星宿 さん プロフィール

  •  
星宿さん: 星宿的空間
ハンドル名星宿 さん
ブログタイトル星宿的空間
ブログURLhttp://hoshicyan.blog23.fc2.com/
サイト紹介文富士山麓の片田舎。 デパートも映画館も無いけど 自然はいっぱい。 時間もたっぷり。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供98回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2010/08/20 23:32

星宿 さんのブログ記事

  • イスタンブール  5   トプカプ宮殿  その2
  • トプカプ宮殿、ハレムの内部です。ツアーでは、とにかく一か所にじっとしていられないのでガイドの解説が終わると流れるように先に進んでしまいます。大急ぎで写したものが何だったのか、今になって調べないとわからない始末です。美しいイズミックタイルや金で装飾された豪華な部屋の数々。建物全体は6層からなり、部屋の数は300だそうですが見学出来るのはその一部です。ここには1000人以上の女性が暮らしていて、黒人の [続きを読む]
  • イスタンブール  4   トプカプ宮殿 その1
  • アヤソフィアとブルーモスクのすぐ近くにトプカプ宮殿があります。見所満載のイスタンブール・・・・・トプカプ宮殿の詳細については、こちらをどうぞ → WIKIpedia「帝王の門」をくぐります。スルタンの署名。第1庭園に入ります。あら〜・・・きれいな薔薇と、ものものしい警備;ツアー参加者の1人が写真撮影してもいいかどうか聞いたらあっさりOKをいただいたので、皆撮りまくっていました。この真ん中に立ってピースサイン [続きを読む]
  • ジュウロクササゲの収獲
  • 畑の野菜を収穫する時に、育ち過ぎて中身が豆になっているジュウロクササゲも一緒に収獲します。若い莢のうちはインゲンマメと同じように茹でて利用していましたが食べきれない分が毎日どんどん「豆化」してゆきます。ある日の収獲。。。ジュウロクササゲの莢とトマト。別の日の収獲。。。ジュウロクササゲの莢とピーマン。ササゲは莢ごと100均で買って来たネットに入れて天日干しします。このネットは去年干し芋を作る時に使っ [続きを読む]
  • イスタンブール  3  ブルーモスク
  • アヤソフィアの向かい側にあるブルーモスクです。ブルーモスクは通称で、本来はスルタンアメフット・ジャミィといいます。1616年、オスマントルコ時代のスルタン(皇帝)、アメフット1世によって建てられた世界一美しいとも言われているモスクです。モスクに入る時の注意書き。どのモスクに入る時にも靴を脱ぎます。髪の毛に関してはそれほど厳しくはありませんでしたが私は半袖Tシャツの上には長袖の上着を羽織り、必ず頭に [続きを読む]
  • イスタンブール  2  アヤソフィア
  • ガラタ橋を後にして、最初に行ったモスクはアヤソフィアでした。元はキリスト教の聖堂で、何度か火災に遭ったりしたあと537年に再建されました。1453年にオスマントルコに征服されたあと、イスラム教のモスクに改造されていったそうです。→WIKIの解説入り口近くの天井。黄金のモザイクが美しい。。。けど例によって通り過ぎるだけ。時間が無いのでゆっくり見ていられない。瞬時にうまく写せるように普段から練習しておかな [続きを読む]
  • イスタンブール  1  ガラタ橋にて
  • トルコ旅行8日目。午前7時にアンカラを後にして450?・・・・バスの移動は腰から下が疲れました。旅も終盤になるとかなり疲労が溜まっているのがわかりました。ユーラシアトンネルを通り、午後1時過ぎにイスタンブールのヨーロッパ側へ到着。車窓からの風景です。レストランで昼食後、金角湾にかかるガラタ橋へ行きました。橋の上では大勢の人が釣りを楽しんでいました。眺めの良い橋です。ガラタ塔も見えます。橋の下はレス [続きを読む]
  • 処分品苗のスイカ。
  • 処分品の苗をキュウリと一緒の畝に植えて育てた小玉スイカです。とても¥50の苗から作ったとは思えない、ちゃんとしたスイカがとれました♪お盆の仏前に供え、送り盆のあと冷蔵庫で冷やしておいたのを昨日食べてみました。包丁を入れた途端にバチツ!と音がして二つに割れました。後半、雨降りが続いたせいで中身は水分でパンパン。黄色い小玉スイカ。立派に熟して甘かったです。作ってよかった★冷蔵庫にはもう1個入っています [続きを読む]
  • ナンバンハコベの花。
