記事は「夢を諦めない人」です。)     ユーチューバ−劇団 「前回の記事では『勝ちつづける波動』にはマインドの強さが重要ということで    ①以前、受講していた40代女性Wさんは非常に優れた霊能力の素質があり、     FXデモトレードを直感のまま行ったところほぼ100%の確率で当たったが     試しに1万円だけ入金してトレードを行ったら外れまくるようになり、     あっと言う間 [続きを読む]
  • 夢を諦めない人 
  • (前回の関連記事は「勝ちつづける波動」です。)       夢を諦めない人          劇団 「前回の記事では『勝ちつづける波動』ということで CSさんは、   ジョージ・ソロスや雀鬼・桜井などのように、      情報(知識・理論)+独特のカン(センス)→ピーンと来る感覚      に加えて、      感情に流されないマインドの強さ      を持った人たちの波動をわたしは [続きを読む]
  • 勝ちつづける波動
  • (前回の関連記事は「波動擬態」です。)     勝ちつづける波動劇団 「前回の記事では『波動擬態』ということで、厳しい上司の理不尽な叱責に困っていた   受講者Wさんの悩みの原因が、    のんびりした前の職場の波動に知らず知らずのうちに同化していて→『波動擬態』    それが上司の潜在意識をWさん排除の方向に向かわせていた事        にあると気づいたCSさんが、オーラ・コーティングで [続きを読む]
  • 波動擬態
  • (前回の関連記事は「カナスペ」です。)      波動擬態劇団 「前回の記事では、    人は知らず知らずのうちに同じ様な性質の波動を持った人間同士が集まり    集団を形成します。     友人や恋人もお互いに波動レベルで引かれ合ってつきあい始めたり、    波動が合わなくなって別れたりするものなんです。    ということで、奥さんと小さい子供がいる会社員が家族にラクをさせたいと思い    起業独 [続きを読む]
  • カナスペ
  • (前回の関連記事は「ふるカフェ系」です。)     カナスペ劇団 「前回の記事では、    人は知らず知らずのうちに同じ様な性質の波動を持った人間同士が集まり    集団を形成します。      こういう小さい集団の中でも、波動の性質が合わなくなった人間がいると    無意識レベルで違和感を察知して排除しようとする力が働きます。    ということで、大阪在住の50代男性受講者Yさんが某クンダリニー [続きを読む]
  • ふるカフェ系
  • (前回の関連記事は「翼(つばさ)」です。)     ふるカフェ系      劇団 「前回の記事は仙道研究家 高藤聡一郎氏について元弟子だった方が     初対面で    『テキ屋みたいな人だな。』        と感じたエピソードから、山田洋次(ア○)や今井翼など一見して     脈絡の無い話題が続きながらも記事の最後の方では    「今井翼もこれからの人生がかかっていますから、例え相手がア○でも  [続きを読む]
  • 翼(つばさ)
  • (前回の関連記事は「かわいがり」です。)       翼(つばさ)劇団 「前回の記事では仙道研究家 高藤聡一郎氏と元受講者Sさんのエピソードを     中心にかわいがりなどについて説明したんですね。」CS 「ハイ、そうです。」劇団 「しかし、ボクは高藤氏がSさんに放った  仙道なんかやったらも金も女も縁が無くなるぞ。  それでも良かったら続けてみろ!         というセリフがインパクト大でし [続きを読む]
  • かわいがり
  • (前回の関連記事は「サイン」です。)       かわいがり劇団 「前回の記事ではCSさんがクンダリニーについて、     通常は人体に眠ったままのクンダリニーを目覚めさせた結果、     生体エネルギーの絶対量が増大し、さらにエネルギーの質を     純化・練成していく一連のプロセス。     と定義した上で、受講者達に起きた様々なクンダリニー体験↓     を紹介して、         寝てい [続きを読む]
  • サイン
  • (前回の関連記事は「クンダリニーいろいろ」です。)        サイン   劇団 「前回の記事では、『クンダリニーいろいろ』という事で、受講者のいろいろな     クンダリニー体験の記録の一部を紹介したんですよね。」CS 「ハイ、そうです。」   「受講者の方々から、(他の人はどんな感じで行が進んでいるんですか?)    と訊かれることがあり、たまにこうして記事にすると楽しんでいただける     [続きを読む]
  • クンダリニーいろいろ
  • (前回の関連記事は「ファーストクラス」です。)     クンダリニーいろいろ劇団 「前回の記事ではマインドがその人の波動の性質に反映される例として     芸能人の性的波動の強弱や、女性受講者Iさんの異性吸引力の話に なったんですよね。」CS 「ハイ、そうです。」   「更に詳しく説明するならば、      ①人のマインドの状態が波動に反映される        ↓     ②その人の波動の性 [続きを読む]
  • ファーストクラス
  • (前回の関連記事は「得する生き方」です。)      ファーストクラス劇団 「前回の記事は『波動年齢』についてカイジの作者・福本伸行氏が          俺は俺だけで生きているということに誇りを持てるか。     そういうセンス、プライドを持てるかという部分に、     濃霧の中から抜け出す突破口がある気がします。     と語ったように、マインドの強さが関係しているという話でした。」CS 「ハ [続きを読む]
  • 得する生き方
  • (前回の関連記事は「波動年齢」です。)   得する生き方    劇団 「前回の関連記事は『波動年齢』ということで、CSさんが人の波動を読むと     それぞれの年代特有の性質があるという話でした。」CS 「ハイ、そうです。」   「以前、わたしと共元師匠から指導を受けていた気功の友人がいたのですが、    彼は当時25歳で集荷場でバリバリ重い荷物を運んでいたのですが、    初めて元師匠に電話 [続きを読む]
  • 波動年齢
