shiduko さん プロフィール

  •  
shidukoさん: Bonjour!虹色days
ハンドル名shiduko さん
ブログタイトルBonjour!虹色days
ブログURLhttp://bonjourshizuko.blog31.fc2.com/
サイト紹介文フランス語を学んで教え、外国人には日本語を教えている教師のサイトです。 “言葉”に興味があります。
自由文“私”という人物を知って頂き、又、“私”がパイプ役となって、一つの事を一緒にやって行きたく思っております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供76回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2010/08/26 14:26

shiduko さんのブログ記事

  • 自分ってまだまだだなぁ・・・
  • フランス語を勉強し始めてからずっと習っている先生より私の発音で気になる部分があるから一度レッスンをしましょうと言われました今は12月に受ける英語版TOEICのような試験TCFこの試験の過去問題をフランス人講師と勉強中ですどんなに長文を発音させられるのか・・・と怯えていたところ(笑)出されたテキストは意外にも簡潔な文章「これならしっかり読めるぞ!」とある程度の自信を持って発音したところ先生の配点はなんと30点自 [続きを読む]
  • 日本人にとっての”自然”とは?
  • 日本に移住しているある欧米人「日本には四季折々の美しい”自然”があり日本人はそれを大変愛でているのでさぞかしキャンプや野外活動が好きなのだろう」と思っていたそうですところが想像とは違い所謂”手つかず”の自然を好む日本人はほとんどいないという事に気が付きました大体の欧米人の好む”自然”とは手つかずの雄大な川や広大な草原であり日本人が好む”自然”はキレイに整えられた自然である決して未開の原生地などでは [続きを読む]
  • フランス流接客態度は好きですか?
  • 「お客様は神様です」日本人の接客業に携わる人ならばこの言葉を肝に銘じている事でしょうフランスではそんな意識はないようですあるフランスの古書店での話フランス人の本収集家がそのお店に行きました当然そのお客は上得意客であるわけですが店主はなんと愛想のない事ただ上得意客にもみ手をするような態度も見せない代わりに一見さんにも邪険な接客はしないつまりプロとして正当な商い行為のため主と客はあくまでも対等だという [続きを読む]
  • リヨンぶらり街散歩
  • Institut Francais=日仏学院主催の「リヨンぶらり街散歩」キャンセル待ちからの参加してきました2時間たっぷりフランス第3の都市リヨンの魅力について写真を見ながらお話を聞き最後1時間でフランス人からのレッスンを受けるというもの リヨンは見どころ満載の都市で非常に分かりやすいのが特徴なんだとかレピュビリック通りにカフェやプランタン(デパート)などが混在しリヨン美術館・オペラ座・ローヌ河・ミュゼ・デ・ゾドマット [続きを読む]
  • ライフデザインをシェア
  • 先日参加した「マインドフルネスヨガ」その会で自分のライフデザインを語って皆でシェアしましょうというコーナーがありました選ばれた一人が5分間世界観・ストーリー・シェア出来る事に留意して自分の伝えたい事をプレゼンテーションする私も5分プレゼンやってきました語ったのは「私の視点から見たフランス、フランス人のいい所・悪い所・日本との違い」ですパリに留学した時のおかしかった話や旅行に行った時の嬉しかったこと・ [続きを読む]
  • クオリティ・オブ・ライフの高い国ランキング
  • 久々にランキング発表です「外国人がクオリティ・オブ・ライフの高いと考える国ランキング」このランキングは外国人にとって生活拠点や旅行の目的地となりうる65か国が対象内容としてレジャー・個人の幸福度・交通機関・旅行・健康・福祉・安全・セキュリティを加味して総合ランキングとしたものですさぁ〜行ってみよう1位:ポルトガル2位:台湾3位:スペイン4位:シンガポール5位:チェコ6位:日本7位:オーストラリア8位:スイス [続きを読む]
  • 外国人観光客にとって旅館はさいこ〜!?
  • 「おもてなし大国ニッポン」 「外国人観光客の訪日率右肩上がり」と思っていましたところがそうとばかりも言えない・・・こんな状況になっているそうですその理由の一つが観光客が必ず宿泊する「旅館」です旅館は古き良き日本のおもてなしと我々は思っていますが外国人にとって約10日ぐらい宿泊するにはハードルが高い1.旅館の夕食を10日間食べ続けるのはきつい=色んな料理を食べたい2.日本の旅館は宿泊費に食事が含まれてい [続きを読む]
  • 五色沼に想いを馳せて・・・プレゼン
  • お気に入りの写真を3分間プレゼンして一番シェアしたくなった写真が優勝「写真プレゼンバトル」久々に復活しました私は今回迷わずプレゼンターとして出場想いのたけを披露したのは今年旅行した福島県五色沼の写真ですこの沼の目の覚めるようなブルーに引き込まれ「自分をリセットする・見つめ直す時間の大切さ」を語ってきました残念ながら今回は優勝を逃してしまいましたが人前で写真に載せて自分の想いを語る(吐き出す?)って [続きを読む]
  • 秋の夜長をフランスお茶会で?
