和太鼓集団鼓鐵 さん プロフィール

  •  
和太鼓集団鼓鐵さん: 鼓鐵ブログ 〜夢の途上〜
ハンドル名和太鼓集団鼓鐵 さん
ブログタイトル鼓鐵ブログ 〜夢の途上〜
ブログURLhttp://kotetsu.shiga-saku.net/
サイト紹介文滋賀県を中心に活躍中の、 和太鼓集団鼓鐵のブログです!
自由文和太鼓集団鼓鐵(http://music.geocities.jp/kotetsu_shiga/)のブログです!
和太鼓のことを中心に、祭研究、環境活動、
その他メンバーの日常などを書いています!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供763回 / 365日(平均14.6回/週) - 参加 2010/08/25 09:56

和太鼓集団鼓鐵 さんのブログ記事

  • 最終的に問われるのは
  • 舞台という場はいかにお客様の魂を動かせるかだ。そうなると最終的に問われるのはテクニックではなく、生き様であると思いますby 12代目市川團十郎(歌舞伎俳優) かつひとです。こないだ海老蔵さんが来年、團十郎を襲名することを発表されましたが、上は先代、お父さんの言葉です。この言葉にある姿勢は今の海老蔵さんにも引き継がれているように感じます。こないだはインディアンの言葉で死ぬときの話を書きましたが、死んだとき [続きを読む]
  • インフルエンザにご用心!
  • インフルエンザにご用心!とはいうものの防ぎようがない。手洗いマスクでの予防も限界があるでしょう。なるときにはなりますわね。なんとか今のところ大丈夫です。インフルエンザにはかかってません。流行っているようなので皆さんも防ぎようがないけど、細心の警戒を!4月21日(日)建部大社・春祭り昨年に続き行進演奏で朔を出させてもらいます。今年は鼓鐵のハッピを着て。写真は生意気や子役みたいです。 [続きを読む]
  • 大蔵屋
  • 食べ物の好き嫌いが多い人は人に対しても好き嫌いが多いとか。つまり気の合う人とは付き合うが、そうじゃない人を避ける傾向にあるらしい。友人なら好きな人とだけ遊べばいいが、仕事となるとそうはいかないから、苦手意識のある人とはうまく仕事が出来ないらしい。と、聞きますが本当かどうかは分かりませんが体調だけに限らず食べ物って生活に大きく影響するから大事ですよね。○○のお菓子ばっか食べてる子はキレやすい。とか。 [続きを読む]
  • 死ぬときは
  • あなたが生まれたときにあなたは泣いていて周りは笑っていたでしょうだからあなたが死ぬときは、周りが泣いていてあなたが笑っているような人生を歩みなさいby アメリカインディアンの教え惜しまれながら死んでいくうん。嫌われながらはさすがにいやですね。ということで精一杯生きていかないと。今年は新しい活動も考えてます。 [続きを読む]
  • 書き初め
  • 春菜が持ってますが、書いたのはかつひとです。鮎家さんで子供用の色んな体験があり、チーム名の鼓鐵を説明するのに漢字の説明がややこしいので、書き初めにて演奏時に見せました。 [続きを読む]
  • ロイヤルオークホテル
  • さくらです今日はロイヤルオークホテルで出演があり、その後いつも通りの練習をしました。本番ではステージから落ちそうで内心ドキドキしてましたが、後半になるとそんなことも忘れて思いっきり演奏することが出来ました。曲目は韋駄天と回転木馬で木馬は久しぶりに前列での演奏で少し緊張しました。その後、練習場に戻り次の出演の練習をしました。韋駄天スタートからの春祭彩というなかなかないセットリストでとても楽しみです。 [続きを読む]
  • 1曲目に韋駄天
  • ヒデです。今日は昼前にロイヤルオークホテルで出演があり、その後いつも通り練習場で練習をしました。出演は自治会の新年会で乾杯のあとで、韋駄天と回転木馬を演奏しました。韋駄天からの演奏は純さんの能管のイントロから始まり、乾杯で盛り上がっていても、しっかり観て頂けました。回転木馬もしっかり観て頂けて、こちらも楽しく演奏できました。その後、練習場で26日の出演の練習をしました。26日の出演場所は兵庫県の結婚式 [続きを読む]
  • 小さい勇気
