ごえもん さん プロフィール

  •  
ごえもんさん: ごえもんは今日もごきげん
ハンドル名ごえもん さん
ブログタイトルごえもんは今日もごきげん
ブログURLhttps://ameblo.jp/office-goemon/
サイト紹介文大分の中小企業診断士です。仕事のこと、経営や情報システム、愛犬ごえもんのことなんかを書いていきます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 172日(平均0.4回/週) - 参加 2010/08/25 11:01

ごえもん さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ドラッカー
  • ドラッカーのコカコーラ社宛レポートのタイプ原稿を入手。コンサルティングの答えではなく、問いかけであると明言している。コンサルティングの範囲や前提条件(仮説)を明記して様々な視点から問いかけることで、クライアントの思考や行動を変容させる、ドラッカーのコンサルティング手法は、コンテンツ型の普通のコンサルティング手法とは全く違う方法だ。クライアントの事業を構造化して事例を紹介し問いを立てる。クライアントは [続きを読む]
  • コンフリクトマネジメント
  • コンフリクトってのはどこにでもある。自分自身の中にも、個人と個人の間、組織と個人、国家と国家の間でも。このコンフリクトを対立つまり闘争として捉え一方に対する抑圧や支配を実行するか、それとも適当なところで妥協するのが一般的な解決法だけど、これは本質的な解決じゃないから、また同じような問題が起こる。マーチの言う「コンフリクトの準解決」にしても同じようなものだ。ところが100年も前にこれの処方箋を出した人 [続きを読む]
  • 国富論から学ぶ
  • 一貫性のある行動は成果に結びつく。そして、一貫性のある行動を行うには、自分を奮い立たせる思想が必要だと思う。実務家である我々は、古典から何を学ぶか?今の自分のレベルで感じ取ったことについて自分なりに考えて自分の行動を変えて行くきっかけにすればいいのだ。何度も読み返して自分を振り返る道具として活用していくためのツールに過ぎないのである。スミスは、「豊かさの増大の原因は、生産諸力の水準と有用労働者の比 [続きを読む]
  • リーガルパッド
  • リーガルパッドリーガルパッドにガシガシ書き込みながら思考を拡散させる。切り取った紙を並べ替えながら思考を整理してアイデアをまとめ実行計画を創り込んでいく。アタマの中を紙の上に書き出すことで、不足することや余計なこと、新たなアイデアが浮かんでくる。手書きのメモは、思考のツールとして最強の武器である。そしてそのリーガルパッドのカバー。お気に入りのカバーは、気分を高めてくれるのだ。 [続きを読む]
  • 好きなことで生きていく
  • 事業計画では、理念とか目的が大前提になって、商品やサービス、顧客像を考え、実行計画を立てていく。ここで、理念や目的は、えてして高尚でかっこいいものになる。社会に貢献するだとか、地域に寄り添うだとか。僕の仕事は、事業経営で課題を抱える人々を支援することである。だが僕は人を助けたいわけではないし、社会に貢献したいわけでもない。複雑な問題をときほぐし、解決策を考え、それを実行する仕組みを創ることが好きな [続きを読む]
  • トランジション
  • トランジション情報システムの導入は、現場の業務運営に変化をもたらす。現場が抱える問題を解決する仕組みとしての業務システムの必要性は理解されたとしても、実際に自分の業務が変わることに対してはなんらかの抵抗を感じるものである。これは、「トランジション」の一例だ。今までのやり方を手放して変化を受け入れ、新たな始まりへと旅立つ。それは、個人や組織にとって創造力を高め、なりたい存在へと成長し、新しい自分へと [続きを読む]
  • アジャイルなコンサルティング
  • システム開発の技術は、マーケティングや事業開発にそのまま使える技術だ。ライバルがのんびり事業計画書を作ってる間に、素早く顧客開発と事業開発を繰り返して試行錯誤しながら組み立てていく。アジャイルやDevOps(開発と運用、顧客接点までのスムースな展開)は、マーケターやコンサルタントの強力な武器になる。コンサルティング手法も変わっていくのだ。 [続きを読む]
  • システムコンサルティング
  • システムコンサルティング情報システム開発で重要なことは、どう作るかではなく、何を創るかだ。ところが、創りたいものには不確実性がある。本当に欲しいものが何か、わからないのだ。その原因は、経営者自身の思い込みや視点の硬直化にあることが多い。あまりの多くの期待を持ち、優先順位づけが出来ず、身動きができなくなってしまうのだ。この視点を転換(リフレーミング)させることが、コンサルタントの最初の仕事である。ベー [続きを読む]
  • プロセスコンサルティング(ビジネスアナリシス
  • プロジェクトマネジメントは、目的の明確化とその実現のプロセスであり、目的(要求)の獲得と変更の繰り返しである。要求を固定化するのではなく、要求は変化することを前提とした「要求開発」を通じてクライアントの問題意識や当事者意識を育てることがプロジェクトの成功につながり、「継続的な支援関係」を生む。固定化された要求は「防衛行動」の原因でありプロジェクトを失敗させるが、柔軟な要求開発は「協力関係」の源泉であ [続きを読む]
  • 過去の記事 …