  • 第6回フランスお茶会開催する事になりました〜 今回は今迄とはガラッと変えて夜にお店ではなく不動産屋さんで開催そしてこれが一番ド緊張なのですが「こんな時どういう?」みたいに私のプチフランス語レッスンもサバイバルな旅行体験を持つお友達にパリ以外のフランスの都市についてお話してもらいます今回はスクリーンで写真を投影しながら・・・と思ったのですが会場のスクリーンのコードが私のPCと合わず残念ながら断念でもスク [続きを読む]
  • 電気自動車の時代到来?!
  • 最近話題の電気自動車(EV)ですがなんせ走る距離がまだまだ短い事が弱点です一般的なEVはなんと200キロ程度しか走行できずその電池がまだまだ高価充電でも8時間ぐらいで充電できる場所も限られていますこんなEVですが欧州からこの流れが一変しそうな状況になってきましたまずは先陣を切ってフランスが2040年には化石燃料を用いる内燃機関の自動車販売を禁じる事を明言し続いてイギリスもその結果欧州(EU)の3分の1の [続きを読む]
  • カタログギフトで体験をプレゼント
  • 夏休みも終わろうとしている日本ですが日本人の夏休みってどんな感じでしょう?主にお盆時期に実家に帰省する・・・みたいな感じが多いのではないでしょうか?我がフランスでは日本と比べてなが〜いバカンスを取る人が多いのですが慌ただしくバカンスを過ごしている日本とは違いそこには「体験や発見をして非日常を楽しむ=どんな体験をするか」これが主なテーマだそうです例えばあるNuit et gastronomie au chateau というカタロ [続きを読む]
  • フランス語を学ぶしかない!
  • ”海外留学”と言ったらどこの国を思い浮かべるでしょうか?真っ先に来るのはアメリカ・オーストラリアなどですが驚くことなかれ我が”フランス”はなんと第4位なんだそうですこれが日本からの留学となるとフランスは全くのアウェーですがフランスは世界屈指の「留学生受け入れ大国」なんだとか世界の人々はフランスに何を学びに行くのでしょうフランス語はもちろんですが文化大国フランスだけあってワインあり料理ありファッショ [続きを読む]
  • 日本人の休み方は摩訶不思議 by フランス人
  • 毎年この時期になるとブログに書いている「フランス人のバカンス事情」ですが今回はフランス人から見た日本人のバカンス事情七不思議について祝日の数からいうとなんと日本の方が多いようですが問題はその過ごし方の違いフランス人の多くは「何をするという目的がない方がいい」と考えているそうで日本人のようにたったの5日間でフランスやイタリアを詰め詰めで周る事が信じられないしかもその貴重な5日間を今日はこちらの建造物を [続きを読む]
  • 持ち家は欲しいけれども
  • 「持ち家」を推進しているニッポンですが団塊世代はともかく今の時代は非正規が増え正社員であっても低収入という不安定な時代住宅ローンを本当に返せるのか不安が残ってしまいなかなか”自分の家=住処”を買う事をためらってしまう・・・という構図が出来上がっているのが今の日本でしょうか持ち家を推奨しているのは欧米も同じただ欧米では住宅手当や建設費を公的に補助して低家賃で入れる住宅=社会住宅など家を借りて暮ら [続きを読む]
  • 粗大ゴミを捨てるのは無料で
  • ”粗大ゴミ”って日本ではやっかいなものですよね自分にとっては”ゴミ”なのにそれを捨てるにはお金がかかるフランスではそれらを出すのは電話一本すればいいだけしかも無料!流れを説明すると粗大ゴミが出た場合あるコミュニティに電話を入れるそのコミュニティにはホームレスなどの「訳アリ」の人達が働いており彼らが集荷に来てくれキレイにペイントしたり修正したりするそうやってキレイになった”粗大ゴミ”は売りに出され従 [続きを読む]
  • 値上げの嵐
  • 日本にSuicaやPasmoがあるのと同様フランスパリにもメトロやRER(フランス国鉄)が乗り放題となるNavigoというカードが存在しますこのたびこのNavigoの定期が月額73ユーロ(約9,563円)だったのが75,2ユーロ(約9,851円)に値上げされ地下鉄の回数券カルネ10枚つづりも14,50ユーロ(約1,840円)から14、90ユーロ(約1,951円)に値上がりに以前このブログでも紹介した「車の汚染度によって決められている色のステッカー」こちらも [続きを読む]
  • フランスでは勉強に鉛筆は使わない
