okukensamba さん プロフィール

  •  
okukensambaさん: 少数派の安らぎの森
ハンドル名okukensamba さん
ブログタイトル少数派の安らぎの森
ブログURLhttp://okukensamba.blog54.fc2.com
サイト紹介文少しでも多くの方々に心の安らぎを、との思いから作ったブログ上の森です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供54回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2010/08/24 13:17

okukensamba さんのブログ記事

  • ありのままの・・・
  • 私のブログは、いつもではないにしても時々、私と面識があり私のことをよく知っている人、面識はあるが私のことを程々にしか知らない人、面識がないブログ上での知り合いの人、たまたま私のブログに遊びに来てくれた人に読んで頂いているようです。本当にありがとうございます。時おり恥ずかしかったりするのは、面識はあるが私のことを程々にしか知らない人から、「ブログ見たよ。そうなんだ あんなこと考えたりするんだ」と言わ [続きを読む]
  • 誤解は辛い??
  • 誤解は解ければ、少しはスッキリするかもしれないが、完全にはスッキリしない。誤解されたのは、私のことをそんなふうに思っていたからなんだ、という気持ちが残るからである。その気持ちのことも話せ、謝罪の言葉や態度をもらえれば、まだスッキリできるかもしれない。けれどもそれは、かなり仲が良い関係の場合である。大体は、ちゃんと誤解が解けなかったり、全く解けなかったりである。同じ出来事に対しても、人それぞれ違った [続きを読む]
  • やり続ければ
  • もうダメだと思ってそこで止めてしまうと、その地点でダメになる。そこで止めてしまうのだから・・・でも、もうダメかと思いつつも続けてやっていると、もちろんダメな時もあるが、結構な割合で大丈夫になることが多い。何とかちゃんとできた場合もあるし、ちゃんと納得できるようにはできなかったけれども、一応はできたという場合もある。だからどうしても続けられない、という状態にあるのではない限り、諦めずに続けていきたい [続きを読む]
  • ところ変われば・・・
  • 実際よりも自分のことをあまり評価してもらえず、批判や愚痴のようなことをよく言われていたりすると、凄く辛い気持ちになる。実際にはそうでなくても、そうなのかと思い込んでしまい、自己評価が低くなってしまうことがある。そして場合によっては、自分はダメな人間だ?? と思ってしまう。けれども場所が変われば、評価もまた変わってきたりする。だから今のその場の正当でないかもしれない評価を、すべてとは思わないようにし [続きを読む]
  • 変わってる? 人は人?
  • これまで時々人から、変わってるね 個性的 と言われたことはあった。それまで自分ではあまり自覚はなかったけれども、最近では少し、そうだったりするのかなぁ とは思うようになった。だけど、人それぞれなのだから、言ってしまえば皆、そうなんじやないの と思う。そういう意味じゃなくって、という声も聞こえてきそうだけど・・・ただ少し感じることは、人が時々私に、あの人、ちょっと変わってるよね と言ってきた時、言葉では [続きを読む]
  • 共感者 ! ?
  • 生きていると、いろんなことがあり、いろんなことを思い、いろんなことを言いたい気持ちになる。けれども、その何分の一も、いや、そのほとんどのことを言うことができない。映画やテレビドラマを観ていると、実生活においての場合もあるけれども、私が言いたくても言えなかったことを言っている場面に遭遇する。すると、そうなんだよ 私もそう言いたかったんだよと代わりに代弁してくれたように感じる。そんな時は、何か嬉しく、 [続きを読む]
  • 丸くなれ!?
  • 人のことなんてお構いなしで、自分のことしか考えていない人たちと多く接すると、こちらもつい、どんどんと尖ってしまう。そんな自分にふと、気付く時がある。恐らく、自分で自分のことを守り、いいようにされないように、予防線を張っているのであろうけれども偶然か必然か、そんな状態でしばらくいると、凄くおっとりとした人に出会う。そして、こんなんじゃダメだよな 見習わなければなぁ といつも思うことになる・・・ [続きを読む]
  • 自分の世界を楽しむ
  • 図書館には、いろんな自分の世界を楽しんだ人たちがいる。読者に没頭し、自分の世界に入り込んでる人。雑誌を見て、自分の世界を楽しんでる人。新聞を読んでる人。DVDを観てる人。CDを聞いてる人。そして自主学習をしている人。それぞれの人がそれぞれの世界を満喫している。私も時々、図書館に行っては、その仲間入りをし、自分の世界を満喫している・・・?? [続きを読む]
  • 残念で辛く、悲しいことだけど・・・
  • 他の人と接すると同じように、或いはそれ以上に気を遣って接して、決してその人にだけ意地悪に接した訳ではない。けれども何故かどうしてか、その人は私のことを嫌っているようである。その人の私に対する態度でそれが分かる。また実際に人から、その人が私の悪口を言っていた、ということも耳にした。私の言動の何かが、その人には嫌だったのであろう。腹立たしかったのであろう。考えられる心当たりについて思い浮かべてみるが、 [続きを読む]
  • メッセージ !?