  • 前にこのブログでも紹介したかもしれませんが、年初に小さい勇気という詩を紹介しときます。【 小さい勇気 】人生の大嵐がやってきたとき それがへっちゃらで 乗り越えられるような 大きい勇気もほしいが わたしは 小さい勇気こそほしい わたしの大切な仕事を 後回しにさせ 忘れさせようとする小さい悪魔が テレビのスリルドラマや 漫画にばけて わたしを誘惑するとき すぐそれがやっつけられるくらいの 小さい勇気でいいから わ [続きを読む]
  • 人生はくだりのエスカレーターに乗っているもの
  • 人生はくだりのエスカレーターに乗っているものと自覚しなさい。と以前の彦根先哲に学ぶ人間学講座で教えられました。なにもしないのはその場にとどまっているのではない。明らかに衰退していく。ゆっくり気づかないくらいに落ちていっている。くだりのエスカレーターに乗っているのだ。なので、常に歩き続けないといけない。前に進まないといけない。成長を目指さないといけない。現状維持は停滞ではなく、衰退である。向上してい [続きを読む]
  • 韋駄天
  • 能管が響き渡ります。鮎家の正面玄関は屋根があることで音響効果がでます。お客さんにいい感じに音が届いているのでは。今年の大河は韋駄天だとか。それはたまたまですが、去年から演奏して好評の韋駄天を正月から演奏しました。今回の鮎家さんでは一番拍手の多かった曲かもしれません。今年も韋駄天、駆け抜けていきます。亥年だかね。猪突猛進の韋駄天!なんか、そう書くとやたらテンポの速い演奏をするかのようですね(笑) [続きを読む]
  • なんと、60回!
  • かつひとです。明けましておめでとうございます。昨日の鮎家さんの帰り、車の助手席で鼓滋くんが、今までの鮎家の郷の出演回数を調べてくれました。な、なんと、昨日で60回目!記念すべき? 60回目でした。鮎鴨亭でのクリスマスパーティ2回を入れると62回の出演。すごい数だと自分でも思いました。鮎家さんは毎回、1日3回公演。トータル60日×3回で180公演。ちなみに鼓鐵で唯一僕だけがその全てに出てます。よくやったな! [続きを読む]
  • 引き続き鮎家の郷
  • ヒデです。今日は昨日に引き続き鮎家の郷での出演でした。仕事始めのところが多いからか昨日に比べて人は少なかったですが、演奏を始めると少しずつ観てくださる人が増えていきました。熱心に観てくださるご年配の方やお子さんがいて下さったので、しっかり楽しんで演奏することができました。やはり和太鼓は老若男女問わずいろんな人に受け入れられるということが改めて実感しました。鼓鐵で和太鼓の活動ができることが本当に幸せ [続きを読む]
  • 鮎家の郷 2日目
  • さくらです今日も鮎家の郷での演奏でした。今日は太陽が出ていて昨日より暖かく、衣装になっても凍えるほど寒くなくて演奏しやすい気候でした。祖母は昨日も今日も見に来てくれ、楽しんでもらえて良かったです。昨日と内容はあまり変わらないので、昨日上手くいかなかったところを考えて演奏しましたが違うところで間違ってしまい心残りです。ですが、声をかけてくださる方や写真や動画を撮ってくださる方が多くて、2日とも楽しん [続きを読む]
  • 鮎家の郷 1日目
  • さくらです今日は鮎家の郷にて出演でした。1時、2時、3時と演奏してどの回もとても寒かったですがたくさんのお客さんに見ていただきました。今年の初夢は、春祭彩で失敗する夢で1曲目からドキドキしてましたがなんの心配もなく終えれてほっとしました。また、私が初めて本番で演奏した松風では竹バチが思っていたほど音がならなかったのが残念でしたが、上手くいって良かったです。明日も演奏があるので今日上手くいかなかったとこ [続きを読む]
  • 正月最初の出演
  • ヒデです。今日は鮎家の郷で正月最初の出演でした。今回は私が福井の野良打ちで知り合った福井の和太鼓チームの人と、その人が教えている子供教室の子が観に来て下さりました。また、私の両親と妹も観に来てくれました。純さんの生徒さんや、ただ今就活のため休業中の春ちゃんやそれぞれのご家族も観に来てくださり、豪華ゲストが盛りだくさんでした。1時、2時、3時の演奏はたくさんのお客さんで演奏も賑やかに楽しめました。そし [続きを読む]