  • 今週になってたくさん咲きだした風鈴みたいな形の変わった花。毎年今頃から秋にかけて庭の一角で咲くナンバンハコベの花です。5年ぐらい前、ウメモドキに絡めてあるクレマチスの株元から生えてきたので初めて見た時にはクレマチスの苗にくっついてきた観賞用の花かと思いました。3年ぐらい前に調べてやっと名前もわかりました。ナデシコ科の日本在来種です → WIKIの説明鳥が種を落としたのでしょうか?日本在来種なので周辺の [続きを読む]
  • 黄色いスイカ
  • 買い物に行った時、セルバの地場野菜コーナーで珍しいスイカを見つけました。ラグビーボールぐらいの大きさで黄色い皮。縞目もありませんが「スイカ」と書いてあります。¥500、ってずいぶん安いですよねぇ・・・・どんな味がするのか興味があったので、お盆用の食材と一緒にお買い上げ。みんなが集まった日の夕食後に切ってみました。中味は赤いのかと思ったら黄色でした!甘くてシャリシャリしていて美味しかったです。普通の [続きを読む]
  • 今年の緑のカーテンは・・・
  • 居間の窓辺の緑のカーテン。今年も5月にゴーヤの苗を2本植えました。7月に入ってからの生育は旺盛だったのですがその後何故かストップしてしまいました。水やりも怠らなかったし追い肥もしていたのになぜでしょう?たくさん実がついています。いかにも涼しげに見えますが・・・・上の方は、こんなにスカスカです。1本しか植えなくても旺盛に茂る年もあり、本当に毎年違う感じになります。9月に入れば涼しくなるので今年のカー [続きを読む]
  • キャラバンサライの犬。   2
  • コンヤを後にしてカッパドキアへ向かう途中、スルタンハンという町のキャラバンサライでトイレタイム・・・何故トイレタイムか?既に夕方(17時頃)で閉まっているので外観見学でした。でも、お土産屋さんはあいているのですよ。他のツアー参加者はお土産屋さんの方に集中していて建物の前にはほとんどいませんでした。犬と一緒に歩いているのは同じツアーで知り合った福島の男性です。トルコは何度も訪れていて、前回ここに来た [続きを読む]
  • キャラバンサライの犬。   1
  • 5月25日、パムッカレからカッパドキアへの移動中にコンヤという町に寄りました。昔のシルクロードの道が、高速道路になっています。窓の外は延々と畑や荒野が続きます。丘陵地帯を通る時には風力発電の風車をよく見かけました。民家もほとんどない場所で。どうやって工事したんでしょう?野生の花がたくさん咲いていました。良い季節に旅が出来ました。エジプト行けなかったけど、そんなことどうでも良くなるほど清々しい景色で [続きを読む]
  • 稲穂
  • ものすごく暑い1日でした。今夜は窓を全開にするかエアコンをかけるかしないと眠れないかもしれません。そろそろ21時になるのに室温が28度もあります。昼間は甲府で36.7℃を記録しました。こちらの最高気温は34℃です。今朝、6時ごろの三つ峠。真っ青な空・・・・始まりから暑そうでした。山は涼しいかな?今日も登っている人がいたのでしょうね。田んぼを見ると稲穂が出て来ていました。田植えをした順番に出るので、 [続きを読む]
  • 台風が通り過ぎて
  • 昨日は酷い雨でした。私の住む町では夕方避難所が各地区に開設されたという防災無線がありましたが何事もなく朝が来て、今日は蒸し暑い1日でした。午後18時ごろの空。夕焼けとも言えない不気味な黄色い空に虹が出ていました。明日は更に晴れて暑い日になるようです。昨日の雨量が多かったせいで畑のスイカが1個とトマトに実割れが出ました。スイカは3個なっているだけなので少し残念です。夜になってまた雨が降っているので、 [続きを読む]
  • 美しい蛾。
  • 今朝ムックとお散歩していたら足元の草にオオミズアオがとまっていました。浅黄色の美しい蛾で、アゲハチョウよりも少し大きいです。まだ羽根も破れていなくて綺麗でした。今は違うのですが、以前の学名はアルテミスだったそうです。月の女神ですね。確かに、夜街頭の近くを飛んでいる姿はそんな雰囲気です。蛹から羽化すると口が無い状態で生きるそうです。何日ぐらいでしょうね?飲まず食わずで命のバトンを繋ぐ虫なのですね。可 [続きを読む]
  • 雨が降るとイノシシが・・・
  • 先週末から雨の降る日が多くなり、畑の水やりも一休み。かなりの量が降るので土は柔らかくなっています。夏になると雨の翌日のお散歩の時に見る光景。イノシシがミミズなどの地虫を掘って食べた後です。虫と一緒に葛の根っこなども食べます。近道して行こうと思ったけど、とても通れそうにありません。諦めて元来た道に戻りました。しばらくの間、この道は通れませんね。月見草が咲いています。先月の終わりからたくさん見かけるよ [続きを読む]
  • ブルサにて。   4  ギョルヤズ村のプラタナス