  • (前回の関連記事は「制約と誓役」です。)    波動年齢劇団 「前回は『HUNTER×HUNTER』の制約と誓約を例に、自分自身にさまざまな条件や     制限を課したり、心理的圧迫を加えることによって能力が根源的に倍加することに     ついて説明したんですよね。」CS 「ハイ、そうです。」  劇団 「けーうさんによると仙道研究家 高藤聡一郎氏も     『魔術師になるには、孤独、貧乏、早死にの [続きを読む]
  • 制約と誓約
  • (前回の関連記事は「気功と催眠の境界」です。)    制約と誓約劇団 「前回の記事は『気功と催眠の境界』という事で、古流武術の達人が      意識を使い相手を無力化する術について説明したんですよね。」CS 「ハイ、そうです。」   「このブログ記事に対して時々、読者から(記事を読んで参考になりました。)  などという感想が寄せられたりして、     わたしとしては、       (どのように参 [続きを読む]
  • 気功と催眠の境界
  • (前回の関連記事は「汎用性」です。)    気功と催眠の境界劇団 「前回の関連記事でCSさんは、    イチローの意識の使い方は古武術の達人に似ていますから、    もしかしたら誰か武術系の師匠がいるのかもしれません。     対象相手に波動を埋め込んだり、霊的存在を使役しては    いないようですから武術家タイプに近いと言えるでしょう。    などと説明しながら、    やはり、彼が優れている理 [続きを読む]
  • 汎用性
  • (前回の関連記事は「背後の意味」です。)      汎用性劇団 「前回は一連の政治ネタ記事を書いた理由として、    仙道研究家 高藤聡一郎氏も『仙道未来予知学 察気の法』では気の感覚を    用いて社会のダイナミックな変化を予知する方法について述べています。     このように波動感覚が本当に開いていけば、自然と社会や世界全体のマクロな    波動に興味が行く筈なんです。    そうして、マクロ( [続きを読む]
  • 背後の意味
  • (前回の関連記事は「フェイク」です。)      背後の意味 劇団 「前回の記事は〈政治ネタはこれ以降は封印して〉と言いながらの、  まさかの政治ネタでしたね。」CS 「ハイ、そうです。」   「確かに仰る通りなのですが、多少の自己弁護をさせていただけば    このブログの趣旨は画面上部に黄色の文字で書いてある通り、    背骨内部を気が通る丹道周天、クンダリニー覚醒を体験した    COS [続きを読む]
  • フェイク
  • (前回の関連記事は「思考トレーニング」です。)     フェイク       劇団 「前回の記事は、思いっきり長くなっちゃいましたね。」CS 「ハイ、そうです。」   「アメブロの字数制限(10000文字)に引っかかって文章を何度も    削除・修正したくらいですから。」   「引用文のHTMLタグを削除するのがコツだと理解出来ましたが。」劇団 「内容についても、    ①元師匠の気功グッズ(操作 [続きを読む]
  • 思考トレーニング
  • (前回の関連記事は「あべこべ」です。)       思考トレーニング     劇団 「前回の記事でCSさんは、形状波動の増幅と安全についての話の例として、     気功の元師匠が小周天ルートの気脈を開くために使用していた気功グッズと、     伝統的な気功の流派で使われる外部の力の違いについて説明したんですね。」CS 「ハイ、そうです。」 「それについては、 元師匠の気功グ [続きを読む]
  • あべこべ
  • 前回の関連記事は「どうしようもないもの」です。)      あべこべ 劇団 「前回の記事でCSさんは、丹道周天開通者のWさんの波動にシンクロしたところ     頭がもやっとした理由について〈思念波の影響によるもの〉と説明しながらも、      これだけ長々と説明しておけば、もう、わたしのところに、      〈他人の思念波や霊的攻撃を何とかしてくれ〉      という質問が来ることはないでしょう。   [続きを読む]
  • どうしようもないもの
  • 前回の関連記事は「立体化」です。)     どうしようもないもの劇団 「前回の記事でCSさんは、仙道研究家 高藤聡一郎氏が編み出した仙道魔術で使う     等身大・遁甲布盤という魔術図形が生み出す形状波動について説明したのですが、      話の最後の方で     ただ、この遁甲布盤が引き起こす形状波動には、多くの人が見落としがちな     ポイントがあるんです。     と述べていましたね。」C [続きを読む]
  • 立体化
  • 前回の関連記事は「脳力の使い道」です。)※GW中の気功指導は5月7日(日)が休みとなります。    立体化劇団 「前回の記事でCSさんは、元師匠が書いた文章↓を紹介して、     人間の場合、たとえば2階住人が在室だと、階下にいる当方の    気の流れは盛んになる。    それがセカセカと忙しく歩き回れば、気の流れはさらに旺盛となります。    物の場合だと、家の前を自動車が通っただけでも、気の流 [続きを読む]
  • 脳力の使い道
  • 前回の関連記事は「ピラミッドパワー」です。)※GW中の気功指導は4月30日(日)、5月7日(日)が休みとなります。     脳力の使い道劇団 「前回の記事でCSさんは、HUBLOのチタン製・機械式腕時計の     波動を重く感じる原因として、 (1)機械式腕時計→波動が重い     (2)チタン     →波動が重い     という2つの理由がある。     そして、さらに     (1) [続きを読む]
  • ピラミッドパワー
  • (前回の関連記事は「動力源」です。)     ピラミッドパワー劇団 「前回の記事は腕時計の動力源の話になって、    腕時計は大きく2種類    ①機械式           ②クォーツ式    に大別されるんです。    まず、①機械式は昔ながらのゼンマイ式時計の発展形で    動力源はゼンマイです。    ただ、波動的な側面から言えば機械式の腕時計は波動が重いんです。」     特にHUBLO [続きを読む]