  • 私なりには、できる限り頑張っているのに、全然報われないなぁ 運から見放されているのかなぁ と思う時がある。もうこれ以上やってもダメなようだから、諦めようかなぁ と思っていると、100%ではないにしても、何%か報われることがある。そうすると、もうちょっとの辛抱だよ だから諦めずに続けよう と言われている。応援してくれているような気がして、何とか続けられたりする。でも逆に、あまりにも報われないので、諦め [続きを読む]
  • 人間は都合良くできている!?
  • 人間は都合良くできている。皆がそうだとは言わないが、そんなことは言っていないのに、その人にとって都合が良いように、こちらの言った言葉を解釈したりする。時には私からこう聞いた。私がこう言っていた、と言われる。けれども私は、決してそんなふうには言っていない誤解をしているか 聞き間違いか 覚え間違いか 或いは、私の伝え方が悪いか 嘘をついているか のいずれかである。でもお恥ずかしながら、私も時おり人から、 [続きを読む]
  • 自分のための平常心
  • こちらの良くなかったかもしれない言動に対して指摘を受け、ダメだったかー、と深く反省してその指摘を聞き入れる。するとその地点でもう、完全敗北ということになってしまい、指摘する人のすべての言葉を受け入れることになってしまったりする。けれども、後でよく考えてみると、7割か6割はその通りかもしれないが、後の残りの割合は誤解である。言い過ぎである。誇張している。間違っている、ということがある。それで後で、嫌 [続きを読む]
  • 決意
  • いろんな精神的に疲れること、ショックなことがあり、生きるの疲れるなぁ 疲れたなぁ と思う時がある。するとそんな時、テレビで事故や事件により、人が亡くなったというニュースを目にする。気の毒だなぁ、可哀想だなぁと感じる。意に反して、命を落としてしまったからである。時には、そうでない場合もある。そしてようやく目を覚ます。亡くなった方には不謹慎で申し訳ないが、辛く苦しいながらも、生きていることの有り難さ、そ [続きを読む]
  • 諦め
  • 悲しいことではあるが、私に対して嫌悪感を持っている人がいる。私の気付いていない、その人が嫌う何か(言葉使いや雰囲気、外見、態度等)を私が持っているのであろう。また、その人と少し話をした限りでは、その人が好まないと思う人と私が少し感じが似ている。似たタイプの人のようなのである。ハッキリせず、どことなく遠慮勝ちなところに、それではダメだろっとイラッとし、腹立ちを覚えるようである。確かにその人は、ハッキリ [続きを読む]
  • 目指せ、割合の減少 !!