  • フランスでは小学校で使う筆記用具はボールペン中学生以上になると万年筆だそうですもちろんデザインなどの授業では鉛筆も使用敢えて勉強には鉛筆は使用しないんだとかこれはフランス独特の感性の現れなのか一度書いたものを消せない=キレイに書く答えが間違っていても答案用紙がキレイだとそれだけで加点されることがあるそう更に教師も子供の間違いを見ながらその答えに行き着くまでのプロセスを知れる日本のように選択式が少な [続きを読む]
  • プチフランスお茶会開催 in 西荻窪
  • 「プチフランスお茶会」開催しました今回はイベントページも作らずFBで告知しお声がけを2名程し全部で6名楽しくというかお喋りが止まらない・・・程の盛り上がりでした場所は西荻窪にあるフランス雑貨のお店だったのですがそこのオーナーさんの本を片手にフランス旅行をした人もいて「ご縁」の妙を感じた次第ですこれからフランス留学する人・永住する予定の人・2〜3か月フランスに行っていた人など皆さんフランスLoveの人ばかりア [続きを読む]
  • 水分の無いものは苦手〜 by フランス人
  • フランス人はパサパサした水分のないものが苦手なんだそうですおにぎりやチャーハンなどなどフランスで大分浸透してきている和食ですが彼らはご飯にお醤油をかけて食べたりするしフランス人も大好き天ぷらに至っては塩よりつゆ派が圧倒的に多いそうフランスでも注目されている日本のお弁当見た目のキレイさや栄養バランスの良さなど評価は高いのですが味付けの”甘さ”が多い中身には閉口しているようです中身というと・・・?卵焼 [続きを読む]
  • ”ゆとり”モードのフランスの洗濯機
  • アパルトマンが多いフランス(特にパリ)ですが日本のように外に洗濯物を干す・・・という事があまりないようですそんな中フランスのお洗濯ってどんな感じなのでしょう?まずは洗濯時間ですが標準洗いでもなんと2時間以上かかるんだとかフランスのお水は”硬水”のため汚れが落ちにくいよって水では洗わないそうです先日もTVで見たところ2時間ずっとフル稼働しているのではなく途中考え込むかのように洗濯機が10分ぐらい停止そして [続きを読む]
  • フランスのはちみつを守れ!
  • 驚く事なかれあの”はちみつ”年間消費量欧州トップはなんとフランスなんだとかフランス料理のソース・ヴィネグレットはもちろんヨーグルトに入れたりマスタードにも・・・とフランス人の食生活に欠かせないものとなっているそうです その一方でフランス産はちみつは少しずつ減少傾向にこの原因として問題視されている殺虫剤の影響や天敵スズメバチが多発しはちみつの元ミツバチにも絶滅の危機が迫っていると言われていますはちみ [続きを読む]
  • てきと〜なフランスは大和撫子にとって生き易い?!
  • フランス在住10数年の女性が書いたブログこんな記事が出ていました「適当天国、フランスは日本人女性にとって生きやすい国?!」1.年齢による強迫観念がなくなる=フランスでは人の年齢も聞かないし、言わない「○歳までに○○しないと」 「○歳がリミット」 「○歳なのに」などの日本特有の年齢的常識がないのでとても暮らしやすい2.凝った料理を出さなくてもよい=フランス人の作る家庭料理はいたってシンプル!切るだけ・ [続きを読む]
  • プチフランスお茶会やりま〜す♪
  • 国内旅行から帰って「ボルドー行きた〜い」 「南仏行きた〜い」と益々思うようになりました・・・と言ってもすぐには行けないのでふっと思い立ちました「プチフランスお茶会」今迄5回主催のフランスお茶会を開催してきましたそこでは場所を決めて・イベントページを作って・告知してと結構やらなければならない事・気を配らなければならない事があります今回思いついた「プチフランスお茶会」は特に司会進行をせず少人数で集まっ [続きを読む]
  • フランス版”持ち寄りパーティ”
  • 「持ち寄りパーティ」日本でもよく行われるイベントですフランス版”持ち寄りパーティ”とは「家飲みソワレ」=ソワレとは夜という意味と言います 読んで字のごとく金か土曜日の19時半ぐらいから家に集まり参加者はそれぞれおつまみやチーズデザートなどを持ち寄ります注目は「男子飲み」なるもので当然男子オンリーで飲むのですがこれは大体がサッカーなどのスポーツ観戦をしながらポテトチップスやジャンクフードで飲むこれは [続きを読む]
  • ストリートアートの街
  • アートな街パリですがパリの至る所の壁やトラック、シャッターには”アート”と称される「作品」が描かれています特にパリの20区こちらではアーティストのアトリエが多くあるためにこのようなストリートアートが多数存在しているそう単なる落書きではないこれらのアートは保存状態も良く近年では市民権も得ているんだとかこれらのアートには何か社会に対して訴えたいメッセージのようなものを感じますルーブルやオランジュ美術館も [続きを読む]