ふるまご さん プロフィール

  •  
ふるまごさん: 和風生活かやくごはん
ハンドル名ふるまご さん
ブログタイトル和風生活かやくごはん
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/furumago
サイト紹介文きもの、和菓子、グルメ、旅行をはじめ地元三重県津市の情報や家族の様子など中身は具だくさんです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供135回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2010/08/24 10:59

ふるまご さんのブログ記事

  • 台風12号の被害
  • 28日(土)夜から強い風雨をもたらした台風12号の影響で、津市の全域が停電になりました。自宅のある白塚町では午前2時15分頃に電気が止まりました。停電は9時50分頃に復旧しましたが、国道23号線の信号機が点灯しなかったことなど、7時間以... [続きを読む]
  • シンプルな付下げ②
  • 松文様の上品な付下げのご紹介です。若松、三階松、松葉の柄をスッキリまとめた通好みのきものといえます。差し色を限定した糸目友禅に刺繍と箔を加えた意匠は、銀鼠の地色と相まって品格のある装いを演出します。都会的な着こなしを代表する織楽浅野... [続きを読む]
  • シンプルな付下げ①
  • スッキリとした柄が都会的な着姿を演出する付下げをご紹介いたします。地色は上品な銀鼠色で、白い横段霞が加えられ、雅やかな文箱(ふばこ)が小さく配置された柄です。文箱(ふばこ)は、手紙を入れておく蒔絵の小箱を文様化したものです。蓋が付いた... [続きを読む]
  • 奥穂高直前登山① 経ヶ峰
  • ▲ 7:14 平尾駐車場登山口8月初旬に予定している北アルプス奥穂高岳登山のトレーニングのため津市内の経ヶ峰に登りました。連日の猛暑のため、早朝登山を計画して6時30分に自宅を出発。7時過ぎに登山口に到着した時には、先行者の車が4台ありま... [続きを読む]
  • 和装バッグのお誂え
  • お好みの裂地で誂える和装バッグのご紹介です。お茶席のバッグの定番と言われる利休バッグを右の横長タイプ 29(ヨコ幅)×14(高さ)×10(マチ)左の山低タイプ 29(ヨコ幅)×16(高さ)×10(マチ)2種類ご用意しました。バッグ製作に必... [続きを読む]
  • 夏の帯締め
  • 帯締めには本来季節がなく、通年使ってもよいとされていますが、やや細めの帯締めやレース組などが軽やかに見えておススメです。今回ご紹介するのは、夏向きに作られたレース組の帯締めです。これらの帯締めのご使用期間は、単衣の季節に始まり盛夏までです... [続きを読む]
  • 盛夏のきもの「紋紗」
  • 盛夏向きの紋紗の白生地のご紹介です。紋紗とは紗織の生地に、糸の疎密などで地模様を織り表したもの。この白生地をお好みの地紋と色を選んで色無地のきものに染めるご提案です。盛夏用の無地としては、絽の色無地が一般的ですが、夏用として選ばれる色が... [続きを読む]
  • A4サイズ和装バッグ
  • 容量の大きい和装バッグのご紹介です。横長のA4サイズなのでお稽古や会議で書類をもらった時や、大きめの本や雑誌を持ち運ぶときに重宝します。お洒落で高級感のある京組紐を使用したデザインです。▲ 持ち手に組紐を使用したタイプ ¥16,200▲... [続きを読む]
  • 夏越の大祓 2018
  • 年の上半期の罪や汚れを払い、神のご加護を祈る「夏越の大祓」に参加するため鈴鹿市の椿大神社に行ってきました。「水無月の夏越しの祓いする人は千歳の命延ぶというなり」と唱えながら茅の輪を左、右、中央の順に3回くぐります。新聞報道によると、こ... [続きを読む]
  • 和装バッグ
  • ▲ 花菱文刺繍(左)¥59,800円 宝尽し文刺繍(右)¥59,800▲ 組紐(左)¥51,800 利休梅文刺繍(右)¥59,800和装バッグをご紹介いたします。今回は訪問着用のバッグをご注文いただき、和装小物専門問屋㈱衿秀さんから刺繍と組... [続きを読む]
  • 付下げの逸品
  • 丁寧な糸目友禅の付下げのご紹介です。薄い香色(ベージュ)の地色に正倉院文様の華唐草を描いた上品なきもので京友禅の今堀染匠の製作です。今堀さんはコツコツと丁寧な仕事で定評のある染工房で、高品質の呉服を得意とする呉服問屋が主な取引先です。... [続きを読む]
  • 竺仙のゆかた コーマ地
  • ▲ 白コーマ地ゆかた ¥33,000(税別)白地にかきつばたのシンプルなゆかたです。清楚でスラッとした着こなしは、女性らしさを演出します。この柄は今年の竺仙のポスターに採用されました。▲ 博多織の半巾帯(¥15,800)とのコーディネイト [続きを読む]
  • 単衣の付下げ②
  • 単衣用の付下げを二点ご紹介いたします。生地は、竪シボのある楊柳地でサラッとした心地よい肌触りが特長です。▲ ベージュ地に唐花横段暈し文様の付下げ茶席向きの上品な柄で小柄な方におススメです。▲ 水色地の茶屋辻文様の付下げ紅葉の部分に... [続きを読む]
  • 単衣の付下げ
  • 単衣の時期(6・9月)にお召いただく付下げです。涼やかな水色の地色に唐花文様が描かれています。竪シボのある楊柳生地は、肌に触れる部分が少ないため梅雨時の蒸し暑い日でもサラッとした肌触りです。お茶会やパーティーなどお呼ばれの席に着ていただ... [続きを読む]