  • ギョルヤズ村散策、集合場所の目印は樹齢750年のプラタナスの大木。大きな木です。洞が出来ていて、子供たちが入って遊んでいました。プラタナスの和名はスズカケの木。ポンポンみたいな鈴型の実がたくさんぶら下がっていました。木の下に、小さな囲いがありました。幼児用の遊具にも見えますが、可愛らしいニャンコの絵が描いてあります。なんでしょう?地域猫の餌場でした。きれいな水とキャットフードが置かれています。猫た [続きを読む]
  • ブルサにて。   3   ギョルヤズ村へ行く
  • ブルサの市場やジャーミーを見学した日の午後、西部にあるギョルヤズ村散策に行きました。ギョルヤズ村はウルバト湖の東岸に突き出たオリーブと漁業の小さな村で「ヨーロッパの美しい村30選」に選ばれているそうです。日程表には「散策」と書いてあるけれど、たぶん無理だろうと思いつつ1時間かけて到着〜♪ローマ時代の石積みや城壁の一部も残っています。これは帝国時代の崩れかけた壁と、横に建っているモスク。壁の上にコウ [続きを読む]
  • ナスの花。
  • 水ナスの花です。普通のナスの花より大きくて紫は薄いです。野菜の花は美しいですね。付け根を見ると既にナスのヘタと同じ形ですよ。乾燥した暑い日が続いたせいか、水やりをしていたのに葉が枯れ始めました。また半枯れ病が出てきましたが、しばらくは収獲出来そうです。大玉トマト、桃太郎も1〜2日で熟すようになりました。時期をずらして2本植えてあるだけなので週に2、3個と、我が家にとってちょうど良い量が収獲出来ます [続きを読む]
  • スイカみたいなキュウリ。
  • 本当はいけないらしいのですが、キュウリと同じ畝でスイカを2本育てています。もともとキュウリ用に作ったマルチがけの畝なのです。調べてみるとキュウリとスイカは交雑しないようなのですが、スイカの真横で育っているキュウリの苗に、こんな実がつきました。何故?偶然なのでしょうか?スイカみたいな縞模様が入っています。適当な縞模様ですけどね(笑)切ってみると中身は普通です。でも、食べてみたらやけに水っぽくてあまり [続きを読む]
  • 梅シロップに使った梅で、
  • 梅シロップから引き上げた皺くちゃの梅でジャムを作りました。シワシワで硬い実にひたひたになる程度の水を足して、グラグラと10分ほど煮ます。煮るとシワシワ梅は膨らんで柔らかくなります。汁ごと一緒に煮て、適当なところでザルなどで裏ごしして種を取り甘さの加減を見ながら砂糖を足して普通のジャムと同じ作り方で仕上げます。先週作って瓶詰とジプロックに入れた分は冷凍しました。残りはタッパーに入れたのですが、かなりの [続きを読む]
  • ブルサにて。   2
  •  ウル・ジャーミイのすぐ隣にコザハンという市場が有ります。市場、大好きです。ブルサはオスマン帝国の首都だった時代もあり、シルクロードの西端の地として栄えた町です。コザハンは15世紀頃キャラバンサライ(隊商宿)だった施設で現在は生地屋さんやストール屋さん、雑貨やお土産屋さんなどたくさんのお店が入っています。広い中庭があります。露店の喫茶コーナーがあり、チャイを飲んだり出来ます。あちこちに猫がいました。 [続きを読む]
  • 畑の様子は・・・
  • 夏野菜の収穫期に入ってきました。我が家の猫の額みたいな畑の様子です。毎日カンカン照りで、夕方の水やりが大変です。猿除けハウスの中で栽培しているキュウリは毎日6本ぐらい取れます。時期をずらして種まきしたので、お盆過ぎまでは収獲が続く予定です。元気に葉っぱが茂っていますね♪¥50で購入した処分品の黄色小玉スイカは、ちゃんと実がついています。だんだん大きくなってきました。3個ありますが開花が7月15日前 [続きを読む]
  • 謎の鳥。
  • ★7月25日、本文の一部を修正しました★ムックのお散歩は早朝(午前5時過ぎ)なので、時々鹿やイノシシと出会ったりします。アオサギやカワウなどの野鳥もよく見かけます。今朝は目の前にカワウのヒナが飛んできました。    ↑  ↑  ↑  ↑ ↑(K爺さんのコメントでミゾゴイの雛かもしれないことがわかりました)まだ頭にモヤモヤの毛が残っていてかわいい★少し離れた場所で母鳥が心配そうに私の方を見ていました(こ [続きを読む]
  • ブルサにて。   1
  • トルコ旅行で一番最初に観光したのはイスタンブールから165?離れた場所にあるブルサという町でした。ホテルの朝食でチャイを飲みました。市内観光、初めて入るイスラム教のウル・ジャーミイ。セルジュク朝トルコ、11世紀の建物だそうです。大きなモスクです。中には靴を脱いで入ります。1か所だけ天上の無い部分がありました。下には柔らかな陽光が差し込み、噴水もありました。ここから旅の終わりのイスタンブールに至るま [続きを読む]