和太鼓集団鼓鐵 さん プロフィール

  •  
和太鼓集団鼓鐵さん: 鼓鐵ブログ 〜夢の途上〜
ハンドル名和太鼓集団鼓鐵 さん
ブログタイトル鼓鐵ブログ 〜夢の途上〜
ブログURLhttp://kotetsu.shiga-saku.net/
サイト紹介文滋賀県を中心に活躍中の、 和太鼓集団鼓鐵のブログです!
自由文和太鼓集団鼓鐵(http://music.geocities.jp/kotetsu_shiga/)のブログです!
和太鼓のことを中心に、祭研究、環境活動、
その他メンバーの日常などを書いています!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供828回 / 365日(平均15.9回/週) - 参加 2010/08/25 09:56

和太鼓集団鼓鐵 さんのブログ記事

  • 空間を効果的に
  • さくらです今日は韋駄天と海の華の"空間"についてたくさん考えた練習だったと感じました。韋駄天は締太鼓の音だけになった時の32拍間です。その間に長胴は定位置に戻らないといけなくて意識がそっちにしかありませんでした。しかし、みんながバラバラで不格好だったので揃えることになり、何拍待って、何拍で足を動かし、何拍で手を動かすのかと細かい所まで決めました。次披露する時の新たな見どころになればと思いました。海の華 [続きを読む]
  • 動作を持続する力
  • ヒデです。今日はまず韋駄天の曲の中でシーンが変わる部分の空白を所作でどう埋めるか考えました。自然にカッコ良く観えるように試行錯誤しました。そして後から純さんが練習場に来られてから、聞いてみると先日の純さんのライブでも韋駄天を演奏した時にその部分を考えておられて、鼓鐵でもどうするか決まりました。韋駄天の完成度がより高まりました。それから松風でも今まであやふやだったイントロの音のニュアンスも純さんに聞 [続きを読む]
  • 今日の練習
  • さくらです今日は2週間ぶりに練習に参加しました。たくさんのいろいろな曲を練習しましたが、海の華で同じところを3回も間違えてしまったのが悔しかったです。意識しすぎると逆にわからなくなってしまったりして上手くいかなかったですが、最後に通した時には間違えずに出来たので良かったです。また、韋駄天の復習を1人でしていたのですがちょっとリズムが抜けていて2週間でこんなにも忘れてるんだとショックでした。途中からみん [続きを読む]
  • 的確に
  • ヒデです。今日は韋駄天、風花、松風、海の華を練習しました。松風は繰り返しのリズムが毎回、的確な音を出せるようにひたすら繰り返し練習しました。海の華は何回か通して練習しましたが、ノーミス達成ならず。毎回練習するたびに違う箇所を間違えたり、必要ないところでバチを回したり。挙げ句の果てには、音が遅れる原因を探っていると、いつの間にか無意識にバチを回す回数を増やしてしまっていたのが原因でした。どの曲もノリ [続きを読む]
  • 京都コレクション
  • ヒデです。今日は3時まで練習してから、私の用事でダンスイベントを観にロームシアター京都に行きました。京都コレクションというイベントで、着物、ドレスでのミス京都コンテスト、京都の各大学によるよさこい、ストリートダンスのショーケースやゲストライブとして京都出身の倉木麻衣さんが登場する内容です。チケットの一般販売は抽選なのですが、私は2部でダンスショーケースに出られる人から、チケットをもらうことができ、鼓 [続きを読む]
  • あなたへ
  • こないだ書いたように、このブログを書き出して先月で10年になりました。まさか10年も続けるなんて、続くなんて思ってもいませんでした。いつも読んでくれているあなた。あっ、自分のことじゃないと思ったあなた。いえいえ、あなたですよ。あなた!いつもありがとうございます。鼓鐵のことや和太鼓ネタだけでなく、僕の考えや遊びにいった内容までしっかり読んでくれて、またつたない文章であるのに楽しんでもらって本当にありがと [続きを読む]
  • 最大の危機
  • 最大の危機は、目標が高すぎて達成できないことではない。目標が低すぎて、その低い目標を達成してしまうことだby ミケランジェロ斜め45°の目標がいいと聞きます。高すぎず低すぎずでしょうか。低すぎる目標は、目標ではなく計画です。頑張らずに出来るのは計画や予定であり、目標とはいわないのかも。とはいえ、人からみたら低い目標かもしれませんが、本人にとってはかなりの壁である場合も。でも、なんとか成し遂げたい!そう [続きを読む]
  • シンプルに