  • 人を傷付けないだろうか、不快にしないだろうか、ということをあまり気にせず、可能な限り自分の思うように生きれている人がうらやましい。私はなかなか、そのようには生きられない。もちろん、ある程度自分の思うように生きている人だって、もっと思うように生きられたらいいのに、全然そんなふうには生きられないよ、と言う。私からすれば十分に、思うように生きているように思われてもである。その割合は少ない気がするが、その [続きを読む]
  • キリがない
  • 私としてはこうしたいけれども、違うふうに相手には望まれているからそのようにする。しかも相手に気を遣わせないように、私が望むのと違うふうにしていることは、相手に分からないようにする。人生には時としてそういうことが、必要だったりする。少し辛いけれどもそのことにより、相手が喜んでくれると、まだ報われる。しかし、私がそうしたかったからそうしたように言われると、辛い そうではないことを、言える関係にあれば良 [続きを読む]
  • 人間関係って難しいーー
  • 歩道を歩いていると、私のすぐ左前方を歩いていた60歳位の男性が、急に私の前を横切り、右へ行こうとした。私はそれを避けきれずに、その男性とぶつかった。すると男性は「あっ、大丈夫? 」と言ってきた。私は心の中で、「えっ、謝罪の言葉ではなく、「大丈夫?」」って何かおかしくないかい と思いつつ少し歩いていた。振り返ってその男性を見ると、その男性は少し顔をしかめてこちらを見ていた。推測ではあるが、その男性にと [続きを読む]
  • ブレる良さ
  • ブレないことは良いことである。けれども、次のような場合はどうであろうか例えば、レストランのランチタイムの時間に滑り込むも、なかなか注文を聞きに来てくれない。ようやく来てくれて注文すると、もうランチメニューは終了しました、と店員。時計を見ると確かに、1分程、ランチタイムの時間を過ぎていた。ちゃんとランチタイムの時間内には店にいたけれども、注文をなかなか聞きに来てくれないから時間が過ぎた旨を伝えても、 [続きを読む]
  • 必要性だけは分かる
  • 今のままで良いのだろうか と思う。そう思うのだから、今のままでは良くないのであろう 満足できていないのであろうだからと言って、どうすれば良いか、分かっている訳でもない。一体、どうすれば良いのだろうか分かっていることは、今のままではいけない、ということなので、今までとは違う何か新しいことを始めたい、と思う。始める必要があるように思う。 [続きを読む]
  • 年齢だけじゃない
  • 若くてもしっかりしている人はしっかりしているし、年を重ねていてもしっかりしていない人はしっかりしていないのかなぁと感じることがある。性格や環境によるのだろうかもちろん年相応に、若くてしっかりしていなかったり、年を重ねていてしっかりしていることもある。恐らく私は、年相応にしっかりしていないように思う。時々、積極的に自らの年齢を言って、若いので大目に見てくださいねとか、頼りないように見えるかもしれない [続きを読む]
  • 幸せなの良いのだけれど
  • 幸せなことは良いことである。けれども幸せで、楽しくても、周りへの配慮は忘れないでほしい。例えば先日、お母さんと6歳位の女の子が、電車の中で楽しそうに大きな声で「キャッキャッ」騒いでいた。女の子は楽しくて、体をバタつかせるものだから、電車のシートは揺れるわ、隣に座っていた私の足は何度も蹴られるわ、何度も体にもタッチされた。にもかかわらずお母さんは何も注意せず、一緒に騒いでいた。楽しそうで幸せなのは良 [続きを読む]
  • 残念な割合
  • 人と出会い、少し話をし、関わり、何となく私と似たところがある人なのかなぁ と期待する。けれども、何度か会って話をする度、関わる度に、少し違うかも と思い始める。似ているのかなぁ 度が1割、2割、3割と徐々に減っていき、そしてやがては、やっぱり違うかも という小さなショック、残念が重なり、私とは似ていないという結論になる。残念だけど、最初から全然かすりもしないのではなく、少しはかすったことは喜びたい [続きを読む]
  • 命が愛おしい
  • 毎朝、目覚めると、命がある。今日も、これまでもずっと、命があった。私と一緒にいても、何も良いことなんてないかもしれないのに・・・喜ばしいことだ??愛おしい??だから、大切にしたい??そばに居てくれる限り・・・ [続きを読む]
  • 2018年 最初のご挨拶ブログ
  • 皆さん、明けましておめでとうございます 2018年、最初のご挨拶ブログです。 昨年は私のブログに遊びに来て頂きまして、本当にありがとうございました。本年も私のブログを、どうぞよろしくお願いします私もまた、皆さんのブログに遊びに行かせてもらいます本年が、皆さんと私にとって、良い年になりますことを、願っております今年も私の年賀状を公開しちゃいます。 今年も絵柄付き年賀状です。やっぱり絵柄付きは楽ですね・ [続きを読む]
  • 舌打ちの威力
  • 向こうから来た人とぶつかりそうになるが、何とか避けてそれを回避できた。けれどもすれ違い様に、舌打ちをする音が聞こえた。そう聞こえただけかもしれない。聞き間違いかもしれない。いやでも確かに、聞こえた。確認する訳にはいかない。でももしそうなら、凄く嫌な気分である。嫌な感じである。それに主に避けたのは、私の方である。舌打ちは凄く容易に簡単にできる行為であるのに、凄く相手を不快にさせることができる行為であ [続きを読む]