  • シンプルであることは、複雑であることよりも難しいby スティーブ・ジョブズ色々考えて、あれもこれもと放り込んで良きものが引き立ちながらも統一感がない。そこからは引き算。無駄なものをなくす。引いていって残った本質に辿り着く。最初から少なくしてシンプルというのではなく、ありとあらゆるものを要れたあと、必要なものだけに留める。これがシンプルの美学。 [続きを読む]
  • 無事に感謝
  • 昨日の台風、皆さん大丈夫でしたか?こちらは無事でした。無事であったことに感謝したいです。それにしても今年は台風も多いし、災害も多いですね。自然災害はどうしようもないと思いつつも、備えのしない自分、いつも無事にすぎるからと、思う、この平和ボケです。滋賀は災害の少ないところではありますが、自然に畏敬の念は持ちつつ、無事であったことに素直に感謝してます。さて、今日から10月。今年もあと3ヶ月。はやいなぁ〜 [続きを読む]
  • 焼鳥
  • 昨日の夜は大吉へ焼鳥うまい!なんと5時半から終電ギリの11時半まで、気づけば6時間(°Д°)心許せる仲間との楽しい時間は一瞬で過ぎますね(´∀`) [続きを読む]
  • インスピ!まとまる 和太鼓とんとこの練習
  • 9月29日(土)和太鼓とんとこの練習です。新曲インスピ!インスピレーションの略でインスピ!メンバーのくに君と作った曲です。合宿から練習をはじめ、みんな自由にたたきたいように一回たたいてみて、と投げ掛けた曲ですが、みんながこの1ヶ月たたいている様子をみながら、形作りました。そしてチャッパの演奏も色々試してみて、また変更したのですが、一番しっくりくる感じに落ち着いたかな。僕の二点セットとのリズムセクション [続きを読む]
  • 諦めなければ人生は何歳からでも変えられる!
  • ビートルズは、 なんと、レコード会社と契約するまで、10社のレコード会社から断られた。ベートーベンは、先生から作曲家として望みがないと言われた。カーネル・サンダースは、63歳のとき、 ケンタッキーフライドチキンを広めてくれるところを探していたが、 1009件のレストランから断られた。『あきらめない限り失敗はない』「never too late」決して遅くはない。諦めないかぎり。これからも色々やっていきます! [続きを読む]
  • 下半身の動き 印岐志呂太鼓
  • 9月27日(木)印岐志呂太鼓の練習日。足を開いて姿勢から見つめ直す。最初にその構えが出来ると、足腰の動きがよくなる。さすが子供たち。習得が速い。下半身の動きはそのまま上半身を躍動させる。意識すれば良い方向に変わる。一つを変えれば、リンクして他も良くなる。最低限、ある程度のところまで引き上げたい。 [続きを読む]
  • やりきった後に
  • 10年やるのは本当にきついんだけれども、それをやりきった後に、違う景色の中に自分がいるんじゃないかと思うんですby 白鵬翔(第69代横綱) こないだ前人未踏の1000勝をはたした白鵬の言葉です。1000勝、すごいですね。文句なしの大横綱ですね。さて、この写真、10年前のです。10年やるのは、たしかにキツいこともある。来年、鼓鐵は30年。さて、やりきった後にどんな景色を見れるのでしょう。 [続きを読む]
  • 思い出
  • さくらです本日、北海道から滋賀に帰ってきました。最終日は札幌市内の車窓見学と空港での2時間程の散策でしたが、お土産を見たりラーメンを食べたり楽しみました!あっという間に過ぎた4日間でしたが高校生活最高の思い出となりました( ¨? ) [続きを読む]
  • 小樽散策
  • さくらです3日目の今日は小樽運河周辺の散策をしました。お昼ご飯には海鮮丼を食べ新鮮な海の幸を楽しみました。また、北海道の牛乳を使ったソフトクリームを食べたり、ほんとにずっと食べてました(笑)お土産もたくさん買ってほんとに楽しくて幸せな1日でした( ¨? ) [続きを読む]
  • 大自然
  • さくらです今日はノロッコ号に乗って湿原の中を進み、カヌーを使って川を下りました。カヌーは9キロもの長さを1時間半以上かけて下り腕が痛かったですが、シカやワシなどの野生動物にたくさん出会うことができました。しかも、カヌーを降りたところには警戒心が強くあまり人によってこないという、ミンク(写真:左上)をすぐ間近で見ることが出来ました。滋賀では感じることの出来ない大自然を1日満喫しました( ¨? ) [続きを読む]
  • 新しい自分
  • 飛んだあと、新しい自分と出逢う。飛べなかった自分と飛べた自分。飛び終えた瞬間に新しい自分になる。成長とは新しい自分に出逢うこと。 [続きを読む]
  • イメージ
  • 飛べるとイメージする。飛びきって、出来た姿をイメージする。ちょっとでも無理かも、と思うと出来ない。自分が飛びきったイメージが出来るかどうか。成功をイメージすることが大事ですね! [続きを読む]